« 松茸のスリランカ風カレー | トップページ | アジア屋台フェスティバル@ならやまコミュニティスポーツ会館~カレーリーフの植え替え大作戦とほうれん草入りダル自作も »

2012年10月13日 (土)

旅するクッキングサロン〜スリランカGalle(ゴール)編~生駒再訪とパンケーク作りも

今日は土曜日。いい季節になりました。

Dsc08609 今日は少し出遅れたものの、京阪七条から軽く走って会場へ。

Dsc08662 高倉五条・hacobu kitchenに到着。これから「クッキングサロン」の始まりです。

Dsc08610 i-travelの志津野さんによる、スリランカ・ゴールのお話でスタート。最新の現地の交通事情、そして驚愕!の土木・建築情報が。

Dsc08618 続いて、フードデザイナーの太田夏来さんによる、ゴールを中心にした、料理、食材などのお話。スリランカのシカクマメは長いんですね。右上にはヘビウリが!

Dsc08621 イカめしみたいなものもあるようです。中にムング豆が入っているって仰ってたかな?

Dsc08622 南西部のゴールでは魚をよく食べるそうです。一方、中央のキャンディなどでは干し魚がメインになるみたいです。外国の影響を強く受けたゴールと古都キャンディ。地勢と文化の関連と言うか必然って面白いものです。

Dsc08626 いよいよ料理のデモンストレーションが始まります。今日はhacobu kitchenの店長さんがアシストするという、豪華スタッフ陣!

Dsc08627 最初は、はまちのアンブルティヤルから。大きくカットするんですね。大阪・福島「ワーサナ」のラッキーさんことラクシュマン氏と同じ大きさだ!

Dsc08630 ココナッツオイルはコレを使用。欲しい!

Dsc08635 ウンバラカダ(モルジブフィッシュ=スリランカの鰹節)!

Dsc08636 象さんマークのパパダン(豆のせんべい)は、太田さんのお気に入り!

Dsc08634_3 アンブルティヤルが出来上がりかけてきました。もうこれは拷問です(笑)

Dsc08643_2 スルメイカのカレー。皮はむいて、このようにカットするんだ。勉強になります。

Dsc08641 鮮やか!モロッコいんげんのテルダーラ。

Dsc08639 私も「叩く」お手伝いをさせていただきました。ルヌミリス!!

Dsc08638 hacobu kitchenさんの無農薬米!これ、毎回密かな楽しみなんですよね~。

Dsc08649_copy 手食のデモも。小指を使うと「団子」にしやすいというコツを習得!

Dsc08652 私のプレートはこんな感じに。私にしてはまあまあの盛り付けでしょうか。料理は、左上のパパダン(インド製とスリランカ製)から、はまちのアンブルティヤル(魚のゴラガ煮)、するめいかのカレー、モロッコいんげんのテルダーラ(炒め物)、パリップ(レンズ豆のカレー)、ルヌミリス、そして、長浜の契約農家さんから届けられる無農薬米。

今日の太田さんのプレート、魚の2品が絶品!それに、モロッコいんげんのテルダーラの食感、風味、見た目で絶大な存在感とバランスをとってくれていました。外せないパリップ、そして食感が新鮮なタイプのルヌミリスも素晴らしかった。このタイプのルヌミリスを添えると、和え物系を省略してもいいし、フレッシュな辛みのアクセントが付いていいですね。いやいや、今日は、食べさせられ放題に乗っかり、久しぶりに食べ過ぎちゃいました。

Dsc08657 食後の紅茶は、ジャガリをかじりながら。このジャガリ、最高の味と風味、紅茶も素晴らしく、何とも上品で高貴な食後を演出していただきました。

Dsc08660_copy 興味深いお話、素晴らしい料理、ありがとうございました。一緒に食事した方は全員女性でしたが、いい方ばかり。むさ苦しい私もスパイスってことで、お許しを(笑)

