« 酸味、辛みという変化を堪能@東三国・RASA HALA | トップページ | カレーリーフの発芽記念日! »

2012年9月26日 (水)

夜はボンベイ名物・パオ・バジ!

今日は出張なき水曜日。

Dsc07892 グルコバで分けていただいたカレーリーフの苗は、既に1センチ以上成長!しかし、我が家の種は未だ芽吹かず。

Dsc07897 ポテトクルマとラッサムもこれで終わり。既に3日経っていますが、風味はそれほど落ちていません。これは是非自分で作ってみたいですね。

Dsc07898 今日の昼は、小ぶりなブリの照り焼き。冬瓜、切り干し大根、小松菜と厚揚げの煮浸しを添えてみました。

Dsc07899 仕事を終えて帰宅後は、久しぶりに、香取薫先生の「カレーとサブジ」に収録されているレシピで、「じゃがいものバージ」を作ってみました。マスタードオイルを使うのも久しぶり。

Dsc07900 今夜は、パオ・バジ!マスタードオイルが野菜の良い意味でのクセを引き立ててくれます。パウダースパイスは、じゃがいもをヒタヒタ程度の水に浸したところに入れ混ぜて使うのですが、レシピに書かれているとおり、そうすると本当にしっとりと仕上がります。ベーシックながら、抜群においしいこの一品、生涯お付き合いすることになりそうです。

Dsc07902 食後は、禁断のものを作ってしまいまいた。この色、そうです、タマリンドジュース!これを飲む理由って?そりゃ、禁断なので、目的は一つしかありません。

|
|

« 酸味、辛みという変化を堪能@東三国・RASA HALA | トップページ | カレーリーフの発芽記念日! »

カレーリーフ(カラピンチャ)」カテゴリの記事

自作」カテゴリの記事

コメント

おー、ジャガイモバージをパウパージにしましたか!ここまでいいパンがあるなら横に切って切り口をバターで焼いて、生の玉ねぎと香菜を一緒に挟んでレモンを絞るといいですね!
本のバージは家庭料理バージョン。パウバージは屋台料理なのでもっと辛く酸っぱくトマト多め、ジャガイモは煮とけるような残るようなサイズがベスト。グリンピースは抜いて香菜たっぷり。最後にチャートマサラをドバッ。 rikirohさんならこれでもうあとはできると思います。
基本的には好みにお食べになればいいと思います。でももしこの組み合わせを今後何度もお食べになるならとおせっかいアドバイスね(笑)
写真とってもおいしそうです。本からこれを思いつくとは恐れ入りました!今度も宜しくお願いします!

投稿: 香取薫 | 2012年9月27日 (木) 13時30分

>香取先生 パンは市販のものでかなり甘めなのですが、形が「っぽい」ので、買ったのはこれで2回目です。
15年以上前に訪れたボンベイの街中で食べたときの記憶は、タマネギたっぷりで、乾き気味の四角いパンに焼き色が付いていたような…それで今朝はフライパンでパンに焼き色を付けてみたのですが、そうですか!あのジャンキーとまでは言わないまでのちょっと豪快なイメージは、タマネギと香菜、そしてチャートマサラだったんですね。点と点が線で繋がったようです!まだ沢山残っているので、早速再現?してみたいと思います。
このマスタードオイルを使った大好きなレシピの料理、香取先生、そして由美子先生からも直にアレンジの仕方を伺え、涙ちょちょぎれです!

投稿: 管理人 | 2012年9月27日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/55752220

この記事へのトラックバック一覧です: 夜はボンベイ名物・パオ・バジ!:

« 酸味、辛みという変化を堪能@東三国・RASA HALA | トップページ | カレーリーフの発芽記念日! »