« 食堂LACUU クラフトの台所 | トップページ | 佐久・伊勢崎日帰りの旅 »

2013年10月 6日 (日)

Sona Masoori Rice

 富山に戻り初めての日曜日。

Dsc07167  ソーナーマスーリーライスを湯取りし、ハンターナ(奈良)のスリランカ風ポークカレー(レトルト)と合わせてみた。やはりかなり吸水する米との印象で、ゆで時間、蒸らし時間共にやや長めの方が良さそうである。
 ポークカレーはレトルトとは思えない秀逸な仕上がりだった。ランペ、カラピンチャもふんだんに入っている。これは苦労してでも再度手に入れたいと思った。

Dsc07171  夕方からは、久しぶりの料理。北海道産の生鮭を使い、タマリンド、ココナッツを効かせたカレーを作った。レシピは渡辺玲著「カレーな薬膳」収録のもの。甘みと酸味のバランスを取るのが難しくも、作り甲斐のある一品である。

Dsc07177  今夜は鮭のカレーのほか、ほうれん草のクートゥ、先日ナイル善己さんの料理教室で習ったコリアンダーライター、マンゴーピックルを添え、炊飯器で炊いたソーナーマスーリーライスでいただいた。
 ライスは1時間(以上)浸水させ、水は1.5倍量としたがギリギリの固さであり、2倍量でもよさそうである。やはりこの米、かなり吸水する特性があるようだ。今後暫くこの米との駆け引きが続きそうだ。

|
|

« 食堂LACUU クラフトの台所 | トップページ | 佐久・伊勢崎日帰りの旅 »

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/58332512

この記事へのトラックバック一覧です: Sona Masoori Rice:

« 食堂LACUU クラフトの台所 | トップページ | 佐久・伊勢崎日帰りの旅 »