« サントシ再訪、驚愕のアジャンタのテイクアウトカレー | トップページ | カシマワーラーインド食べさせられ放題報告会vol2 »

2013年7月 8日 (月)

浦安・PaULa(パウラ)

 月曜日は朝から移動。
Img_1075s  富山から東京へは、ここ越後湯沢まで特急、ここから新幹線で向かうのが標準ルート。新幹線ホームには売店が一つもなく、少々残念でした。

Dsc04940  仕事を終えた後は、東西線浦安駅北のスリランカ料理店PaULaへ。駅から5分程度でした。

Dsc04941  パウラスペシャル(1,200円)は、夜限定のライス&カリー。ゴーヤのサンボーラ、パパダン、キャベツのマッルン、フィッシュフライ(アジ)、それにデル(ブレッドフルーツ、パンの木?、パンの木の実?)というじゃがいもとジャックフルーツのあいのこのような野菜のカレー、ポークかビーフの選択はビーフにしました。ライスは日本米かジャスミンライスで、後者を選択。
 食感が異なるそれぞれの料理のバランスが見事です。混ぜ方により、酸味、甘み、コク、香ばしさの割合が微妙に変化し、いろいろと楽しめます。夜は単品主体のメニューですが、この手のプレートがいただけるのは嬉しいところで、日替わりで中身が変わるようでもあり、これなら通い続けたいと思いました。

Dsc04943  食後は、ワタラッパンを別注。上品なキトゥルの甘みが疲れを癒してくれました。

Img_1082s  ベジタブルロティは、テイクアウトで翌日の朝食となりました。

Img_1083s  こちらのベジロティ、じゃがいもは入らず、野菜と卵を炒めたものが入っており、とっても軽い食べ心地が新鮮でした。

|
|

« サントシ再訪、驚愕のアジャンタのテイクアウトカレー | トップページ | カシマワーラーインド食べさせられ放題報告会vol2 »

スリランカ料理」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/57771652

この記事へのトラックバック一覧です: 浦安・PaULa(パウラ):

« サントシ再訪、驚愕のアジャンタのテイクアウトカレー | トップページ | カシマワーラーインド食べさせられ放題報告会vol2 »