« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

ココナッツビネガーでポークビンダルー、ポークつながりでポークウラティヤトゥ

 スリランカ通の友人・知人を通じ、我が家の家宝になっているココナッツビネガー。国内で販売されているのを見たことはなく、数年前に訪れた茨城の亀仙人街の店では在庫切れ。そのとき店の方は1か月後の船便で着くと言っていた記憶があります。

Dsc07469  そのココナッツビネガーを使って作ったポークビンダルー。まろやかな酸味がいい按配、と言った感じです。レシピは、Labo India 13 Pork Vindaloo。多数収録されているレシピの中から選んだのは、渡辺玲先生のもの。なぜか?それは、レシピを見ていて私なりの疑問がなく、おいしそうだから。実際、完璧な仕上がりでした!

Dsc07475 翌日は、ポークつながりで作った、ポークウラティヤトゥ。これは、東京の某シェフから教えていただいたもの。我ながらマスタードのテンパリングが最高に上手く効いたという感じで、久々の会心作でした。本当に格好良く決まり、これだから南インドはやめられない、と実感した次第です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2013年10月20日 (日)

続・まるまる魚津とポークビンダルー

 再び台風が接近し、雨の日曜日。

Dsc07455 昨日に引き続き、魚津産業フェア「まるまる魚津」のニーラジュのブースに。結構な列ができていました。

Dsc07452 今日は里芋と干し椎茸のカレー、かぼちゃとチキンのココナッツカレーが入れ替わり登場です。

Dsc07453  カレーが3種類も楽しめるとは、嬉しい限り。某フェスなどでは軽食類が多く、それはそれで楽しめますが、やはり私はカレーが食べたい!と思うのです。

Dsc07456  今日は何と3種類700円という提供をしており、メインを里芋と干し椎茸とし、ご覧のようなトリプル相がけとなりました。そして、これをすぐいただきましたが、まず、里芋の食感にびっくり!一瞬キノコと感じるようで驚きました。干し椎茸の食感も、これまた面白く、じんわりおいしいカレーでした。
 ココナッツカレーは、まさにココナッツ!甘みを前面に出し、徹底してやさしい味。トマトカレーは洋を感じさせるほどトマトのリッチな味が印象に残ります。ここにダルが加われば、さらに雰囲気が出るのではないかと思いました。フェスの類でダルを出すのは、ウケや提供方法を考えると難しいかもしれませんが、是非検討してもらいたいところです。ベジ中心のカレー、やはり私はこの手のものが好みです。

Dsc07458  地魚の焼きかまぼこ。プルンとしていて新鮮!

Dsc07459  牛すじ煮。野菜の香りが強烈!焼き豆腐もイイ!

Dsc07462  おみやげはサーモンの昆布じめ。

Dsc07463  帰宅後は、マリネしておいたポークを調理。

Dsc07468  ポークビンダルーの出来上がり。レシピは、ラボ・インディアの「ポークビンダルー」に沢山収録されているレシピの中から、迷いに迷い、選んだのは渡辺玲先生のもの。アレンジしのは、酢をココナッツビネガーにし、辛みが穏やかで発色が良いカシミーリチリパウダーとしたことです。

Dsc07470  やはり渡辺玲先生のレシピは間違いないですね。酸っぱいs、仄かに甘い、それで鮮烈なスパイス感。付け合わせは香菜としましたが、このあとイタリアンパセリを添えたら、これがなかなかでした。富山の新米と共に、食べ過ぎ注意ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月19日 (土)

まるまる魚津

 激務明けの土曜日。

Dsc07415  ありそドーム(富山県魚津市)に到着。

Dsc07414  魚津産業フェア まるまる魚津の会場へ。

Dsc07400  魚津のインド料理店・ニーラジュのコーナーへ直行。

Dsc07395  2種類食べたい!と伝えたら、特別に相がけセットを作っていただいた。手前が西インドスタイルの野菜とチキンのトマトカレー、奥が金時豆と冬瓜のカレー。前者はトマトの風味がどこかイタリアンな雰囲気で独特、後者は食べるにつれジワ~っとスパイス感が広がり、かなり好みの渋い味わい。

