« ココナッツビネガーでポークビンダルー、ポークつながりでポークウラティヤトゥ | トップページ | 第2回ビリヤニBBQ@瑞浪 »

2013年11月 3日 (日)

富山で本場南アジア料理“ハシジリ”第1回

富山に赴任し約半年、初めて料理・食事会を開くことになりました。

いきさつは、スリランカ通の方を通じ、北陸のインド料理好きの方々と知り合い、数か月前にパキスタン料理店で食事会に参加させていただきました。その場で有名ブロガーの方々や多くの方と知り合い、いわゆる食事会の話が持ち上がったのです。

その後、色々とやりとりし、冗談半分で会場探しや下見をする中、次第に話は現実味を帯び、地元の公民館の会場を予約することができました。SNSなどで周知、その中でフライヤーを作っていただけ、それらをお店に置いてもらうという展開もあり、当初20名の予定でしたが、瞬間風速で24名の予約が入り、当日は22名の方にお集まりいただきました。

レシピは本、ホームページ、今まで参加した料理教室で入手したものから作りました。当初は全てオリジナルレシピにしようと思いましたが、無理にオリジナルを作るまでの経験と知識がないため、そのような愚行はやめました。

そして、名古屋のUさんを通じ、このような食事会の元祖とも言え、かつて「グルジリ」を主催、今は「ケララの風Ⅱ」のオーナーシェフである沼尻匡彦さんからも声をかけていただき、カレーリーフの提供を受けました。その中には、青唐辛子、ビーツまで入っており、本日の料理の材料として使わせていただきました。

スパイス類はほぼ我が家の在庫でまかなうことができ、新たに購入したのはワダ用のウラドダルのみです。野菜類などは当日購入、参加者の方からたまねぎ、かぼちゃ、そして生マトンの提供も受けました。マクロビケーキ、豆乳などの差し入れもあり、このように多くの方の御協力により食材に困ることなく開催にこぎ着けることができたのです。

Dsc07523 バナナケーキ。すいません、こちらは披露し忘れ、個人的に楽しませていただきました。しっとりとした生地でバナナの粘性が上質に表現され、素晴らしかったです。

131103001a マクロビケーキ。これもバナナケーキ同様に秀逸でした。アタ粉が入るとこんなに香ばしくおいしいのかと。なるほど!の風味と食感に脱帽です。

以下、完成した料理を紹介します。写真は今回の食事会の実質的な主催者である、nagarkotさんから提供していただきました。

R0018651  ナスのサンバル。

R0018657  トマトラッサム。

R0018660  レンコンとゴボウのコロンブ。

R0018655  ほうれん草のムングダル・クートゥ。

R0018653  かんどブリ(石川県産)のココナッツカレー。

R0018656  ウプカリ。貴重な生マトンを羊さん?!から提供していただきました!かじって最高!

R0018658 カボチャのパヤサム。

R0018663_2 メドゥ・ワダ。使用したウラドダルはミャンマー産。

R0018659  ココナッツチャトニー。使用したココナッツファインはフィリピン産。

R0018661  グリーンチャトニー。

R0018664_2 さつまいものアチャール。

Untitled24  ビーツのポリヤル、ひよこ豆のスンダル。ひよこ豆は当日煮ました。

Untitled15aaa  まとめてみました。

R0018652  調理室横の研修室には出来上がった料理がズラリと並びました。

R0018667  壮観です。

Untitled29aa  感無量です。

Untitled001bbb

 

