« 第10回インド料理食事会in大阪~渡辺玲さんを囲んで~ | トップページ | バブちゃん(マドラスキッチンのシェフ・スレッシュさん)に習うインド家庭料理教室 »

2012年11月11日 (日)

第10回インド料理教室in大阪~渡辺玲さんを迎えて~

日曜日の朝。

Dsc09778 かなり疲れが溜まってきていますが、今日も朝からココナッツロティ作り。今日は薄力粉を使い、ココナッツ(ファイン)はレシピの倍量にしました。やはり薄力粉のみだと、少し西洋パンに近づく感じ。分量はともかく、やはり米粉を入れた方がよさそうだと思いました。

Dsc09837 そして昼は、福島駅でUさんと待ち合わせて、福島(大阪)・ワーサナへ。ご存じ、ラッキーさんこと、ラクシュマンさんのお店です。ずっと行きたいと思いつつ、ご無沙汰していたので、再訪でき嬉しい限りでした。

Dsc09824 11時半過ぎに入店。一番乗りでした。入口横には、以前カウンター側にあった物販コーナーを設けたようで、各種スパイスは破格の値段。スリランカのタピオカ、ミネラル糖のようなものも置いてあり、紅茶の種類は豊富、なかなか見逃せないコーナーです。

Dsc09835 その横にはカラピンチャが。きれいな葉ですね。

Dsc09825_2 最初はサラダ。しかし、特製ドレッシングには、なすのモジュのようなもの、そしてパパダンがカットされたものが入っています。ここまでしろとは言わないけど、サラダのあるべき姿を見たような気がしましたし、何気なくモジュを入れてしまうあたり、ラッキーさんの力量が伺い知れますね。

Dsc09826 カリー&ライスのプレート。カレーはチキン、フィッシュ、ベジタブルなどから選べ、今日はUさんと共に、フィッシュを選択。特別にパリップを付けていただきました!

Dsc09827 別角度から。炒め物、ピクルス、そして目玉焼きが付いています。ある意味質素なプレートなのですが、これがおいしいんです。特に驚いたのがフィッシュカレー。大きめにカットされたまぐろは、かなり質が良さそうです。以前ラッキーさんの料理教室で伺った時も、福島の市場から立派なまぐろを取り寄せていました。カレーは辛めでお願いしたのですが、口に入れた時の辛さはそれほどではなく、実に上品な味わい。それなのに魚の旨味がきちんと出ていて、後からブラックペッパーの辛みがガツンと来る。上品なのにビシッと決まっているフィッシュカレー、改めてラッキーさんの実力を堪能させていただきました。

Dsc09828 ラッキーさんのお店に来たら、このロティは外せません。1人前をわざわざ2つに分けて焼いてくれたんですよ。このようなサービスのきめの細かさ、ラッキーさんの人柄ですよね~。

Dsc09832 ラッキーさんのお店に来たときの楽しみの一つがメニューを見ること。種類豊富で昼でも単品を作ってくれるので、何か一つオーダーしたくなるんです。今日はこのフィッシュベドンという料理をハーフでお願いしてみました。

Dsc09829_2 フィッシュベドン作製中のラッキーさんと談笑?!するUさん。ベドンとは汁気のない料理方法のことを言うようで、スリランカでは一度揚げたものを使うようですが、かなりオイリーになるということで、ここでは揚げずに調理するとのことでした。

Dsc09830 フィッシュベドンが出来上がりました。甘辛くないデビルという仕上がりのこの料理。スパイスは控えめながら、クミンが用いられ、また、スパイスの香りの効き方がちょうどよく、香りと旨味が立体的に感じられる、実に興味深い味わいでした。味はある意味平凡なんですが、躍動感があるんです。料理っ!って感じ。この雰囲気伝わるでしょうか。

Dsc09833 食後にキリテーを頼むと、1杯ずつ丁寧に作ってくれるラッキーさん。これもやってくれるんですよ~。実に丁寧ですね。

Dsc09834  キリテーは紅茶の風が吹くとも言うべき豊かな味わい。スリランカのミルクティーを飲むと、元にもどれなくなってしまいます。

Dsc09838 そして、その後は集合時刻ピッタリに会場に到着。私たち事前集合組は会場の設営、調理器具や食材の準備をし、一段落したところで買い物へ。こちらは事前予約していたという鶏肉。この量は圧巻です。

Dsc09839 準備が整いました。いよいよスタートです。

Dsc09841 クレオ大阪西2階調理室。今日は記念すべき第10回を迎える、カレー伝道師ことサザンスパイス主宰・渡辺玲先生を迎えての料理教室の始まりです。事務局のまさやんさんとのツーショット。まさやんさんの尽力の賜ですし、遠路毎回東京からいらしてくれる渡辺先生にも感謝しきりです。

Dsc09840 渡辺先生のレッスンが始まりました。いつものように分かりやすく、話に全く無駄がありません。先生の話す一言が全てポイントと言っても過言ではなく、会場はさながら予備校のような感じに!

Dsc09843_copy チキンのカットのしかたを伝授する渡辺先生。

Dsc09844 最初は分厚い方と薄めの方を2つに分離。

Dsc09845 薄めの方をさらに3等分。

Dsc09846 さらに一口大にカット。カットする中、どうしても他と比べて小さくなったり、大きくなったりすることもありますが、それは先を見通しバランス感覚で。

Dsc09847 きれいに一口大にかっとされたチキンです。

Dsc09848 手前の鍋はキール(パヤサム)、奥はチキンスープ。これらを一定程度作ってから、メインのビリヤニ作りにとりかかりました。

Dsc09849 ビリヤニの第1ステージは、フライドオニオン作りから。我が班は強気に終始一貫して強火で調理。炒めるというより、焼き炒めるという感じです。

Dsc09850 ヨーグルトを入れるとこんな感じに。

Dsc09852 チキンを入れ、これから煮込めばチキンカレーの完成です。ここでも我が班は強気の火加減。

Dsc09853 ヨーグルトベースのチキンカレーが完成しました。強気の調理の結果は、濃厚な仕上がりで、風味も抜群でした。

Dsc09854 湯とり式でバスマティライスを茹で、ざるに空けるところです。アルデンテより硬めに仕上げましたが、バスマティは思いの外火の通りが早く、タイミングの見極め、ざるに空けるときの手際が試されますね。

Dsc09855 そして、鍋にチキンカレー、スペアミント、香菜、バスマティライスを重ね蒸しにしていきます。今日は3層で、最後はこのように、食紅ではなくサフランで色づけ。

Dsc09857_copy さて、各班共に、ビリヤニが蒸し上がりました。蓋を開けると歓声が!

Dsc09858_copy どこの班も撮影大会!

Dsc09859_copy 我が班も同様です。

Dsc09860 なかなかの仕上がりです。

Dsc09863 混ぜるとこんな具合に。

Dsc09862 もう少し混ぜない方が、見た目にはよかったかもしれません。鍋の底をしっかりヘラでこするようにし、それで上の部分はあまり混ぜず、上の部分とよく混ぜた部分を分けて盛りつけた方が良かったかもしれませんが、どうしても混ぜることに専念してしまうんですよね~。

Dsc09864 こちらは見本のターリー。美しすぎるイスラーム式チキン・ビリヤニのプレートです。

Dsc09865 私のターリーはこんな具合。ビリヤニの仕上がりはかなりのもの。そして、ミントの香り、バスマティライスの香りがとても豊かで、素晴らしかったです。ほぼ全員が自分のキャパを超え、ついおかわりしていたのが印象的で、当然の如く、鍋は空っぽに。

そして、ビリヤニの左はフライドパパダン、ミックスベジタブルのライタ、イスラーム式チキンスープ、ライス・キール。スープが名脇役ぶりを発揮、ライタはビリヤニに変化を与え、口をさっぱりさせてくれます。デザートのキールは砂糖多めで作りましたが、あとほんの少し多いと本場の甘さという、インドの甘さに慣れた人には絶妙の加減に仕上がり、おいしかったです。

記念すべき第10回の料理教室はこれで終了。料理教室は長丁場ですが、やはり作ったものを口にする瞬間が何物にも代え難いですね。皆さん、ありがとうございました。

今日は疲れがピークに達していて、途中から意識がもうろうとしてきました。明日は有休ですが、また目玉のイベントが。おそらく昨日から明日にかけては、一番の頑張りどころとなりそうです。

|
|

« 第10回インド料理食事会in大阪~渡辺玲さんを囲んで~ | トップページ | バブちゃん(マドラスキッチンのシェフ・スレッシュさん)に習うインド家庭料理教室 »

イベント・食事会・料理教室」カテゴリの記事

スリランカ料理」カテゴリの記事

自作」カテゴリの記事

コメント

今日はこちらのイベントがあるので、ブログアップされるのを楽しみにしていました~!すごい内容ですね。いつか参加したいですが、とてもじゃないけど、私には無理そう。。
明日、有休とられたのですね!ふふ。

投稿: leaf | 2012年11月12日 (月) 00時34分

>leafさん
渡辺先生の料理教室は、実習方式で、レシピが完璧ですし、先生が丁寧に指示してくれたり、デモもしてくれますので、包丁を握ったことがない人からプロレベルまで対応可能な、素晴らしい内容ですよ!
段取りの面でもよく考えられており、超基本的からマニアックなことまで、どのような質問に対しても、奥深い話を分かりやすくしてくれます。
次回は4月なので、是非!

投稿: 管理人 | 2012年11月14日 (水) 02時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/56094222

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回インド料理教室in大阪~渡辺玲さんを迎えて~:

« 第10回インド料理食事会in大阪~渡辺玲さんを囲んで~ | トップページ | バブちゃん(マドラスキッチンのシェフ・スレッシュさん)に習うインド家庭料理教室 »