« ルヌミリス2種類を食べ比べ | トップページ | ようやく叶ったタルカ再訪~カブのコルマ、マトンララ、カークラに絶叫! »

2012年11月27日 (火)

マニーでスリランカ料理を!

水曜日の朝。今日は冷えそうなので、初めて上着をカバンに入れ出勤。まあ、薄手のナイロンですけどね。

Dsc00539 朝は、肉骨茶(バクテー)でスタート。ちょっと(かなり)煮詰まった感がこれまたイイ感じなのであります。

Dsc00540 昼は、谷五・萩で、キスフライ(とコロッケ)、かぶとベーコン、小松菜とお揚げ、ほうれん草。これまた、いつもと少し違うパターン。キスフライ最高でした!

Dsc00541 そして今日は午後から時間休。もうそろそろ「烙印」を押されそう(もう手遅れ?)。谷四→東梅田と移動し、JRか阪神か悩んだ挙げ句、少し時間に余裕があったので、とりあえず阪神改札前のこちらで一杯。

Dsc00543 新快速を使わなくても間に合いそうだったので、今日は阪神・山陽の直通特急を使うことに。

Dsc00544 6両編成の先頭から3両は1-2列の座席。これで毎日1時間以上かけて通勤している某上司、頭が下がりますw

Dsc00598 このあたりの車窓、やっぱりいいですね。海のない奈良に住む民としては、ちょっとした旅行気分、異国情緒的な雰囲気を味わえると言うもの。

Dsc00599 目的地の最寄り駅はこちら。シーサイドエクスプレス山陽電車・東二見駅です。

Dsc00600 東二見駅北口改札前のロータリー。ふつうの住宅地ですな~。

Dsc00602abcd_copy  (山陽電車「東二見」駅から「インド料理 マニー」への道順・印刷用)

Dsc00602abc 道案内を少々。写真の順番は左上→右上→左下→右下。駅前の書店を右手に直進、突き当たりを左折、すぐ右にある寿司店の角を右折、そこから暫く直進すると道路を渡った左に「ファミリーマート」がある交差点を渡り、ファミリーマート沿いに左方向に進み、真っ直ぐ行くと国道250号線「二見農協北」交差点に差しかかり、この交差点を直進します。

Dsc00615abc 道案内の続きです。「二見農協北」交差点を直進し暫く行くと、右手に酒店、米の無人販売所があり、橋を渡ってすぶの信号のない交差点を右折、川沿いに南下(折り返すようになる)、少し進むとト字路になっている箇所を斜め左方向に進み、少し直進すると目的地です。

Dsc00621 着きました。東二見駅から徒歩約10分程度で、以外と近かったですよ。

Dsc00646 本日の目的地はこちら。本場・元祖インドカレー「マニー」さん(住所:明石市魚住町西岡1093-2,電話:078-944-8384)です。なお、現在の営業時間は夜間のみで、家庭的なカレーがいただけるようです。

Dsc00623 予定より30分以上早く到着しましたが、周りはごく普通の住宅地、それにあまりの寒さに店内に飛び込ませていただきました。それほど広くないものの、狭くもなく、イイ感じに落ち着けそうな店内です。

Dsc00624 そして、案内されたのは、奥のお座敷。と言うか、どう見ても住居部分です。

Dsc00626 オススメされるまま、テレビをつけさせていただき、その後勝手ながら、明日の仕事の準備を少しした後、一眠りさせていただきました。(このあと、風呂上がりのおっちゃんが入って来られ、普通に御挨拶!というハプニング?もw)

Dsc00627_copy 店主のマニーさん、甥のモハーンさん、そして今日御一緒する方々が次々に入室!さて、いよいよ始まりますよ!!

Dsc00628 最初は手羽先の唐揚げ。イイ感じに揚げられているでしょ~。後味が仄かにスパイシーで、正直、手羽先が少し苦手な私、思わず3個も平らげてしまいました!

Dsc00631 ポルサンボーラの登場!何と生ココナッツ、ココナッツファインを半々使用とのこと!!トマトはざっくり大きめにカットされたものが入り、辛みもきっちり効いており、しっとり感も十分、絶品でした!これはスゴかった!!

Dsc00632 超特大のライス!あまりにもおいしいポルサンボーラがなくなりかけています!(汗)

Dsc00633 パリップ。テンパリングありバージョンですね。レンズ豆は殆ど形がないまで煮込まれ、マスタードシード、ホールチリのテンパリングがいい具合に効き、これが実に濃厚で深い味わい。これはまさにテンパリングの威力が存分に生かされたパリップと言えるでしょう。これも凄かった!

Dsc00635_2 パパダン。う~ん、こんなに艶やかに揚げられたパパダンは初めてみましたぞ。素晴らしい揚がり具合。冷めてもパリッと感は失われず、製品の性質なのかもしれませんが、これにも唸らされました。

Dsc00637 カツオのカレーは激辛バージョン。このあたりで、皆さんの額に汗が。汗をかいていない私とほか数人は、感覚がマヒしていますね(笑)

そしてこのカレー、完全なるスープカレー状態で、スープは超濃厚。物足りなさなど微塵も感じられず、マニア受け間違いない一品!カツオの生臭さも全く感じられず、カツオの旨味がギュッと汁に沁み出されており最高でした。ノックアウトされたとは、こういうカレーをいただいた時に使う言葉でしょう。ラーメンの器もイイ!

Dsc00638 マールミリスのカレー。これはスリランカの超特大のししとうみたいです。仄かな辛みが感じられ、肉厚のマールミリスは食感の面でも楽しめ、野菜ながらかなりインパクトがあり、味わい深い、印象に残るカレーでした。

それにしても、今日のカレーは豪華で、もはや家庭料理の域を超えています。少し前に来店された今日の会を企画してくれた方によると、今日はマニーさん、かなり気合いが入っている感じだったとのことでした。前回はスリランカのアンマのやさしい味わいのカレーだったのに対し、本日はごちそう、おもてなし料理との印象の由。やさしい味わいのカレーもハゲしく気になりますが、やはりごちそうはごちそう。

マニーさんのカレーはかなり幅広いとみました。定期的に訪れ、マニーワールドを堪能したい!これは今日の参加者全員が思ったことではないでしょうか?!

Dsc00639 私のお皿はこんな感じ。勢いづいて手食となったことは言うまでもありません。太田夏来さんに教えてもらったとおり、スリランカ風に小指を使ってライスを団子状に丸めて口に放り込み、最後は親指を少しピッと舐めるように口から出すという仕草を実践しましたよ!

Dsc00640 ロティの登場です。このとき盛り上がりは最高潮!

Dsc00641 ロティはかなり分厚いく焼かれていますが、見てください、いい按配に焼かれています。おいしそう!!結構弾力があると言うか、弾力具合が絶妙でした。これ以上弾力があると硬く、以下だと食べ応えがないという按配。

マニーさんからは、あとでロティが出てくるからライスはセーブしてね、と言われていたのですが、どうしてもご飯が進んでしまっていた我々。そこで、この大きいロティは無理だ~と言っていたものの、結局全員が平らげてしまいました!もう、たまらんばい!!

Dsc00642_2 最後はヨーグルトにキトゥルパニ(キトゥルシロップ、孔雀椰子の花蜜を煮詰めたもの)。キリパニですね。こんなにたっぷりキトゥルがかけられたキリパニは初めてですが、キトゥル自体後味がさっぱりしているせいか、この量でも全く問題なく、むしろキトゥルのおいしさを堪能させていただいたような気がします。

Dsc00645_copy_2 最後は撮影大会となりました。今回は参加者6名。会場のキャパを考えると、今日お邪魔した奥のお座敷は8名ほどは入りそうです。こちらの店内のカウンター、テーブル席もイイ感じだったので、こちらでもいただくのもいいかもしれません。

本日は、おいしい驚愕の料理を沢山作ってくれたマニーさん、そして、このディープでとっても楽しい会を企画してたGさん、A先生、そして、御一緒できたH君、K(H夫婦)さん、ありがとうございました!次の機会が楽しみでなりません。いやいや、本当に今日は参りました!生涯忘れられない日になりそうです。

|
|

« ルヌミリス2種類を食べ比べ | トップページ | ようやく叶ったタルカ再訪~カブのコルマ、マトンララ、カークラに絶叫! »

イベント・食事会・料理教室」カテゴリの記事

スリランカ料理」カテゴリの記事

コメント

スリランカで先輩や上司、友達の知り合いなど、
ちょっとお世話になった人が来たときの感じですね。
誕生日やパーティーほど力みがなくて気軽な感じ。
マールミリスは万願寺唐辛子で代用ができますね。

こういうスリランカ料理を定期的に食べてみたいです。

投稿: RASA HALA | 2012年11月28日 (水) 01時16分

>RASA HALAさん
今夜御一緒できず残念でしたが、次回は是非一緒に行きたいね~と皆さん仰ってました!
マニーさんの料理、まさに家庭料理の御馳走という感じで、想像を遙かに超えていました(驚)
もう私、スリランカから足を洗うのムリでございますww

投稿: 管理人 | 2012年11月28日 (水) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/56206024

この記事へのトラックバック一覧です: マニーでスリランカ料理を!:

« ルヌミリス2種類を食べ比べ | トップページ | ようやく叶ったタルカ再訪~カブのコルマ、マトンララ、カークラに絶叫! »