« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

今年の〆は、おぢさんの店!~ケララの風Ⅱでティファン三昧

今日は大晦日。午前中は実家でゆっくりし過ぎてしまいました。

Dsc00323 急いで出発し、こちらケララの風Ⅱに到着したのは15時過ぎ。辛うじて残っているかと期待したミールスは売り切れ。

Dsc00319 しかし、Ⅱになってから、営業時間が延び、このティファンメニューがあることをお忘れなく。実はコレ目当てでもあった訳ですが、既にワダ、ウタパムは売り切れ。これはピンチと思いきや、あるだけ調理していただけることに!

Dsc00325 メニューの裏面。コーヒーは「大森ブレンド」だったんですね。しかし、安いですね…(笑)。

Dsc00345 店内には、あのマサラワーラーこと、武田さんの作品がたくさん飾ってありました。今まで気が付かなかったなぁ~!それだけ料理に夢中だったのかもしれません。(笑)

Dsc00334 いかがでしょうか。豪華なティファンで午後を過ごすことができましたよ。これだけカレーリーフの香りが爽やかなウプマは初めて!マサラオムレツは、具だくさんでホテルメイドという印象で、これが、フレッシュ極まりないんです。イドゥリに至っては、見てください、この仕上がりようを。ココナッツチャトニー、サンバル、ラッサム、そしてミールスの僅かな残りということで、アヴィヤル、ビーツのトーレンをサービスしていただきました!

やはり、おぢさんの料理は、明るいです!そして、ティファンやオムレツの仕上がりは上品極まりなく、付け合わせの類が、良い意味での荒っぽさと言えばいいのでしょうか、豪快さが感じられ、そのバランスがいい感じです。食欲がなく困っていたのですが、むさぼるようにペロッと平らげてしまいました!

Dsc00338 本日もかなりの人が来店されたようで、根強いファンは広まりつつあるようです。新規開業予定のinaさんにも熱い熱いメッセージを発していたおぢさまと奥様。これからも、今まで同様、私たちを楽しませて欲しいですね。それにしても、一年の最後を、ここで過ごすことができ、嬉しさひとしおでした。今日は本当にありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月29日 (土)

チキンカラヒを予約し八潮再訪

年末年始2日目の朝。こちら(首都圏某所)の気温は3度前後で、奈良県民としては生ぬるい感じ。

Dsc00173 朝は、サンジェルマンのシナムドーナツでスタート。これ、私のソウルフードです。今はどうなのか知りませんが、昔は店が東急沿線にある東横ストアに併設されていたような気がするのですが、今はそうでもなくなったのでしょうか。東横のれん街の店舗もないし、店舗が減っているような気が。シナムドーナツそのものも、昔より少しあっさりした仕上がりになっているように感じますが、ここのドーナツはやっぱり大好きです!

そして、午前中に自宅を出発し、地下鉄で秋葉原へ。日本橋で銀座線に乗り換え、末広町で下車。秋葉原で持ってくるのを忘れたデジカメのケーブル探しで四苦八苦。ソニーは本当に専用ケーブル好きですねぇ。メモリスティックもそうですが、昔から独自規格に苦しめられているユーザーは多いと思うのですが、本当にいい加減にして欲しい。そして、ソニーから電話が。何と修理に出しているカメラが、液晶、レンズ破損などで補償額を上回り、新品交換となり、既に生産終了品で後継機種になると。つまり、先日買った新デジカメと同じものが届く予定となってしまいました。何とも複雑な気持ちであります。

Dsc00174アルカラムに到着!秋葉原からは、つくばエクスプレスで八潮へ。予約の13時から遅れること1時間弱。今日は無念にも、駅からタクシー利用。この時刻でお店の中は、6~7割埋まっていてびっくり!再訪でき嬉しさ爆発でした。

なお、前回(平成24年夏)訪問時の記事はこちら。

(8/6:アルカラム)http://rikiroh.txt-nifty.com/blog/2012/08/post-35f1.html

(8/7:カラチの空)http://rikiroh.txt-nifty.com/blog/2012/08/post-c476.html

(8/8:アルカラム)http://rikiroh.txt-nifty.com/blog/2012/08/post-6870.html

Dsc00190 バックライトで色が変わる日本語メニューも。今日はニハリスペシャル!みたいです。

Dsc00186 店内風景は、お店を出る前に撮影したものです。日本とは思えませんね、この雰囲気。

Dsc00187 レジ奥のメニュー。

Dsc00175 店の奥の左の方にあるメニュー。ニハリ、ハリーム、ザルダ、フィッシュフライと、何だかそそられるものばかり!

Dsc00176 スターターのサラダ。相変わらずたっぷり、そしてドレッシングだけではなく、チャットマサラのようなものがふりかけられ、いい感じです。

Dsc00178 予約しておいた、チキンカラヒ(1キロ)の登場!ド迫力!!

Dsc00159 ダルムルグも勢いで頼んじゃいました。禁断?のダブルチキン!

Dsc00177_3 ナンが小さく見えますね。チキンカラヒ、やはり、いろんな部位が入っており、楽しめます。ヨーグルトベースの王道の味わいにしびれました!

Dsc00180 スズキのフィッシュフライ。右の小皿は、何とトマトチャトニー。これがまた旨いのなんの!

Dsc00181 ディープフライがいい按配。食べ応えのあるスズキもよく合っていました。

Dsc00183 デザートはザルダ。ナッツ、レーズンが入り、ホールスパイスはカルダモンとクローブがは入っていました。甘い味にクローブの香り。不思議な味でしたが、スイーツとしては、おはぎの変形という感じでしょうか。食べやすい甘さでおいしかった!

Dsc00184 そして、〆のチャイ。濃厚~!これこれ~!!って感じ。本当、この濃さ、たまりません!ハゲしくウマ~っ!って叫んじゃいました。

Dsc00185 チキンカラヒの残りは、持参した無水鍋に入れさせてもらいました。いい収まり具合でしょ?

Dsc00189 このお二人と再会!驚いたことに覚えてくれていたよ~!そして何と私のブログも見てくださっていたようで、「殆ど毎日カレー?」、「あなたのお店は??」って聞かれてしまい…( ̄▽ ̄); まあ、私は何と申しましょうか、単なる●●ドロボーって感じの職業でございまして、と答えたり。

そして、こちら、アルカラム、年末年始も休みなしで営業されるようです。かなりきつい営業となるようですが、頑張って欲しいですね。となると、再訪意欲が…!

そして夕方に帰宅。やはりセーブしたつもりですが、お肉を沢山いただいたこともあり、全くお腹が空きません。実家でLANの配線、WI-FIの設定、水圧の弱いシャワーの交換などをし、それでも無理でした。

写真は撮りませんでしたが、今夜はチキンカラヒの残りをつまみ、ニコラの焼菓子をいただき、少し前の思い出に浸っておりました☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年12月28日 (金)

ニコラは夢の空間だった

今日は仕事納めの日ですが、有休を取って1日早い年末年始休暇に入りました。

12122801 旅支度、片づけなどで手間取り、昼前に東京着どころか、夕食に間に合うか瀬戸際という時刻に。昼食代わりの食事は、古代米の穴子寿司、そば茶となりました。

12122815 品川で新幹線から乗り換え、雨が降り始めた渋谷に到着。スーツケース片手に早くも試練が。

12122820_copy そして、そのままスーツケース片手にこちらに。

12122822_copy 青唐辛子はありませんでしたが、ビーツはかなりのお値打ち価格で売り出されていました。

12122823_copy サンジェルマンでは我がソウルフードを仕入れ。

Dsc00150_copy 三軒茶屋に到着。この界隈、研修で三宿の寮に数か月滞在したことがあり、その近くには生後間もない頃、命拾いしてもらった病院もあるなど、ちょっとした第二の故郷でもあります。

12122824_copy 目的地はこちら。

12122827_copy 天国への階段…とはRさんの表現の引用ですが、なるほど、本当にそんな雰囲気が漂っています。

12122828_copy Cさんに扉を開けてもらいました!

Dsc00146_2 いい雰囲気です。

Dsc00137  カウンターに差し込む光、そして影。

Dsc00149 徳島のアアルトコーヒーが。実は、我が家にも、近所の「ごはんやハレ」で買ったものがあるのですが、このコーヒー、私の苦手な酸味が効いたタイプなのですが、とても飲みやすく、かつ物足りなさを感じないんです。早くも期待が高まります。

Dsc00053 メニューはドリンク、フード、スイーツごとに1枚。おしゃれ、かつ、見やすかったです。また、それぞれの種類が多すぎないところもいいですね。適度に悩め、適度に楽しめると思いました。

Dsc00104 最初は、マサラティー(700円)から。スターアニス、カルダモンなどが使われているようです。スターアニスと聞き、ちょっと嫌な予感がしたのですが、これ以上効かすと下品、これ以下だと香りがしないという、絶妙のバランス。殆どストレートでいただいたのですが、そう言えば砂糖が欲しいと一度も思わなかった。それに後でミルクを入れたのですが、全く水っぽくなく、ミルクに負けないしっかりとしたボディ。紅茶でここまで飲み応えがあり、洗練されたもの、生まれて初めての体験と言っても過言ではないかもしれません。いきなり驚かされました。

Dsc00106 レバーペースト(500円)。ブランデーたっぷりなのに、あのツーンと来ず、かつ、きちんと効いています。

Dsc00110 レバーは生臭さなど微塵も感じられず、その代わりに旨みだけが残っているという印象。何と洗練されたレバーなのでしょう。 最初から一本取られました!

Dsc00115 真イワシとエンダイブのオーブン焼きユダヤ風(700円)。エンダイブとイワシの上面の焦げ具合、この食感がたまりませんでした。

Dsc00116 ロマネスキと加賀蓮根のマリネ(400円)。蓮根の火の通り具合、オイルの量と塩加減が素晴らしかった。イワシ同様、若干クセのある食材の処理の仕方が上手過ぎます!

Dsc00121 ルレクチェとヘーゼルナッツのバルサミコサラダ(1,000円)。ルレクチェとは洋なしのようですが、これは生を使用とのこと。熟しているのか、いわゆる洋なしより甘さはきちんと出ていたのですが、それとの対比でバルサミコとの相性が最高でした。

Dsc00124 ナッツの食感と風味、生ハムも加わって、とても豪華でいろいろな味を楽しめました。こんな贅沢なサラダがあってよいのでしょうか。それにしても洋なしをおいしく食べさせられたことに驚くばかりでした。

Dsc00132 フレッシュトマトソースと西洋わさびのスパゲッティーニ(1,000円)。西洋わさびとは、ホースラディッシュのこと。何よりトマトソースが本当に新鮮!って感じで、西洋わさびの効かせ方も憎い!酸味と辛みがさわやか、とはこういう料理にぴったりの表現かもしれません。

Dsc00135 徳島産生海苔と生だこのスパゲッティーニ(1,250円)。本日2皿目のパスタ料理は、海!まさに潮の香りです。それなのに生臭くない。いやいや、ニコラの料理、若干クセのある食材をこんなに上手く料理し、旨く感じさせてくれるとは!ある時は森の中、その後は畑、そして海…あたかも旅行している気分でした。

Dsc00140 さて、ここで、Cさんが予約し、特別に用意していただいたというケーキが登場してきました。先日のクリスマスの時と同じものを作ることができたようで、これまた嬉しかったです。

そして、このケーキ、名前がないようです。敢えて言うのであれば、クリスマス用のショートケーキとはパティシエの言。カリッとした食感、ほろ苦さ、生クリームの甘さ、チーズ用の食感とコク、イチゴや果実の酸味、くどみ、スポンジの食感….;:.,:n]jn:;]//\.jって感じに、何だか食べていて混乱、そしてこの見た目のボリュームで完食困難と思いきや、気が付いたらなくなっていた!

