« シバカリーワラ | トップページ | ダバインディア »

2013年9月19日 (木)

アチャラ・ナータ

 東京3日目。

Dsc06247  中野駅南口から徒歩数分。

Dsc06249  ビルの3階が目的地。本年オープンしたアチャラ・ナータに到着。

Dsc06257  夜は単品がずらり。

Dsc06258  前菜あり、一品あり、カレーもあるなど、偏りなく揃っています。

Dsc06259  アーッパ、ピットゥがグランドメニューに載っているだけでも感動モンですが、ジャフナ地方の香りと紹介されているタラッパが気になって仕方がありません。

Dsc06260  特別メニューも充実しています。ちなみにアラックは何と4種類。VSOAを嗅がせていただきましたが、甘ったるさがなく洗練されており、何とも魅惑的な香りでした。土日だったら絶対頼んでいたと思います。

Dsc06250  エッグアッパー(ビッタラアーッパ)。外側の当然の如くカリっとしており、そこと中央部分の厚みがある部分との間はグラデーション的ではなく、はっきりと区別されています。久しぶりにアーッパ、むさぼるようにいただきました。

Dsc06253  ポークタラッパ。ジャフナ地方の香りの意味を伺うのを忘れ、食べ進めてしまうほど。柔らかい豚肉が意外でしたが、その柔らかさとペッパーの刺激的なスパイス感とのコントラストが楽しかった。これはアテに最高ですし、カレーに添えても面白そうです。今日一番のお気に入りかも!

Dsc06255  サンボール盛り合わせは、みつばのサンボールとココナッツサンボール。ココナッツの再現状態が良く、物足りなさを感じないリッチな作りです。

Dsc06256  さて、これは何でしょう??ソイミートはこんな形のがあったかなと思いつつ、一口食べるとキノコのような食感と風味。それで、正解はやはりソイミートでした。
 ソイミートをきちんと辛く味付けて、こうやって出すと、素晴らしい香りが出てくるんだ!目から鱗でした。

Dsc06261  紅白ピットゥができあがりました。このサービスは嬉しいですね。

Dsc06262  美しい!
Dsc06263  カレー二種盛りは、チキンとパリップ。チキンは結構リッチな作り。一方パリップはあっさりしたフレッシュ感さえ感じるやさしい味わい。対照的なカレーの組み合わせでした。

Dsc06265
 ワタラッパンはジャガリー臭控えめで、スーッとした香りが鼻を突き抜けた。これはかなり洗練されたワタラッパンですね。好きなタイプです。

Dsc06266  キリテーは何かスパイスが入っているのかと思うほど、さわやかで香り高く、これを飲むとやはり紅茶はインドよりスリランカだと思ってしまいます。

 今日は久しぶりに一人でやりたい放題させていただきました。次回はカジキ、ハールマッソーテルダーラなどの魚料理、カレーを思う存分味わいたいものです。いろいろとありがとうございました!

|
|

« シバカリーワラ | トップページ | ダバインディア »

スリランカ料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/58228082

この記事へのトラックバック一覧です: アチャラ・ナータ:

« シバカリーワラ | トップページ | ダバインディア »