« なんどり | トップページ | ベンガルの日 »

2013年9月22日 (日)

野田と八潮に行った訳

 東京6日目。連休の中日。

Dsc06445  ハンディレストランには、途中、大渋滞に巻き込まれ、予定より2時間遅れで到着。

Dsc06451  オーソドックスなチキンカレーはカシューナッツペースト入り。レモン風味のラホリチキンティッカは引き締まった風味。ナンは至ってノーマル。パラタは比較的食べやすいタイプでした。

Dsc06458  続けて2軒目はカラチの空。今日は連休中ということでスペシャル大放出でビリヤニ以外何でもあるという勢いのラインナップ。
Dsc06463  シャミケバブはバランス、油の切れが良く、それにミント、青唐、ヨーグルトのソースがビシッと決まっており、これは大当たりでした。

Dsc06462  ノーマルなチキンカレー。ヨーグルトと思われる酸味が驚愕レベルで決まっており、素晴らしい出来映え。酸味の効き方がシャープなため、グレービー自体はオイリーですが、油っぽさはさほど感じません。前回訪問時とかなり印象が変わりました。

Dsc06461  特大ナン。見栄えとは裏腹に秀逸でした。

Dsc06464  3軒目はアルカラム。

Dsc06465  カラチの空に負けじと、メニューが充実。

Dsc06469 しかし、オーダーはチキンカレー。カラチの空に比べると塩気が少し強く、酸味は十分、その中に青唐っぽい風味がこの店独特(だと思っている)の風味を醸し出しており、グレービーはトマトなどの野菜が濃縮されたような味も入り、かなり濃厚な仕上がり。

Dsc06471  パヤをサービスしていただきました。

Dsc06468
 アルパラタ。中のマサラポテトは、やはり青唐の風味が効いており結構シャープな印象。全体としてはクルチャという感じです。

Dsc06467  ハイシーオレンジは、底に結構果汁が沈殿しており、なかなかです。

Dsc06473  コーラのゼロは、こんな色の瓶。なかなか格好良いです。

Dsc06472  ここのチャイはしっかり濃くておいしいですね。砂糖入り。

Dsc06476  帰りは首都高で戻りました。
 今日は結果的にチキンカレー食べ比べとなりました。

|
|

« なんどり | トップページ | ベンガルの日 »

パキスタン料理」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。チキンカレーの食べ比べ御苦労様でした。

ハンディではインド料理の方のチキンカレーを食べたのですかね?以前、パキスタンSPでチキンサーランというのを食べましたがスープタイプでスパイス感の少ない家庭料理っぽいものでした。

>カラチの空の印象が変わった。
さすがですね、恐れ入りました(笑)。
実は以前カラチの空にいたシェフが今はハンディにいるんですよ。このシェフが容赦なく油を使う感じの方なので、現在のカラチの空の料理は以前よりは油控えだと思いますね。

そう言えば、あと3週間でイードですね。富山の方のお店もスペシャル料理を用意するのでしょうね。


投稿: ポルサンボール | 2013年9月23日 (月) 06時55分

>ポルサンボールさん
ついに行きましたよ!そして、カラチの空のシェフがハンディにいるとは。

ハンディのチキンカレー、メニューにはカシューナッツ入りなどと書かれており、それらが入っていないパキスタン風のものを注文した(つもり)のですが、やはりインド風(インドでも絶対カシューナッツなんて入れないというシェフもいると思いますが)だったのかもしれません。ということで、昨日の訪問では、焼きものは別として、カレーの実力はまだ分からずで、今後の楽しみにとっておこかと思います。

またイードだったことには気づきませんでした。今回の野田、八潮訪問で、また富山で食べる楽しみが増えたような気がします!

投稿: 管理人 | 2013年9月23日 (月) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/58246221

この記事へのトラックバック一覧です: 野田と八潮に行った訳:

« なんどり | トップページ | ベンガルの日 »