« 旅するクッキングサロン〜スリランカGalle(ゴール)編~生駒再訪とパンケーク作りも | トップページ | 平凡な週明け、ただいまギーを作製中 »

2012年10月14日 (日)

アジア屋台フェスティバル@ならやまコミュニティスポーツ会館~カレーリーフの植え替え大作戦とほうれん草入りダル自作も

今日・日曜日は水道筋の日。なのですが、地元奈良でイベントがあるので、両立できるかは体力次第。

Dsc08715 朝は、hacobu kitchenさんのバナナケーキ、アンデルセンのシュガーコーティングされたブリオッシュ、それにたっぷりのレタスは、ラッキーガーデンのマスタードドレッシングで。

Dsc08788 そして会場には、正午過ぎに到着。近鉄・高の原駅の東側、ならやま大通りの北にある、平城第2公園内にある、この会館が今日の会場。主催は、何度か料理教室でお世話になっている、アジア協会友の会。地元でこのようなフェスがあるとは嬉しい限り。

Dsc08790 会場に入ると、まだ準備に着手するかしないかの段階でしたが、こちら中国内モンゴル自治区のブースは、既にバンシ(水餃子)の試し茹でが。

Dsc08811_2 餃子の中身は沢山の野菜、そして今日は牛肉使用でしたが、やはりモンゴルでは羊肉を使うことが多いようです。そして作製中の皮ですが、薄力粉使用なんです。

Dsc08812モンゴルのチャイは、手前の醤油のボトルの左の筒の中に入っている、ひえ(あわかも)を入れ、そして、砂糖ではなく少しだけ塩を入れるようです。また、夏でもこのチャイ以外でも、決して冷たいものは飲まないとのこと。

Dsc08793 水餃子は大きな鍋に入ったたっぷりの湯で茹で上げられていきます。

Dsc08795_2 こちらが本日最初にいただいた料理のバンシ(水餃子)。調味料は黒酢か醤油が選べましたが、黒酢にしました。黒酢だけでも物足りなさは感じず、牛肉のミンチはあたかも羊肉のような風味を仄かに感じるほど。雰囲気が出ていました。

そして、モンゴルのチャイですが、雑穀の香ばしさが面白かったです。餃子同様、何と言えばいいのでしょうか、草原の雰囲気!素朴なんだけど、風味、いや、雰囲気がしっかりと出ています。個人的には、「中華みたい。」って感じがしなかったのが大変良く、気に入りました。

Dsc08798 そして、前方のステージ(壇はありませんが)では、以前、中国ウイグル自治区料理教室でポロなどの料理を教わったジャミラさん(右)が登場。日本の歌も歌われ、しかもそれが、私のカラオケのおはこの曲(いい日旅立ち)!踊りも歌もとっても上手でした。民族衣装もいいですね。

Dsc08826_copy_2 そうなると私もウズウズしてきました。ところが途中で衣装のことを忘れて、食べ物に夢中になり、後半で着替えて登場させていただきました。アラブのトーブ姿です。これはオマーンで買ったもので、そのオマーンでは、イエメンのジャンビーアに似た半月刀を腰に携えるのが本式なのでしょう。しかし、このトーブ、体型が変わっても着ることができるし、適当な下着姿でも、立派になっちゃうので、とっても便利。そして、会場からは、かなりの注目を浴び、「民族衣装を着たらチャイ無料」ということで、お願いしに行こうと思ったら、向こう側からプレゼントしていただきました!

Dsc08829 その後は、インドネシアのブースのこのステキな方から、撮影のリクエストが。今日は見苦しいかもしれませんが、顔出し写真でどうぞ!

Dsc08808 そのインドネシアのブースでは、ミー・アヤムというチキンラーメンが用意されていました。サンバルや調味料で味付けし、丸い形の油条と言うか揚げパンを上に載せていただきました。

Dsc08809 インドネシアは私にとって未知の国。このラーメン、何かに似ているようで、似ていません。中華でもない、タイ、ベトナムでもない、もちろんインドでも。独特のおいしさとしか言いようがないのですが、やはり辛めのサンバルソース(と言えばいいの?)が決め手でしょうか。揚げパンは思いのほかオイリーではなく、香港の油条は苦手なのですが、これは食感アップが楽しめて、とてもいいバランスでした。

Dsc08810 おいしかったです!そう言えば、富雄のインドネシア料理店&バル、かなりご無沙汰しているので、今度立ち寄ってみようかと思います。

Dsc08837 そして、こちらは、終了前に特別にいただいた、鍋の底に残っていた手羽先。こうして食べるとおいしいようで、遠慮なくいただきました。手羽先とは思えないほど、あっさりして美味!これは、かなりのファンになりました!!

Dsc08813 こちらはベトナムのブース。チャー・ゾー(揚げ春巻き)とチェー(ベトナム風ぜんざい)の二本立て!

Dsc08814揚げ春巻きは、見た目に間違いなさそう!