確かにおいしい。しかし、そのおいしさが表現困難なんです。どんな味?と聞かれたら、「極めて表現困難だけどおいしい。」としか言いようがありません。Cさん曰く、「幾何学的」。本当、幾何学的なおいしさ。難解な数学の問題を解き、よく分からないけど、正解しちゃった!気分???この方の作るケーキやお菓子、きっと虜になること間違いなしですよ、きっと!

Dsc00143 最後は、深煎りのコーヒー(500円)で〆。ビターなだけではなく、やさしさ(甘み)も感じられ、これならストレートでもいける、と思わせてくれる秀逸な一杯でした。

Dsc00148 パティシエ、バリスタ、シェフ、ソムリエというスペシャリストが揃うカフェ、ニコラ。こんな夢ようなお店があっていいのでしょうか。カフェスタイルなので、様々な用途にも向くでしょうし、使い方、楽しみ方は自由自在。しかし、ありきたりは嫌だ、きちんとしたものが、と思うとき、しかもそれほど肩肘張らず入って満足でき、幸せな気分になれる空間。夢のような場所だと思いました。

最後に一言。料理はクセをおいしさに変えて楽しませてくれた。スイーツはテイクアウトした焼菓子を含め、計算し尽くされている。そして、ドリンク類は、ストレートでここまで満足できるものかと思わせる衝撃的な仕上がり。今日ワインはいただきませんでしたが、きっと後ほど今日頼まなかったのを後悔することになるかと。

4人のプロの競演…夢のような場所、空間だったニコラ。この出会いはきっと今後私の食生活に少なからずとも影響が及ぶ予感がします。素晴らしい料理の数々、この空間に案内してくれたCさん、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月27日 (木)

今年最後のディナー(大阪)はラッキーさんのお店で!

木曜日の朝。こちら奈良は-2.5度。予想は-5.0度だったのでちょっとガッカリ。まあ、一番過ごしやすい気温です。

Dsc00006 朝は、シュトーレンでスタートとなりました。明日は休暇を取ったので、今日は仕事納めという訳。

Dsc00008_2 今年最後の萩のランチは、鯖、豚のスペアリブ、鯖入りなます、筑前煮。寒いと、こってり目のものを欲するようになりますね。

Dsc00029 まさかの残業となり、その後はふらっと散歩。本町駅前の御堂筋沿いは相変わらず美しい光景が広がっていました。

このあと、梅田のヨドバシカメラにデジカメ用の液晶フィルムを買いに行き、この時点で既に20時を過ぎていました。いよいよ夕食難民化しそうな様相に。

Dsc00030 梅田から何となく福島に向けて歩き、もうここまで来たら、行くところはただ一つ。

Dsc00033 ラッキーさんのお店「ワーサナ」に到着。大阪における今年最後のディナーを飾るにふさわしい選択ができたと満足げな私。

Dsc00034 今年もこれにはありつけなかったな~と思っていたら、ラッキーさんが「今日あるよ!」と一言!

Dsc00035 最初のサラダは、オクラ入り。オリジナルドレッシングもいい按配。オニオンスライスなども入り、きちんと料理として出されるサラダ、これは他店も見習って欲しいところですね。

Dsc00036 ビッタラ・アーッパの登場!

Dsc00037 シーニサンボル添えで、もちろん黒胡椒がきちんとふりかけられ、なかなか豪華!

Dsc00038 きちんと焦げ目も付いており、いい感じ~。

Dsc00039 裏面の焼き加減、おいしそ~!この時点で2枚盛り付けられていることに気が付きました。底面は8ミリほどあり、外側の皮は極薄。見事にコントラストが付けられ、これだけで本当にいろいろ楽しめました。しかも卵は半熟。もう絶叫です!!

Dsc00042 アーッパの後は、チキンとパリップ(レンズ豆のカレー)という、最もシンプルな組み合わせのカリーセットを頼みました。実はここでチキンを食べた記憶がなかったんです。やはりベーシックなメニューを押さえておくことは基本と言えど重要ですよね。

チキンカレーは大きめで新鮮なチキンがゴロッと入り、粗く手でちぎられたレッドチリがいい按配。パリップには、何とほうれん草が入り、こちらにも粗くちぎられたレッドチリが。贅沢すぎます!

Dsc00043 混ぜてなおよし!

Dsc00045 キリテーを頼んだら、やってくれちゃいました!!

Dsc00049 実にいい仕上がり。可愛らしく、どこかレトロなカップもいい感じでした。

Dsc00050 店内の販売コーナーですが、また増えていました。そして、このオリジナルライスなるものも。日本米ではなく、ようやくラッキーさんが納得するものが見つかったとのこと。これは、即買いでした!

Dsc00051 食後は福島から肥後橋までを小走りで。

12122717 奈良はこの時点で-2.0度前後。完全に凍っていますが、このくらいだと寒さは通り越し過ごしやすく感じるのは私だけでしょうか。

今日はラッキーさんのお店で、いい夜を過ごすことができました。明日からは冬休み。努めてゆっくり過ごし、できれば運動豊富にいきたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月26日 (水)

アーンドラマトンカレー食べ納め

今朝の奈良は-0.8度。それほど寒いと感じなかったのは、昨夜の七面鳥の効果?

12122615 朝は、昨夜、麦酒食堂でおぐしさんから声をかけていただき、持ち帰ったシェパーズパイとソーダブレッド。アイリッシュ?な朝となりました。

12122602_copy 一転して昼は、ぶりカマ。漬物にはおろししょうがが添えられていました。素晴らしい!まさに、これこそが「萩」の真髄じゃないでしょうか。参りました!

12122609_copy そして、夜はタリカロへ。過去2回、出遅れたことでランチにありつけていなかったこともあり、嬉しさひとしお。今日のマトンは部位はショルダー。煮込みによく合っています。トゥールダルのカレーも相変わらずのおいしさですし、キャベツのポリヤルの仕上がりも最高です(→ポリヤル、アチャール2種の量倍増をハゲしく希望~!)。

さて、明日は個人的に仕事納めの日。年末上京予定なので、タリカロのマトンもこれで食べ納め。奈良における一年の最後を締めくくるにふさわしいディナーになりました(明日もありますが…)。

Dsc00002_copy おまけ画像は、数日前から活躍中のiphone5。これのおかげでストレス激減です。それにしてもNECのスマホはひどかった。若い頃から憧れていたMacユーザーにもなれ、気分がいい今日この頃です。長年IBMのノートを使っていたこともあり、やはりコンピュータ関係は外国製がしっくりくる私なのかも。IBMは身売りしてしまった現在、Appleのノートに惹かれているんですよね~。

12122612 先日落下し修理中のデジカメの後継機も到着。マイナーチェンジ後の機種で、寸法などは全く変わらないのすが、前のモデルは日本製ですが、これは中国製で画素数も少々アップ。動作がきびきびした感があり、ボディの色もいい感じ。刻印は新しいブログ名。早速年末から活躍してもらいましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2012年12月25日 (火)

今日は3食共に「丸ごと」~麦酒食堂のローストターキー

連休明けの今朝は-1.0度と冷え切っております。

12122501 朝は、昨日買った、さんま寿司。朝から丸ごと!昨日、ちょっと不完全燃焼の部分があり、その反動という一面もあったりして(笑)。

12122502 昼は、いつもの萩で、カレイの煮付け。久しぶりに昼も丸ごと!

12122503 仕事を終えた後は、寒さで震える中、フラッと大阪市内を歩き始めました。すると、とっても興味深い情報が!

最近、インド料理などの食事会で、ふと「丸焼き」に興味を覚えていたのですが、その機会到来!七面鳥の丸焼きを焼くと書かれています。その作り手は、知る人ぞ知る、南船場(正確には博労町)「麦酒食堂」のおぐしみきさん。「ふとアイルランドの料理を作りたくなった」というくだり、これにも心を動かされました。

今日(火曜日)は定休日のところ、急遽「ごはん会」をするとのことで、その参加者を見てみると、知り合い(私が知っているだけかも…汗)がズラリ!諸事情で身体はかなり重く、辛い状態でしたが、そんなこと言っている場合じゃありません。

そして、ちょっとした用事があったのですが、開始時刻5分前に「参加」ボタンをクリック!急いで用事を済ませ、こちらにやって来ました。

12122504 麦酒食堂さん、今回で4~5回目くらいでしょうか。夜の訪問はおそらく2回目。今日のようなイベントは初めてです。いわゆるバイキングコーナーから小皿に盛ってみました。今日のように底冷えする日にいただくスープの類、本当に身体と心に滲みわたりました。

そして、今日は、参加者の一人でもある、某M氏の差し入れである純米大吟醸酒をいただきましたが、これが旨いの何の!日本酒を口にしたのは、何年ぶりでしょうか。これにはちょっと参りました。 

12122505 アイルランドのスープでしょうか、これには骨つきマトンが。臭みなど全くなく、とっても優しく上品な味わいでした。

12122506 これは、フィッシュ&チップスですね。これも味付けが上品ですが、それらしい味わいもしっかり!衣の付け方が上手いな~と勝手に感心しながらいただいていました。

12122508 オイルでマリネされたイワシのほぐし身が入ったサラダも美味!

12122511_copy 今日はおぐしさんが一人で切り盛り。料理が運ばれてくる度に、全員の視線が注がれ、歓声が上がっていました。

12122516 そして21時前、七面鳥のローストが登場!

12122517_copy 当然の如く、大撮影会と相成りました。

12122515_2 う~ん、素晴らしい「@丸焼き@」です。

12122512 今日は、こちらの方が執刀~!

12122520_copy  華麗なる 手際、手さばきに、これまた歓声が!

12122521_copy 眺めていて、ふと気が付くと、口が半開きになっていました(笑) このあと、このローストターキーをいただいた訳ですが、何だか夢中になってしまい、肝心の盛り付け写真は撮り忘れ。

12122523 最後の最後に気が付いてワンショット。部位により味の変化が楽しめ、中に詰め込まれた具材もおいしく、いい夜を過ごせました。

12122522  こちらはターキー用のグレービー。これと、このお皿の奥の方にちょっとだけ写っているジャムのようなもの(リンゴだったか、何だったかな~?)と一緒にいただくと、これまた変化が楽しめ面白かったです。

12122525 こちらは、アイルランドの、ソーダブレッドというパンのようです。イーストは使わず、ベーキングパウダーのみとのこと。この食感は初体験でした。敢えて言うのなら、しっとりとしたスコーンの食感に近いでしょうか。それでも口はパサつかず、スープと合わせてもフニャっとなりませんし、ボディの気泡部分の食感も心地よく、個人的にかなり好みのパンでした。このパンに合う料理、また何か作って欲しいな~!

12122526 食後のデザートもおいしくいただきました☆ おぐしさん、そして、ターキーを切り分けてくれたKさん、御一緒させていただいた皆さん、ありがとうございました!

そして、帰り際、何度もスープやシェパーズパイ(って言うのかな?)を立ったままいただき、おぐしさんからアイルランドの料理学校の話などを伺い、楽しいひとときを過ごさせていただきました。

いやいや、本当に今夜は、偶然にも素晴らしい食事会に参加させていただき、満足至極。帰りは難波まで小走り、しかしこの時点で身体はふらついており、贅沢な電車で帰宅した次第です。

12122528 帰宅後、シュトーレンを楽しむ私。最近、非インド的なものをいただくことが多くなり、ちょっと別方向のものに開眼してしまいそうな予感が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月24日 (月)

マドラスキッチンでケララご飯

今日はクリスマスイブを迎える月曜日の祝日。
ちなみに、今日の奈良は概ね-0.0~3.5度の間。冷え込みました。

12122401_copy 朝は、敢えて冷やご飯でスタート。じゃがいものサブジ(カスリメティ風味)が不思議とよく合うんです。

12122403  午前中は、何とゴミを出し損ね、後悔の念に駆られながら、穴埋めをすべく、ちょっとした大掃除。出発前にブリオッシュ食パンで小腹を満たしておきました。

12122404_copy 神戸(三ノ宮)到着後、またもや、偶然にもういろうさんとピッタリ合流!ショナ・ルパを見学。ガン見(窓越しを含む)防止条例とか制定しないでね~。

12122405_copy 会場に到着すると、これまた偶然買い物帰りのスレッシュ氏の出迎えを受けることに。

12122407_copy 左はかなり柔らかめのココナッツチャトニー。右はピーナッツチャトニーと思いきや、作り方を聞くと、ローストココナッツチャトニーであることが判明。いきなり一本取られました!