Dsc07401  暫くしてから第2ラウンド。魚津産りんごとチキンのカレー。この時期にしか収穫できない未熟のリンゴを青パパイヤの代用で使ったようです。サラッとしていて、みずみずしさも感じられ、じゃがいもが入っていてもボテッとしない。やさしい味わいですが、なかなか奥が深いカレーでした。ライスは1/3でお願いしましたが、イイ感じに炊けているんです。判別不能のスパイスも入り、おいしいライスでした。

Dsc07394  今春富山に来てから、虎視眈々とニーラジュさんの料理教室を狙ってきたのですが、なかなか休みが取れずに苦戦中。北インドの家庭料理的なものを習う機会は意外に見つからないので、何とかしたいものです。

Dsc07416  豊作汁がハゲしく気になるけど我慢。

Dsc07423  その横には、つやつやのかまぼこが。これも我慢。

Dsc07417  そして、こちら魚津商工会議所青年部による魚津クリアラーメンのコーナー。鰤の文字を見てしまった私。

Dsc07419  こちらにはブリ、フクラギと書かれています。もうダメ。

Dsc07418  いただきました。これが予想をはるかに上回るおいしさ!強めの魚の出汁、しかし、至極上品!細めの縮れ麺はみずみずしく、鰤の出汁にぴったり。参りました。

Dsc07421  ラーメンのコーナーでは、すり身とカニクリームコロッケも売られており、これがまた旨かった!青年部なかなかやりますね。これで魚津も安泰?!

Dsc07397  このほかにもいろいろ海の幸が豊富な会場内。目移りしてしまいます。

Dsc07398  この誘惑には勝てませんでした。魚津はリンゴの産地でもありまして、買わない訳にはいきません。

Dsc07429  満腹状態で、近くの金太郎温泉へ。こちらの温泉、HPによると、「源泉は、湯温75度の温泉が湧き出、湯量豊富。泉質は食塩泉と硫黄泉が混合している全国でも珍しい「含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(硫化水素型)」」とされています。かなり塩分は強め、それでいて肌がキュッとなる独特の泉質、なかなかおもしろかったです。約3時間にわたりまったりさせていただきました。

Dsc07436 夜は、立山レタス、香菜、青唐辛子、トマト、プロシュートを用意し、サンドイッチ大会。

Dsc07440  昼間買ったリンゴパイもいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月17日 (木)

DIL eid festival

 今夜は富山県射水市のパキスタン料理店・DILへ。

Dsc07372  富山、いや、日本のパキスタン料理店で屈指の店としてふさわしい堂々とした風格があります。

Dsc07365  店内の雰囲気もご覧のとおり。アルカラム、ナーンインの次に好きかも。

Dsc07366  お目当てはこちら。イード・フェスティバルのスペシャルメニューは、通常1,300円の大盛り日替わりセットが1,000円に。

Dsc07367  まずはサラダとマトンビリヤニ(骨付き)。富山では最初にこれが出てくるのが常識なんです。

Dsc07368  ナン、大盛りプレート。

Dsc07369  チャナマサラ、チキンカラヒ、マトンカレー、じゃがいも入りキーマときた。スパイシーなカラヒ、旨みたっぷりのカレー、ドライでスパイシーな豆、やさしい味わいのキーマ。まさに肉のグラデーション!さすがです。

Dsc07370 ドリンクはいつものことながら、少し時間がかかるホットチャイを。パキスタン料理店では、やはりこの濃厚なミルクチャイでしょう。

Dsc07371  メガネ兄貴と暫し雑談し、レジ前に来ると、「富山で本場南アジア料理」のチラシが!