Dsc08680a hacobu kitchnから京都駅まではもちろん徒歩で。京都伊勢丹の地下食料品売場をひやかしてから、近鉄で奈良に戻りました。

Dsc08687 そして一旦帰宅後、すぐ再出発。今日は車で登っていきました。

Dsc08698 生駒・ラッキーガーデンを再訪です。

Dsc08696 バナナの木。ここ、スリランカ、インドではなく、紛れもなく奈良ですよ。

Dsc08693 今日は「羊エリア」の奥にある、ギャラリーに。こちらで、マスタードドレッシング、キトゥルパニなどを購入しました。

Dsc08707 帰宅後は、ずっと作りたかった、パンケーク作りに着手。フィリングはこんな感じに。やや色が薄い気が。

Dsc08708 生地は若干重めで色もちょっと濃いような気が。我が家のターメリック、結構色が付くんですよね。

Dsc08710 何とか出来上がった、パンケーク(スリランカのココナッツ入りパンケーキ)。生地を焼くのに苦労し、本当は4本できる筈が2本に。見た目の仕上がりもレシピとはかなり違いますし、フィリングのしっとり感もいまいち。これはかなり反省が必要です。

なお、奥のクッキー類は、今日hacobu kitchenさんで購入したもの。「保険」をかけておいてよかった!それでも、パンケーク、見た目はイマイチですが、それなりに楽しめました。次回はゴムべらをきちんと使い、生地作りをもう少し丁寧にせねば。レシピはもちろん香取薫先生の「家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理」。このままでは香取先生からお叱りをうけてしまいそうです。

Dsc08713 こちらは、京都伊勢丹B1のアンデルセンで買った、外側が砂糖でコーティングされたブリオッシュ。旨い!今夜はお菓子づくしとなってしまいましたが、たまにはこういう日があってもいいことにします。

|
|

« 松茸のスリランカ風カレー | トップページ | アジア屋台フェスティバル@ならやまコミュニティスポーツ会館~カレーリーフの植え替え大作戦とほうれん草入りダル自作も »

イベント・食事会・料理教室」カテゴリの記事

スリランカ料理」カテゴリの記事

パン・スイーツ」カテゴリの記事

自作」カテゴリの記事

コメント

いつも拝読しております。スリランカ大好きです。友人のクルネーガラ アヌラーダプラでの滞在が殆どですがキャンディーもゴールも行きました。友人宅には大きなカラピンチャの木 ランペもフサフサ ココナッツ マンゴー ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ 素晴らしい国です一度行ってみてください。

投稿: naogon | 2012年10月13日 (土) 22時53分

>naogonさん
恥ずかしい限りですが、ありがとうございます!
今年はスリランカに行き損ね、代わりに?大阪界隈のお店を訪問しまくり、自作もしている今日この頃です。
太田さんの料理、とっても素敵ですよ。次回は12/1のようで、今から待ち遠しい限りです。
どこかでお会いしたいですね~。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 管理人 | 2012年10月16日 (火) 07時50分

追記です。
少し前のに富雄のインドネシアの店の事を書かれてましたが 今は閉めてると思います。あの店の彼はバリ島に帰ってます。生駒ケーブル宝山寺駅の近くのマハラジャ屋のシェフはバリ島の方々です。

投稿: naogon | 2012年10月16日 (火) 19時26分

>naogonさん
以前お店で富雄と生駒の店は関連があると聞いた記憶が…生駒はまだ行ったことがないので、ケーブル利用というのも面白そうなので、今度行ってみたいと思います!

投稿: 管理人 | 2012年10月17日 (水) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/55883237

この記事へのトラックバック一覧です: 旅するクッキングサロン〜スリランカGalle(ゴール)編~生駒再訪とパンケーク作りも:

« 松茸のスリランカ風カレー | トップページ | アジア屋台フェスティバル@ならやまコミュニティスポーツ会館~カレーリーフの植え替え大作戦とほうれん草入りダル自作も »