« 梅雨の富山、富山でシバカリーワラ?! | トップページ | ホットスプーンで食事会、そして聖地・カシミールへ »

2013年6月22日 (土)

エッグ・ホッパー(ビッタラ・アーッパ)を求めて

 土曜日の朝。何となく風邪気味で、とっても嫌な予感がします。

Dsc04764  朝から断続的に強い雨が降り、ベランダのカレーリーフ(カラピンチャ)はしっかりとしずくをいただき、世話いらず。ちなみにランペは瀕死の状態、コリアンダーは辛うじてという状態です。

Dsc04794  高速を使い、富山県最西部の小矢部市にやってきました。

Dsc04796  こちらの道の駅、比較的新しそうで、とってもゆったりとした建物の造りです。

Dsc04797  建物の一番右と言うか、奥の方の屋外のこちらのテイクアウトコーナー「つかさ屋 本店」が目的地。ちなみに屋外の店(テイクアウトコーナー)は2店舗あり、そのうちの1軒です。
 そして、窓口で、「エッグ・ホッパーください!」と注文。この日を待っていた。富山に行ったら、ここを訪問しよう。小矢部のメルヘン肉なるビーフが入るという創作アーッパは果たしてどのような味か?スリランカ料理の達人たちに報告せねば、と意気込んで来たのですが、お店の方のご返答は「今、やっていないんです。」。
 様々な事情があるとは思うのですが、非常に残念です。小矢部B級グルメのコンテストで最優秀賞を受賞したという「エッグ・ホッパー」なのに、なぜなのでしょう?比較的気温の低い富山で生地を作り管理するのは難しいでしょうし、銘柄牛や卵のコスト、調理の手間や難しさなど、私も勝手にいろいろ心配していたのですが、それらが原因かどうかは分かりませんが、その心配が現実のものになってしまったとは。お店の方には、何度も「再開期待しています!」と声をかけずにはいられませんでした。
 我が国における米粉の使い方として、ホッパーはかなりレアだと思います。富山は米どころですし、是非この珍しい使い方、調理例を発信して欲しいところですし、この取り組みを支える人が一人でも増えることに期待したいですね。今後に期待し、下記に紹介記事のURLを貼り付けておきます。

http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TH20090422411.htm

http://www.startaro.com/shop/products/detail.php?product_id=166

http://yoitokusan.blog11.fc2.com/blog-entry-52.html

(動画)http://www.youtube.com/watch?v=t24GS6IZPLw

Dsc04798  それで、今日の昼食はこうなりました。これは昆布もち。シンプルに旨い!
Dsc04802  かまぼこは高岡のメーカーのものでしたが、何とこの商品、完全無添加!かまぼこで無添加の商品にありつけるとは!このようなメーカーさんが注目を浴び、売れるといいのですが。当然、板蒲鉾ではなく、富山の「巻き蒲鉾」ですよ。板蒲鉾とは異なる食感が得られ、これまたいいものです。

Dsc04803  道の駅の農産物コーナーには、沢山の種類の米粉パンが売られていました。クルミ入り、デニッシュ、そしてこちらはクリームパン。この米粉パン、表面の粉感がしっかりしており、中のクリームと気持ちもちっとした中の生地とのバランスが素晴らしかったです。単に米粉を使いました、という商品ではなく、きちんと開発している印象。上質です。

Dsc04800  このなめらかプリンも期待以上どころか、思わず唸りました。つるんとしたタイプではない、固めのヨーグルトっぽい食感が心地よく、後味が素晴らしかったです。道の駅おやべの商品、上質なものが多く、好感度はかなりのものでした。

Dsc04754  そして、帰宅後は、このシャンカール・ノグチ氏の本を初めて活用することに。

Dsc04805  体調への対策として、ベジタブルカレーを作りました。しかし、このレシピには少々びっくり。ホールスパイスはクミンのみ。工程も極めてシンプルで、本当にできるの?と思うほどでしたが、無事に完成しました。

Dsc04806  シンプル故に、お味もとってもオーソドックス。レシピに塩が書かれていなかったのですが、さすがにこれは記載漏れだと思い適当に入れました。私は最初に作るときは、レシピに忠実に作りたいタイプなので、このようなことでも迷ってしまうんです。
 今日は、じゃがいも、にんじん、かぼちゃ、小なす、いんげんというオーソドックスな野菜を使いましたが、次回はおくら、ビーツ、ズッキーニあたりを使ってみたいところ。野菜の組み合わせを変えて楽しめ、手軽に作れるのもありがたいと感じました。ホールスパイスも少々種類を増やすなど、アレンジと言うか、創作意欲を引き出してくれるレシピですね。
 相変わらず喉の調子は悪いまま。早く野菜とスパイスの効果が効くことを祈るのみです。

|
|

« 梅雨の富山、富山でシバカリーワラ?! | トップページ | ホットスプーンで食事会、そして聖地・カシミールへ »

スリランカ料理」カテゴリの記事

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/57645810

この記事へのトラックバック一覧です: エッグ・ホッパー(ビッタラ・アーッパ)を求めて:

« 梅雨の富山、富山でシバカリーワラ?! | トップページ | ホットスプーンで食事会、そして聖地・カシミールへ »