12122411_copy 中央下のワダ(ウラド豆を発酵させて作ったペーストのドーナツ)から反時計回りに、ウプマ(セモリナ粉の炒り煮)、ダルカレー、アヴィヤル(ヨーグルトシチュー)、ラッサム(南インドのスープ)、ポリヤル(野菜の炒め蒸し)、マラバールフィッシュカレー、ダム・カ・ムルグ(極弱火のダム式調理法で作ったチキンカレー)、ししゃものフィッシュフライ。

12122412_copy 平べったいワダが美味!フィッシュフライの焦げ具合もいい感じ。フィッシュカレーはコリアンダー(パウダー)の効き具合がいい按配!

12122408_copy_copy 自ずと話も弾むものです。

12122415_copy そこに、ラバ・ドーサが登場!声をかけずとも、キッチンに向かう者、私を含め数名~!

12122417_copy これは作るのが難しそうです。

12122419_copy 食後のパヤサムは、甘め控え目の仕立て。いろんな豆、ナッツが入り、香ばしい風味がたまりませんでした。

12122420_copy_copy チャイワーラーの登場!!

12122422_copy_copy ありがとうございます!

12122424_copy_copy その後はこんなところへ。まさかの展開で、ディープな方向へ。

12122426_copya マニアな方々と魚三昧。お騒がせしました(汗)

12122431_copy 梅田に戻り、こちらを見学~。

12122433_copy 試食して入店した私たち。並んでまで…とずっと思っていた私なのであります(笑)

12122432_copy_copy 三次会となりました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年12月23日 (日)

デリー・田中社長のレシピでアル・メティ・キ・サブジ

日曜日の朝。相変わらず食欲はなく、自ずと気分は沈み気味。

12122301 そんな時でも、おいしくいただけるブリオッシュ(食パン)は素晴らしい!かぼちゃのカレーと合わせて、甘さに癒されました。

12122303_2 そして昼。タリカロに行くと「売り切れ」の張り紙が。仕方なく自宅近くに戻り、「越後」とううどん・そば店に初入店。このおでん、平凡ですが、いい感じでした。

12122302 きざみそば。平凡ですが、平凡でした。そばはもう少し硬めの方が好み、お揚げももう少し細くきざみ、ふわっとしていないものの方が好み。家庭的な感じで落ち着きましたよ。

12122304 帰宅後は久しぶりに調理。カスリメティ(右上)、そして、Fさんがインド・デリーで買ってきてくれたアムチュールパウダー(左下)、これら普段あまり使わないスパイスを並べてみました。ちなみに左上はインドの塩(クスムで購入)、右下はバングラデシュ産のターメリック(新大久保のネパール系スパイスショップで購入)。

12122305 アル・メティ・キ・サブジが出来上がりました。「キ」ってどういう意味なのでしょう?じゃがいものカスリメティ風味炒め蒸しと言ったところでしょうか。レシピはLOVE INDIA 2012掲載のデリー・田中源吾氏のもの。

12122306 奈良産・ヒノヒカリの新米に、北インドのサブジ。シンプル過ぎてさみしく見えますが、おいしかったですよ。やはり、冬は北インドの料理の風味が身に沁み、身体が欲しますね。

さて、明日は神戸に遠征ですが、食欲が心配です。ジップロックはいつものように必携かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月22日 (土)

休養の日~検査結果が出た後は富雄をぶらぶら

三連休初日の土曜日ですが、今日は身体が動かずダウン。

午前は病院へ。運命の検査結果は、膵、大腸、食道、胃のいずれの腫瘍マーカー値は正常値。相変わらずγ-GTPとコレステロールが高値。中性脂肪は正常値、腎機能は年齢の割りにかなり良いとのこと。しかし、この胃の奥の痛みと言うか、違和感は何なのでしょう。唐辛子で荒れているか、潰瘍が出来ているような気がするのですが…。予約なしで胃カメラ(→大好き!バリウムは×)飲める病院ないかな~。

12122201 まあ、いつもそうなんですが、よく今まで疲れた身体を動かし遠出していたものかと、ふと思い、ブラブラとこちらにやってきました。今日は日頃行きたくてもいけない、こちら富雄駅前のブランジェリーASHに到着です。あっ、そうそう、ここに来る前に、16年寄り添った?ドコモと別れ、iphone5を契約。名残惜しい気持ちがないと言えばウソになりますが、晴れ晴れした気分!

12122202 ブリオッシュの卵パン。最近、ASHさんはブリオッシュの類が常時店頭にあり、嬉しい限り。カロリーのことは気にしないことですね。

12122203 ASHさんのシュトーレンときたら、買うしかありません!

12122204 シュトーレンの断面。8ミリ程度にカットし、いただきました。まだ染み込み具合は浅いけど、これもいいものです。明日以降の変化が楽しみです。

12122205 これは、マドラスキッチンでもらったガルシニア。特にブログに載せた意味はありませんが、まあ、何と言うか、出てきたもので…(笑)

12122206 そして22時過ぎ、丁寧に来訪伺いの電話までいただいた上で、今朝Amazonのお急ぎ便で注文した本が届きました。ヤマトさん、いつもありがとうございます!そして、この本、屋台料理満載で、コラムも面白く、なかなか興味深い内容です。早速何か作ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月21日 (金)

rikiの日常

金曜の朝。今朝は0.4度で微妙な寒さ。

5xada 朝は、スリランカ式かぼちゃカレーにくるみパン。お互いに相手を選ばない者同士の相性は当然の如く。

W6ldf 昼は、ブリの照り焼き、ごぼうサラダ、切り干し大根、肉じゃが。いつまでも食べ続けたいランチですが、さて、もう今年もあと僅かです。

E8nq3 夜は、巻寿司。壊れたデジカメのピックアップに間に合わず、これは明日何とかしなければなりません。スマートフォンの内蔵カメラの性能に期待するのには限りがあるし、何より我がスマホ(ドコモ、NEC社製)は、驚くほどトロく、ストレスで胃に穴が開きそう。何度地面に叩きつけてやろうかと思ったほどです。電源オンから起動まで5分くらいかかるんですよ!本当に信じられません。黒電話の方がマシな気が…。

Nrad3 食後は、ドンクのレープクーヘンというクッキーをペロリ。ドンクの店頭に数種類のクリスマス向けお菓子が陳列され、ずっと気になっていたのですが、とうとう購入してしまいました。購入の決め手は、やはりクローブ、シナモン、カルダモン、カシューナッツ、ピスタチオという紹介文中の言葉。うん、サブレ風でもあり、なかなかのお味。再購入ありかも。

さて、明日からは3連休。土日は一応予定なしの予定。気になっているのは、神戸の名店の存否。違う意味で河内長野あたり、そして製麺所も。気の向くままにふらっとしようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月20日 (木)

超多忙な日でもスリランカ三昧

今朝の奈良は-2.4度。やはり私は氷点下の方が寒く感じず、摂氏2~4度くらいが辛いようです。

Tz0ei_2 朝は、ラッサムライスにヨーグルトをドバドバ!っと。昨夜、カトリーヌ先生に教えてもらったいただき方。これが旨いの何の!思い付きそうで思い付かなかったです。さすがですね。

5cvjy 昼は、ちょっとした外出(出張)があり、帰りに肥後橋・カルータラに立ち寄るチャンス到来!今日は貴重なマトンの日でしたが、ふとカルータラでチキンカレーをいただいた記憶がなく、敢えてマトンを頼まずという、ある意味贅沢な選択をしました。さすがに文句の付けようがないおいしさ!これこそ、私の中のスタンダードだ!と心の中で叫びましたよ。

そして、ちょうどよい機会だったので、翌月の食事会の打ち合わせなどを行ってきました。お昼の忙しいときに、あれこれ注文を付け申し訳なかったですが、許してくださいね!

Dwon8 そして夜。今日は激務中の激務で、疲労困憊を通り越していました。しかし、気が付いたら、こちらにいたということ。

Qzfnl 吸い寄せられるように、フラ~っと入店。

W64be ロティ、パリップ、白菜のカレー、セロリのマッルン、ポルサンボーラ、キャベツのマッルンそして、川魚風味のフィッシュヘッドカレー、手前のものは、ルヌミリスとジョロキアオイル。

フィッシュヘッドカレーの魚は鯛。住友さん(オーナー、店長)によると、お店のインディカ君が、スリランカの湖に生息する「テッピリ」という魚にそっくり!だと言っていた由。それで、川魚風味ということ。

実は私、フィッシュヘッドカレーは大好き!って訳ではなかったのですが、このカレーは何と言えばいいのでしょうか、時間をかけて煮て出る魚の臭みにココナッツミルクが混ざって生じると思われる泥臭い感じがなく、とても洗練されていました。ジョロキアオイルは、それほど激辛でもなく、非常にあっさりとして風味の高いもので、これを少し垂らすとさらに洗練された感じになりました。

それと、白菜のカレー、これはミルクテイストの仕立てによく合いますね。これとはちょっと違った白菜のメニューを考案中とのことで、こちらも楽しみですし、何より野菜系のメニュー開発に余念がない姿勢、個人的に非常に嬉しく思います。

Pcfon これは、カローラというスリランカの塩漬け干し魚を使った一品。とっても固く、あたかも木をかじっているようでした。そして、頑張って噛んでごく小さなかけらを食べてみると、これが超塩辛い!いやいや尋常じゃありません。スリランカの(塩)辛さを体感できた非常に貴重な機会でした。

今日はさすがに退店後、梅田まで歩く余力はなく、しかし、それではちょっと悔しいので新大阪駅まで歩き、そこから地下鉄などを乗り継いで帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月19日 (水)

原点回帰な昨今~今夜の自作は香取薫先生のレシピでかぼちゃカレー!

今日は定例出張日。

Dsc01692 朝は、ラッサムライス(手抜き版)でスタート。手抜き版とは、ご飯とラッサムを鍋できちんと混ぜずに料理しないもの。これでいいのだ!?

Rfoqy_copy_copy 昼は、何とか食べ損ないを免れ、ラストオーダーぎりぎりに、あやめ池・プラーナに入店。
今日は、ふと開店当初のスタイルでいただきたくなり、そのスタイルで提供してもらいました。別盛りを進言した者としては矛盾するかもしれませんが、食べ方を変えると別の魅力も感じられます。看板メニューらしく、文句のない出来!

しかし、困ったことが一つ。お店でデジカメを落下させ、撮影困難な状態に。仕方なく性能がイマイチなスマホのカメラを使用することに。年末のこの時期、困ったことになりました。

Vxvo8_copy_copy_2 新メニューのマサラロール(タンドリーチキン)を追加注文。フワッとではなく、気持ちしっかり巻かれており、これがいい按配!丁寧な仕事ぶり、相変わらず感心させられ、その心地良さと言ったら!

