« エッグ・ホッパー(ビッタラ・アーッパ)を求めて | トップページ | 風邪気味な時にリッチなインド料理 »

2013年6月23日 (日)

ホットスプーンで食事会、そして聖地・カシミールへ

 風邪気味で少々身体が重い日曜日。

Dsc04825  さて、今日は、北陸在住のマニア?!の方に案内していただき、JR北陸本線・小杉駅前のホットスプーンにやってきました。この前は駐車場が満杯で諦めたので初訪問です。

Dsc04836  こちらはいわゆる裏目メニューが、表に出てきたというものらしいです。9番はオジュリマサラでしょうか、これと10番のニハリ以外用意できるとのことで、迷いに迷いました。

Dsc04827  そうしている間に、サラダ、マンゴジュース、水が自動的に運ばれてきます。店主さんは片言の日本語ができ、気さくでとても親切でした。このあたり、とても入店しやすい雰囲気に貢献していること間違いないでしょう。

Dsc04828 ビンディー・ゴーシュト。オクラがいっぱい、そしてお肉が旨い!激辛(4辛)でのオーダーですが、気持ちピリッと感じるほどで、全体のバランスが崩れることなくおいしくいただきました。

Dsc04830  ハリームは、比較的豆感が強く、食べやすいタイプ。なかなか上質です。

Dsc04831  パンはナンかロティを選べます。ハリームにはナン(円形)と習った私ですが、今日は頭の中がタンドール・ロティで決まっていたのでナンは次回ということに。

Dsc04832  チキンビリヤニは最初、準備中ということで諦めていたのですが、何とサービスで出してくれちゃいました!いやいや、これには驚きました。そしてこのビリヤニ、結構濃厚な香りと味付けで、おいしかったです!
 なお、お店には物販コーナーがあり、パキスタン製のミックススパイス類と豆類が中心に陳列されていました。ホールスパイスは気持ち程度。肉類は巨大冷凍庫に豊富に在庫がありそうです。今日はニハリミックス、カラヒミックス、タマリンドを買って帰りました。

Dsc04842  その後は、ハシゴを敢行。国道8号線沿いのこの場所で左折するのですが、初めての場合、曲がり損ねそうな場所でした。
Dsc04841 写真は帰りに撮ったものなのですが、国道からはこの砂利道を進入していきます。

Dsc04840  砂利道を少し進んで左折すると、こんなスペースが。
Dsc04839  そこにはバラックと言うか、プレハブの小屋が。ここが富山のパキスタン料理のパイオニア的存在のカシミールです。
Dsc04837  お店は活気に満ちています。店員さんが多く、入店するとすぐに声をかけられました。今日は物販コーナーがお目当てだったので、そう断って商品を見せていただき、レジの下のマンゴージュース、マンゴーアチャールを購入しました。

 Dsc04845 そして、ハシゴの後は、富山に戻り、駅前の無印でマトンカレー、ナンミックスを買って帰宅しました。近所のお気に入りのスーパー、アップルサンショウには、何と富山県産の青唐辛子が大量に売られており、興奮して思わず店員さんに「これ激辛の青唐辛子ですよね?スゴイですね~!!」と聞いてしまいました。ちなみにこの日は、富山県産のほか、千葉県産の青唐辛子も陳列されていました。果たして需要があるのか?こちらの郷土料理で使うのか?何か事情がありそうなので、調べてみたいと思います。

|
|

« エッグ・ホッパー(ビッタラ・アーッパ)を求めて | トップページ | 風邪気味な時にリッチなインド料理 »

パキスタン料理」カテゴリの記事

コメント

どの地域にもマニアがいて、つながりがもてるのはいいですよね。北陸のマニアさんは総勢何人いるのでしょう。北陸ですぐ思いつくのは、東京では金沢GO-GO-カレーです。
これからもつながりを楽しみにしています。

投稿: spicecherry | 2013年6月23日 (日) 23時38分

>spicecherryさん
今回御一緒した方は、ルヌミリスマヨネーズなるものを作られたり、ナイル善己さん、アロラさんのレッスン、スリフェスやラブインディアなど話が合う合う!楽しいひとときでした。
北陸で南インド、スリランカ方面にディープな方は少ないのかもしれませんが、高岡を中心に展開するデリー、金沢のゴーゴーカレーやチャンカレ(カレーのチャンピオン)などの系統、旧・新湊市(現・射水市)界隈に多いパキスタン系に出入りする方々が中心なのかな、という印象で、マニアっぽい人はパキスタン系の店に多い(→ナンではなくロティを頼む)雰囲気ですよ。
来年度末には北陸新幹線が開業し、富山、金沢から東京が身近になり、北陸カレー界?にも何らかの変化が生じるかもしれませんね。

投稿: 管理人 | 2013年6月24日 (月) 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/57650992

この記事へのトラックバック一覧です: ホットスプーンで食事会、そして聖地・カシミールへ:

« エッグ・ホッパー(ビッタラ・アーッパ)を求めて | トップページ | 風邪気味な時にリッチなインド料理 »