Untitled001bb ①レンコンとゴボウのコロンブ
 タマリンドの酸味の中に仄かにココナッツの甘みを効かせた汁気の多い根菜カレー。
 あと僅か汁気が多くても良かったですが、いいバランスでした。
②ホウレンソウのムングダル・クートゥ
 ムングダルを煮込んで野菜と合わせた煮込み料理。
 私が作りましたが、ターメリック多すぎで、もう少しポテッとした方が良かったかも。
③ナスのサンバル
 南インド料理に欠かせない野菜入り豆汁カレー。
 素晴らしい出来!
④トマト・ラッサム
 サンバルと同じく南インドに欠かせない豆汁入り野菜スープ。シメに食べると胃が楽に。
 塩気強めでしたが何とか挽回。いい仕上がりでした。
⑤かんどブリのココナッツカレー
 地元の新鮮で安価なかんどブリを使った南インド風のフィッシュカレー。
 これも素晴らしい出来!
⑥カボチャのパヤサム
 南インド風のココナッツミルク、レーズン、カシューナッツをギーでテンパリングして作ったデザート。
 カボチャ少なめを指示した私が間違っていましたが、やはりこれはおいしかった!
⑦コリアンダー・パチャディ
 ヨーグルトに香菜を和え、マスタードなどでテンパリングしたもの。
 完璧な出来!
⑧ひよこ豆のスンダル
 南インドのスナック風豆炒めサラダ。
 これも素晴らし出来!
⑨オニオン・アチャール
 オニオンスライス、トマト、ピーマンの浅漬け。
⑩ビーツのポリヤル
 沼尻さんからいただいたビーツを使った南インド風野菜の炒め蒸し料理。
⑪ウプ・カリ
 スパイスを豊富に使うtチェッティナードスタイルのマトンの塩炒め。
 これも決まっていました!
⑫メドゥ・ワダ
 南インドの豆ドーナツ。
⑬グリーンチャトニー
 インド、パキスタン料理定番のディップ。
⑭タマリンドチャトニー
 タマリンドをディップにしたもの。
⑮ココナッツチャトニー
 南インド定番のワダに欠かせないココナッツのディップ。
⑯サツマイモのアチャール
 スパイスバー・ニコで出てきて激ウマだったのでマネして作ってみました。
 少しサツマイモに火が通り過ぎていましたが満足できるレベル。
⑰ゴーヤのアチャール
 ミールスにぴったりのゴーヤのオイル付け。
⑱すだちのアチャール
 沼尻さんから教えてもらった、爽やかな柑橘系の香りが最高の漬け物。
⑲ソーナーマスーリー・ライス
 ポンニライスとほぼ同じな無味無臭の小粒な米。
 炊飯器で炊きましたが水は1.5倍でギリギリ、2倍で良さそうです。
⑳フライドパパド(写真合成)
 インドの豆せんべいをこの日は油で清めました。サラダ油買い忘れでひまわり油使用。

このほか、*印は差し入れのスリランカ料理、豆乳、豆腐の差し入れもあり、合計20品の料理が揃いました。

なお、この日、私は殆ど料理をしていません。レシピを各調理台に配り、手順の簡単な説明、質問に回答、準備などしていたら、自ずと各調理台で料理が始まり、気が付いたら殆どが出来上がっていました。正直、驚きました。つまり、この日はかなり料理ができる方々が集まったと言う訳です。

しかも、主催の私が言うのも何ですが、かなりおいしかった!ワダは形こそ悪く、私が裏で「穴空け隊」を密かに編成していたのですが、フワッと仕上がっていました。ご当地を意識したかんどブリのカレーも魚が固くならず、コロンブもココナッツとタマリンドのバランスが素晴らしかったし、とかく難しいサンバルも相当なレベルでした。


以上、第1回の食事会は、おかげさまで何とか無事に終了しました。これから年度末に向けて忙しくなるので、第2回は全くの未定ですが、気持ちとしては続けていきたいと考えています。ただ、私もこの富山に住んでいられるのは、おそらくあと数年。その間にどれだけ開催できるかは分かりませんが、このような食事会が定期開催でき、定着するようになれば嬉しい限りです。

以上で第1回”ハシジリ”の報告です。この会を支えてくれた多くの方々にこの場を借りて御礼申し上げます。

|
|

« ココナッツビネガーでポークビンダルー、ポークつながりでポークウラティヤトゥ | トップページ | 第2回ビリヤニBBQ@瑞浪 »

イベント・食事会・料理教室」カテゴリの記事

コメント

いきなり20人超えとは!!
それにしても、興奮ものの20品目ですね。かんぶりのココナッツカレーが食べてみたいです。大盛況でよかったですねー

投稿: spicecherry | 2013年11月 7日 (木) 00時05分

>spicecherryさん
色々反省点はありますが、何とか形になりました。
かんどブリのココナッツカレーは、三軒茶屋のアノ店の料理教室のレシピですよ!スドウのパンと物々交換しましょうか(笑)

投稿: 管理人 | 2013年11月 7日 (木) 04時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/58527189

この記事へのトラックバック一覧です: 富山で本場南アジア料理“ハシジリ”第1回:

« ココナッツビネガーでポークビンダルー、ポークつながりでポークウラティヤトゥ | トップページ | 第2回ビリヤニBBQ@瑞浪 »