8rkht_copy_copy 夜は、香取薫先生のレシピで、スリランカスタイルのかぼちゃのカレーを自作。このカレー、約30分ほどで出来上がりました!そして、このカレー、昨夜のカルータラのパリップに習い、少し冷ましてから食べたところ、味が落ち着きイイ感じになっていました。

Iswmd_copy そして、現在ですが、昨夜に引き続き、来月再び「カルータラ夜の会」を挙行することとなり御案内申し上げたところ、予約が殺到!これで来年の楽しみが一つ増えました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年12月18日 (火)

カルータラ夜の会・結成式!

  火曜日の朝。

Dsc01662 毎度お馴染みとなったクートゥ&ラッサムでスタート。見た目はちょっとくたっとしてきましたが、今回は我ながらなかなかの出来で、朝から満足☆

Dsc01663 昼は小鉢攻め。先日デパ地下でちらっと見かけていた、若ごぼうが早くもお目見え!もうこれだけで、今日は出勤して良かった~と思えたほどでした。

Dsc01677_copy そして、仕事を終えた後は、こちら肥後橋へ。今日はこちら、カルータラを予約し、ちょっとした食事会を催した次第。最初は、私とAさんで夜に行こうとやりとりしていたのですが、その後fbで募ったら、何と約2分で満席御礼!総勢5名で「カルータラ夜の会」の第1回会合となった訳です。

Dsc01678 最初はデビルマトンでスタート!やはりカルータラのデビルは、この大きめ野菜、特にトマト。この酸味と新鮮さ、それにチリピースのざっくりとした激辛度合い、それにししとうとたまねぎの風味、このバランスが素晴らしいんです!生き生きとしていて、食べ応えがあり、後味がさわやか。そしてしっかり辛い。素晴らしいです!

Dsc01679 その後はどんどん料理が運ばれてきました。手前はパリップ(レンズ豆のカレー)、その左はシーニサンボーラ(たまねぎの甘い炒め煮)、その右はなすのサンボーラ(火を通した和え物)、そして奥は、オクラのテルダーラ(炒め物)。なすはあっさりしているのに、きちんとにんにくの味が効き憎い味。テルダーラは、やはりチリピースが上手く効き、ドライな仕上がり具合が最高でした。乾煎りしているのかな~、それでチリがポロッとなるほど立っている!

Dsc01680 痛恨のピンぼけとなりましたが、これはセロリとたまねぎのサラダ。さっと混ぜたサンボーラでなのでしょうか?サンボーラとサラダの違い、いろいろな人に聞きますが、その境が未だによく分かりません。しかし、香味野菜の相乗効果、これは本当に侮れません。

Dsc01681  エビのカレー。ぷりっぷりのエビの入った絶品カレーですね。

Dsc01683 豪華と言うか、とっても楽しい食卓となりました。

Dsc01687_2 カッタサンボーラも。

Dsc01684 私の盛り付けはこんな具合。カルータラの料理を自分の好きなようによそっていただける。これぞ夜の特権と言えましょう。それにしても、今日はライスの減るスピードがすごかった!数分で「おかわり!」の連発。主宰としても嬉しい限りでした。

Dsc01689 さて、今日一番印象深かったのは、この常温のパリップ。常温になるまでの時間に、旨味が増すとのことで、スリランカではライスなども全て常温の由。確かに少し冷めた方が味が落ち着き、熱さで舌などが麻痺せず、料理をしっかり味わえるような気がします。それにしても、この艶やかで、おいしそうなビジュアル。これも夜のカルータラならでは楽しみでした。

Dsc01690_2 最後は、キリパニ(ヨーグルトの孔雀椰子の花蜜(キトゥル)がけ)でフィニッシュ。おおよその予想はつくものの、何度食べても飽きないし、おいしさのポイントを再発見できるカルータラ。洗練され、安定した料理は、食べる度に尊敬の念が膨らんでいくというもの。今夜も参ってしまいました!

今回はデビルマトン、エビカレーのみをリクエスト、その他は全てお店の横田さんにお任せしました。やはりお任せはいいですね。何が出てくるかが楽しみですし、そして何よりお店の創意工夫、私たちのために考えてくださるという部分の贅沢が味わえます。

次回(第2回)は翌年1月下旬頃に開催しようかと考えています。2月は横田さんがスリランカに行く月でもあり、せめてそれまでの時期に。興味・関心がある方、是非一緒に夜のカルータラを楽しみませんか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月17日 (月)

高槻トマトのラッサム

週明けの月曜日。

Dsc01642 朝は、ホウレン草とヒヨコ豆のクートゥでスタート。タミル式のレシピは、LOVE INDIA 2012公式本・渡辺玲先生のもの。とっても格好良い味です

Dsc01649 昼は、谷五・萩で、カキフライ。親芋、酢の物、煮浸しも添えて、いつものようにイイ感じ。

そして、仕事を終えた後は、週明け独特の疲労感。しかも腹が空かず、大阪市内を歩きながら、どうしたものか?と歩き続けましたが、行きたいお店、食べたいものが最後まで思い浮かばず難波に到着してしまいました。

不思議なものです。約3キロ歩いて、入りたいお店が見つからない・・・。おでんの屋台、焼き魚の屋台、野菜炒め屋・・・あってもいいと思うんですけど。ダメでしょうか?(個人的には、チャナマサラ屋とかも。翌朝パンと一緒に喰ったら旨いよ~!って呼び込めばいいのに。)

Dsc01650 そして帰宅後は、先日NHK大阪放送局のロビーで買った、高槻・三箇牧産、JAたかつきのトマトを使い、ラッサム作り。にんにくは包丁で潰してから粗くみじん切りしました。

Dsc01651 ラッサムパウダーは、シンプルに、乾煎りしたブラックペッパーとクミンシード。バリ島の石臼で挽きました。トゥールダルはハンドミキサーで半スープ状にし、仕上げに追加の生トマトを入れて出来上がり!

Dsc01652 今夜は、ムングダルクートゥにラッサムを添えて、シンプルな南インドのワンプレートとなりました。何かのポリヤル(炒め物)を作ろうと思いましたが、時間が遅いし、明日食事会があり、余ってももったいないので、止めました。

Dsc01653 今日のラッサム、やはり、「エクストラトマト」が効いています。まろやかなクートゥとの相性もいいですね。シンプルなベジが今の私にはぴったりのようです。

Dsc01655_2 食後のキリパニ、ほぼ毎日食べてますが、今日は久しぶりに撮影しました。いつもは明治ブルガリアですが、今日は森永ビヒタス。なかなかですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月16日 (日)

県境のベンガルカレー@Ganga~帰宅後はタミル式クートゥを自作

今日・日曜日は完全ダウン。自宅で休養の日となりました。

Dsc01631 しかし、衝動と言うか、やはりフラッと出歩きたくなり、選挙の投票を済ませた後、今日は車で国道24号線を久しぶっりに走り、県境を過ぎたこちらへ。

Dsc01602 アジアンカフェ Ganga(ガンガ)は、数年前からずっと訪れてみたかったのですが、ようやく念願が叶いました。

Dsc01627 週末のみの営業ですが、通し営業されているので、行こうと思えば何時でも訪れることができそうです。予想以上にインド色が濃い雰囲気の入口です。

Dsc01605 お店に着いたのは17時過ぎ。お客さんは1人でしたが、あとで3~4人入店がありました。店内にはインド雑貨、旅行関係の本、雑誌が沢山ありました。間もなく廃刊となる「旅行人」も結構揃っていました。

Dsc01603 カレーは、チキン、エッグ、野菜の3種類。いずれもインド・ベンガル地方の家庭料理風のもののようです。日替りの手作りケーキも気になります。きちんとターメリックライスと書かれている点、好感が持てますね。

Dsc01604 ココアフロート、ウインナーコーヒーあたりがいいですね。クラシックさが感じられるメニューは、我々の世代にはある意味での癒しかもしれません。

Dsc01621 今日は、野菜カレーのセットをいただきました。

Dsc01622 にんじん、なす、じゃがいも、万願寺唐辛子はいずれも大きめにカットされ、特ににんじん、じゃがいもはきちんと火が通っているのに煮崩れておらず、それでいていい食感。辛さは殆ど感じませんでしたが、やさしい味わいの中にも、落ち着いたスパイス感が実に心地よかったです。

Dsc01623 セットのチャイのお伴は、追加オーダーしたバナナケーキ。ヨーグルトがたっぷりかかっており、これが非常に食べやすく、仄かに温かいケーキとの相性も素晴らしかったです。ホイップクリームがちょんと乗っかっているのもご愛嬌でしょうか。丁寧な盛り付けですね。

Dsc01624_2 お店は1982年から続いているようで、既に30年目なんですね。今年は1~2月にかけてインド・カルカッタ方面を旅行されるようで、次期は来年3月からの営業となるみたいです。

Dsc01626 お店の方は、この本の著者である写真家の廣津秋義氏とカルカッタの宿で偶然出会い、同氏の紹介で家庭料理を習った経緯があるようです。

Dsc01625 この写真集、とっても面白かったです。巻末のコラム、エピソードも簡潔な内容ながら非常に興味深く、気が付いたら全部を読み切っていました。インドは鉄板焼、日本はお好み焼きという表現、なるほどと思いました。

Dsc01629 そして、驚いたことに、お店の横には、アンバサダーが。1~2年前までは車検も通し実用していたようです。これには驚きました。いつか運転席に座らせてもらいたいものです(笑)

Dsc01637_2 帰宅後は、久しぶりの料理。外食続きで少々疲れていたので、そういう時はこれに限ります。このほうれん草のムングダル・クートゥは、LOVE INDIA 2012の公式本収録・渡辺玲先生のレシピで作りました。

Dsc01640 最後に香菜を散らして完成です。タミル風のクートゥは気持ちシャバっとしており、ココナッツミルクの甘さは控えめに仕上げ、そしてヒーングは多めにしました。いやいや、これはクミンの風味、テンパリングの効果が格好良く決まったクートゥになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年12月15日 (土)

中部方面からのご一行様と神戸で食べ歩き!

  宴会明けの土曜日。腹がぷっくら膨らんでいる…えらいこっちゃ。

Dsc01570 お昼は、中部方面からお越しの、やりながさんご夫妻、315さん、たぬきさんとこちら、神戸・マドラスキッチンで待ち合わせ、メドゥワダ、マサラワダでスタート!

Dsc01571 ここに来たら、このラッサムは外せません。ヒーングもドバドバって感じ、昔に比べたらブラックペッパーは若干控えめでざらつき感は薄まったものの、相変わらずビシッと決まってます!

Dsc01572 チキンペッパーフライは、ミールス用のものを単品で提供していただきました。文句なし!

Dsc01577 里芋の炒め物をサービスしてもらいました。これは先日の料理教室で、南のサブジとスレッシュは呼んでいましたね。きちんとレストランの味に仕上がっており、旨~っ!

Dsc01579 トマトライス。最近この手のライスメニューが復活したことは嬉しい限り。ベジ好きの私としては、たまりません!

Dsc01576 人数が多いと、少量多種を楽しめますね。それにしても、本日御一緒したマニアの方々、レベル高すぎ~!私のような中途半端な者がエスコート役を果たせるはずもなかったのですが、いろいろなお話も伺え、非常に充実した昼食となりました。

Dsc01582 これは、Ku(o)dampuli(コーダンプリ)。ガルシニアというものなのでしょうか?スリランカのゴラカの外皮の部分?今日の料理では、ダッチャン・ヤラル・マサラ(酸味のあるエビカレー)に使われていました。臭いはゴラカそのものですが、より柔らかかったです。

Dsc01583_copy みんなで記念撮影~!ぼかしは強めに入れましたよ~。

Dsc01585 表通りでは社用車?を発見!

Dsc01596 そして、マドラスキッチンから延々歩き、こちら、wife is bossにやってきました。

Dsc01589 この光景、興奮してきます!

