« 最後のタリカロ | トップページ | 試練の週末 »

2013年3月22日 (金)

マドラスキッチンで囲む会!

いいですね、今朝の奈良は-1.1度。

Dsc03726 朝、昨夜Aさんからいただいた自家製パンは甘さが上品!

Img_0577_copy 昼、某氏と直「取引」後、いつもの萩へ。相変わらず、たまりません!

Dsc03727 そして夜。大阪18時15分発新快速に乗車成功。ハラールフードで社長から「今日はマドラス?」と満面の笑みで励まされ?会場へ。
今回の食事会は「○○さん(←わたし)を囲む会」という名称。少々恥ずかしい気もしましたが、みなさん遠方からご足労いただき、このような企画をしていただき、素直に嬉しかったです。

Dsc03728 料理が運ばれてきました。色合いのバランスが良いですね。

Dsc03730 撮影大会が収束したところで、いただきます!

Dsc03729 サバの汁気のあるカレー(チェパプルス)、野菜を使ったココナッツカレー(ベジタブルクルマ)、ほうれん草とチキンのカレー(チキンキーラコランブ)、野菜のココナッツと豆の煮込み(クートゥ)、酸味のあるスープ(ラッサム)。全体として、酸味、甘味やコクのコントラストが楽しめる内容でした!

Dsc03731 米粉と豆の粉で作られたインド風クレープ(プレーンドーサ)は山積み状態で登場!

Dsc03734 お店のベジタブルミールスに付くタイプの野菜の蒸し煮(ポリヤル)は、ご覧のように豪華な内容。

Dsc03736 こちらは豪快な突き刺し方!

Dsc03737 そして、スレッシュに手招きされて厨房へ入ると、プットゥメーカーの姿が。もしよければこれを一人+100円で提供するとのこと!

Dsc03738 しかもプットゥ用にカレーも作ったと!それは中央の缶に入ったカダラカレー。カダラとはひよこ豆のことのようで、本日は彼の出身地・ケララを意識し、黒ヒヨコ豆(ブラックチャナ)を使ったとのこと。

Dsc03739 プットゥはスレッシュ氏自ら。

Dsc03741  米とココナッツをグラインドし、先ほどの蒸し器(プットゥメーカー)で蒸して作られるこのプットゥ、ケララでは次のカダイカレーと共に朝食などとしてよく食べられるようです。

Dsc03743 このカダイカレー、リッチな仕立てでしたが決してしつこくなく、むしろ程よい汁気がよくプットゥとマッチし、仄かな豆の皮の部分から来るものなのか、そのほろ苦さ、風味が素晴らしかったです。

Dsc03744 さらに、スレッシュは私の耳元で「ミーン・コロンブいる?」とささやききます。激辛仕立ての酸味が効いたサバのカレー、所々で感嘆の声ならぬ悲鳴が聞こえてきました!

Dsc03748 こちらは某氏からのプレゼント、グラブジャムーン。世界一甘いスイーツと呼ばれていますよね。先ほどの激辛と正反対の甘さに、またもや悲鳴が?!

Dsc03750 奈良・タリカロで南インド料理に目覚め、インド料理の食べ歩きを始めて最初に虜になった店であるマドラスキッチン。調べてみたら僅か2年ほどの付き合いでしたが、この間足繁く通い、久しぶりにインド旅行に踏み切れたのも、彼の料理のおかげです。

Dsc03753 サティーシュとも記念撮影。スレッシュと共にお店をもり立て頑張ってください!

Dsc03756_copy 今日の食事会を企画してくださったCさんとのツーショット。一応この写真だけはこうしておきますね(笑)Cさんは、私のある「夢」を実現してくれた恩人です。短い期間でしたが、本当にいろいろお世話になりました!

Dsc03759 うたげのあと。私のため?にお集まりいただき、感謝、感激です。食事会だったので、ゆっくりお話できなかったのが少々心残りですが、スペシャルな料理、人々に癒された夜となりました。ありがとうございました。

|
|

« 最後のタリカロ | トップページ | 試練の週末 »

イベント・食事会・料理教室」カテゴリの記事

インド料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/57013375

この記事へのトラックバック一覧です: マドラスキッチンで囲む会!:

« 最後のタリカロ | トップページ | 試練の週末 »