« 大阪のちょっとディープな南アジアエリアを巡回 | トップページ | ロッダに大集合! »

2013年3月11日 (月)

ショナ・ルパ、カラピンチャをハシゴ

週明けですが、花粉症と片付けに迫られ、身体は何だかひどい状態。

Img_0548_copy 昼は久しぶりにカレイの煮付け。若ごぼう、切り干し大根、ごぼうなど根菜を添え、イイ感じ。

Img_0549_copy 食後は、これまた久しぶりに谷六・gout(グウ)に立ち寄り、バゲットなどを買い込みました。

Dsc03302 終業後は、衝動的にこちらショナ・ルパへ。常に行きたいと思いつつ、こちらもかなり久しぶり。

Dsc03303 トマト・ミント・サラダ。このお店でトマトを頼むとこうなるんです。切り口から想像するに、トマトは直径10センチ以上あると思われ、これには驚きました。上品なドレッシング、それに極細の千切り生姜、パセリのトッピングが素晴らしい風味を醸し出し、まさかトマトサラダで唸ることになるとは・・・さすがとしか言いようがありません。

Dsc03304 コロッケを頼んだのですが、ベンガル、ベンガルと言う私に対し、お店のマダムはサモサはベンガルが発祥と教えてくれ、こちらに変更。ご覧ください、この立派な形!見惚れてしまう美しさと色。そして、奥に映っている(グリーン)チャトニーは、マスタードが効いた感じで、結構辛いのですが、これがまた極上至極。トマトに続き、サモサで唸ることになるとは!これがショナ・ルパの楽しみと言うものです。

Dsc03305_2 メインは、これまたマダムと相談し、プロン・マライ・カリーをお願いし、パンは私の独断専決でタンドーリ・ルティとしました。まずエビが大きて、あり得ないおいしさ!クリーミーなグレイビーですが、表現しようのない完成度の高さに思わず溜息が。ルティはクリスピーで軽い感じ、一人でいただくにはちょうどよい量でした。

Dsc03308 こうなるとデザートを食べずにはいられません。温かいデザートが食べたかったので、このシャヒ・トゥクラ(ナッツと干しぶどうを入れた温かいインド風ミルクプディング)にしました。

Dsc03309 もう何も言いません。贅沢過ぎます、美味しすぎます。気絶しそうでした!これが600円でいただけるなんて、信じられません。

 今日は仕事帰りに一人でショナ・ルパを訪問し、単品でディナーを楽しむという、一見かなり無理がありそうな訪問を決行しましたが、その甲斐ありました。ムカルジー氏は今回久しぶりに2か月という長期の休みを取りインドに帰っているようですが、今週木曜日に戻ってくるとのこと。ムカルジー氏の本のことも少しお話ししたのですが、エッグカレーのリコメンドが。これは早速作ってみなければなりません。

Dsc03317 三ノ宮のあとは、阪急で王子公園へ。今日はこちらからアプローチです。

Dsc03318 ビッタラアーッパとシーニサンボーラ。たまらん!

Dsc03319_copy これはまあ何と申しあげればよろしいのか、このくらいが限度ということで(笑)

Dsc03320 チャイ。もちろん砂糖はたっぷり多めでいただきました。

Dsc03321 チャイは堂島・ムジカのこの銘柄。独特の少し酸味がかった香りがツンと来て、個人的にはミルクティーではなくストレートでいただきたいと感じます。しかし、この独特のクセ、少々病みつきになりそうで、決して好みではないのですが、気になるヤツです。結構個性的な風味なので、砂糖をたっぷりか、ストレートというところでしょうか。

Dsc03323 本日の歩数は1.7万歩を僅かに超え、ということで禁断の夜食となりました。

|
|

« 大阪のちょっとディープな南アジアエリアを巡回 | トップページ | ロッダに大集合! »

インド料理」カテゴリの記事

スリランカ料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/56937723

この記事へのトラックバック一覧です: ショナ・ルパ、カラピンチャをハシゴ:

« 大阪のちょっとディープな南アジアエリアを巡回 | トップページ | ロッダに大集合! »