Dsc07377  あと20歳ほど若ければ日参確実ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月14日 (月)

かぼちゃの日

 連休最終日。

Dsc07338a  お昼は、氷見きときと寿司・婦中有沢店へ。ネタは何だか忘れましたが旨い!

Dsc07342a  富山から出た方々、きっとよそで魚を食べる気にならないだろうと。

Dsc07352  夏野菜のココナッツマサラは、シバカリーワラ・山登さんの料理教室のレシピ。野菜はバターナット、紫芋、なす、いんげん。今日は缶詰ではなく、スリランカ製ココナッツミルクパウダーを使いましたが、こちらの方が風味が良いような気がします。

Dsc07351_2  バターナッツ(かぼちゃ)が余ったのでポリヤルに。こちらは渡辺玲先生のシェフズ・スペシャルのレシピ。フェンネルと少し煮くずれみずみずしいカボチャの魅惑的な香りのハーモニーがたまりません。

Dsc07355  朝に作ったかぼちゃのパヤサムは、神戸・マドラスキッチンのシェフ・スレッシュのレシピ。これは我ながら会心の出来。今日はかぼちゃづくしになりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2013年10月13日 (日)

粉モンの日

 連休2日目。

Dsc07286  今日は国道41号線を南下。

Dsc07303 飛騨古川・福全寺そば。

Dsc07289  メニュー。

Dsc07302 八寸。つるじゃりっとしたそば、生わさび共になかなかです。

Dsc07307  2軒目はなかや。先ほどの店の息子さんのお店のようです。

Dsc07304  メニュー。

Dsc07305  そばはこちらの方がつるっと感があります。わさびもおろしたて。

Dsc07306  最初は塩、その次は塩とわさび。そのごお汁でいただきました。どちらのお店もつゆが甘めとは言うものの、とてもしっかりしています。そばもなかなかで、こんどは少し変わったそばをいただきたいものです。

Dsc07308  飛騨古川の街並み。

Dsc07313  そして、数十分車を飛ばして高山へ。世界一のパン(第三?)があると言うトラン・ブルーに到着。

Dsc07310  14時30分に到着し、少し待っていると店員さんが出てきて売り切れとの案内が。このあとパン・ド・ミーが全粒粉のものとレギュラーの2種類が焼き上がると言うので待つことに。

Dsc07311  並ぶこと15分くらいで入店。

Dsc07322  私の前で全粒粉のパン・ド・ミーが売り切れたので戦利品はこのレギュラー1斤。

Dsc07323  うん、確かにおいしいです。

Dsc07324 その後は、私も生地作り。入れた野菜はしょうが、たまねぎ、カレーリーフ。相当ゆるめです。今日はホイッパーでしっかりかき回し、ふわっふわを目指します。

Dsc07325  何とか焼き上がったワダとココナッツチャトニー。神戸のインディア・メーラーに行けず、ひとりワダ大会!でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月12日 (土)

佐久・伊勢崎日帰りの旅

 10:00 出発。

Dsc07233  高山へ行くつもりが、ふと思い付いて佐久(長野県)に。やみちゃんの遠征記を思い出し、マネさせていただくことに。

Dsc07248  13:00 スリランカ料理店・スジャータに到着。

Dsc07237a いろいろなセットが。

Dsc07239a  セットだけでなく、興味深い一品もいろいろ。
Dsc07241  スペシャルセットでカレーはエビとサバを選択。

Dsc07245  丁寧に作られた揚げたてのカトレットはそのままでも十分おいしいけど、グリーンソースを付けると何とも言えない辛みがさわやかでいい感じ。カレーはエビがココナッツミルク多め、サバはオーソドックスで家庭的なほっとする味わい。パパダンは丸ごと1枚!

