« デリーのタンドリーチキンとカシミール@デリー富山山室店 | トップページ | 二つの鍋で二種類のアーッパ »

2013年4月28日 (日)

レッドマスタード入りパリップが冴え渡るスリランカ・カレープレート

連休2日目の日曜日。こちら富山は今季初めてと思えるほど暖かく、スカッと晴れました。ということで、午前中は洗濯三昧となりました。

Dsc04227 今日は初めて遠出し、インドカフェ&ダイニングchorichori(チョリチョリ)にやってきました。我が家の近くにあるインディラ系列のお店のようです。

Dsc04191a

ランチメニューはこんな具合。なかなか個性的です。

Dsc04192b さて、お目当てのセットがありました。「南」、「サンバル」、「ポリヤル」、「ドーサ」という文字をようやく富山で見つけたのです。

Dsc04195a ちなみにこちらはドリンクメニュー。

Dsc04200a 夜のメニュー。

Dsc04202a 夜のライス類、デザート類。

Dsc04204a 夜の単品、セットメニュー。あと、ランチでドーサのセットメニューがありましたが、取り忘れました。マサラドーサのほか、キーマなどが入ったものなど3種類ほどのセットが掲載されていたと思います。そして、これらのメニューを見ながら、何かと「予想」、「期待」をしてしまします。

Dsc04208 マドラスセットが運ばれてきました。左上からサンバル、キール、南インドチキンカリー(激辛で注文)、左下はミニサラダ、オニオンピクルスならぬニンジンピクルス、ポリヤル、ドーサ、グリーンチャトニー。

まずドーサですが、ミックスっぽいプレーンのオーソドックスなもの。グリーンチャトニーは北っぽい雰囲気。ポリヤルはミックスベジで、マスタードシードの形は確認できました。ニンジンピクルスはシンプルな酸っぱい感じのもの。

そしてサンバルですが、トマト感が強く、豆の風味はあまり感じませんでした。チキンカレーは仄かにココナッツが感じられたかどうかという按配、一切れインドネシア産ぽい(南洋元っぽい)丸っこいカレーリーフが確認できました。あと、ナンは涙型、ギーはなし、あっさりとした食べやすいタイプのものでした。

主食はナンかバトゥラの選択で、ライスは付きません。これで850円はかなりお得だと思いますが、ドーサが付くことも考えると、やはり主食はライスにして欲しいですね。それほど南っぽさは感じませんでしたが、レギュラーでこのセットを出しているのは、なかなか興味深いところで、頑張ってもらいたいところです。

Dsc04209 食後のチャイは砂糖入り。スパイス感はそれほどではありませんでしたが、紅茶の成分が濃かったのが良かったです。

Dsc04237a 帰りの道中、立山連峰の眺めが最高でした。

Dsc04238a もう一枚。

Dsc04239a 市街地でもこの絶景!

Dsc04243  飽きません。

Dsc04251 家に近づいてもこの絶景。市内の至るところでこの風景が眺められる富山。素晴らしいとしか言いようがありません。

Dsc04240 今日はちょっとSANTRAM(富山地方鉄道の市内電車(路面電車)の新型車両)にも乗りました。

Dsc04257 そして今夜は、久しぶりの自作スリランカカレープレート。昨日大阪では、カルータラ、カラピンチャ、デッカオのコラボ「KKD」のカレープレートを求めて多くの方が肥後橋の店に長蛇の列を作ったようで、大阪まで行けない私としては、もう作りしかない!と意を決して久々に腕をふるうことにしました。

さて、カレープレートですが、左下から、富山・四方産ホタルイカのカレー、富山・大沢野産レッドマスタード入りパリップ(レンズ豆のカレー)、ポルサンボーラ・キャンディスタイル(ココナッツふりかけ)、みつばのサンボーラ(和え物)、バダプ・カラウィラ(素揚げゴーヤ、フライドオニオンと砂糖えんどう入り)、タマリンドポテト(これは非スリランカ)、中央はルヌミリス2種類、そしてライスはラトゥ・キャクル(スリランカの赤米)。全8種類、久しぶりに作りきりました!

