« シャングリラ詣り後はパラクチキンとプディナアールー | トップページ | おかわりでナンが変わるアラジン2 »

2013年8月 1日 (木)

サントシの濃縮とも言うべきサグ

Img_1199s  8月1日(木)の夜は、ハードなナンを求めて富山駅前・サントシへ。カレーは全種類から選ぶことができ、この日はサグマトンを選択。ほうれん草だけとは 思えない、青臭ささえ感じる濃厚と言うか濃縮サグは目を見張るものがあります。シークカバブ、タンドリーチキンのクオリティも非常に高く、思わず唸ってしまいました。
 なお、この日はいつものホールの方が不在で、調理スタッフ複数人がホールに繰り出していた。全員体制での対応という雰囲気で、オペレーションは極めて良好。
 豪華なつくりの料理が多いため、毎日食べるには少々重たさを感じざるを得ませんが、やはり、富山一とも言える高級店の実力は、あなどれません。さすがです。

|
|

« シャングリラ詣り後はパラクチキンとプディナアールー | トップページ | おかわりでナンが変わるアラジン2 »

インド料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/57941430

この記事へのトラックバック一覧です: サントシの濃縮とも言うべきサグ:

« シャングリラ詣り後はパラクチキンとプディナアールー | トップページ | おかわりでナンが変わるアラジン2 »