« 東生駒・中屋は「男の中華」だ! | トップページ | 今回の宴のあと »

2013年1月27日 (日)

グルコバ28~真冬のグルコバは北インド!

今朝の奈良は-2.4度。

Dsc01596 そんな寒い朝は、これでもか!とスパイシーな、マトンカレー(汁)でスタート!

Dsc01597 ニルワナムでもらったチャイでも飲まないと?温まりません。

Dsc01600 そして、昼は、水道筋はちょっと無理だったので、昼抜きで尼崎へ。駅前のモンパルナスでは、七味しょうゆ風味ピロシキを入手!

Dsc01601 会場に到着。

Dsc01602 実は、かなりのお目当てだった、コバヤシさん作の松前漬。さすがの味です。変な味がしない!素晴らしかったです!

Dsc01608 えて吉さん作のディップは2種類。もう、この洋風のアテ、やはりきちんと飲める?人の味覚は間違いないです!

Dsc01603 パニール作りの一場面は、あれっくすさんが呪文を唱えている訳ではありません(笑)

Dsc01609_copy サモサ、チャパティもせっせと作りました。

Dsc01610 サモサには、わたくし作のベンガル風トマトチャトニーで。自分で言うのもアレですが、このチャトニー、パンチホロンの風味が効き、あやめ池・プラーナのチャトニーに近く仕上がった感じ!

Dsc01605_2 ちなみにこちらがトマトチャトニーの出来上がったところ。ベイリーフを入れ忘れ、途中でオイル少々でテンパリングしましたが、上手く仕上がったと思います。多分(笑)

Dsc01612_2 パコラもせっせと。

Dsc01620 インゲンのパコラ、どうでしょう、この揚がり具合!美し過ぎます!!今日のような食事会のときは、このくらいの粘度、薄さの方がいいですね。

Dsc01615 かぼちゃのサブジは、この大きさだけど、きちんと火が通っていましたし、食べ応えがあるのにしつこくない仕上がりが秀逸でした。

Dsc01616 これはにんじんのアチャールでしょうか、ないと物足りなくなるし、あると食べる度にはまっていく一品です。

Dsc01622 これは南インドですが、ういろうさん作のポテトロースト。実は私がおねだりして作っていただいた一品。シンプルなマスタードシードのテンパリング、カレーリーフ、そして青唐辛子のフレッシュさがたまらない、シンプルイズベストを存分に堪能できる一品で、しびれました!

Dsc01630 トマトのカレー。これは結構濃厚なのに、しつこくなく、実に味わいのある仕上がりでビックリ!

Dsc01627 サバのベンガル風フィッシュカレーは、トマトのカレー同様、myblackmamaさん作。今日一番の魅惑的な仕上がりのカレーは、もうこの鍋の中で溺れるかと思いましたよ。

Dsc01623 タンドリーチキンも何とか時間内に。

Dsc01619 オニオンプラオはまずい筈がない!

Dsc01624 今日はいつもに増して、仕上がり(見栄え)が美しかったような気がします。

Dsc01625 ケララパロタも南ですが、あれっくすさん作で、これは私の大好物!

Dsc01626 右上のアル・ポシュは、ポピーシードから白ごまに変更し、ういろうさんが仕上げました。これが大正解(と言うか、絶対旨い!)。ポピーシードってインドではかなり安く、私の中ではゴマの代用品。ゴマだとリッチ過ぎるとき、あの粒状の食感を残したいときはポピーシードって感じですが、いかがでしょうか?

Dsc01632 見本のディスプレイ。相変わらず豪華絢爛。

Dsc01633  こちらは私のプレート。私にしては、かなり上手く盛り付けられたような気が。ダルタルカ、パラクパニールは、意外にあっさりしていたのですが、薄さは感じず、家庭料理的な仕上がりで、これがとてもよかったです。パコラは冷めてもおいしかったし、やはりフィッシュカレーが!

メニュー解説ですが、間違えがあるかもしれませんがプレートの右上のバターチキンから反時計回りに、トマトのカレー、パラクパニール、ダルタルカ、アルポシュート、トマトチャトニー、グリーンチャトニー、京芋のパコラ、レンコンのパコラ、いんげんのパコラ、タンドリーチキン、ポテトロースト、かぼちゃのサブジ、にんじんのアチャール, きゅうりとトマトのライタ、オニオンプラオ、ケララパロタ、そして外のカトゥリは、ベンガル風フィッシュカレー。

Dsc01634_copy 今日も自己紹介タイムがあり、和やかな雰囲気に終始したグルコバでした。

Dsc01635 おっ!これ、テロリスト巻きだそうです。私も習得しちゃいました(笑)

Dsc01642 グルコバ後は、初めて「反省しない会」に参戦。

Dsc01636 ネック。マトンもこれも大好きな部位。

Dsc01639_2 寒ブリの造り。

Dsc01641 最後は、まさかのソースやきそば!私のオーダー!(笑)いやいや、反省しない会は30分ほどお邪魔して帰ろうと思っていたのですが、気が付くと22時廻っていました。グルコバに引き続き、今日は約9時間にわたり、尼崎で楽しいひとときを過ごすことができ、今日お会いできた全ての方に感謝しきりです。ありがとうございました!

Dsc01646_2 奈良はまあまあ積もっていました。明日朝は凍結しそうです。真冬のグルコバ、いい思い出になりそうです☆

|
|

« 東生駒・中屋は「男の中華」だ! | トップページ | 今回の宴のあと »

イベント・食事会・料理教室」カテゴリの記事

インド料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/56642392

この記事へのトラックバック一覧です: グルコバ28~真冬のグルコバは北インド!:

« 東生駒・中屋は「男の中華」だ! | トップページ | 今回の宴のあと »