« 東京1日目はタップロボーン、ルチ | トップページ | 食堂LACUUの激辛チキンカレー »

2013年12月19日 (木)

ぽん多のカキフライ

 東京2日目。

Dsc08724  会議終了後は丸の内へ。雨天のおかげなのかバゲット入手に成功です。

Dsc08728  その後は御徒町・ぽん多へ。

Dsc08726  カキフライ、ご飯、赤だしで3,150円。薄い色の衣は、この店の看板メニューであるカツレツと同様、低温でじっくり揚げているのでしょうか。その味わいはやはり独特で、至極穏やか。今季初のカキフライをこちらでいただけ満足。

 店構え、店内の凛とした雰囲気からは少々敷居が高く感じられるかもしれませんが、さすがは老舗。客への声がけ、茶の提供(及びおかわり)、注文の取り方など、全てにおいて完璧。無駄な部分がありません。

 客の方も心得ている方が多いようですね。無駄に店主と長話をしないし、常連ぶらない。粋な江戸っ子と老舗の心地よい関係を垣間見た気がします。

 このような心地よい雰囲気、いかにも東京らしいと思うのは私だけでしょうか。

Dsc08735  東京駅に戻り、どうしてもこの界隈(八重洲地下街)に来てしまいます。

Dsc08734  本日は我慢できずに入店。チェティナード風マトンチリ、チャパティを注文し、まさかの完食。

Dsc08736  上越新幹線で東京を発ち、富山に着いたのは日が変わる前でした。

|
|

« 東京1日目はタップロボーン、ルチ | トップページ | 食堂LACUUの激辛チキンカレー »

洋食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/58786288

この記事へのトラックバック一覧です: ぽん多のカキフライ:

« 東京1日目はタップロボーン、ルチ | トップページ | 食堂LACUUの激辛チキンカレー »