« やっぱりパンはやめられない | トップページ | 日常 »

2013年3月 6日 (水)

最後のアーンドラ・マトンカレー

今朝の奈良は-0.7度。

Dsc03061 朝は、パンデュースのブリオッシュ・ムスリーヌ。

Dsc03060_2 昼は食べ損ね、そして、富雄・ASHの春バージョンのパンを少しだけ。

Dsc03063 夜は杉ヶ町(するがまち)界隈へ。

Dsc03075 大麦のサラダ。大麦は30分かけて茹でる必要があるとのこと。それを、そんなの簡単!と言ってみせる店長さん。ホクホクっとした大麦に、トマトの酸味、アボガドのコク、マサラと香菜の風味が加わり、サラダを超えた一品に仕上がっています。

Dsc03076 今夜こそは「夜タリ」(夜のタリカロカリーセット)と思ったのですが、今月最後になりそうなマトンがまだ残っているとのことで、このバラ肉のマトンカリーセットにしました。

何度食べても唸らざるを得ないマトンカリーとダル(ムング)。パパドがフライドではなくローストなので、これをグシャッとするとポディ代わりになるし、風味が一層引き立ちます。これは奈良、いや、関西の逸品です。そして、このあと、何とW氏がご来店~。本当に偶然でしたね~!

Dsc03077_2 それにしても、おそらく今回が最後になるだろう、このマトンカリー。初めて口にしたときの鮮烈な印象、今でも覚えています。このカレーのおかげで、いろいろイヤなこと、ムカツクことがあっても何とかやって来られたこともあったでしょうか。そんな物思いに耽りつつ、じっくり、しみじみと味合わせてもらいました。きっと死ぬまでこのカレーのことは忘れないことでしょう。ありがとうございました。

|
|

« やっぱりパンはやめられない | トップページ | 日常 »

インド料理」カテゴリの記事

パン・スイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/56902383

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のアーンドラ・マトンカレー:

« やっぱりパンはやめられない | トップページ | 日常 »