Dsc01588 私は台湾料理に興味津々だったり。

Dsc01590 カウンター上には、ポークビンダルーの鍋が。

Dsc01591 マドラスキッチンで自転車利用のたぬきさんと分かれたのですが、何とこちらのお店でまた再会できました!当然のごとく、再び合計5人でプチ食事会となりました。

Dsc01595 カダイに盛り付けられたポークビンダルー。酸味控えめですが、旨かったですよ~!

Dsc01593 スモークチキンは、あの特製ダレと共にいただき、もう止まりませんでした。最高~!

Dsc01597_3 そして今夜の夕食。wife is bossの豚の角煮、ビーフンは、どちらも文句なしの旨さ!本当は夜のタルカにお付き合いしたかったのですが、体力の限界もあり敢えなく帰宅したのであります。皆さん、タルカで楽しんでるかな~。ハゲしく気になります。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月14日 (金)

イタリアンな忘年会は泡とワインパーティーと化しました!

今朝の奈良は-2.2度。氷点下だと寒く感じないのはなぜ??

Dsc01520 なぜか、クランベリーとごまのパンでスタート!

Dsc01522 昼は、いつもの萩で、豚汁定食。酢みそ、小松菜とお揚げ、つみれと大根、鮭の南蛮漬という豪華版となりました。

Dsc01523 NHK大阪放送局では、大阪の農産物が勢揃い。

Dsc01524 大阪は結構農業が盛んだったり?高槻・三箇牧のトマトを購入しました。

Dsc01525 今日は定時ぴったりで全員揃って北浜から中之島方面へ。

Dsc01528_2 今日から始まったらしい中之島のライトアップの中をしばし散策。この界隈は、私を含めた一定年齢以上の我が社の中高年にとっては、懐かしい場所なのです。

Dsc01530 さて、今年の我が部門の忘年会はイタリアン。幹事はわたくしですが、お店選びなどは某Oさんにお任せ~!最初は6種の前菜のプレートでスタート。

Dsc01531 ブリのカルパッチョは、シンプルながら、血合いの部分も含めて、生臭さは皆無。脂が乗った身にオイリーさを全く感じさせない仕立て。久しぶりにおいしいカルパッチョをいただきました!

Dsc01532 鴨肉の生ハム。これも鴨の臭みは微塵も感じず、それでいて旨味が凝縮され、薫製独特の風味も強すぎず、素晴らしかったです。

Dsc01534 パスタ料理は、黒毛和牛と里芋のロースト。キタッラという太くて四角い麺は、モチッとした食感で、これまた男性的と思いきや、とってもしなやか。肉系の濃いソースだけだとちょっと参ってしまいそうですが、里芋などの野菜で上手く中和され、意外にも食べやすかったです。

Dsc01535 白身魚と菊菜のリゾット。魚の旨味が凝縮!そこに少し苦味のある菊菜を合わせるところが憎いです。

Dsc01537 イベリコ豚!豚肉を完全に超えています!!

Dsc01538 デザートも濃厚&さっぱりで、良いバランス。

Dsc01539_copy 最後は九州一本〆!それにしても、40歳以下が数名の職場って・・・(笑)それでも、私以外はみなさん若く見えるんですよね~。

Dsc01540 帰りは、小雨が降る中、淀屋橋から一人フラッと歩くことに。ここは淀屋橋から少し下がった御堂筋。

Dsc01543 表通りが苦手な私は、一本西の筋へ。大阪もこうしてみると、結構美しいものです。今年はちょっとオシャレな忘年会となりました。普段飲まない私も、今日は久しぶりに大量飲酒。しっかりしたボディの泡は最高でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月13日 (木)

東三国の魅力~朝からRASA HALA!

出張明けの木曜日。

Dsc01470 朝から、RASA HALAのエラワルロティ、自作メティカレーを添えてスタート。やっぱり抜群、文句なし!

Dsc01471 昼は、珍しい鮭の南蛮漬、それに野菜の小鉢をたくさん添えて栄養満点。今日は漬物が実にいい按配でした。

Dsc01484 夜は、ある意味における同期でもある、旧知の知人を、こちら東三国・RASA HALAへ御招待。

Dsc01485 最初は、鯖、ポテトのキリマールから。さっぱりとしていて、実にいい按配。RASA HALAでしか味わえない大好きなカレーなんです!

Dsc01487 豆苗のテンパラード(炒め物=テルダーラ)、桜エビのふりかけ、鰹節と唐辛子のふりかけ(カッタサンボーラ)。これは素晴らしかった。テンパラードにおけるナンバーワンと確信!

Dsc01490 チキンカレーは、切れ味抜群!ルヌミリス、グリーンペーストのアクセントも半端じゃありません。

Dsc01491 こちらは、かまぼこ?はんぺん?でしょうか?魚のすり身はこのような、少し湿り気のある炒め物として供されると食感の面でも面白く、おつまみとしても飽きずに口に運べると言うもの。

Dsc01492 やはり、このロティは外せません。ドライなタイプのポルサンボーラは、私の好みとは反しますが、食感の面ではやはり唸らされます。

Dsc01493 どうしても食べたかったパリップはこの時点でオーダー。

Dsc01494 そして、これもかねてからずっと食べたかった、スリランカ式バーベキュー。マリネタイプとジンジャー・ガーリック+カレーリーフタイプを選べるとのことで、悩んだ挙げ句後者でオーダー。エビ以外に、チキン、ビーフもあるようです。デビルのような甘辛さはなく、食べやすいし、ライス&カレーにもとっても合いそう。テルダーラとも少し違うんですよね~。カラッとしていると言うか。このあたりの料理、調理法のラインナップは、選べる楽しさ、その日の気分によりいろいろ楽しめていいですね。

Dsc01495 最後はキリテーで〆。風味豊かなので、ミルクティーとは言え、このサイズが大きいとは感じないのが不思議です。

いかがでしょうか。やはりRASA HALAの料理はおいしかった。ミルクを使ったキリマール、その日ごとに異なる青菜を使ったテンパラード、味わい深くも切れ味のあるチキンカレー、食感が洗練されているロティ、そして、家庭的若しくは食堂/屋台風の一品の種類の多さ、そして、何よりも、オーナー、店長兄弟の知識と経験に裏打ちされた感性とお話、積極的なホスピタリティ。

昼夜を問わず楽しめるところ、臆することなく、楽しみながら提供される料理の数々、行けば絶対納得する良店は、まだ開店から1年。これからどうなってしまうのか?楽しみでなりません。ごちそうさまでした!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年12月12日 (水)

混ぜて食べることの魅力とその条件

今日は定例出張日。今朝の奈良は-1.6度。しかし、氷点下だと寒さを感じず、逆に1~4度くらいが一番苦手な私。不思議なものです。

Dsc01456 朝は、米粉パンに、まだ喰うか?!と言われそうな、古民家インド会で持ち帰った、K1郎さん作のズッキーニのチャトニーを合わせてみました。想像どおりの相性で、朝からいい感じ。

Dsc01458 遅めの昼は、あやめ池・プラーナへ。今日は、新メニューの試食をさせていただくことに。カレーは、ミックスベジタブル、サグパニール(インド式チーズ入りほうれん草カレー)、ダル(豆)の3種、それに浅漬けタイプのアチャール(タマネギなどのピクルス、漬物様のもの)、フライドパパド(豆せんべい)、さらに、グリーンチャトニー(ミントとコリアンダーのディップ様のもの)、トマトチャトニー、サラダ。

これを、「ミールス」若しくは「ターリー」のセットとして売りだす予定のようです。内容が北インド寄りなので、これは「ターリー」と名付ける方が良いのではないでしょうか。ターリー自体、お皿を意味する(語源でしょうか?)のでしょうが、「定食」という意味で使用される言葉でもあり、このように、いわゆる銀色のインド製の大皿、汁気のあるカレーをカトゥリによそらなくても、「ターリー」、つまりインド式の定食となりますよね。

そして、肝心のお料理ですが、いい感じでした!特に、プラーナのダルは、単体ではかなりあっさりしているのですが、皿の上で混ぜることにより威力を発揮していました。パラク(サグ)パニールも、単体で味見したら少し塩気が足りないと思ったのですが、やはり混ぜるとこのくらいでもいいかも?と思える按配(でも、野菜の味わい、味の輪郭を際だたせるため、あとほんの少し塩気は欲しい。)、そして前回いただいたミックスベジにサグを混ぜたものに比べ、断然魅力はアップ!いわゆる「引き算」の成功例、大胆な割り切りと言えましょう。ミックスベジも、安定したおいしさで、サグやダルとの相性も良かったです。

あと、プラーナのカレーは、全てにおいて丁寧に作られているので、単品だと一見物足りないと感じても、複数を混ぜると、魅力が乗数的に増えていくんですね。雑な料理を混ぜてもまずさ、欠損部分が際だつだけなのでしょうが、しっかり丁寧に繊細に作られたカレーだからこそ、混ぜる意味も出てくるというものだと思います。

 さらに、今日感じたことは、やはりグリーンチャトニーの存在感です。香りと味が素晴らしく、これを少量混ぜることで、グッと風味が引き立ちました。トマトチャトニーは、どちらかと言うと風味と言うより、味に変化を与えていました。プラーナには、「ホットソース」という激辛ペーストがあるのですが、これも味と言うより風味に変化を与えるものであり、個人的にはこれも添えると、さらに楽しめそうな気がしました。

あとは、このセットですが、サブジ(ポリヤル)の類が付けば、さらに魅力倍増は間違いないでしょう。この店の生野菜のサラダは非常においしく魅力なのですが、サラダはスターター若しくは箸休め的にいただくことになると思われ、その必要がなければ、これをサブジに変更し、混ぜて食べるおいしさを全面に打ち出して売り出すと、より本格的なセットだと感じさせることができるような気がします。

開店当初はワンプレートのカレーライススタイルだったのが、カレーを別盛りにし、今後このような小皿で多種提供するターリー式の導入も検討中のプラーナさん。着実に進歩し、おいしく提供する方法を模索し続ける姿勢には頭が下がります。ターリーセット、これは、少量多種で色どりも鮮やかになるでしょうし、さらにノンベジ系を選択できるようにすれば、その組み合わせはかなりのものになり、客としてもいろいろな楽しみ方ができるし、お店としても、おいしいオススメの組み合わせ例を提案することができると思います。お店の力が存分に発揮されそうなセットの発売、今から楽しみでなりません。

Dsc01464 そして夜。昨日同様、古民家インド会、スレッシュの料理教室で持ち帰ったカレー類をワンプレートに豪快に盛り付けました。手前はメティカレー、奥はサンバル、右上はポリヤル、右はアルパラク。ベジカレーながら、実に風味豊か、味わい深く、最高の一皿です。このようなワンプレートのカレー、どこかのお店でやってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月11日 (火)

宴のあとのお楽しみ!@スレッシュ&K1郎さん作の合いがけプレート~自作もちょい添えで

実質的な週明けとなった火曜日の朝。今朝は-1.5度、車の窓ガラスは完全凍結!今季一番の冷え込み。

Dsc01441 朝食は、昨日ういろうさんにもらった、西成名物?130円の卵焼き。これがなかなかイケてました!この店の350円の焼き鯖弁当が激ウマのようで、そちらも非常に気になっております。

Ixa3q1 昼はいつもの谷五・萩で、今日は健康対策の小鉢攻め。先週水曜日から始まった強行日程は昨日終了したものの、身体の疲れは相当なもの。ようやくホッと一息つけたような気分になりました。

Dsc01445 夜は定時に仕事を終えて帰宅。一昨日の古民家インド会、昨日のスレッシュの料理教室で持ち帰った料理などを強引に盛り付けました。

左のカトゥリは、スレッシュの超豪華版サンバル。そこから時計回りに、同じくスレッシュ作のケララ式ポリヤル、そしてK1郎さん作のアルパラク、自作メティカレー、マドラスキッチンのチキンピックル、奥のデザートは、K1郎さん作のバミセリ入りパヤサム、スレッシュ作のかぼちゃのパヤサム。

まさに、これぞ、「宴のあと」のお楽しみプレート。インド料理は作りたてじゃないとと言いますが、おいしい料理、きちんと作られた料理は、作りたてじゃなくても、ハゲしく旨~っ!と思うのは私だけでしょうか?本当、素性の確かなものは、やはり違います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月10日 (月)

12月の本格インド家庭料理教室、カラピンチャではイカカレーを堪能~!