Dsc07247  キリテーは紅茶の香りがいい感じ。ワタラッパン、ナッツがまぶされ、これがいいアクセント。

Dsc07250  上田に行こうかと思いましたが、ここまで来たら北関東は目と鼻の先なので東へ向かいました。私には珍しく?ケチって下道。

Dsc07252  17:00 マーディナに到着。群馬県伊勢崎市です。

Dsc07253  店内。まったりしとります。

Dsc07255  チキンとマトンのプラウが新メニューのようで、ハゲしく気になりテイクアウトしようと思ったほどでした。

Dsc07261  今日はハリームが売り切れ、このニハリはあるとのこと。

Dsc07254  全くお腹が空いていないので、軽く行こうと思いつつレギュラーメニューを眺めることに。いやいや破格ですね。

Dsc07256  ニハリを頼んでしまいました。
Dsc07257
 実物はこの倍以上の大きさ。チキンレッグ2本分以上の肉の塊が目の前に。

Dsc07258  解体と言うか手術中。

Dsc07259  まさかの完食。旨い!スネ肉好きにはたまりません。

Dsc07260  チャイはミルクたっぷりかつ濃厚で好きなタイプ!

Dsc07262  富山の某店と似た外観。日が暮れるとなお雰囲気が出るというもの。

Dsc07265  22:10富山着。泊まろうかと思いましたが、ホテル代がもったいないので帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年10月 6日 (日)

Sona Masoori Rice

 富山に戻り初めての日曜日。

Dsc07167  ソーナーマスーリーライスを湯取りし、ハンターナ(奈良)のスリランカ風ポークカレー(レトルト)と合わせてみた。やはりかなり吸水する米との印象で、ゆで時間、蒸らし時間共にやや長めの方が良さそうである。
 ポークカレーはレトルトとは思えない秀逸な仕上がりだった。ランペ、カラピンチャもふんだんに入っている。これは苦労してでも再度手に入れたいと思った。

Dsc07171  夕方からは、久しぶりの料理。北海道産の生鮭を使い、タマリンド、ココナッツを効かせたカレーを作った。レシピは渡辺玲著「カレーな薬膳」収録のもの。甘みと酸味のバランスを取るのが難しくも、作り甲斐のある一品である。

Dsc07177  今夜は鮭のカレーのほか、ほうれん草のクートゥ、先日ナイル善己さんの料理教室で習ったコリアンダーライター、マンゴーピックルを添え、炊飯器で炊いたソーナーマスーリーライスでいただいた。
 ライスは1時間(以上)浸水させ、水は1.5倍量としたがギリギリの固さであり、2倍量でもよさそうである。やはりこの米、かなり吸水する特性があるようだ。今後暫くこの米との駆け引きが続きそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 5日 (土)

食堂LACUU クラフトの台所

 富山に戻り3日目。昨日は職場復帰初日、周囲の支えのおかげで何とか乗り切り、土曜日を迎えることができました。

Dsc07136  カレーリーフも何とか大丈夫でした。不在の間に実はこんなに立派に。

Dsc07134  出発前に発注した米と新大久保で直買した米が同時に届きました。なお、お店の人によると、このソーナーマスーリー(Sona Masoori)はアーンドラ~カルナータカ辺り、ポンニ(Ponni)はタミルの米で、それぞれ現地で元々食されていたものに、ブランドとしてこのような名が付けられたようです
 下のスリランカの赤米
・ラトゥキャクル(Rathu Kekulu)、サンバ(Samba)は新大久保のJANNAT HALAL FOODで購入、左上のソーナーマスーリーはNASCO HALAL FOODで購入し、近くのセブンイレブンで紙袋を購入し宅配便で送ったものです。
 これらのお米、それぞれ炊き方、湯取りの方法(時間)が異なり、慣れないと結構難しいんですよね。今年はこれらの米の炊き方を研究していこうと思っています。

Dsc07154  夜は久しぶりに高岡へ。

Dsc07153  今夜の食堂LACUUは、「クラフトの台所」限定メニュー。

Dsc07155  別注の薫製盛り合わせ。特に手前の鶏レバー、仄かにチョコレートのような香りがして、もうハゲしく激ウマ!!これはレバー嫌いの人が絶対食べなければいけません。

