« 混ぜて食べることの魅力とその条件 | トップページ | イタリアンな忘年会は泡とワインパーティーと化しました! »

2012年12月13日 (木)

東三国の魅力~朝からRASA HALA!

出張明けの木曜日。

Dsc01470 朝から、RASA HALAのエラワルロティ、自作メティカレーを添えてスタート。やっぱり抜群、文句なし!

Dsc01471 昼は、珍しい鮭の南蛮漬、それに野菜の小鉢をたくさん添えて栄養満点。今日は漬物が実にいい按配でした。

Dsc01484 夜は、ある意味における同期でもある、旧知の知人を、こちら東三国・RASA HALAへ御招待。

Dsc01485 最初は、鯖、ポテトのキリマールから。さっぱりとしていて、実にいい按配。RASA HALAでしか味わえない大好きなカレーなんです!

Dsc01487 豆苗のテンパラード(炒め物=テルダーラ)、桜エビのふりかけ、鰹節と唐辛子のふりかけ(カッタサンボーラ)。これは素晴らしかった。テンパラードにおけるナンバーワンと確信!

Dsc01490 チキンカレーは、切れ味抜群!ルヌミリス、グリーンペーストのアクセントも半端じゃありません。

Dsc01491 こちらは、かまぼこ?はんぺん?でしょうか?魚のすり身はこのような、少し湿り気のある炒め物として供されると食感の面でも面白く、おつまみとしても飽きずに口に運べると言うもの。

Dsc01492 やはり、このロティは外せません。ドライなタイプのポルサンボーラは、私の好みとは反しますが、食感の面ではやはり唸らされます。

Dsc01493 どうしても食べたかったパリップはこの時点でオーダー。

Dsc01494 そして、これもかねてからずっと食べたかった、スリランカ式バーベキュー。マリネタイプとジンジャー・ガーリック+カレーリーフタイプを選べるとのことで、悩んだ挙げ句後者でオーダー。エビ以外に、チキン、ビーフもあるようです。デビルのような甘辛さはなく、食べやすいし、ライス&カレーにもとっても合いそう。テルダーラとも少し違うんですよね~。カラッとしていると言うか。このあたりの料理、調理法のラインナップは、選べる楽しさ、その日の気分によりいろいろ楽しめていいですね。

Dsc01495 最後はキリテーで〆。風味豊かなので、ミルクティーとは言え、このサイズが大きいとは感じないのが不思議です。

いかがでしょうか。やはりRASA HALAの料理はおいしかった。ミルクを使ったキリマール、その日ごとに異なる青菜を使ったテンパラード、味わい深くも切れ味のあるチキンカレー、食感が洗練されているロティ、そして、家庭的若しくは食堂/屋台風の一品の種類の多さ、そして、何よりも、オーナー、店長兄弟の知識と経験に裏打ちされた感性とお話、積極的なホスピタリティ。

昼夜を問わず楽しめるところ、臆することなく、楽しみながら提供される料理の数々、行けば絶対納得する良店は、まだ開店から1年。これからどうなってしまうのか?楽しみでなりません。ごちそうさまでした!

|
|

« 混ぜて食べることの魅力とその条件 | トップページ | イタリアンな忘年会は泡とワインパーティーと化しました! »

スリランカ料理」カテゴリの記事

コメント

私の中でも豆苗は意外な発見でございましたが、ハモかまぼこは更に上をいきましたgood
いろんなご意見をいただき、私共も良い勉強になっており、ありがとうございます!!

投稿: RASA HALA | 2012年12月14日 (金) 01時34分

>RASA HALAさん
豆苗のテンパラードは素晴らしいかったです!空芯菜マニア?の私ですが、その上を行くと思いましたよ!
あと、キリマール、最高でした。あの味はストライク過ぎます!
今夜もありがとうございましたhappy01

投稿: 管理人 | 2012年12月14日 (金) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/56314577

この記事へのトラックバック一覧です: 東三国の魅力~朝からRASA HALA!:

« 混ぜて食べることの魅力とその条件 | トップページ | イタリアンな忘年会は泡とワインパーティーと化しました! »