ホタルイカは今回は内臓を取り除かずそのまま使用。こちらでボイルのホタルイカは内臓は取り除かず茹でていただくことに習ったもので、カレーにしても全く問題なしです。
パリップに入れたレッドマスタードですが、茎が固くなくかつ柔らかすぎずいい食感、これはドクター・パビリスの書にあったレッドオニオンリーブス入りダルのレシピを参考に、太田夏来先生のレシピを少し変えて作りました。
ポルサンボーラはたなかまみ先生のレシピで、ココナッツを水分で少し生のものに近づけてから調理し、最後にさっと炒めるキャンディスタイル。これが一番おいしくできる感じがします。
タマリンドポテトはポルサンボーラ同様、香取薫先生の「うまいカレー」収録のもので、これが旨いの何の!素揚げゴーヤはホタルイカのカレーと共に太田夏来先生のレシピ。
ルヌミリスはこれも太田夏来先生のレシピで、半量をミルサーに入れ、さらにカシミーリチリパウダーを入れて色と辛みをアップさせて作りました。

やはりのカレープレート、パリップ、ルヌミリス、ポルサンボーラの存在が大きいです。この2品は外せないと改めて感じました。久しぶりに思いっきり自作し、色合いも鮮やかにまとまり、我ながら満足できる出来映え!パリップが最高に旨くでき、これまた嬉しさひとしおでした。

さて、これだけ作ると明日以降、暫くは食べるものに困らない…いや食べなければならないので困ることになるかもしれません。

|
|

« デリーのタンドリーチキンとカシミール@デリー富山山室店 | トップページ | 二つの鍋で二種類のアーッパ »

インド料理」カテゴリの記事

自作」カテゴリの記事

コメント

立山連峰、本当に美しい!生駒や比叡山とはちょっと違う。山って美しいと、あらためておもいました。

ドーサ!サンバル、ラッサムという文字があることに期待をして、続報をたのしみにしています。
デザート、キール以外が個性的ですね。ちょっと気になる。

投稿: トモコ | 2013年4月28日 (日) 23時07分

riki3さん 始動!って感じで嬉しいです。富山に行かれても、お料理凄いですね、地元の食材使われてこんなにたくさんの種類を作られて、ほんと、すごいです。どれくらいの時間で作られるのでしょう。。私なら1日かかりそうです。
それにしても、立山連峰の絶景、綺麗ですね。

投稿: leaf | 2013年4月29日 (月) 00時09分

祝!ブログ復活&初カキコ!!お元気そうで何より。ホタルイカのカレーも美味しそう。更新はボチボチしてくださいね。これからも楽しみにしています。

投稿: mj | 2013年4月29日 (月) 00時30分

>トモコさん
立山連峰の眺めは本当に雄大、壮大!日本の自然、風景というものに改めて興味・関心が向いてきている今日この頃です。
富山でカレーといえば、やはりデリー抜きでは語れないような感じです。あとこちらのお店は結構自由奔放にオリジナルメニューを展開している感があり、それを楽しむのも面白そうだと考えているところなんです。

投稿: 管理人 | 2013年4月29日 (月) 02時09分

>leafさん
朝にイカとポテトを作り、夕方から豆、その他を作り、結局一日がかりでした。それでもスリランカ料理は混ぜるだけ、和えるだけというものが多く、その気になれば結構作れるものですよ。まあ、その気になかなかなれないんですけどね~。

投稿: 管理人 | 2013年4月29日 (月) 02時18分

>mjさん
ヒットにびびりながらの調理ですよ。それにしても新年度早々ヘビーでビッグなことに追われ四苦八苦でした。そうそう、タリカロのピクルス、ハゲしくオススメです☆

投稿: 管理人 | 2013年4月29日 (月) 02時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/57267311

この記事へのトラックバック一覧です: レッドマスタード入りパリップが冴え渡るスリランカ・カレープレート:

« デリーのタンドリーチキンとカシミール@デリー富山山室店 | トップページ | 二つの鍋で二種類のアーッパ »