Dsc07156  オクラのカレー、野菜サラダ、チャパティ、ベジタブルプラオ。新鮮な野菜のおいしさが満開です。

Dsc07157  ほうれん草とかぼちゃのカレー。野菜の香りが濃厚!そして、かぼちゃのみずみずしさが恐ろしいほど。野菜でここまでできるとは驚き以外の何ものでもありません。ラクウはカシアの使い方がとっても上手く、このカレーも例外ではありません。参りました。

Dsc07158  今夜の食卓。

Dsc07159  豆乳アイスチャイ。カシアの香りが心地良く、豆乳チャイとは思えないほどの飲みやすさ。もう間もなくでアイスチャイは終わるようです。

 本日ランチ時は過去最高の客入りで大変だったようで、今夜は満席覚悟で訪問しましたが駐車場の空きもあり、このように無事食事にありつけました。丁寧な仕事が随所に垣間見られ、香り高く、仕上がりの良い上質な料理、とても心地良いですね。富山に戻りほっと落ち着いた瞬間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 3日 (木)

ケララの風Ⅱ

 東京18日目。本日は移動日。

Dsc07111  開店直後のケララの風Ⅱ。

Dsc07113p  続々とお客さんが入店してきます。

Dsc07115_2  本日は、オクラのパチャディ、いんげんのトーレン、冬瓜のオーラン、ラッサム、カード、すだち(かぼすだったかも?)のアチャール、ココナッツチャトニー、ジャスミンライスにダール、サンバル。

Dsc07117  フワっとしたライス、それにいろいろ混ぜて楽しませていただきました。この明るさを感じるおいしさ、いつもながら表現し難いです。アチャールの美しい酸味も素晴らしく、オーランのみずみずしさにも思わず唸らされました。

Dsc07118  食後はコーヒーで。

Dsc07123  787で東京を飛び立ちました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 2日 (水)

コチンニヴァース

 東京17日目。東京最後の夜。

Dsc07098p  今夜は西新宿・コチンニヴァースを初訪問。数年前からの念願が叶いました。

Dsc07088  マイソールフィッシュカレー。シャープな酸味の効かせ具合が素晴らしかったです。旨い!

Dsc07090  青菜のクートゥ。豆より野菜が多く、濃厚で独特の仕上がり。独創的でおいしい!

Dsc07092  パラタ。カットはしないで欲しかった。

Dsc07095  自家製Mixベリーチーズアイス。いちご、ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー、プラスクリームチーズの濃いめアイス。シャーベット状なのに濃い不思議な食感。おいしい!

Dsc07093  チャイ。スパイス感はなく、オーソドックスなミルクティですね。注文後ジンジャーラッシーに気が付きましたが、必死にこらえて我慢しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 1日 (火)

ダルマサーガラ

 東京15日目。

Dsc07029 東銀座・ダルマサーガラに到着。

Dsc07054  階段を上がり2階へ。

Dsc07031  入店します。

Dsc07044c  店内のカウンターには黒板が。

Dsc07051 これは昨日までのところ、本日のみ延長して作ったようなことを仰っていた。(※聞き違いかもしれませんので、念のため。)

Dsc07041  新メニュー。中にインドのオムレツが入るとは。他店ならどうかと思いますが、この店のものなら食べる価値はあると思うのは私だけでしょうか。あと、全く関係ないことですが、このフォント、どこかでお目にかかった記憶がありますね。

Dsc07052  これはハゲしく気になります。マトングレーヴィー付きのスペシャルのようです。

Dsc07043  私の注文は、単品にしようと思いましたが、ミールスBセット・お肉のコースをマトンカレー、ジャスミンライスで注文。何も言うことはありません。完璧です。

Dsc07046  マドラスコーヒーを追加。苦み、甘さ加減共に最高です。

Dsc07050  日本語もルックスもクールなホールのラメスさん、最高の料理を作り出すシェフのお二人。ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »