« いも | トップページ | 第13回インド料理教室in大阪~渡辺玲さんを迎えて~ »

2013年11月16日 (土)

第13回インド料理食事会in京都 ~渡辺玲さんを囲んで~

 金曜日に残業し、嫌な予感はしていました。

Dsc07657  予感は的中し電車に乗り遅れましたが、電源(自由席の最後部座席)を確保。

Dsc07667  京都に着き、タルカへ直行。

Dsc07669  ランチのBセットはサンバルを選択し、ライタ、アチャール、グリーンティッカを追加。タンドール・ロティ健在です!春菊が入ったサブジ、何気なくココナッツチャトニーが付いた紅芋のパコラが添えられたりと、ターリーの中を覗き込めば覗くほど、気分が高まっていきます。
 そして、本日のサンバルですが、タミルっぽく作ったとのこと。土っぽい香り、バランス、最高でした。テイクアウトのオーダーを必死に我慢したほどです。

Dsc07670  色合いが写真で伝わらないが残念ですが、非常に美しい仕上がりです。味わいも上質そのもの。この+200円はあり得ないです!

Dsc07671  私のタルカのランチでの楽しみは、カードライスにすること。ここでもアチャールは冴え渡ります。これ、これ!って思わず叫び、隣のお客さんから怪訝な顔をされたかもしれません。

Dsc07673  ミルクチャイも健在。そして、お店を出ようとしたら、先日の富山の食事会に来ていただたYさんとYさんと一緒に活動されている方が退店されバッタリ!これにはびっくりしました。世の中狭いとはよく言ったものです。タルカのスタッフの方たちと記念撮影すればよかったと悔やんでおります。

Dsc07683  タルカの近くのろはとベーカリー。以前はなかったので比較的新しいお店だと思い入店。

Dsc07684  プチ・メック2号店も近くなので、当然立ち寄りました。じゃがいもパンなどを購入。

Dsc07691  そして、身体は何となく堀川通方面に。堀川四条を上がったところにあるパン・グロッサリー。ビーツと堀川ごぼうのパンなどを購入。ブリオッシュ系とハード系のバランスが良く気になる存在になりそうです。

Dsc07685  ラトナカフェに着きました。

Dsc07686  フードメニューを我慢し、アニシード・チャイ、いつものチーズケーキ(自家製ベイクドチーズケーキ)を注文。このチャイの口当たり、アニシードの効き方共に素晴らしかったです。ケーキも至極。上質とはこういうことなんだ。丁寧さと質の高さに叶うものはないと。
 帰り際、店主のKさんに先日チャパティ台(購入)を送っていただいたお礼を伝える中、気になっていたカダイとひしゃくを購入です。料理教室も大盛況のようで、再開を心待ちにしながら転勤してしまった自分。虎視眈々と参加する機会をうかがいたいと思います。

Dsc07699  ホテル近くでは、気になるお店を発見。烏丸五条のキトゥン・カンパニー。

Dsc07694  みかんラッシー。口当たりは至極やさしく、飲むとみかんの爽やかな風味がしつこくなく広がり、素晴らしいラッシーでした。日曜休なので今しかないと思い入店、よかったです。

Dsc07701  ホテルにチェックイン。本日京都に着いてから6軒の店を廻ったのは想定外でした。

Dsc07719  さて、夕方になり再び始動。五条通をひたすら東進、久しぶりに走りました。

Dsc07720  本日の食事会の会場であるチャクラに到着。

Dsc07722p  渡辺玲先生を囲んでの食事会は、名古屋のuさんの乾杯でスタート!

Dsc07721  ミントチャツネ。濃厚なのに、キリッとした辛み、仄かな酸味と爽やかさ、そのバランスが素晴らしかったです。キチュリにぴったりでした。

Dsc07723  渡辺先生が仰るように、関西の店ではスープが出てくるところが多いですね。ちょっとこのスープ、美味しすぎます!

