« 新鮮野菜と魚でいろいろ | トップページ | DILのバイキングとはまぐりのパスタ »

2013年6月 8日 (土)

14年ぶりの更新記念はチャパティとチキンカラヒで

こちら富山は、梅雨にもかかわらず、快適な天気が続いています。

Dsc04615  土曜日午前中、まずは、レシピラックが到着。今までは本を片手に調理したり、針金ハンガーを変形させるなど苦労していました。ホームセンターに行った際には適当なモノ、素材を物色していました。そこで、シンプルにパソコンから検索したところ、このようなものが市販されていることが分かり即注文。
 据え付けは至って簡単で、棚に穴を空ける必要もありません。付属の金属製の洗濯バサミで、小さな紙切れを挟むこともでき、また、かなり大きな本にも対応できそうです。これでレシピを見直す間に火が通りすぎるなどの失敗はなくなるハズですね。

Dsc04614  続けて、新しい冷蔵庫が到着しました。日立製の高さ160センチほどの今ではそれほど大きくないものですが、私が調べた限り自動製氷が付くタイプでは最小サイズ。注文時はもう少し大きい方が良いかと思ったのですが十分な容量でした。
 自動製氷の給水タンクの右には、真空チルド室なるものがあり、ここの扉を開けると、プシューっという音が。低酸素状態にして保存できるようで、封を開いた後のハム、チーズ、肉類の保存で重宝しそうです。

Dsc04611  そして、昼は、どこかへ出かけようと思ったのですが、何か急に疲れが出てきて、気が付けば12時をとっくに廻っていて、ふと手許に神戸物産(業務スーパー)製のレトルト、チャナマサラがあったので、ちょっと頑張ってチャパティを作り簡単に済ませました。なお、今日は試しにもう一枚をオーブンで焼いて、タンドールロティを作ってやる!と意気込んだのですが、これは見事に失敗。生地がカラカラに焦げ、食べることのできる代物ではありませんでした。やはり高温のタンドールで一気にという訳にはいきません。

Dsc04619  夜も結局外出せず、それでも今日はパキスタン料理を食べに行こうと考えていたので、そこで考えついたのがこちら。
 冷蔵庫に鶏モモ肉2パック、しょうが、ニンニク、トマト、香菜があったので、シンプルにパキスタン料理の代表格?でもある、チキンカラヒを作りました。

Dsc04620  100ccほどのオイルを、料理名のと「カラヒ」ならぬ丸底のフライパンに入れ、石臼でクラッシュしたしょうがとクミン、青唐辛子を炒め、チキンを投入、塩、カシミーリチリパウダー、黒こしょうを入れ炒め、トマトを入れて煮込み、さらにしょうが、香菜を入れて煮込み、最後に針しょうがと香菜の葉を散らして出来上がり。今日は終始強火で、ガンガン攻めまくりました!
 せっかくレシピラックが到着したのに、レシピなしで適当に作った訳ですが、これが結構上手くいきました。写真では分かりにくいですが、シンプルなトマトベースの料理です。たまねぎを使ったり、スパイスではコリアンダーパウダーを入れるレシピもありますが、今日はとにかくシンプルにいきたかったので、これで正解。もう少しトマトの形が残るくらいに仕上げたかったところが悔やまれますが、まあ、屋台風(ラホールの?)に仕上がったかなという感じです。
 たまには、このようなガツンとシンプルな肉料理もいいものです。

|
|

« 新鮮野菜と魚でいろいろ | トップページ | DILのバイキングとはまぐりのパスタ »

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/57550408

この記事へのトラックバック一覧です: 14年ぶりの更新記念はチャパティとチキンカラヒで:

« 新鮮野菜と魚でいろいろ | トップページ | DILのバイキングとはまぐりのパスタ »