« 続・まるまる魚津とポークビンダルー | トップページ | 富山で本場南アジア料理“ハシジリ”第1回 »

2013年10月27日 (日)

ココナッツビネガーでポークビンダルー、ポークつながりでポークウラティヤトゥ

 スリランカ通の友人・知人を通じ、我が家の家宝になっているココナッツビネガー。国内で販売されているのを見たことはなく、数年前に訪れた茨城の亀仙人街の店では在庫切れ。そのとき店の方は1か月後の船便で着くと言っていた記憶があります。

Dsc07469  そのココナッツビネガーを使って作ったポークビンダルー。まろやかな酸味がいい按配、と言った感じです。レシピは、Labo India 13 Pork Vindaloo。多数収録されているレシピの中から選んだのは、渡辺玲先生のもの。なぜか?それは、レシピを見ていて私なりの疑問がなく、おいしそうだから。実際、完璧な仕上がりでした!

Dsc07475 翌日は、ポークつながりで作った、ポークウラティヤトゥ。これは、東京の某シェフから教えていただいたもの。我ながらマスタードのテンパリングが最高に上手く効いたという感じで、久々の会心作でした。本当に格好良く決まり、これだから南インドはやめられない、と実感した次第です。

|
|

« 続・まるまる魚津とポークビンダルー | トップページ | 富山で本場南アジア料理“ハシジリ”第1回 »

自作」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 株の入門 | 2014年1月29日 (水) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/58527130

この記事へのトラックバック一覧です: ココナッツビネガーでポークビンダルー、ポークつながりでポークウラティヤトゥ:

« 続・まるまる魚津とポークビンダルー | トップページ | 富山で本場南アジア料理“ハシジリ”第1回 »