Dsc08816 チェーもおいしそうです。しっかりポーズを決めてくれ、ありがとう!

Dsc08817 こちらのブースは、かなり人気でした。個人的には、ありがちな生春巻き、フォーなどではない選択が良かったと思いました。

Dsc08803 チャー・ゾー最高!!ニョクマム(魚醤)ベースのタレを付けたら、さらにグー!やはり油で揚げた料理っておいしい!!

Dsc08820 このチェー、中にはタピオカ、さつまいも、そして、この黒いものは昆布のようです。豪華なスイーツです。私は初めてチェーをいただいたのですが、結構手が込んでいるように思えました。さつまいもの甘さがしつこくなく、上手にまとめられていて感心しきりでした。

Dsc08822 そして、最後は、ちょっと仕込みに時間がかかっていた、新彊ウイグル自治区のブース。チュチュラ(具沢山スープワンタン)は、小間切れ牛肉のスープに、小さな餃子が入り、仕上げにネギ、香菜をトッピングし、にんにくのすりおろしと塩はお好みで。

Dsc08821 スープは赤っぽいですが、かなり澄んだ色をしていました。餃子はギュッと身が締まり、おいしさが詰まったような感じに見えます。

Dsc08824 こちらがそのチュチュラ。スープを口にしたところ、!!!イイです、コレ。スパイス、香菜、お肉の風味が、シンプルかつストレートに楽しめる逸品です。いや~これは気に入りました。

Dsc08831_copy それで、今日は私、何と何と、こちらのお方と参戦しておりました。部長、ようこそ奈良へ!

Dsc08834_copy ○○リストみたい!しかし、巻き方が上手です。

Dsc08836 私も対抗?して、巻いてみました(巻いてもらいました)。これプロフィール写真にしようか思案中~。

Dsc08840 この姿の部長、やはり大人気!こちらはベトナムの方と一緒に。

Dsc08842 着物姿の御婦人とベトナムの方とも!

Dsc08859_2 御婦人方の踊りは、ベタベタの音頭で!これがよかった。

Dsc08865 炭坑節で国際色豊かに盆踊り~!

Dsc08843_copy こんな料理もありました。えびせんのようなものに、目玉焼きっぽいものを載せたもの。昔の駄菓子屋さんの軒先で食べたような記憶があるようなないような。

Dsc08861_copy 今日のアジア屋台料理フェスティバル、どのブースも料理の選択が良かったように思います。心残りは、インドのキーマカレーが満腹でいただけなかったこと。部長の参戦もあり、今日の各国料理に疎い私ですが、いろいろなことを伺ったり、知ることができ、何よりもおいしい料理を少量多種いただけ、予想を遙かに上回る満足度。こじんまりとした感じでもあり、各国のブースの方ともいろいろお話でき、とってもいい機会に恵まれたとも思いました。アジア協会友の会の方、参加された皆様、ありがとうございました!

Dsc08876 そして、帰宅後はベランダで、カレーリーフの鉢の植え替え大作業を実行。大量の土を車から上まで運び、細心の注意を払って植え替えたり、掃除をしたり、もう本当に大変でしたが、何とかやり終えました。

Dsc08868植え替え作業後は料理です。今日は、香取薫先生の「5つのスパイスだけで作れる!はじめてのインド家庭料理」の中に収録されている、ほうれん草入りダルを作製。ダル(豆)は、レンズ豆使用なので、調理時間が短くて、とっても簡単にできました。

Dsc08870 今夜は、麦ごはんに、ほうれん草入りダル、松茸のスリランカ風カレー。このダルカレー、シンプルですが、最高においしいです!いや、シンプルに思えるのは簡単に作れるからで、ダル、ほうれん草、トマト、ギー(今日はギーがなくバターを加えました)が使われ、考えてみるとかなりリッチですね。

なお、このカレー、ほうれん草を蒸し煮してからダルに投入するという手順で作るのです。蒸し煮することで、野菜の甘みがとっても上手に引き出され、ダルと一緒に長時間煮ないので、ダルの雑味と混じり合う部分がなくなるような感じで、なるほどっと思いました。トマトもクミンシードを炒めた後に炒めるという手順、これでトマトの変な酸味が出てこず、逆にトマトの旨味が引き出されているように思いました。これはもう我が家の定番化決定です!

|
|

« 旅するクッキングサロン〜スリランカGalle(ゴール)編~生駒再訪とパンケーク作りも | トップページ | 平凡な週明け、ただいまギーを作製中 »

イベント・食事会・料理教室」カテゴリの記事

カレーリーフ(カラピンチャ)」カテゴリの記事

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/55891011

この記事へのトラックバック一覧です: アジア屋台フェスティバル@ならやまコミュニティスポーツ会館~カレーリーフの植え替え大作戦とほうれん草入りダル自作も:

« 旅するクッキングサロン〜スリランカGalle(ゴール)編~生駒再訪とパンケーク作りも | トップページ | 平凡な週明け、ただいまギーを作製中 »