月曜日ですが今日は有休。朝の気温は-0.2度、降雪も予想されている模様。

Dsc01274a 朝は、自作メティカレーに、昨日の古民家インド会で持ち帰った、K1郎さん作の絶品!オニオンパコラ(私もちょっと手伝ったよ~!)、セミヤパヤサムでスタート!

Dsc01361_copy そして、今日は近鉄、阪神で西宮へ。阪神西宮から会場最寄り駅のJRさくら夙川駅前に向かうと、偶然にもUさんが前から歩いてきた!

Dsc01362 今日は、神戸・マドラスキッチンのシェフ、バブ・スレッシュ氏をここ、シャンティ夙川店に招いての料理教室。手前のココナッツは、ここのオーナーのKさんがインドから持ち帰ったもの!奥の方にはジャガリの姿も。

Dsc01370a 私がココナッツ削り器を持ってくるのを忘れ、それでもスレッシュは全く動じず。包丁の背ででココナッツを割り、鮮やかな手際でいとも簡単に処理!【動画はこちら→121210bswcoco: http://youtu.be/MDDWsSEMdnU

Dsc01382 生ココナッツ使用のココナッツチャトニーは、最後にテンパリングして完成!

Dsc01364a_2 ケララスタイルのポリヤルは、このように野菜を細かくカット、ココナッツファイン、クミンシード、青唐辛子をミキサーにかけたペーストを入れるようです。トーレンとの違いがいまいち理解できなかった私。

Dsc01380 サンバルの具材はこの程度の大きさにカット。

Dsc01383 なかなか濃厚です。そしてこのあと、スレッシュ得意の「ヒーング攻め」!

Dsc01384 マドラスキッチンのサンバルだ~!

Dsc01387a ジャガリはKさんが鮮やかな手つきでこのようにカット。かぼちゃはカットして強火でじっくり茹でてマッシュ、最後にココナッツオイルに生ココナッツの実と皮を細かくカットしたもの、カシューナッツなどでテンパリングをし、かぼちゃのパヤサムの完成。

Dsc01396 かぼちゃのパヤサムは、さらにカットしたココナッツを仕上げにトッピングしていただきました。

Dsc01391_copy_2 そこに何とM氏が登場!

Dsc01363a フィッシュフライは、真アジを使用。マリネして寝かせ、さらに焼く前にパプリカをふりかけて焼きに入りました。

Dsc01401a フィッシュフライの作製過程。フライパンの片隅に輪切りにしたタマネギを入れ、カットした青唐辛子と共に、魚のエキスが混ざったオイルで焼いていきました。

Dsc01368 こちらはワダの生地。塩はこの段階で入れ、このあと寝かしました。揚げている途中で生地がゆるくなるのを防ぐ意味もあるようです。

Dsc01407a ワダ揚げ大会となりました。スレッシュの手際に感嘆の声が!私も3~4個挑戦、今日は偶然にも上手くいきました!【動画はこちら→ 121210bswada: http://youtu.be/ri-m21quvG4

Dsc01416 料理が全て完成しました。

Dsc01418 フィッシュフライ、ポリヤル、サンバル、ワダ、ココナッツチャトニーとシンプルながら、非常に贅沢なワンプレート!

Dsc01421_copyワダを食べるボク。このあと、何とサンバルも口にし、ワダ、パヤサムに至っては自分からおねだり~。将来が楽しみですね~!

Dsc01440 料理教室のあとは、阪神西宮駅隣接の阪神で、高知県産青唐辛子を発見!

Dsc01424 阪神西宮駅北にあるチャルテチャルテを見学。

Dsc01425 そして夜、水道筋・カラピンチャにやってきました。最初はやはり、このアーッパとシーニサンボーラでスタートです。

Dsc01436 こちらはUさんが卵を半熟でオーダーしたビッタラアーッパ。

Dsc01426 エビデビルは、グッと辛く、甘さ加減控えめで、素晴らしい出来映え!

Dsc01433 カレープレートは、チキンカレーをイカカレーに変更、アンブルティヤル、ルヌミリスを追加し、こんなに華やかになりました!相変わらず素晴らしいです。

Dsc01437 食後は、つぼくさ(ゴトゥコラ)茶で〆。じつにスッキリして、香りがよく、疲れた身体を癒してくれました。

Dsc01438 そして帰宅。こちらはKさんにいただいた手作りクッキー。あっさりしているのに、きちんと食べ応えがあり、パサつき感など微塵も感じられず、気が付いたら全部食べてしまいました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2012年12月 9日 (日)

古民家インド会

日曜日の深夜。

Dsc01192 今日の準備を終えたら、「チャトニーつくっちゃった!」のつぶやきが。何と申しましょうか、触発され、朝に食べるモノがないとか、明日余裕があったら作りたいな~などと色々考えていたら、メティカレーが出来上がってしまった!

Dsc01195 と言うことで、朝食はメティカレーライス。具はやや大きくみじん切りにしたたまねぎだけ。それにメティ(フェネグリーク)の仄かな甘さがいい按配。レシピは渡辺玲先生の「カレーな薬膳」。本の中では、決して主役にはならないと書かれ、結構地味に感じるレシピですが、こうすると一躍主役!腰痛にも効くらしく、身体中が痛い私にとっては、癒しの一皿となりました。

Dsc01197 そして、今日は絶対遅刻できないと身体に鞭を打ち、予定どおりの列車で神戸へ。ここ、高速・西元町駅、変に改装せず、美しく使われていていいですね~。思わず一枚撮ってしまいました。

Dsc01234 今日の会場の最寄り駅は、こちらの高速長田駅。前回降り立った時は、すっごく緊張していたことを思い出しました。

Dsc01236 高速長田駅から徒歩10分弱で会場の古民家こと「神戸市長田区御蔵通5,6,7丁目自治会館」に到着。今日は一番乗りでした。

Dsc01237 今日は調理する人と言うより、メインの調理係以外の人が買い物の時間にあまり集まらず、時間が経過すると共に徐々に焦りの空気が流れつつも、調理の手際が良くなり、スピード感が。このパチャディのオクラの炒め具合、しっかり焦げる寸前まで火が通っており、いい感じですね~。

Dsc01245 パチャディのテンパリング直後。興奮の瞬間です!

Dsc01238 Uさんおチャイで一休憩。しょうがとシナモンのみでシンプルですが、実においしく、身体が温まりました。

Dsc01241 こちらは、例によって、手作りケーキの差し入れです。左のケーキはりんごではなくパインが使われ、これが目から鱗!これだけでも今日は十分過ぎるほどと思える出来映えと、味わいに疲れが吹っ飛びましたよ。本当に!いや~、これは嬉しかったな~。

Dsc01248 差し入れは続きます。このほうれん草入りのスナック、クスムで売っていたようですが、インドっぽくないと思えるほど、洗練された味わい。何ででしょう、今年私はインドのスナック類が格段に進化を遂げているような気がするのです。これもスナックながら、素晴らしかったです!

Dsc01246_copy パロタを伸ばすAさんこと部長。手際がいいですね~。今日は中力粉使用で、オイルにしっかり浸けて寝かせるというテクニックを拝見!

Dsc01250_2 ホットプレートのターメリックが落ちきれず仄かに色づいていますが、どうですかこの焼き加減。涎が垂れそうでした(笑)

Dsc01251 パヤサムも、ほら、見てください、この仕上がりようですよ!チャナダルも入っているのでしょうか、これがまた絶品でした!

Dsc01252 何とか18時前に全ての料理が仕上がりました。この風景は前回と同じく圧巻ですね。

Dsc01253_copy 見本の盛りつけを行う、K1郎さんと主宰のYさん。名カメラマンのMさんがきちんと撮影!ですね。

Dsc01255 本日の見本。いかがでしょう。ちょっと今日は疲労困憊なので、料理解説は後ほどアップしますね。

Dsc01256 見本はこのように修正配置されました。どちらも素晴らしい盛り付け具合ですね。

Dsc01256ab 料理名入りの写真はこちら。間違っている可能性が高いです(汗)。ビシバシご指摘くださいね。

Dsc01259 私の盛りつけは、ちょっとイケてませんが、料理の味は変わりません。そして、料理ですが、まずズッキーニのチャトニーが激旨!パコラも文句なし、クリスピー感バッチリで、久しぶりにパコラがおいしいと思ったほど。アルパラクは当初ほうれん草が滑らかじゃなく心配されましたが、そんな心配はよそに、シンプルイズベストを感じさせる旨さ。これらは全てK1郎さん作、やはりさすがです。ハゲしく激旨~っcoldsweats02!でした。

そして、全体のバランスを考えあっさりと仕上がったラッサム、そしてサンバル、これもおいしかったです。さらにベジクルマ、これは違反!ですよね、私の大好物の一品でもあり、嬉しくて涙ちょちょ切れそうでした。さらに、わたくし作の根菜のコロンブですが、Uさん曰く、少し冷めて味が落ち着き、おいしかったのお言葉!それで、自分で言うのも何ですが、私の席の向こうの方から、「コロンブおいしい」の声が。空耳かと疑いましたが、そう仰っていただき、素直に嬉しかったです!しかも完売・・・weep まあ、これは作った量が少なかったからかな?bleah

Dsc01260_copy 今日は忘年会を兼ねての古民家インド会。発声は主宰のYさん。それんしても、Yさんの人望ですね、この人の集まりよう、そして、この何とも言えない居心地の良い雰囲気。何から何まで、本当にありがとうございました。あと、大活躍のK1郎さんを始め、料理を作ったり、いろいろ手伝ったりしてくださった方全員に感謝です。

Dsc01267_copy 古民家インド会は、一時休止中のグルハギの不定期開催版という側面もあるようですが、さすがはその流れを汲む食事会だと思う内容の料理の数々でした。この雰囲気とこの料理、やはり私にとって、生涯の思い出になりそうです。

Dsc01269 外からの眺め。疲れたけど、楽しかったな~。これが醍醐味というものですね。

Dsc01266 さて、次回は何時ここに来ることが出来るでしょうか。楽しみでなりません。

Dsc01270_copy (おまけ)帰りの阪神電車の中は、マニアの巣と化したのであります。皆さん、ありがとうございました!

(参考:前回の古民家インド会の様子はこちらです!→)http://rikiroh.txt-nifty.com/blog/2012/08/post-ff60.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年12月 8日 (土)

タルカ食事会~全国からマニア大集合の巻

土曜日の朝。今朝の奈良は1.2度。まだ気持ちが冬に慣れず、寒いと言うより違和感を感じますね。

Dsc01171 連日ハードな行程をこなし、かなり疲れ切っています。このあと病院に行ったのですが、昨月の検査結果は幸いにも陰性。しかし、膵、腸に疑いがあって、血液検査はオプションのオーダー連発。沢山血を抜かれ、何だか立ちくらみがしてきました。

Dsc01173_copy_2  そして昼食はろくに摂らず、夜はこちら、京都・烏丸御池に。会場の「インド食堂 タルカ」前には、マニアが大集合!