Dsc07726  奥のキチュリは野菜が多めで食べやすく、ミントチャツネとの相性が抜群でした。手前左のフィッシュフライはアジ。ディープフライ最高ですね。手前のパコラはかなり凝った作りで、こちらもチャツネを付けて楽しみました。

Dsc07728  マチュリ・ジョールはサワラ。バングラデシュ・チッタゴン出身のシェフ・アシーシならではの一品は、上品で味わい深い仕上がり。これは是非お店で定期的に出して欲しいと思いました。

Dsc07729  数多くの野菜が入ったシュクト。アシーシさんは以前、現地ではやたらにマスタードオイルを使わないと仰っており、その手法も影響しているのか、彼の作る料理は上品でバランスがいいんですよね。食べやすい中にも、きちんとベンガル風の味わいが感じられ、しかもこんなに贅沢に多くの素材を使ってくれる。嬉しい限りです。

Dsc07731  チキンカレーは骨付き肉が使われこの大きさです。いわゆるコールマのような味わいと思いきや、汁気は多めで非常に食べやすくしつこくなく、ヘルシーささえ感じる一品。

Dsc07732  ココナッツ入りのダルが出てきました。本日の料理、ノンベジは食べやすく、ベジはリッチな感じで、これがまた面白かったです。

Dsc07733  パイナップルのチャトニーと紹介されたこちらの一品、甘酸っぱい中にカロンジが効き、これはなかなか珍しい味わいです。

Dsc07735  キールも手作り感たっぷり。カルダモンがん入りで卒倒!

Dsc07736  チャイも独特の風味でおいしかったです。

Dsc07740  日本語が流暢なアシーシシェフ。バングラデシュの料理をもっともっと広めていって欲しいですね。今日の料理がレギュラー化することを切に望みます!食事会を企画してくれた、まさやんさん、東京からお越しいただいた渡辺先生をはじめ、このような素晴らしい食事会で御一緒できた皆様に感謝です。

|
|

« いも | トップページ | 第13回インド料理教室in大阪~渡辺玲さんを迎えて~ »

イベント・食事会・料理教室」カテゴリの記事

コメント

rikiさん~、私は、今、rikiさんに激しく嫉妬をしております!(笑)
カレー、その他の料理もさることながら、Yさんに出会えた事にです~(大笑)
ええなぁー。
ほんまに、ええなぁー。
羨ましい~。

どこかにほんまに、『どこでもDOOR』がありましたら、クレソンしん子宛てへ連絡下さい~。
どなた様~~~(大笑)

投稿: クレソンしん子 | 2013年11月17日 (日) 20時08分

>クレソンしん子さん
ええやろ、ええやろ、おらおら~!ってのは冗談で、嫉妬って、わたくしオサーンですよ。

アクティブで料理もできるしん子さんやYさん、私が10~20年はかかるだろう「なりたい自分」です。そのときはもう定年ですが・・・(笑)

投稿: 管理人 | 2013年11月17日 (日) 23時22分

いえいえいえ~~~、何をおっしゃいます~、rikiさま~。
そんなに褒めても、何も出てこんでぇー(笑)
というのは冗談で~(笑)
rikiさん、そんな目で見て頂き、ありがとうございます。
私、本人は、なんの気負いもなく、好きな事を追求しているだけなのですが・・・(笑)

私もYさんは、目標!(笑)
性別は、違うけど、Yさんの取り巻く雰囲気というかオーラは、ヨガを真摯に正しく実践している方って分かる。
私も同じ方向を向いて歩いていきたいと思っているので、彼は、憧れの存在だし、モチベーションをあげてくれて、ありがとうという気持ちなんです。
しかも、カレー道も極めようと頑張っている。
ヨガ&カレーは、私も永遠のテーマなので、勝手にYさんに親近感を持っている私です~♪(笑)

rikiさんの自作カレーは、私の料理人(?)魂を刺激しまくりですよ~☆

by 定年後のrikiさんのカレー屋さんを楽しみにしているいちファンより~

投稿: クレソンしん子 | 2013年11月18日 (月) 14時35分

>クレソンしん子さん
やはり私は適当~に生きていきます。いや、能力に見合った道を歩むのが一番かと(笑)

そして、私の夢は定年後インド料理店のホール係(まかない付き)になることなんです。まあ、これも相当難しいと思いますが。

そうそう、京都のラトナカフェは憧れの存在です。

投稿: 管理人 | 2013年11月18日 (月) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/58589753

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回インド料理食事会in京都 ~渡辺玲さんを囲んで~:

« いも | トップページ | 第13回インド料理教室in大阪~渡辺玲さんを迎えて~ »