« ムルギランチと294 | トップページ | 葉菜のミールス、某所で宴 »

2013年12月29日 (日)

香取先生とカフェロシア、チャミヤラキッチンとハラールショップ巡り

 年末東京2日目。
Dsc08959p  吉祥寺で香取薫先生と密会!

Dsc08939  その前に、本日の朝は、よじれたこちら。ヴィロンのトルネーデ。

Dsc08937  プーリッシュは確かにクラム派にはたまらない食感。トルネーデも生地をねじることで、内側のクラムも何だかよじれ気味で、面白い食感が楽しめました。でもやっぱりレトロドールに戻りそうな感じがしないでもない。ただ、バゲット類がこれだけ楽しめるなんて、なんてすごいパン屋さんなんでしょう。退職後、そうじ係として雇ってもらいたいくらいです。

Dsc08944  実によく考えられたメニュー。とても選びやすく、追加もできる!

Dsc08945  揚げずにオーブンで焼かれた肉ピロシキ。生地がいい感じで旨い!
Dsc08946  ボルシチはビーツなど野菜がふんだんに使われ、唸らされました。これだけでも訪問する価値あり!

Dsc08950  この「毛皮のコートを着たニシン」(ニシンとビーツとポテトのミルフィーユサラダ)は追加注文の一品。一品追加するだけで、がらっと豪華になりますね。

Dsc08951  こちらはサーモンのパンケーキ(ブリニ)包み。

Dsc08952  太巻きのように巻くようです。このあと手でパクッと!いきました。これも病みつき高し。

Dsc08954 デザートと、これまた追加のロシアンティー。このバラジャムをたっぷり紅茶に入れ、もうその香りと言ったら!甘みが上品でバラの香りが豊かに広がり、素晴らしかったです。以上で密会?!は終了です。先生、ありがとうございました!

Dsc08977  先生と別れた後は、アウトドアショップで手袋を買い、吉祥寺駅内をブラブラ。シターラダイナーの前でついつい(笑)ハーブチキンを購入。

Dsc08979  中央快速で東京に戻り、ウォーキング開始。アメ横まで来たら、ここから電車はもったいないです。
Dsc08981  結局今日は東京駅から日暮里まで歩きました。目的地までと思いましたが、乗ってみたかった舎人ライナーを利用です。

Dsc08984  舎人ライナー・赤土小学校前を下車、東口を出てすぐの通りを左に曲がるとこのとおり。

Dsc08985  チャミヤラキッチンに到着。グーグルストリートどおりで何だかびっくり。

Dsc08987  一番乗りしたようです。店内は結構広く、入口は窓がなく怪しげですが、かなりくつろけそうな雰囲気。

Dsc09021tile  メニューはこちら。

Dsc09005  根菜バジ。レンコン、ハスなどを使ったパコラのようなもの。真ん中のチャトニーは、ゴマ、トマト、オニオンなどを使用しているとか。これがかなりの大ヒット!

Dsc09007  最近買ったカシミール地方の料理本にもよく登場するレンコン。こちらの店はガルワール地方ですが、同じくよく使うようです。食感と香りが抜群です。 

Dsc09008 ミックスダール、チャミヤラチキン、それにチャパティを合わせました。表現が難しいですが、シンプルにじんわり来るスパイス感、どこかほっとするんだけど、香りが生きているので飽きさせません。チキンは結構シャープな感ありで、フレッシュ感のあるジンジャーの香りが新鮮でした。なお、ガルワール地方では、生のジンジャーは使うけど、ジンジャーパウダーは使わないようです。

Dsc09009 チャパティの表面。かなりきれいで、かなり薄く作られています。

Dsc09010  こちらは追加注文したじゃがいもとエリンギのサブジ。このとき既にチャパティはなく、これだけでいただきました。

Dsc09011  昨日同様、頼もうとしていたところ、チャイをサービスしていただきました。

Dsc09043  チャミヤラキッチンのスタッフさんたち。この近くのお店のあの方々もよく来るよ~と仰っていました。次回はアルーパラタ、ムーリーパラタなどパンの類をいろいろ試してみたいところです。

Dsc09048  本日の〆はハラールショップ巡り。こちらはその1。店員さんはデリー出身らしいですが、南インドのことにも詳しかったです。

Dsc09049  そのショップと経営が同じレストランはすぐ裏に。

Dsc09050  ハラールショップその2。こちらはスリランカ、アフリカ系の商品もあり、かなり充実しています。店員さんはバングラデシュ・ダッカの北の方の出身の方。何を聞いても丁寧に答えてくれました。

Dsc09053  店外にはソーナーマスーリーライスの大きな袋が。

|
|

« ムルギランチと294 | トップページ | 葉菜のミールス、某所で宴 »

インド料理」カテゴリの記事

中東・中央アジア料理」カテゴリの記事

西洋料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/58843925

この記事へのトラックバック一覧です: 香取先生とカフェロシア、チャミヤラキッチンとハラールショップ巡り:

« ムルギランチと294 | トップページ | 葉菜のミールス、某所で宴 »