Dsc01175_copy 奥に行けば行くほど濃厚な感じ。私のように薄いシャは末席ということで。(笑)

Dsc01177 今日はビュッフェスタイル。見ているだけで、ワクワクしてきます。

Dsc01178 何とかワンプレートに乗せきりました。

Dsc01180中央はロティ、ライス、マタルプラオ。ロティの右はゴラカ(ガルシニア)入りポークカレー、そこから反時計回りに、シャバっとしたミックスライタ、パコラ、さばのタンドールロースト、ウプカリ!!、シークカバブ、ベイガンバラタ、ダル、カディパコラ、カチュンバル、アチャール、コリアンダーチャトニー。もう、タルカの料理を堪能しまくりですよ!!

やはり、ウプカリ、ポークカレーなどのノンベジが絶品ですね。そして、ライタ、これが良かった。サバのローストもおいしいし、プラオも。そして、カディには驚きました。南北混合のタルカさんらしいワンプレートになったような気がします。

Dsc01188 こちらは、インド帰りのSさんが買ってきたカシミーリチリ、そして同じくインド帰りのFさんがビリヤニマサラ。偶然にも同じメーカー!マニアには通じるものがあるのでしょうか!(笑)

Dsc01185_copy 今日は名古屋から3人、東京から1人、「そして神戸」から偉人級の巨匠!、さらには大阪からいつもお世話になっていて、強烈に料理の上手いMさん、インド通のKさんなど、私にとっては、近寄りがたい方々ばかりが。その姿を見ているだけでスゴイと言うか、楽しいと言うか!

Dsc01186 自己紹介タイム。流れとは面白いもので、今日は結構真面目な感じになりましたね。私だけオススメのお店を言い忘れていたり・・・(汗)

Dsc01187_copy Cさん降臨!もうお腹も心もいっぱいになりした。

今夜は、Aさん(君)が、全てを取り仕切ってくれ、お店貸切での食事会が実現しましたが、これだけの人が集まり、さぞかし大変だったと思います。私なら神経をすり減らして疲れ果てることでしょう。本当に何から何までありがとうございました。素晴らしい料理の数々、これもきっと今後忘れることのできない思い出になることは間違えありません。

幹事のA君、お店の方々、そして遠く、近くから参加された皆様、ありがとうございました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年12月 7日 (金)

ロッダグループに大集合!

金曜日の朝。今朝の奈良は-1.3度。もう真冬です!

Dsc01123 寒いときには、身体が温まるものを。

Dsc01122 憎々しいほど、肉々しい!

Dsc01126 しっかりローストされ苦味がいい按配のコーヒーは、温めたミルクと合わせるとGood!

Dsc01122aaa いずれも、昨夜、密かに入手したブツ。これで今日一日を乗り切ります!ありがとうございました。

Dsc01141 そして昼。まぐろ山かけ、おから、筑前煮、じゃがいものそぼろ煮。山あり、海ありの小鉢三昧!

Dsc01142 仕事を終え、長堀橋まで軽く歩き、ちょろっと買い物。そして今日は心斎橋から地下鉄で千代崎へ。ご覧ください、奈良県民としては、無視できない二文字が。

Dsc01143_copy_2 ロッダグループに入店すると、何と言うことでしょう、奥のテーブル席には、どマニア2人、手前のカウンターには、Mさんとマドゥーが!!

Dsc01145 こちらは、M師匠のオーダー品。フライデースペシャルのヌードル。このヌードル、私大好きなんです!これですよ、これ。たまりませんでした!

Dsc01144 こちらは、C御大オーダーのフィッシュカレープレート。ゴーワ・マッルン、ビーツ、パリップ、ポルサンボーラが一緒に盛られ、ライス&カリースタイルがイイ!魚は中までしっかり味が滲み、実に旨かった!

Dsc01146_2 それで、私のオーダー品は、もちろん鹿肉カレープレート。奥の小皿は、クリーミーかつスパイシーの激旨かぼちゃカレー。手前のサラダは、パインの酸味が面白いですね。今日のライスは日本米ながら、イエローライスではなく、スパイスライスとされ、これも良かった。鹿カレーは、表現困難ですが、う~ん、猪肉より風味は大人しめですが、肉の旨味がギュッと詰まり、深~い味わい。これには唸らされました!!

Dsc01147 テーブル上は、カレープレートがずらり!みんなでシェアし、手を伸ばしながらいただきましたよ。

Dsc01148 C御大の追加注文品は、エラワルロティ。

Dsc01149 ロッダ兄が3つに切ってくれたよ~!ジャンキーささえ感じる外側の皮と具、しかし、ロティ自体は新鮮さを感じるような弾力。このバランスがたまらないですね~。

Dsc01154 そして、これはスリランカ人常連客用に提供される(と思われる)、ポークの軟骨煮。これは本当に珍味!

Dsc01150 キリテーは何度飲んでも爽やか、旨い!

Dsc01151_copy マニアと常連の融合場面。

Dsc01152_copy_copy  いい光景☆

Dsc01153 もうここまで来ると、おうちですね。本当に。(笑)

ということで、今夜こそ、さっと食べて、早く帰ろうと思っていたのですが、結局お店を出たのは、22時前後。帰宅は午前様を免れましたが、昨日と同じ時間の列車でした。

それでも今夜は本当に楽しかった。会いたい人と一緒に食事でき、疲れはピークを既に超え、連日の食べ過ぎで身体は重すぎるほどですが、精神的にはとっても充実。良い日でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月 6日 (木)

東京から降臨!のマニア歓迎2日目は驚愕のスリランカナイト@RASA HALA

出張明けの木曜日。

Dsc01066 朝は、酸っぱ甘~い根菜のコロンブでスタート。これ、古民家で作ります☆

Dsc01069 昼はいつもの萩。

Dsc01070 今日は珍しい豚汁(250円)が。具だくさんで温まる~!かぶ、小松菜、おから、鶏の何か?、サザエと、何だかマニアックな雰囲気なお膳に!

Dsc01095 そして夜。今日の午後は、ココに来ることで頭がいっぱい。仕事になりませんでした(笑)

Dsc01096 1周年記念期間中のRASA HALA。帰ってきたよ~!そして、既に到着していたド級マニア2名(C首領、M師匠)と合流!(汗)

Dsc01097 いきなり、マニアックな話で盛り上がっている!これは川魚のアンブルティヤルの写真。ハゲしく味わってみたい!

Dsc01101 触発されたのか、最初は、カジキマグロの「ビステーク」風の汁だくの一品。この手の新進気鋭っぽい料理は、RASA HALAならではの楽しみ。

Dsc01100 これはC御大の特別注文品の、パイナップルのカレー。甘いパイナップルを使用しているのですが、カレーに仕立てる加減と言うか、按配が素晴らしかったです。これもカレーを得意とするRASA HALAならではの醍醐味と言うものでしょう。

Dsc01102_2 インディカのロティは大好き!その横は大根のカレー。これ絶品!そしてパリップとキャベツの外側の葉のマッルン、この2品は仄かに汁気と言うか、湿気多めに仕上がっているという雰囲気で、ちょっと進化している感じでイイ!この豆の形が残っているさっぱりしたパリップ、好きだな~!

Dsc01103 ルヌミリスはフードジョロキア入りの激辛バージョンshine!それに、グリーンチャトニーみたいなもの。どちらも「ビシバシsign03」、そして、「ハゲしく旨辛~ファイヤーannoy」(でしたっけ~?!)

Dsc01107 さて、こちらは、はまちのアンブルティヤルfish。いやいや、これまたやってくれちゃいました!

Dsc01105_2 なすのモジュも登場。もう攻められまくっている私たちlovely。やはりこのアクセント、たまりませんね!

Dsc01113_copy C御大もこの御様子~!

Dsc01108 続けてカトレット。中の魚は、何とサバ。青魚fishで風味爆発dash

Dsc01104 ビーツとキャベツのカレー。ビーツの風味にキャベツの仄かな甘みが加わり、これまた食べやすい中にも、唸らされるカレーheart04

Dsc01109 きのこのカレーは、まさにきのこ天国!RASA HAKAは、もう、カレーの天才ですね、本当に。これ冬に最高ですよ。もうたまら~んhappy02!!

Dsc01110 コットゥロティとチキンカレー。これがまた旨かった。やはりインディカのロティを使っているからかな。モチッとしている中に、パラッと感もあり、しかも味付けもしっかり。さらにグレービーとなるチキンカレーは、実は私が今日最も食べたかったベーシックな中にも奥深い味わい。もうノックアウト寸前、アゲアゲ~happy02

Dsc01111 キリバットとルヌミリスで、ゴングが鳴ったよ~flair

Dsc01114_copy いや~、昨日のタリカロに続き、本日もここRASA HALAで満足の御様子のC御大。

Dsc01112 今夜はRASA HAKA一家大集合でした。う~ん、皆さん輝いてますね~!

Dsc01116_copy Cさんも一緒にパチリcoldsweats01

Dsc01115_2 今日の料理、凄かったでしょ。いやいや1周年記念中で、お会計は一人1,500円でお釣りが!それにしても、今日の料理、全てが私にとってストライク!神戸に行くときも大阪で座れるし、定年後に住みたい街になってきましたぞ。RASA HALAの皆さん、ありがとうございましたpaper

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年12月 5日 (水)

ようこそ奈良へ!タリカロへ!

今日は定例出張の水曜日。

Dsc01023a 今朝の奈良は-0.1度。氷点下の中、密かに早朝料理研究を。上段はココナッツミルクなしでサンバルパウダーを追加、下段はココナッツミルクありのバージョン。どちらも捨てがたい個性的な味わいのコロンブは、病みつきになりそうです。

Dsc01028 それで、朝食は、ドンクのナンと、じゃがいものバージ。一転して北インド!それで、昼食ですが、例によって食べ損ねました。しかし今夜はオープニングセレモニーなるものがあるので、まあちょうどよかったかも。

Dsc01048 そして夜。近鉄奈良駅で東京からの客人と待ち合わせ、こちらの演説会に。奈良に自民党総裁が。昨夜はあやめ池駅前に馬淵澄夫氏が来ていて、有名政治家を連日拝見、選挙モードですね~。

Dsc01050 今夜はこちら、タリカロにやってきました。

Dsc01051 最初は大麦のサラダ。ポテッとした大麦の艶やかな食感、アボガドが入り、香菜の風味もいいアクセントで、個性的ながら私好みの一品です。

Dsc01055 そして、予約しておいたマトンステーキが早々と登場。マトンと言え、石田めん羊牧場のお肉は臭みが全くなく、焼き加減も完璧、何より前菜的にいただけるのがいいですね。手前のマンゴーリキュールソース、奥のライムチャトニー的なソース、そしてお肉の下のマッシュポテト、さらには香菜、カードチリみたいな形の赤唐辛子の素揚げが乗るなど、演出満載!見れば見るほど手が込んでいる一品は、相変わらず絶品でした!

Dsc01058 手前は、マトンカリープレート、奥は通称・夜タリ(夜のタリカロカリーセット)。本日のマトンはバラで、最も甘みが感じられる部位でしょうか。脂身が多めなのに全く獣っぽさはなく、むしろ旨いんです!トゥールダルのカレーもマイルドかつ高貴な味わい。キャベツのポリヤル、今日はマスタードオイルっぽい風味を感じたのは気のせいかな?これもおいしかった!

そして、客人ことCさんがオーダーした夜タリですが、これ、オープン当初から殆ど変わらない味、そして完成度の高さに拍手・万歳!毎日これを続け、もうすぐ3年を迎える訳ですが、そう考えるとなお素晴らしい!

Dsc01059 こちらは、サービスしていただいた、きゅうりのサラダ。これはトーレン風です。ゴーヤなど苦味のある野菜にココナッツを合わせるトーレンに近いと言うか、意外な組み合わせにびっくりしましたが、これが結構合うんです。即興で作ってくれた店長さん作のサラダ、これもマネして作りたいけど、意外と難しそうです。

Dsc01062 追加注文したマトンショルバ。どちらかと言うとあっさり味でマトンの旨さをダイレクトに感じられるマラックのファンなのですが、やはりこれも捨てがたいです。寒い季節にピッタリのショルバ、これだけでも十分満足な私なのであります。

Dsc01063 タリカロネタを一つ。最近特に「いわゆる~なお客さんへのメッセージ」が面白いです。「タンドリーチキンみたいに見えている物」、「ちなみにタンドリーチキン、ナンはありません」、いいでしょ~?!

Dsc01064 冬バージョンのチャイは、濃厚でスパイス濃いめでしっかりしたボディ。身体が温まりました。

ということで、東京からの超カレーマニアのCさんを奈良に迎えてしまった今夜。満足していただけたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月 4日 (火)

今夜はラムチョップとサグ!@あやめ池・プラーナ

火曜日の朝。

Dsc00983 パオバジのパンは、昨日同様、豆乳とかぼちゃ。いくらでも食べられ、困ったものです(笑)

Dsc00984 昼は、マニアックな和惣菜がずらり。今後、こちらの方面に走っていく可能性は大いにありかも。

そして午後。我が社の執務室は数人を除きみんな出張。残された私に待っていたのは…、中間管理職的なプレッシャーと求められる処理。いや、コンビニ繁忙店のレジ係の気分といったところでしょうか。何とかやり遂げた!

Dsc00985 そして退社後は、郵便局(集配局)まで10分かけて走り、翌朝10時便を出し、さらに小走りで駅に向かい、地下鉄で上六・近鉄百貨店へ。あった~!ハンターナに置いてあるのと一緒のキトゥル!2本まとめ買い!

Dsc00987 横のドンクのブースにはナンが。はい、買いました!

Dsc01000 そして、今夜は、ずっとご無沙汰していた、あやめ池・プラーナへ。新メニューも登場していました。

Dsc01001 裏面には悪魔の誘いが。(笑)

Dsc01003 最初はアチャールサラダ。浅漬けアチャールが清々しく、薄切りパプリカ、パパド、生ハムなども入り、とってもバランスが良く、素晴らしいサラダでした。相変わらず丁寧な仕事してますね~。

Dsc01002 ラムチョップ、グリーンチャトニー、トマトチャトニー。やってくれちゃいました!ラムチョップはウェルダン、旨い!!そして、グリーンチャトニーは、キリッとしていて、香りがツーンと突き抜け、最高の出来!羊とミント、もうたまりませんでした!

Dsc01006 今日はグリーンシリーズでしょうか。カレーは豆、それにサグ・パニール。しかしこのカレーには、ブロッコリー、かぶなどの野菜も入っており、具だくさん。このつくりは、この店らしいです。旨いんだけど、ここは引き算をして欲しいところ。単体スパイス、具をシンプルにすることで、素材の香りが引き立つと思うのです。逆に混ぜると味がぼやける。

ただ、プラーナのカレーは、つくりが丁寧なので、おいしいんです。だからこそ、もったいない!と思ったんですね。ほうれん草を倍量にし、他の野菜は入れない。そうすれば、丁寧に作られたほうれん草ペーストの旨味は爆発すること間違いないでしょう。くどいようですが、「丁寧な作り」という部分は十分武器になると思うので、欲張らずに入れる具材、スパイスをシンプルにすると、逆に個性的な料理に仕上がると思った次第です。「混ぜる」のはライスの上でいいじゃないかな~。今後メニュー構成を変えるようなので、ここは思い切ってあれもこれもではなく、シンプルにいってもらいたいと思いました。

Dsc01007 ただし、ブロッコリー、これ単体なら、サグの香りを邪魔することがなさそうなので、合うと思いました。

Dsc01008 デザート3種盛りは、マンゴープリン(絶品!)、ガラムマサラアイス、そしてガトーショコラ。インドっぽいものも、そうでないものもあるのが魅力ですね。

Dsc01009 チャイで〆。ごちそうさまでした!おいしかったですけど、引き算ですよ、引き算!勝手なことばかり書いてしまい、スイマセン。

Dsc01010_2 帰宅後は、先日のオーダーがどうやら上手くいったみたい。海外郵送料のサーチャージがかかるようなので、承諾文を送信。さて、次のステップに進めるでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2012年12月 3日 (月)

今季初の氷点下。実は嬉しいんです。

週明けの奈良は-0.5度。今季初の氷点下happy02
暑がり(汗っかき)の私の季節がいよいよ到来。今後ウォーキングに力が入りそうです。

Dsc00973 朝もやは奈良盆地らしい風景。

Dsc00975 昼は久しぶりのサンマの塩焼き。大根葉、酢の物なども添えて、イイ感じ。

Dsc00976 夜は、RASA HALAに行こうと思い、歩きかけたものの、頭痛がひどく帰宅することに。そして、豆乳パン、かぼちゃパンでパオバジ。これが今夜の夕食となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月 2日 (日)

出遅れのツケ~夜はじゃがいものバージを自作

疲れ絶頂!の日曜日。

Dsc00949 パン・デュースのパンに、wife is bossのチャナマサラ、アチャール、それにマドラスチキンカレー。パンにもよく合います!

Dsc00951 ランチはこちらタリカロへ。しかし、訪問時間が遅く、売り切れ~!

Dsc00952_2 椿井市場内の大廣も今日はお休みでランチ難民化。その後は文房具店で買い物するなどしたら、急にお腹が減ってきた(私にしては珍しいこと)。

Dsc00957当初は、せっかくの機会なので、雨宮製麺所で絶品料理を堪能しようと思ったのですが、ふと奈良の三条通り沿いにある、この店のことを思い出し、入ってみることに。

Dsc00956 お店は2階部分。何ともこざっぱりした雰囲気です。

Dsc00953 昼のメニューはこんな具合。何とも言えない予感が。

Dsc00954 Bセットは、サラダ、ナン(食べ放題)、チキンカレー、日替わりのかぼちゃとブロッコリーのカレー、チキンティッカ。

Dsc00955 チャイも付きます。

さて、お味の方ですが、写真のとおり、当初の予想どおりでございます。いやいや、貴重な経験をさせていただきました。

それにしても、やはり「出遅れ」はいけません。そして、分かっていて敢えて行くという行動も。二度と~しないと心の中で誓いました。

Dsc00959 帰宅後は、資料整理とか。

Dsc00963 このままでは終われないと思い、今夜と明日以降の朝食用として、「じゃがいものバージ」を作りました。レシピは香取薫先生の「カレーとサブジ」。マスタードオイルを使用、そして今日はじゃがいもをフレンチ方式?で茹でました。煮くずれ具合、今日は上手く行きました。

Dsc00965 今夜は手前から、じゃがいものバージ、その左は、wife is bossの野菜・ごろごろカレー、奥は同じくwife is bossのマドラスチキンカレー。ベーシックな組み合わせですが、実においしかったです。

明日朝は早く起きることができれば、じゃがいものバージを使って、パオ・バジと行きたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月 1日 (土)

旅するクッキングサロンvol.2 KANDY編、wife is bossを初訪問

土曜日の朝。冷え込みは厳しく、身体はまだ秋を求めています。

Dsc00838 そんな身体と気候のギャップがある中、朝食はパンと目玉焼きという、いつもと違うパターン。

Dsc00840 今日は出遅れず、hacobu kitchenさんに到着。京都駅から徒歩15分程度です。

Dsc00845 最初は、i-travelの志津野さんによる、スリランカ・キャンディに関するレクチャーから。今日は前回より短時間でしたが、志津野さんの経験に基づくお話をじっくり聞くことができ、大変勉強になりました。実に興味深かったですよ。

Dsc00847 続いて、フードデザイナー・太田夏来さんによる、クッキングデモ。今日はキッチンに入り見学させていただきました。

Dsc00853 ルヌミリスは、ボールをまわし、みんなで叩いて潰して。

Dsc00855 五条ネギのテルダーラは、テンパリング後、香味野菜などを炒め、深底のフライパンいっぱいにネギを盛り、その上に塩、ターメリックなどをふりかけ、混ぜずに蓋をして蒸し煮して作る方法でした。

Dsc00849 キリバットは、hacobu kitchenさんの無農薬米を使って。ココナッツミルク、クリームを混ぜたものは、しゃもじで少しずつ。半分は私が!

Dsc00856 なぜひし形に切るのかは謎ですね。

Dsc00857 切り終えました。私もちょっとお手伝いしましたよ!

Dsc00860 盛りつけは太田さんが。素晴らしいですね!

Dsc00863 料理は瞬く間に出来上がっていきます。これはじゃがいものテルダーラ(炒め物)。

Dsc00862 九条ねぎのテルダーラ。

Dsc00864 なすのカレーは、素揚げしたなすを使用。

Dsc00865 煮干しのカレーは今日の目玉でしょうか。奥はルヌミリス。いい仕上がりですね。

Dsc00867_copy 手食のレクチャーです。今日は初めて手食に挑戦する人が多かったようですが、皆さん大変上手でした。なぜ??

Dsc00869 私のプレートはこんな具合。煮干しのカレーはかなりマニアックな味ですが、ハールマッソ(スリランカの干し魚)と違って塩気、臭みがないので、個人的にはこれがベストの味だと感じました。九条ネギの食感と風味もいいですね。なすのカレーもいい按配。そして、今日はアラ・テルダーラにびっくり!フレンチの手法を取り入れた茹で方、これは早速試してみたいです。

Dsc00872 デザートは、ミックスフルーツのキトゥルがけ。キトゥルの質も絶叫ものでした!

Dsc00874 右から、志津野さん、太田さん、hacobu kitchenのオーナーさん、店長さん。いつものことながら、とっても気持ちが良く、落ち着いた雰囲気の中での、素晴らしいワークショップでした!

Dsc00902 hacobu kitchenを14時過ぎに出発、小走りで京都駅まで行き、京都からここ六甲道にやってきました。

Dsc00903 今日は開いていた!wife is bossは今月23日で閉店が決まっています。

Dsc00904 外の黒板メニューは、イートインのセットのラインナップ。

Dsc00907 店内には、インド、台湾のお惣菜がこんなに!

Dsc00921 これは見た目に当たり!スモークチキン。

Dsc00926 ビーフン、塩豚のチャーハン、ビリヤニも!

Dsc00924 ダル、チャナマサラもいい色合いです。

Dsc00922 こちらはキーマですね。ちょっとドライな感じです。

Dsc00923南インドのレバーのカレー、そして何とビーフも!

Dsc00925 ケバブ、タンドリーチキンまで。すごい種類です。

Dsc00906 そして、驚くことに、カウンター上にも。こちらは、ベジタブルカレー。

Dsc00905 その横には、南インドの、マドラスチキンカレー!えげつないほどの種類に圧倒されました!

Dsc00908 イートインでは、じゃがいものサブジ、レンズ豆のカーレーをいただきました。豆カレー、全品です!

Dsc00909a メニュー(表紙~1)Dsc00910a メニュー(2~3)

Dsc00912a メニュー(4~5)

Dsc00914a メニュー(6~7)

Dsc00916a メニュー(8~9)

Dsc00927 サニー・フランシスさんご夫妻。素敵な笑顔、ありがとう!

Dsc00933 そして、これをかぶりつくことだけを考えて帰宅。

Dsc00934 特製ダレに付けて食べると、○○しく旨~っ!

Dsc00935 キリバットもどきを作ってしまった。

Dsc00936 今夜は、wife is bossでテイクアウトしたカレー、お惣菜類を、キリバットに盛りつけるという荒技を。全ての料理に共通していることは、輪郭がはっきりしていること。一口食べて、当たり!って感じです。少々冷めてもおいしく、これだけの種類をこのクオリティで提供していること自体、素晴らしいですね。

よって、今日は少々食べ過ぎました。wife is boss、閉店まであと僅かですが、是非とも再訪したいお店になりました!

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »