« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

嵐の中の行脚~水道筋・カラピンチャは冴えまくり!

グルテシ明けの日曜日。さすがに身体が動かず、です。

Dsc08045 結局始動は午後から。大和西大寺駅ホーム内は、最近物産展が盛んな様子。

Dsc08055 期待半ばで覗き、ココナッツのチンスコウを買おうと思ったら、長とうがらしが!1本100円と誤認していて4つ買占め、レジで2,720円と言われ、ようやく気が付きました。それでも、今日は何だかやけくそ状態で、いや、ラッサムに絶対合うと勝手に確信していたので、全部購入しちゃいました。

その後は京都へ。京都駅を降りると、台風が直撃していたのか、もの凄い暴風雨。今日は、京都ベジタリアンフェスティバルという催しが梅小路公園であり、約15分かけて会場に向かったのですが、それらしき雰囲気が感じられず・・・スマホでサイトを確認すると、台風で中止、11月に延期というお知らせが。

これには参りました。サイトでは雨天決行と書いてあったのですが、やはり台風には勝てなかったようですね。仕方がないので、嵐の中、京都駅に引き返しました。このとき既に15時過ぎ。

そして、その後は、今夜訪問しようと思っていた水道筋へ。京都駅15時15分発の新快速に乗ったのですが、向日町駅を過ぎたところで強風でストップ。ずっと動かず、ようやく山崎駅まで時速15キロで走行。その後茨木まで普通に進みましたが、向日町駅の風速計が警戒レベルに達したということで再び長時間ストップ。

車内は冷房が効き、ずぶぬれの足元は冷え切り、次第に身体が震えてきました。その後、ようやく強風が収まったということで進行、大阪駅到着は16時18分。ここで降りるのも悔しいので、そのまま乗車しました。

Nec_1127_copy 新快速・姫路行きは、新大阪駅到着前、大久保行きに変更。私はここ芦屋で下車。

Nec_1128_copy 芦屋駅到着は何と65分遅れ。寒さで体力を著しく消耗しました。そして、普通列車に乗ったところ、住吉駅でストップ。仕方がないので改札を出てみました。

Nec_1129_copy こちらは住吉駅南側。ものすごい風で、スーパーがある通路内(建物内)で突風が吹き、靴の裏がツルツルだったせいもあり、前のめりに店頭。危うく吹き飛ばされそうになりました。そして、この右側にちょろっと写っている「かこも」に今日こそ訪問できる?!と思いきや、暴風雨でこの短い距離を歩く勇気がなく、駅に引き返しました。

Dsc08046 住吉駅の歩道橋からの外を眺めると、先ほどの暴風雨がうそのように止み青空が。不思議なものです。

Nec_1130_copy_2 JRは運行再開しており、住吉駅から1駅先のこちら六甲道駅で下車。身体が冷え切っていたので、走り始めた私。

Dsc08047 水道筋に着いたのは18時前後頃だったでしょうか。六甲道駅に続く商店街も、こちら水道筋商店街も台風の影響で早々にシャッターを閉めているお店が多かったです。

Dsc08053 水道筋・カラピンチャに到着しました。ここまでの道のりは長く辛かった。営業休止も覚悟していたのですが、開いていてよかった!

Dsc08049 本日のカレープレートは、セロリの葉、そしてビーツ!パリップもあり、これは私の好みのパターンかも。

Dsc08048 最初はプレーンのアーッパ。う~ん、実にいい按配に焼かれ、甘めのシーニサンボルとの相性はバッチリ!たまらん!

Dsc08050 今日のパリップ(レンズ豆のカレー)は、ご覧のようにオレンジ色。予想どおり、今日は豆の食感を残すため硬めに茹でたバージョンとのこと。甘~いパリップもいいけど、これもアリですね。本当にいいです、コレ!

そして、セロリの葉ですが、苦味がきちんと効いていて、強めの風味なものの、決して全体を支配し過ぎず、いいアクセントになっていました。

さらにビーツですが、これが生煮えではなく、きちんと火が通っていて、しかも煮崩れてなく、汁気も気持ち多めで、絶妙のバランスに仕上がっていました。これは素晴らしかった!

あと、青パパイヤ、にんじんのピクルスですが、今日は三度豆の代わりに、ししとう、にんにくの芽が使われていました(最初は気づきませんでした)。作り方はいつもと同じと仰っていましたが、今日のピクルスは漬かり具合がとってもよく、ビネガー(ココナッツビネガー使用!)の酸味がしっかり効いていたように感じました。まあ容器の底の方をいただいたからかもしれませんけどね。

今日のカレープレート、硬めの豆の食感、セロリの苦味、ビーツの旨みのコントラストが素晴らしかったです。それにアンブルティヤル(マグロのゴラカ煮)、チキンカレーという動物性の旨みも加え、変化に富んだ食べ方ができ、とっても気に入りました。

そして、今日は来店されていたお客さんとも話が弾み、ちょっと長居となりました。また、カラピンチャさんには、辛いアイテムを選択制若しくは少量載せることを、勝手ながら提案し、強力にプッシュ!駄目押しプッシュ!!もさせていただいちゃいました(しつこくてスイマセン!)。

カラピンチャさんでの食事を済ませた後は、バスで三宮に。今日初の食事だったこともあり、食後はさすがに胃に負担がかかるかと思いきや、全く大丈夫でした。

そして、三宮からは、再びJRの快速で大阪に戻り、閉店間際の梅田大丸で野菜を買い、西梅田→難波間を、既に台風は過ぎ去っていたのか、快適に歩くことができました。

Dsc08060 帰宅後は、せっせとサンバルパウダーを作り、昨日のグルテシでいただいたトゥールダルを煮てマッシュした物体?を使い、ズッキーニ、黄色のパプリカを入れ、黄トマトも使ってサンバルを作りました。当初ダルはお玉1杯分入れたのですが、少し足りなかったので追加しました。マッシュされているダルなので、本当に味噌汁感覚で調整でき、これは便利だと思いました。

何とか日が変わる前にサンバルが出来上がり、これでようやく寝ることができます。明日は仕事になるかどうか、まずは遅刻しないよう夜更かししないようにしたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

知立・RAJのダルバートに酔いしれ、グルテシ(Vol.10)に初参加!

今日土曜日は先週に引き続き楽しみな食事会。

Dsc07962 名古屋に着きました。

Dsc07964 会場には向かわず、知立に着きました。名古屋からは僅か20分、あっという間です。

Dsc07981 駅から歩くこと数分。知る人ぞ知る、RAJ(ラージ)さんに到着。

Dsc07968 ダルバートのなかみは、日替わりのようで、このように説明書きが。それ以外にも、インド料理の単品があり、しかも今日は、マトンビリヤニまで!

Dsc07969 さらに、こんなものまで。チキン・テェッティナード!!!私の大好きなベジタブルクルマ、タンドリー「マトン」!、ダルはダルフライ、レモンライスまで。ちょっと、これ、私のためのメニューとしか思えないものばかり…昼からこの内容は、ちょっと尋常ではないですね。想像以上どころか、私は何度も首を横に振り、心の中で「信じられない!」を連発していました。

Dsc07971 こちらは通常メニュー。細かすぎると思いきや、よく見てみると、実に整理された内容で、分かりやすいです。ダルバートは、ライスはともかく、ダルがおかわり自由!何気にデザートの箇所にハルワがあったりします。

Dsc07970 単品メニュー。チウラがあったり、タンドール料理の類も種類豊富で、しかも頼みやすい量が選べ、実によく考えられていると感じました。きちんとチャパティがあるのも、素晴らしいですね。

Dsc07974 野菜カレーが付く「DB7」。ダルはジンブー入り。もう今日は解説をしません。感激しました。

Dsc07977 野菜カレーが付くのは最もシンプルな「DB1」と「DB7」。今回「DB7」を選んだのは、ノンベジの単品が付くことからで、こちらは、タンドリーマトン。これも実に素晴らしかったです。

Dsc08010 RAJさんの料理に酔いしれながら、再び名古屋に戻り、地下鉄・東別院駅から会場へは徒歩で。

Dsc08012 こちらが本日の会場。Aさんとも合流!

Dsc08013_copy さて、いよいよ始まります。主宰のてっしーさん。食材が実によく整理されていますね~。そしてこのあと、何と私に、ラッサム、サンバル作製の指令が!えっ、私、食事会で料理したこと殆どないんですが…ちょっと複雑な気持ちでしたが、いつかは、と思っていても始まらないので、思い切って受諾させていただきました。

Dsc08014_copy 最初はスローペースだったものの、続々と人が集まり、ペースが上がっていきます。こちらは、何でしょう、ウプマだったかな?それにしても、さすが皆さん、手慣れていらっしゃいます。

Dsc08015_copy Uさん、315さん!手前の鍋は、何かのマサラ。

Dsc08016_copy ムングダル入りのポリヤル、手前は、水煮して水を捨てずにヨーグルトを入れて作るアヴィヤルの鍋。

Dsc08018_copy イドゥリも続々と蒸し上がり、みんなで試食です。

Dsc08019_copy てっしーさんが料理する姿!

Dsc08020_copy ワダ会場は人だかり!おいしいし、おもしろいんですよね、コレ。私も10個ほど生地を油の中に投入させていただきました。今日の生地はかなりゆるめで、投入が難しかったですが、その分出来上がりはおいしかったです。

Dsc08021_copy Uさん、炸裂annoy

Dsc08023_copy このショットは外せません。さすがです!

Dsc08025魚が大量に余ったので、フィッシュフライに。Uさんによると、皮の部分に旨味が凝縮され、この部分がの艶が消えると揚げ上がりの目安になるとのこと。

Dsc08026 こちらは、サンバルとラッサムの完成図。今日のラッサム、最初の味見の段階で水が多く、トマトの味が少し弱かったので、修正に苦労しました。強火で煮詰めたり、タマリンドを湯で煮詰めたものやラッサムパウダー、ニンニクを追加するなど、また、サンバルに至っては、野菜は煮ないと旨味が出てこないことなど、料理のポイント=修正のしかたを沢山学ばせてもらい、とっても収穫が多かったです。

Dsc08027 そして、驚いたのが、このキャロットハルワ。ピーナッツ入りで、ハルワ自体も完璧な出来。もう、言っちゃいます、間違いなく本日のナンバーワン!

Dsc08028 完成図は、ちょっとてんこ盛りどころか、ごった盛りになってしましました。しかし、今日の料理、混ぜて食べたところ、塩分の按配も含めて、とってもバランスが良かったです。私は品数が多すぎるのはどうか?と思うタイプなのですが、今日の内容は、その意味でとっても驚きました。種類が多くても、全体を見渡して作る、用意するという、このあたりの総合力はとっても参考になります。また、野菜料理については、パキスタン風のものや、ムングダルが入ったポリヤル、マサラ、クートゥなど、どちらかと言うとリッチなベジがあって良かったと思いますし、その対比で浅漬けのアチャール、あっさりしたサンバルなどの組み合わせもいい感じでした。魚のカレー、フィッシュフライをかじりながら!も楽しめ、本当にバランスが良かったです。

Dsc08029_copy てっしーさん、そして、今日お会いできた皆さん方、ありがとうございました!また、個人的には、カルナータカーの最後に近い日、移動販売の車中?で御一緒した方との再会があったり、そして、あの方!とも直にお話することができましたし、名古屋まで足を伸ばしてよかった!と思える一日になりました。

Dsc08031 終了後は、台風が近づく中、名古屋駅まで軽くウォーキング。名古屋の街はどこもきれいで、しかも歩道が広くて、とても歩きやすく快適でした。

Dsc08032 今日は往復新幹線とちょっと贅沢させてもらいました。

Dsc08034 戦利品は、大人のうなぎパイ、そしてコーミソース。うなぎパイ、あと残り1個になってしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年9月28日 (金)

Pav Bhaji はインドのハンバーガーだ~!

激務が続いた今週も今日で終わり。

Dsc07923 グルコバでKさんから分けてもらった、カレーリーフの苗は、凄まじい勢いで成長。生命力を感じずにはいられません。

Nec_1124_copy お昼は、まぐろ山かけ、ごぼうと牛肉の炒め煮、おから、オクラ。食物繊維ですよ、今日は。

仕事を終えた後は、谷四→谷九をゆっくりとランニング。今季初のランで、少々ふくらはぎが張ってますが、何とか足はつらずに完走できました。

Dsc07927 帰宅後は、昨夜ペイズリーの超豪華講師陣、しかも香取先生、古積先生から直にアドバイス!!!を受けたことを早速実践。赤タマネギ、コリアンダーをざくざくと切り、レモンは搾りやすいように大きくカット。パンは残念ながら、例の形のものが手に入らず、いや、正直に言うと疲れていたので、こちらは焼くだけに止めました。

Dsc07929 赤タマネギ、コリアンダーをドバッ!!具材がボロボロ崩れ落ちようが関係ありません。何かちょっとジャンキーな感じもするし、具だくさんのハンバーガーを頬張った遠い昔を少し思い出したような気分にも。まさに、インドのハンバーガーって感じ。こういうさわやかな夕食、気分転換に最適でした!これはクセになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月27日 (木)

カレーリーフの発芽記念日!

木曜の朝。

Dsc07910 ふと植木鉢を見ると、何と今月8日に種蒔きしたカレーリーフが発芽していました。2週間経っても芽が出ず、果実から取り出して数日置いて種蒔きしたので無理かな~と思っていた矢先でした。19日目にて発芽、嬉しすぎます!

Dsc07912 そして、朝食は、じゃがいものバージに、昨夜作ったカリフラワーのキーマカレーも追加し、さらに、四角いこのパンをフライパンで焼いて、豪華な?パオバジ!フライパンだと時間がかかるかと思ったのですが、意外にもすぐに焼き色が付き、トースターで焼くより簡単でおいしいかもしれません。今日は久しぶりに満足のいく朝食を摂ることができました。

Dsc07916 昼は、新サンマの塩焼き。さつまいも、切り干し大根で食物繊維たっぷり、そして今日は珍しいうざくもいただきました。

Dsc07917 夜は、残業しまくり、帰宅したのは22時過ぎ。難波のスーパーで買った、炙りサンマ寿司、生春巻で済ませました。惣菜売場でこの手のものを買ったのは久しぶりですが、こうして皿に盛り付けると、それなりに見えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月26日 (水)

夜はボンベイ名物・パオ・バジ!

今日は出張なき水曜日。

Dsc07892 グルコバで分けていただいたカレーリーフの苗は、既に1センチ以上成長!しかし、我が家の種は未だ芽吹かず。

Dsc07897 ポテトクルマとラッサムもこれで終わり。既に3日経っていますが、風味はそれほど落ちていません。これは是非自分で作ってみたいですね。

Dsc07898 今日の昼は、小ぶりなブリの照り焼き。冬瓜、切り干し大根、小松菜と厚揚げの煮浸しを添えてみました。

Dsc07899 仕事を終えて帰宅後は、久しぶりに、香取薫先生の「カレーとサブジ」に収録されているレシピで、「じゃがいものバージ」を作ってみました。マスタードオイルを使うのも久しぶり。

Dsc07900 今夜は、パオ・バジ!マスタードオイルが野菜の良い意味でのクセを引き立ててくれます。パウダースパイスは、じゃがいもをヒタヒタ程度の水に浸したところに入れ混ぜて使うのですが、レシピに書かれているとおり、そうすると本当にしっとりと仕上がります。ベーシックながら、抜群においしいこの一品、生涯お付き合いすることになりそうです。

Dsc07902 食後は、禁断のものを作ってしまいまいた。この色、そうです、タマリンドジュース!これを飲む理由って?そりゃ、禁断なので、目的は一つしかありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年9月25日 (火)

酸味、辛みという変化を堪能@東三国・RASA HALA

火曜日の朝。

Dsc07873 バガラベイガンはこれで最後。

Dsc07874 今朝はこのクルミパンと一緒にいただきました。合う合う!

Dsc07875 昼は新サンマ。今の季節、文句なしですね。

Dsc07876 夜は、谷四→本町をどうしようか考えながら歩き、気が付いたら御堂筋線に乗ってこちらに。実は座って一駅乗り過ごし、江坂から引き返してきたのでありまして。そして、お店に入ると、何と何と、Cさん、Aさんご一行が!ビックリしました。それにしても、来月末「のラサハラ会」が楽しみでなりません!

Dsc07877 うずらとニンニク、大根、そして、もやしのピクルス。これが、しっかりしたつくりで、正直驚きました!しかも、どれも同じ味じゃなく、素材の風味が驚くほどの変化球としてこちらに食い込んでくる。これは面白いです。

Dsc07878 3種のカレープレートの選択は、魚、豆、野菜。しかし、どう見ても3種ではないのですが…(素晴らしい!)。魚はサワラ。とっても立派な魚です。文句なしですね。そして、小あじのテンパラード、これはやはり私としては、正直なところ、ハールマッソーよりこっちの方が好きですね。ライスの量は少なめにしてもらい、混ぜ混ぜして楽しませていただきました。

Dsc07880 こちらはセロリのサンボル。酸味と葉のクセがいい按配です。ピクルス同様、こういう脇役は、カレープレートをさらに引き立ててくれますね。インド料理におけるアチャール、チャトニーと同様、この手のものがあるのとないのでは大違い。お店の魅力としても、とっても大きな要素を占める部分だと思うのですが、こういうところはこれからも大切にして欲しいし、他店も見習ってもらいたいですね。

Dsc07879 そして、こちらは、ちょっと無理を言って出してもらった、辛うじて残っていたという青唐辛子のカレー。全然辛くない…しかし種だかわたの部分かは分かりませんが、ノドや食道のどこかの粘膜に貼り付いたのか、そうなると咳き込み出します。しかし、これはおいしいし、アクセントにもなりますね。今日のラサハラさん、オーナー兄弟曰く「特に変わったものはない」とのことでしたが、実に変化に富み、通常営業でこんなに楽しませてくれるところが、嬉しい限りで御座います。

Dsc07881 食後はお約束の淀川横断ウォーキング。今日は少しセーブ気味に西梅田まで。気持ち涼しい夜の淀川。この長い橋を歩いて渡ると、とってもいい気分。これからの季節、肌寒さを感じながら、早足で歩くことができるようになるのが楽しみです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2012年9月24日 (月)

グルコバの余韻を楽しんだ週明け

グルコバ明けの月曜日。

Dsc07859 朝は、昨夜グルコバで持ち帰った、ポテトクルマとバガラベイガン。朝から名作をいただけるとは、幸せな限りで御座います。

Dsc07860 昼は、いつもの萩で、今日はお刺身。根菜類多め、ほうれん草のお浸しも添え、定番ながら、これが私の元気の素。

Dsc07862 激務と残業の後は、市内を約1時間かけてウォーキングして帰宅した後、昨日料理を作ってくれた方と料理への感謝、尊敬の気持ちを込めて?カトリによそって並べてみました。手前のラッサムから、反時計回りに、バガラベイガン、ポテトクルマ、ライス(麦入り)、パイナップルパチャディ、真ん中はタリカロ店長さんにいただいた、ミックスベジタブルピックル。

本当は、帰宅後、ポリヤル、チャトニーあたりを作りたかったのですが、さすがに今日はそのための体力、時間がなく断念。毎日ちゃちゃっと作れるになる「主夫」への道は遠いですな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月23日 (日)

グルコバ26はアーンドラ料理を中心に凝った料理が目白押し!

今日は、楽しみなグルコバの日。しかし、昨日休養十分だったハズが、またもやモタモタしてしまい、東三国へは行けず。それで訪れた上六のそば店はほぼ貸切状態・・・ランチ難民化は想定外でした。

Dsc07799 そして、こちらが今日の少し早めのランチ。タイ風やきそばのパッタイ。うん、シンプルに旨い!もちろん、あれこれ調味料を…最後にはかけ過ぎって感じになってしまうんですよね~。しかし、このお店、初めて入りましたが、結構気に入りました。

Dsc07797 このメニューなんか、私の晩飯にぴったりの量と質かも。

Dsc07796 タイ風アイスコーヒーはともかく、タイアイスが気になります。特にタロイモが。でもいざ注文するときには、ココナッツにしそう(笑)

Dsc07798 店内は広くはないけど、意外と窮屈さは感じません。

Dsc07800  お店はこちら。日本橋駅前、千日前通に面した「ファンサパロット」さんです。いつも入口が半開きで、タイ風ラーメンなどのメニューを横目に、店の前は何度も通り過ぎていましたが、かれこれ数年、ようやくの入店となりました。

Dsc07826_copy そして、その後はグルコバの会場・サンシピック尼崎へ。前々回のスリランカ料理の回に引き続き2回目の参加。前回は緊張してガチガチでしたが、今日は結構リラックスしてふらっと会場内に入ることができました。そして、主宰のKさん(超大先生!)から、パチャディ作りの命が!これは想定外でしたが、嬉しかったです。

Dsc07829 実はグルコバの楽しみの一つがこちら。奥はEさん、手前はAさん作の差し入れ!酒のアテとして最高!!よっぽどビール開けたろか!と思ってしまいました。次は何を作ってきてくれるのか…いつも期待しております。ごちそうさまでした☆

Dsc07827 同じ調理台では、Kさんがビリヤニの仕込みを開始。

Dsc07832 バスマティライスが炊きあがり、そこにフライドオニオンやゆで卵をズラリと載せ、たっぷり時間をかけて作られたチキンカレーをかけていくんですね。

Dsc07833 ライスとカレーを交互に重ね合わせた完成型がこちら。美しい!

Dsc07835 やはり今日はこうやって密閉。私もインドの動画を見ながら、こうやって作ったけど、1回きりなんですよね~。ちなみに蓋の小さな穴は塞いでいません。こういう細かいところが勉強になります。

Dsc07836_copy向かいの調理台では、マサラワダが次々と揚がっていました。ちょうど食べたいと思っていたところなので、!!でした。今日はお言葉に甘えて、揚げたてのアツアツをいただいちゃいました。これ、関西では、神戸のマドラスキッチンくらいでしか食べられないので、嬉しさひとしおでした。

Dsc07840 こちらは、ピーナッツ(カシューナッツ?)、ゴマなどを使った、リッチなナスのカレー。これなんか、ベジなのに反則~!と言いたいほど超リッチでおいしい、私が一番好きなタイプのカレー…絶叫しそうでした。MBさん作!!あと、MBさんのフィッシュカレー、ビシッと辛く、いやいや、魚の扱いが上手ですね~。大ファンで御座います!

Dsc07839 ポテトクルマ。味見した途端、もう、うっとりしちゃいました。誰でも食べられる味ながら、感動的!すごい料理です。

Dsc07837 ラッサムは、ビシッと辛く決まっていました。アーンドラと聞いてイメージしたとおりのラッサムは、もうこれだけで十分と言いたくなるくらい!

Dsc07841 手前はチャパティ生地を揚げたプーリー。Aさんこと部長が揚げてくれたのですが、形がイマイチな生地でも全てを膨らませていて、その技術に吃驚!奥のお皿は、Uさん作のポリヤル(左)とトーレン(右)。インゲンが大量にあったので、タミル風とケララ風に作り分けるというアドリブ、思い付きそうで実際は意外とやらないことをいとも簡単にやってしまうところはさすがです。参りました!

Dsc07845_2 最も興奮する光景。ちなみに私は、パイナップルのパチャディをメインで、オニオンチャトニーのプロセッサーがけ、プーリーの生地を丸く伸ばす役を少し、あとは、得意の掃除&ゴミ回収係を務めさせていただきました。

しかし、話は変わりますが、驚いたことに、このブログを見てくれている方が結構いらっしゃるということ。きちんと記事を書こうと思っているのですが、つい面倒くさくて、見直しが疎かになってしまうんです。思いつきでそのまま書いているので、内容に深みはないと思いますし、正確性にも欠けると思いますが、そのあたりは多めにみていただけるとありがたいです。それでも、このようなブログをご覧いただき、本当に感謝しております!

Dsc07844 今回のグルコバのテーマはアーンドラ。外側のカトゥリは手前から、ビリヤニのグレービー、ラッサム、ナスとナッツ類のカレー、フィッシュ(サゴシ)カレー、ポテトクルマ、パイナップル・パチャディ。お皿の中は右から、チキンビリヤニ、バスマティライス、ナスとトマトのパチャディ、インゲンのポリヤル、インゲンのトーレン、ウプマ、マサラワダ、オニオンチャトニー、青唐辛子のチャトニー、プーリー、ローストパパド。全17品!

Dsc07849_copy 達人3人衆!

Dsc07847_copy 主宰!グルコバの雰囲気、システム、集まる方々、そして料理の数々、全てが素晴らしいですね。次回はケララかな?という感じでしたが、これでまた初冬の楽しみが増えるというものです。

グルコバ終了後は、途中まで「反省しない会」に参加するメンバーと一緒に駅方面へ。今日はよっぽど参加させていただこうと思ったのですが、やはり体力の限界もあり、無理は禁物と言い聞かせ、カレーリーフの苗もあったので帰宅しました。もう少し体力と精神力を身に付け、いろんな方とお付き合いできればいいんですけどね。そのためにも、ウォーキングは続けますぞ!

Dsc07854 帰宅後は、グルコバで分けていただいた、カレーリーフの苗を植え替えてみました。根は意外と成長していて、どの株も5センチ以上あり、簡易ポットの底を突き抜けていました。生命力を感じざるを得ません。

Dsc07853 さらに、種蒔き(2つ)もしてみました。これで我が家は今季合計6個の種を蒔き、2つの苗を得たことに。これからの季節、管理が大変になるでしょうが、全てを枯らさず育ててみたいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年9月22日 (土)

完全休養日

土曜日の朝。

Dsc07768 昨日買った「ちぎりパン」。米粉パンであり、どこか「あの」パンに似ているような…

Dsc07780 パオパジで使いたかったところだが、大量に残っているアヴィヤルと合わせてみた。うん、なかなかイケます。パンの甘さとアヴィヤルの酸味の相性は予想以上でちょっとクセになりそうでした。

Dsc07779 お昼は、お腹が空かず、ロッダグループの真似をして、アボガドヨーグルトを作ってみた。

Dsc07781 砂糖を入れないと結構くどみが出てきた感じだったが、上からキトゥルシロップをかけたところイイ感じに。ただ、プレーンヨーグルトのときよりもシロップの量は多めでちょうどでした。

Dsc07782 夜は、モタモタしているうちに東三国に行きそびれ、残りもので済ますことに。こちらは食後のチャイですが、前に東京・小岩の「サンサール」で買ったCTC茶葉に砕かれたホールスパイスが入ったマサラチャイで入れてみました。見た目のホールスパイスの量は少ないかな?という感じでしたが、結構スパイシー。おいしいチャイで御座いました。

【過去の食事会の紹介記事】
先月の食事会の様子がリアルに記されたブログ記事がアップされましたので勝手ながら紹介させていただきます。筆者は知る人ぞ知るspicecherryさん。さすがの内容です!ナマステインディアの記事もありますよ! →「全身カレーな人々」 http://ameblo.jp/cherry71566/entry-11360593271.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年9月21日 (金)

鹿キーマ!

ようやくやってきた金曜日。

Dsc07745 朝は、このアヴィヤルをいただく予定でしたが…

Dsc07756 朝の気温低下のせいか寝坊したので、このシカクマメのパコラをパクつくのが精一杯。

Dsc07757 お昼は、いつもの萩で、今日は小あじの南蛮漬。タコと大根の煮物、鶏ミンチのミニトマト添え、筑前煮、高菜漬もいい感じ。

Dsc07765 夜は、軽~く職場から難波までじっくりウォーキングした後、奈良・あやめ池駅前「プラーナ」へ直行。

Dsc07758_2 最初はアチャールサラダ。今日は団体さんのおこぼれに預かり、シーフードとシーフードソースがかかった豪華版。とっても冴えてます!

Dsc07760 そして、今日のお目当ての鹿キーマ!ライスの皿には、何とバトゥラ(揚げたナン)が。

Dsc07761 私仕様のライス少な目。浅漬けアチャールは、ナン?にでも合う(笑)万能選手。

Dsc07762 鹿キーマの中には、ズッキーニとひよこ豆が。そして、このカレー、上手く臭みが処理され、それでもとっても微かではあるものの獣肉の臭みが奥の方で感じられ、それが店主殿が「森の香り」と表現されているとおりの風味。主張し過ぎず、かつ深い味わい。このキーマ、味わい深い、まさに秋の味だと思いました。

Dsc07763 キーマ・マタルにせず、敢えてクセのないひよこ豆としたのは正解ですね。この方が、鹿肉独特の味とキーマの食感が生きるような気がしました。ズッキーニとの相性は抜群。

今日は団体さんのおこぼれに預り、奈良らしい?鹿キーマカレーを堪能し、ちょっと先の季節の味覚を楽しませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月20日 (木)

アヴィヤルとシカクマメのパコラ

本日は点検のため有休。

Dsc07741 しかし、昨日の食べ過ぎで、身体が動かず。こちらは職場の偉い方からいただいた梨。

Dsc07742 昼過ぎにこの梨を食べたものの、その後も食欲は出てこないままでした。

Dsc07743 ようやく夜になり、身体が普通ぽくなったので、シカクマメをパコラにし、アヴィヤルを作ってみました。

パコラは少し衣の生地が薄く、フワっと感があまり出なかったものの、最後に高温に上げてカラッと揚がり、まあまあの出来。

アヴィヤルは、渡辺玲先生のHP・シェフズスペシャルのレシピで作り、やはりヨーグルト独特のクセがいい具合に出て、最高の仕上がり!やはりこれは最高ですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月19日 (水)

カシミールとココナッツロティ~食べ・歩き過ぎた1日

今日は定例出張の水曜日。

Dsc07714 朝は、シカクマメのポリヤル、サンバル。

Dsc07715 出張後は、ちょっと遅めのランチの機会。意を決して、北浜・カシミールに。到着は14時頃で店外6人待ち。待ち時間は40分程度で、まあ普通でしょうか。

Dsc07729 ミックスA(野菜+お肉)で、お肉はキーマを選択。普通米売り切れという珍しい状況のようで、ライスはもちろん玄米(長野県産)。10辛でいきました。

Dsc07730 お皿に顔を近づけると、相変わらず素晴らしい香りの旋風が!10辛はちょっと辛すぎたのか、後半は熱さとボリュームに圧倒されたことも手伝い大汗状態に。カレーで汗だくになったのは何だか久しぶり。さつまいも、焼き豆腐、その他野菜(はっきり覚えていない)もたっぷり入り、本当、久しぶりに堪能させていただきました。

Dsc07731 そして夜は、昼の満腹状態が解消されず歩き始め、途中で情報を得て、結局谷四→九条とウォーキング。こちらロッダグループでは、本日限定のこのセット。フィッシュヘッドカレーに、何と、何とココナッツロティ!!パリップ、シーニサンボーラも付いて、このボリューム…絶対完食ムリ~!

Dsc07735 しかし、不思議なもので、ココナッツロティ、いくらでもイケちゃいます。めちゃくちゃおいしいって訳じゃないのに、いや、やっぱりおいしいんでしょう、だからパクパクと食べちゃう。不思議なヤツです。そして、ロッダ兄の指導により、食べ方、料理としての名前はないようですが、このように、フィッシュヘッドカレーの皿から身が付いたフィッシュヘッド部分をターリーに空け、そこに1.5~2センチ程度にちぎったココナッツロティを投入(汁にきちんと浸さなくてもいい)、他を食べ終わった後、さらにライスを上に載せ、パリップなどをかけていただくのがおいしいようです。

Dsc07736全てを手で混ぜ、いただきました。もう、これは、何と表現したらよいのか分かりません。ココナッツロティ入りの魚カレー言えばよいのでしょうか、雑炊みただし、すっごくマニアックな味と食感。たまりませんでした!

そして、ロッダグループを出た後は、いつものように難波まで歩き、電車に乗り込みました。

今日の歩数は1.8万歩と平日にしてはかなりの大健闘。しかし体重は+2キロ超!お腹はパンパン、眠れそうにありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月18日 (火)

ポロ×シカクマメのポリヤル+サンバル

連休明けの火曜日。

Dsc07699 朝は、サンバルでスタート。タマリンドの酸味、そしてあの?効能は生活に欠かせなくなってきました。

Dsc07705 昼は、萩で、今日はメヌケの味噌漬け。葉っぱの類、根菜類も摂り、いいバランスかな?

Dsc07706 帰宅後は、大量に仕入れてしまったシカクマメと対峙。重い腰を上げて、とりあえずホールスパイスを用意。

Dsc07707 シカクマメはポリヤルに。このあと、パコラを作ろうとしたら、ベーキングパウダーが…。引き出し、棚、箱、最後には、あるハズがない冷蔵庫まで探しましたが見つからず。断念しました。

Dsc07708 今夜は5種類のハーブのポロに、シカクマメのポリヤル、サンバルを添えて、あっさりと。私の身体、消化力では、この程度がちょうどです。ペルシャ料理のポロに、南インドのポリヤル、意外と合いました。ハーブ、スパイス、ダルの香りを暫し堪能できたような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年9月17日 (月)

野菜とハーブ三昧の祝日

今日は三連休の最終日。

Dsc07660 朝は、昨日、水道筋・カラピンチャでテイクアウトしたアーッパとシーニサンボーラ、それにシカクマメの和え物(ダンバラ・サンボーラ)を作って添えました。

アーッパはザルに入れ、上からフワッとラップをかけ電子レンジで1分。これで硬化した生地が気持ちフワッとなり、ちょっと周辺部分が柔らかいかも?と思い、トースターに入れたら硬くなり過ぎました。電子レンジで温めるだけでよさそうですね。

シカクマメの和え物は、カラピンチャさんに教えてもらった最もシンプルなバージョン(タマネギを加え塩胡椒とライム)、アハサ食堂さんに教えてもらった作り方(タマネギ、トマト、青唐辛子、塩胡椒とライム)の2種類。後者もカラピンチャさんから教えてもらったものとほぼ同様(青唐辛子入りはアハサさんオリジナルかな?)でした。それなりでしたが、もうすこし時間を置くと味が馴染むかもしれないという感じでした。作り方は材料を切って和えるだけ!

Dsc07682 今日は出遅れず、水道筋・カラピンチャに一番乗り。禁断?の連日訪問となりました。

Dsc07671 本日のメニュー。野菜類が4種類、デザート付き、しかもチキンカレーはかなりのボリュームで900円は破格と言えましょう。今日はチキンカレーを半分にしてもらおうと思いましたが、いざ注文する時にはセーブがかかってしまいました!

Dsc07674 美しいプレートです。プレートの上は、左から、マグロのアンブルティヤル、ひよこ豆の炒め物、ポルサンボーラ(ココナッツふりかけ)、にんじん葉の和え物、じゃがいものカレー、中央部分は、青パパイヤなどのピクルス、そして、シカクマメの和え物(ダンバラ・サンボーラ)。

実はこのシカクマメ、昨日私がカラピンチャさんに押し売り???したもの。予想以上ににんじん葉が手に入らず、切れた時に備えて、シカクマメの和え物を準備されたようでした。シカクマメをカットし、塩もみしたものに紫タマネギのスライスを和え、塩胡椒で味を整え出来上がり!私が作ったものとは比較にならないほどおいしく、同じ和え物のにんじん葉とはまた異なった食感が楽しめました。

あと、そうだ、今思い付いたのですが、できたらルヌミリス、付けて欲しいな~。辛みのアクセントとして、素晴らしいものだと思うので(それに赤が映える!)、是非実店舗では御検討いただきたいものです。

Dsc07678 今日は本当に美しかったので、アップで撮影したものも。おいしくて美しいプレート。早く実店舗でいただきたいけど、この水道筋のお店でずっと食べていきたいような気もします。

Dsc07679 食後のキトゥルシロップがけヨーグルトは、肥後橋・カルータラとほぼ同じ。ちょっとしたデザートですが、こういうのが嬉しいんですよね~。

Dsc07686 カラピンチャを後にし、三ノ宮まで歩き、電車を乗り継ぎ奈良に戻り、今日は西大寺駅前の奈良近鉄の地下食料品売場へ。すると、何と、奈良のスリランカ料理店「ハンターナ」のサマンさんが!先月ポークのレトルトが新発売となったようで試食させてもらいましたが、これがかなりしっかりした味でビックリ。色も黒っぽく、とってもいい按配。思わず3個入りパックを購入してしまいました。

Dsc07696 帰宅後は調理開始。今日はこのハーブ(コリアンダー、ディル、チャービル、ミント、イタリアンパセリ)を使って、ペルシャ料理に挑みます。

Dsc07692 その前に、今日はオクラとナスのサンバルを作りました。サンバルパウダーを石臼で挽き、タマリンドを少し濃いめにして仕立てました。

Dsc07693 ハーブを使って炊き、蒸したポロは、このように鍋の中に円錐形に盛って約30分蒸し上げます。

Dsc07694 今夜は、ペルシャ料理のサブジポロ(Sabzi Polow)と、南インド料理のオクラとナスのサンバル。ポロは期待どおり、ハーブの香りが満開!サンバルもきちんとタマリンドが効いていて、いい感じ!

Dsc07697 サブジポロ、ハーブだけでこんなに豊かなライスに仕上がるとは驚きです。レシピに書かれているとおり、サラダと呼びたくなるごはんです。残暑厳しい中、暫しハーブ香りに癒されました。これは今後も定期的に作っていきたい料理です。ビリヤニもいいけど、ポロの魅力はなかなかのものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月16日 (日)

クスムで食べ過ぎ長距離ウォーク~水道筋と九条へも

三連休の中日。

Dsc07638 ベランダのカレーリーフの木に水をやっていたら、果実が2つ落下。もちろんおいしくいただきましたが、さて、また植木鉢を用意しなければ。

Dsc07636 その後、奈良産シカクマメをポリヤルに調理。昨日のポロと一緒にプレートに載せていただきました。これで少しは野菜が摂れたかな?

Dsc07642 お昼は出遅れたものの、サンバル用のトゥールダルを入手する必要があり、くじけそうな気持ちを打ち消しながら、何とか神戸に辿り着きました。そして向かった先は、こちら異人プラザ。クスム本場家庭料理。タマリンドソースとグリーンチャトニーでいただくサモサは、まさに病みつき。マンゴージュース、チャットマサラがふりかけられたサラダも、スターターとしていい演出。

Dsc07643 今日のカレーは、レンズ豆のカレー、じゃがいものカレー、ピーマンとパプリカ入りのパニールのカレー(でしょうか?)。ダルは結構ずっしり来ますが、皮付きと挽き割りがミックスされ、独特の風味がたまりません。じゃがいもは、結構リッチな仕上がり。パニールのカレーは何度食べても、これこれ!ってなります。チャパティも運良く焼きたてにありつけ、もう幸せ~!

Dsc07644 今日はおかわりせず帰るつもりが、まあそうはいきませんでした。おかわりの豆カレーは、何とムング豆。こちらも皮付きと挽き割りがミックスされ、これ、私が最も好きなクスムさんのカレー!!チャパティは1枚目よりさらに焼きたてで、ご覧のとおり膨らんでいるではありませんか!今日は全てのカレーをおかわりし、パニールに至っては2回も…主食をセーブしたけど、結局食べ過ぎで御座います。

Dsc07645 食後のチャイ、今日は気持ちあっさり目だったかな。しかし、このカレーのコースでありながら食べ放題というも言うべきシステム、素晴らしすぎます。食べさせられ過ぎるけど、おいしい。最初から最後までインドをきちんと感じさせてくれるし、たくさん食べても胃もたれしない。他店もおおいに見習って欲しい内容、システムです。

Dsc07646 食後は、非常に厳しい気温の中、三ノ宮から東を目指してウォーキング。それで、やはり目的地は、例によって飲食店しか思い付かず、こちら水道筋にやってきました。

Nec_1117 水道筋商店街の「フレッシュ・フィールド」さんの前を通ると、またもやシカクマメが!今日は千葉県産の青唐辛子まで。しかもこのお値段。あり得ません!!双方とも自宅にはたっぷりストックがありますが、思わず青唐辛子4袋、シカクマメ2パックを買ってしまいました。

Dsc07649 そして、水道筋と言えば、カラピンチャ。商店街の中で、奥様と出会い!立ち話をしてからの入店となりました。お互い神戸在住じゃないのに、何だかご近所さん同士みたいな感じ。面白いです。

お店に入った時間はちょうど16~17時頃だったでしょうか、暫し談笑させていただきました。そしてちょっとしたブツを横流し?!それで、このあとアーッパを1枚焼いてもらい、100円ショップで買ってアルコールティッシュできれいにふいたプラスティック製ザルに入れ、それをポリ袋に包んでテイクアウトさせていただきました。

カラピンチャさんを出た後は、JR六甲道駅まで歩き、快速で大阪へ。大阪駅からは、いつものように四ツ橋筋を南下。しかし、いくら歩いてもお腹が空かず、困ったことに。そこで、気分と言うか体調に任せて歩くこと暫し、辿り着いた先は九条。

Dsc07650 ロッダグループに到着したのは19時半頃でしょうか。お目当ては生アボガドジュースだったのですが、デザートもあるということで、今日はアボガドヨーグルトをいただきました。シンプルだけど、こういうのありそうでないですよね。アボガド、ヨーグルト好きの私にはたまらない品!!上にはキトゥルシロップもかけられ、おいしさ倍増。これはメニューにもきちんと載せられているのですが、う~ん、ロッダの引き出しは本当に限りがないって感じ。

しかも、このロッダグループ、毎日通し営業されているところが素晴らしい!時間を気にせず訪問でき、今日のように食事じゃなくても利用できるし、テイクアウトにも気楽に応じていただけ、とても使い勝手が良いのです。決して便利な場所とは言い難いですが、自ずと訪問頻度が高まるのには訳があります。

Dsc07653 ということで、今日はこのカトレットをテイクアウト。ロッダからは難波まで歩き、近鉄で奈良に帰りましたが、アルミホイルを開けたらまだ仄かに温かかったんです!魚のコロッケ最高です!!

Dsc07654 こちらは、カラピンチャさんからテイクアウトしたアーッパ。少し外側の皮の薄い部分がしぼんだ感ありです。中心部分は凹んでません。これは明日の朝、私独自?の再加熱・復元技術を駆使してやります。

Dsc07655 今日の歩数は2.6万歩超え。昨日全く歩かなかったので、まあこれだけ歩けば満足できる数値です。さすがに疲労感たっぷりなので、これから天然温泉にでも浸かってこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月15日 (土)

今日はウイグル料理・ポロ!

三連休の初日。

Dsc07595 朝から、サンバルライスを作ったのはこれで3日連続。今日はライスをインディアンバスマティにし、トマトのみじん切り、青唐辛子を少し刻んで入れ、最後にバターを垂らしてみました。単にライスとサンバルを混ぜるだけでなく、簡単に調理するだけで、こんなにおいしくなるとは、今更ながら驚きです。

Dsc07600 昼は、facebook情報により、あやめ池・プラーナへ。ポークビンダルーが残っていた!自家製アチャール2種とマンゴー、ライム、ニンジンなどのミックスフルーツ&ベジタブルピックルで酸味が格段にアップし、いい按配。この酸味ですよ、酸味!

Dsc07601 食後は、デザートに手を出してしまった。本当、プラーナのデザートは絶品!特にこのマンゴープリンは、私の好みに100%合ったもの。お店でも話をしていたのですが、どこかで食事をした後、デザートだけで訪問するというのも大アリでしょう。

Dsc07614 今日は午前中は大掃除。午後は買い物。最近近所のスーパーでは、このラムが結構出回っているんです。

Dsc07615 特にこの骨付きラムは、どの店にもあるという具合。ニュージーランド産。

Dsc07603 奈良コープ・学園前店には、何とシカクマメが!しかも奈良産。いや、奈良市!ここのお店、近くで採れた野菜の販売コーナーがとっても充実しており、農家が競って置いているという感じ。しかも安い!生協たるや、こうでなきゃね☆

Dsc07616 帰宅後は、ずっとやりたかった、中国新彊ウイグル自治区料理教室で習ったポロの復習に着手。たっぷりの油でカットしたラムとラムチョップを強火でしっかり炒め、さらにタマネギを加えたところ。

Dsc07617 その後鍋にひたひたになるほど水を加え、沸騰させて味見。スープの色がしっかり変わり、薄いかな?と感じない程度になれば、次のステップへ。

Dsc07618 少し浸水させたバスマティライスを投入。このあと約10分煮込んでいきます。

Dsc07619 煮込みの間に、余ったラムチョップをステーキにしてみました。偶然にも火加減が絶妙だったのか、ミディアムレアより少し火が通った最高の仕上がり!お肉に付いていたミックススパイスが、これまたいい按配。これは旨かった!

Dsc07621 約10分煮込んだ後に、干しぶどう、干し杏を入れてさらに弱火で蒸し焼きにしていき、ウイグル料理のポロの完成!

Dsc07622 ペパーミントと間違えスペアミントを上に乗せましたが、これもラムにはぴったりでした。味は気持ち上品、もう少し塩味を効かせたり、「中国」を意識した場合、隠し味で醤油を入れてもいいかもしれません。それでも、自分で食べる分には、十二分すぎるほどおいしい炊き込みごはんでした。

インド、パキスタンのビリヤニもおいしいけど、このポロもかなり魅力的な味わいです。スパイスの代わりではないのでしょうが、ドライフルーツから何とも表現しにくい風味が醸し出され、肉の甘みと相まっておいしさ倍増という感じです。

作る手間などの面でも、ポロは比較的簡単でとっつきやすいです。次回はお肉を使わないペルシャ料理のポロを作ってみようかと思案中。となると、今まで使ったことのないハーブ類に手を出さざるを得なくなりますが、それも楽しみということでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月14日 (金)

牛モツカレーとサンバライス@ロッダグループ

連休前の金曜日。何でも来い!

Dsc07580 昨日に引き続き、ちょっと早起きして、サンバルライスを作製。今日は、ししとうを刻んで入れ、ギーは垂らさず。あっさり、さわやかだけど、やはりトマトのみじん切りを入れた方が、酸味が効いていいかな?と思いました。

Dsc07581 昼は、新サンマの塩焼き。すだちをギュッと絞り、はらわた部分が最高!焼きなす、小松菜と京揚げの煮浸しも添えてイイ感じ~。

Dsc07587 仕事終了後は、フラフラと中央大通を歩いて西進、どこに行こうか気分に任せて歩くこと1時間、やはりこの界隈に辿り着きました。

Dsc07588 今日は、モツのカレーがあるということで、即決定!ギャミラサみたいにしようか?と聞かれ、是非!出てきたのはこちら。久々のサンバライス!!右のパパダン(豆のせんべい)から反時計回りに、ポルサンボーラ、ビーツのカレー、モツのカレー、パリップ(レンズ豆のカレー)、オクラのカレー。

スリランカではモツは牛に限るようで、ポークは使わないとのこと。このカレー、ロッダワールド全開!って感じ。普通のお肉のカレーに比べて、気持ちあっさりしているけど、モツの微かなとろみと相まって、素晴らしい食感と風味。ビーツも深みがある味わいで、ちょっと違いますね~。オクラは、サンボルでもテルダーラでもなく、ドライタイプでもないけど、水分少なめに仕立てなければならないカレーの由。即行で、オリジナルのワンプレートを作ってくれたようで、本当、感動してしまいました!

Dsc07589 さらに、特製カッタサンボラまで載せてくれたり、このあと、なすなどのミックスベジタブルカレーまでよそってくれちゃいました。

ロッダ兄弟、今後の展開もいろいろ考えているようで、近々ピットゥを作る予定があるとか。また、カタカタ!はしないけど、コットゥを作ることも考えているとのこと。詳しく話を聞いてみると、コットゥは、ロティではなく、ストリングホッパー、ライスヌードルを使った、ヌードルコットゥと言っていた・・・ちょっと今後のロッダグループ、本当に目が離せませんぞ!!

Dsc07590 食後に出てきたのは、アイス・キリテー。こういうグラスでの提供というのが、この店ならではで雰囲気出てます。

Dsc07591_2 九条・ロッダグループ。行けば何か予想外のものが出てくる。そうでなくても、今は毎日日替わりのスペシャルメニューもある。日本語が上手な兄が、押しつけがましくなく、シェフの弟と会話しながら、ほどよくいろいろ提案してくれる。こんなロッダ兄弟の店、大好きです!これからも応援するからね~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月13日 (木)

博労町デビュー@麦酒食堂

出張明けの木曜日。一番ピリピリする日ですな~。

Dsc07570 トマトに香菜、にんじんドレッシングをかけてみた。期待どおり、不思議な味わいに。

Dsc07571 朝食のサンバルライス。きちんと鍋を使って調理。渡辺玲先生のブログでの紹介記事に習って、仕上げにギーを垂らすと、とてもリッチな味わいに!

Hppye 昼は定番中の定番の組み合わせ。やはりこれが一番落ち着きますね。

Dsc07577_2 今日は本当に激務だった。意識朦朧とする中、フラフラと辿り着いたのは、博労町の路地裏@麦酒食堂。今日こそ、このお店の定番中な定番、グリーンカレー(ゲーン・キャオ・ワーン)をいただこうということで、夜デビューとなりました。

Dsc07575 しかし、注文したのは、スイカのカレーと冬瓜と豚ロースのカレー。こういうメニューがあると、どうしても定番が後回しになってしまうんですよね。いつになったらグリーンカレー、そして、パッタイ、カオパッは何時になることか…。

スイカの果肉がトマトみたいな食感だったのには驚きました。甘み加減も絶妙で、これは旨い!このカレー、インドの砂漠地帯・ラジャスタン地方の料理のようですが、どこかで食べた記憶が…。

そして、冬瓜と豚ロースのカレーは、皮付き冬瓜の食感が独特で、少量でも結構食べ応えがあります。どちらのカレーも病みつきになる味、食感ですね~。

Dsc07576 ベトナムの生春巻き(ゴイクン)の登場!あまりの美しさに、思わずうっとり。これには参りました。おぐしさん、ご馳走様でした!

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2012年9月12日 (水)

日本一のコロッケと課題(サンバル)への取り組み

今日は定例出張日。

Dsc07561野菜料理のストックが切れ慌てること暫し。朝食抜きが困難な私、必死に冷蔵庫中をガサガサ。先日手に入れたパキスタン料理の缶詰(ハリーム)を開けようと思ったところ、近所の「つよしのコロッケ本舗」のエビクリームコロッケを冷凍庫から発見(朝からハリームは回避!)。しかし、このコロッケ、おそらく、購入してから半年以上経っている筈。

Dsc07560 それでも、独自(?)の解凍、加熱技術を駆使し、ご覧のように。このコロッケ、1個200円近くするのですが、コロッケと呼ぶにはもったいないほど贅沢で、フランス料理のようなお味なんですよ。お店は、奈良・学園前駅からバス10分のとっても分かりにくい場所にありますが、興味がある方は是非行ってみてください(http://www1.kcn.ne.jp/~ellies/)。オススメはこのエビクリームコロッケと、超シンプルなナチュラルポテトコロッケです!

Dsc07563 今日は昼ご飯を食べ損ね、帰宅後はサンバル作りを開始。一通りの作業を終え、最終の煮込みをしている間に、ホールスパイスを乾煎りし、サンバルパウダーが完成。

Dsc07566 なすと冬瓜のサンバルが出来上がりました。サンバルを作ったのは本当に久しぶり。今日は、西大寺の近鉄百貨店地下で入手したインドの青唐辛子、南インドのGUNDU CHILLIを使ってみました。

Dsc07567う~ん、 タマリンドが少しきつめ、トゥールダルはいつもより煮崩さず仕上げ、少しピリッする感じだけど、まあまあの出来映え。いや、私にしては結構満足できる按配でした。まあ、他人に食べてもらうレベルではありませんが、自分で食べるには十分です。

栄養面でも、バランスが良さそうなサンバル。これ1杯で野菜、少量ながらも蛋白質も摂ることができて便利な一品です。週末までは楽しめるでしょうか。

さて、明日は出張明けの勝負の木曜日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月11日 (火)

今季2回目?秋刀魚の日

新システム導入の準備作業をせざるを得ず、イライラ、ピリピリ悪戦苦闘中・・・。

Dsc07550 昼は、新サンマ。今日は-100円引きでの提供。いよいよサンマの季節到来でしょうか。塩焼きのはらわた部分が超美味!すだちをギュッと絞って、さらにウマ~っ!冬瓜、酢みそ和えも最高でござんす。

Dsc07551_copy 夕方からはプチ出張。こちらは用務先の近く。

Dsc07552_copy まあ、何と申せばよろしいのでしょうか、いろいろな規格に適合させる必要がある訳でして。

Dsc07554 夜は、サンマのきずし、イカの酢みそ和え。

Dsc07555 造りとはまたひと味違って、いくらでも食べられちゃいます!旬の到来間近なのでしょうか。今年はちょっとインド、スリランカを我慢し、秋の味覚をいろいろ堪能したいな~と思ったりしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月10日 (月)

今夜はシブレットのお惣菜

憂鬱と言うか、身体が重い月曜日。

Dsc07539 朝から、ナーンインのチキンビリヤニ。こんな週明け、許されるのでしょうか?!

Dsc07541 昼は、さしみ定食。あっ、愛用の醤油が切れていたので、買いにいかねば。

Dsc07542 夜は、近所のシブレットのおそうざい。珍しいテリーヌ(チキン)があったので1カットいただきました。野菜たっぷり、これが一番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月 9日 (日)

水道筋探訪とパキスタン会

日曜日の朝は、心地よい疲れを感じる中での目覚め。

Dsc07450 朝ウプマ、朝アヴィヤル。気分はケララ!

Dsc07451 ベランダのカレーリーフは、早くも収穫の季節?

Dsc07452 再び新芽も出てきたり。このカレーの木、何とも気まぐれに成長してくれるところが、面白いヤツなんです。

Dsc07453 昼は、こちら、水道筋・カラピンチャ。ビーツ、みつばと来ましたか!パリップ(レンズ豆のカレー)もありますね~。ワクワク。

Dsc07454 何度見ても楽しめる手作りメニュー。こういうの、雑誌に載せて欲しいな~。そうそう、ブログに載せたら、お店の魅力、食べ方も分かるし、いいですよね。今度(勝手に)提案してみよう。

Dsc07455 食前?のアーッパは、今日は卵(ビッタラ)で。風味豊かな胡椒のアクセントがポイントですね。一度、「モーニング・カラピンチャ」、上六(谷町九丁目)あたりでやってくれないかな~なんて考えたり。

Dsc07458 カレープレート。色合い、そして、この素材感、美しいし、おいしい!!野菜たっぷりの中に、アンブルティヤル(魚のゴラカ煮)やチキンカレーをチビチビ混ぜたり、パパダンをふりかけたりして楽しませていただきました。

なお、前回のセロリ葉に代わるものはみつば。こういう少し風味が強く、スリランカにない青菜は、ゴトゥコラ・マッルンに代わる日本におけるマッルンの在り方としてアリだと思うんです。無理して現地の野菜を使っても鮮度がイマイチでは、おいしくないでしょうし、何せ野菜は鮮度が命でしょうからね。ビーツは見た目以上に、味わいと風味が素晴らしかったです。

あと、欲を言えば、ルヌミリスのようなアクセントが欲しいかな。これは、今日、カラピンチャさんと現地並の辛さのカレー類をちょろちょろっと載せたプレートを作る日などあったら・・・と話していて思ったこと。思わずごはんが進んでしまうアイテム、日本食なら佃煮、明太子、柚子胡椒(ちょっと違うか?)など。辛みのアクセントとしてのルヌミリス、若しくはチリペースト、あるいは、肉系カレーを激辛にして少量にするとか、そのような変化を追加できるようにすると、よりやさしく爽やか過ぎる野菜類のアイテムも引き立つのではと、本当に勝手ながら考えたのであります。

とにもかくにも、カラピンチャさんのカレープレート、いろいろ想像力をかき立てられます。この魅力的なワンプレートが実店舗で楽しめる日が来ることを考えると、楽しみで仕方がありません!

そして、今日は、元職場の方もご来店されており、横から勝手に会話に入ったりと、勝手をさせていただきました。本当、ここに来ると幸せを感じます。

Dsc07462 食後は、とりあえず水道筋商店街をブラブラ。

Dsc07465 銭湯(温泉)も発見。

Dsc07466 いい光景。このあたりに住みたくなってきました。

Dsc07500散策を終えた後は灘温泉へ。2回目です。

Dsc07498 今日はサウナに入り、源泉風呂でゆっくり寛ぎ、気分は小旅行。

Dsc07497 湯上がりには、バナナオレを選択。

Dsc07499 汗も引き、外で一服。その時、今夜合う予定のAさんのツイートが。

Dsc07501 カラピンチャに戻ると、とあるお客さんによる、興味深すぎる上映会?が。こんなものがあったり。これは、インド・ポンディシェリの「フレンチ・ドーサ」なる写真。ケララの祭・オーナムの様子、その他いろいろ楽しませていただきました。

Dsc07504 そして、今夜の会場近くに向かい、主宰のMさんとは、北野ストア前で合流。ちょっとした打ち合わせをしていたら社長に見つかり(!)、暑いからと店内に招かれ、お言葉に甘え。するとそこで話題にしていた、ニハリ、ハリームの缶詰を発見→成分その他を検討し、迷った挙げ句、ハリームを購入。

Dsc07502 今夜の「パキスタン会」の会場は、当然のごとく、こちらナーンイン。

Dsc07503 シェフのアリさん、ラホールのホテルに14年間いたんですね。どこのホテルなのか聞いてておけばよかった。えっ、もしかして、私、彼の料理を現地で食べていたかも???・・・な訳ないか(笑)

Dsc07507 そして、パキスタン会が開会。10名参加による食事会となりました。

Dsc07509 タンドール。ここ日本ですよ。

Dsc07505 最初はたっぷりのサラダから。ザク切りのトマトを見ただけで、きちんとした仕事が伺えます。

Dsc07506 グリーンチャトニーは、コリアンダー(リーフ)かミントっぽい風味(つまり、よく分からない)。抜群でした!

Dsc07511 ローストパパドも何か違います。クオリティの高さがひしひしと感じられますね。

Dsc07513 焼き物は、ジューッ!という音と共に。お肉が柔らかく、しつこくない!これにはびっくりしました。下に敷かれたオニオンスライスも、何げに素晴らしかった。

Dsc07515 チキンビリヤニの登場。抜群の風味!

Dsc07518 ロティは、驚愕の焼き上がり、仕上がり具合!たまらん!!

Dsc07521 続けて、大量のナンも!

Dsc07520 マトンマサラは骨付き。これは本格的です。今まで夜にナーンインを訪れなかったことを激しく後悔しました。

Dsc07523 パラクパニール(ほうれん草とチーズのカレー)。これまた驚愕のベジの一品。もう他店でパラクパニールは食べられなくなったことほぼ確定。

Dsc07525 アルゴビ(じゃがいもとカリフラワーのドライカレー)。パキスタン料理店のアルゴビなのに、超あっさり。しかし超絶至極の風味!まさにレストランのアルゴビ。あるべき姿をここに見ました。これはスゴイ!!

Dsc07527 チャナマサラ。これも圧倒的に旨かった。今日いただいた料理は全て通常メニューで、食事会の特別料理という訳ではありません。それでこのクオリティの高さはあり得ません!

Dsc07531 バミセリ・パヤサムで〆。甘さは控えめで完璧な味!

Dsc07533 思わず唸ってしまいました。

Dsc07535_2 チャイはこの小さな金属製のポットで。しかしこれで軽く5人分以上の量が入るんです。濃厚で、パキスタン料理店らしいチャイには、たっぷりと砂糖を入れて楽しませていただきました。

Dsc07529_copy1 料理がおいし過ぎて、今日は途中から、無言で唸っていた人が多かったと思うのは私だけでしょうか。素晴らしい夜をナーンインで過ごすことができ、幸せな気分☆
あと、不思議だったのが、パキスタン料理なのに、今日はさほど胃もたれせずでした。誰かがオイルを沢山使っても、そう思わせないのは技術だと仰っていた。まさにその技術を食後に実感した、これまた驚きの体感でした。

そして、帰りがけ、予定どおり、マドラスキッチンに立ち寄りました。シェフのスレッシュ氏、そして偶然来店していたYさんともちょこっと再会!そこに来週日本を発つラビ氏は、何とインダス・レイのヴィナさんの御主人と一緒に登場と、これまた、いろんな再会もあったりしたのであります。

今日は神戸を久しぶりに十分過ぎるほど堪能させていただきました。急に誘ってお越しいただいた皆さん、段取りその他でいろいろお世話いただいた主宰のMさんに感謝です。ありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年9月 8日 (土)

種蒔いてサウナ入って料理教室

土曜日はいつもと一緒の時刻に目覚めたものの、何だか身体が重たい感じ。

Dsc07393 ベランダでカレーリーフの木に水をやっていたら、ついに実が落下していた。もちろん、カレーリーフの果実はおいしくいただきました!

Dsc07395 種はこんな感じ。立派というか、何というか。

Dsc07403 結構、独特の形をしております。

Dsc07406 種蒔きしました。芽は出てくるでしょうか。楽しみです☆

Dsc07423 午前中はダラダラ。冷凍庫の掃除をしていて発見したサン・ジェルマンのドーナツを解凍、トースターでカリッとさせたら、驚くほどおいしくビックリ。これ、もう半年、いや、1年前くらい前のものかも。

午後は、押熊の「天然温泉」でまったり。久しぶりにサウナも。1回目は12分、2回目は腹筋に力を入れて6分。体重は61.5キロと、久しぶりの61キロ台。来月上旬の健診を控え、いいあんばい?

Dsc07438 夕方からは、vanamインド家庭料理・acoさんの料理教室へ。今日は、アヴィヤル、ウプマと、私の大好物が!Dsc07425a ウプマは水加減と、それに伴う塩加減が難しそうでした。

Dsc07428_2 ウプマの完成!おからじゃないよ。

Dsc07431 いつ見ても、この光景、壮観です。

Dsc07432 手前から、ウプマ、なすのスパイス焼き、ひよこ豆のサラダ、アヴィヤル、いわしのトマトカレー、カリフラワーとレーズンの手作り粒マスタード和え、スパイスライス、トマトチャトニー。

やはり、ウプマはいいですね。大きめにカットされた野菜、ライムの香りがさわわやかで、セモリナ粉の独特の食感が楽しめ、重たそうでパクパクいけます。アヴィヤルは、もっとヨーグルトのクセが出ても私は好きなんですが、やはり夏のベジはこれに限る!と思う独特の風味が最高でした。いわしのカレーはタマネギ天国!粒マスタードの超クセのある風味も病みつき必至。acoさんの料理、野菜がこんなにおいしいんだと再認識させてくれる、風味と味わい、これはありそうで意外とない、独特の世界の料理なのであります。

Dsc07434 食後は、とってもリッチな、はちみつラッシー。生クリームがトッピングされ、はちみつのコクがラッシーと合う合う!本当、デザートです、これは。acoさんの料理は、やはりちょっとしたひねり、工夫が抜群の効果を発揮すると言うか、そのポイントが非常に参考になります。味の引き出し方が本当に上手なんですよね~。

今日は何だか一日中ボーッとしていましたが、夜は豪華なベジ中心のインド家庭料理、そして御一緒した方々との談笑で、精神、身体共に満たされました。早速、セモリナ粉を買いに行かねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月 7日 (金)

今夜はマドラスキッチン!

ようやくやってきた金曜日。

Dsc07375 朝は、ベジカレーをフランスパンに乗せて。

Sxxue 昼は、萩で、まぐろ山かけ。ぜんまいと厚揚げは昨夜に引き続き。小松菜とお揚げ、おでんも添えてイイ感じ。

Dsc07378 夜は、フラフラ大阪市内を歩き、気が付いたら新快速に乗っていた。そして、やはり気になるこちらに吸い寄せられるように…

Dsc07379 ラッサム!ビシッときてます。これですよ、コレ!

Dsc07380 今日は絶対ベジ・クルマと決めていたのに、ラビさんのノンベジ、マトンの囁きに負け、チェチナード・マトン・クルマ。ああ、このホールスパイスがたっぷり使われたリッチなカレー!素晴らしい!

Dsc07382 最後は、ラッサムライスで〆。

Dsc07383 マドラスコーヒーも頼んでしまいました。

Dsc07384 スレッシュさん、おかえり~!ケララ3人衆揃い組です。しかし、真ん中のラビさん、来週15日にケララに帰り、来年4月まで戻ってこないとか。そして特命?を受けたのであった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月 6日 (木)

サンマとガッチョ!@萩

今日は出張明け。勝負の木曜日。

Dsc07347 朝は、例によって。

Dsc07346 ピーオーネも!

T67zv_copy 昼は、萩で新サンマの塩焼き。今季2回目!ゴーヤ、焼きなす、おくらも添えて、ちょっと季節を先取りです。

Dsc07359 夜は、再び萩へ。初めての「夜ハギ」☆

Dsc07357 さんま、あじ、とびうお、はまち、きずし、はも、ぶりカマ、関あじ、きす、がっちょ!…もう、どないせ~っつーねん!

Dsc07351 夜の通常メニューはご覧のとおり。

Dsc07349 最初は、ぜんまいと厚揚げの煮物。山菜ってこんなにおいしかったっけ~って感じ。心に滲みます。

Dsc07353 山芋と京揚げの煮物。山芋ってこんなに洗練されていたっけ~って感じ。もう季節は秋!

Dsc07350 新さんまのお造り!!しょうが、わさびの選択はしょうが。すだちをキュッと絞って、ツルンとさんまを口の中に放り込み、旨ーーーーっい!日本人に生まれて幸せ!

Dsc07354 がっちょの唐揚げが、カラッっと揚がっているではありませんか!レモンをギュッと絞っって、サクッ、ぐにゅっ!食感がたまらーーーーーん!唐揚げの王様ですわ、コレ!

Dsc07355 泉州産のがっちょ。関東では、めごちって言うみたいですね。何となく聞いたことはあったけど、「ケンミンショー」で見て、ずーっと食べたくて、巡り会える機会がないかと思っていた一品。萩では年に数回あるかないかみたいなので、今日は本当にラッキーでした。しかも女将さんのお誕生日だったとは!

Dsc07352 ぬか漬けも、素晴らしい仕上がり。特にニンジンはお手本のような漬かり具合。意外でしたが、これにすだちが良く合いました!

今日は、萩2連発、さんま2連発、それに、がっちょにも出会うことができ、素晴らしい1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月 5日 (水)

粉モンの日~夜タリ・ウプマ!

今日は定例出張日。

Dsc07313 朝から、RASA HALA・インディカ君のロティ!たまらん!

Dsc07315 遅い昼は、花芝商店街・たかぎで「冷やおろし」こと冷やしおろしそば。ここのそばメニューは量が1.5人前以上あるのだが、そばが気持ち細めでいくらでも食べられる。夏はやはりコレですな。

Dsc07331 夜は、店長のツイートを見て、こちらタリカロへ。

Dsc07324 今日は全て単品。ウプマ(ココナッツチャトニー付き)、豆・ポリ(豆カレーとポリヤル)、チャパティ、それに奥の皿は、チキン65。

Dsc07326 このウプマ、もう大好き!!ココナッツチャトニーも、そこらにあるものとは違い、豪華千万!チャパティは店長さん仰るとおり、粉の品質で気持ちモチッとした感じだけど、素晴らしい仕上がり!思わずおかわりしてしまいました。

Dsc07327_2 タリカロのチキン65は独特だけど、しつこくなく、それでいて甘辛感もあり、ドレッシングっぽいソースとの相性も最高。ライム、紫タマネギなどもポイント高いです。チャパティと一緒に食べたら!!!

今日は、ロティ、そば、チャパティ、ウプマと粉モン一色。良い日で御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月 4日 (火)

絶品!RASA HALAのワンプレートと激辛いかカレー

火曜日の朝。決して満足できるレベルではないが、朝晩はいくらか涼しさが感じられるようになりましたね。

Dsc07300 朝食は例によって。今日は食器をケチって合い盛り?に。シカクマメ、コーン共に食感良し!

Dsc07301 昼は、いつもの萩でぶりカマ。酢みそもあり、満足至極。

Jg6z0 夜は、ようやくここ、東三国に。帰りがけ、こういう通りを通って帰宅できる人が羨ましいです。都会の下町っぽい風情が残っているところ、好きだな~。

Fy6tf すっかりこの商店街に溶け込んでいますね。

Dsc07302 外の黒板を見ているだけで、ワクワクします。カジキマグロが、ステーキ、デヴィル、フライで楽しめるのでしょうか?空芯菜とか、セットも複数あって、創意工夫、試行錯誤の様子が窺われます。スリランカ料理なので、このようにいろいろな組み合わせを提案する試み、とってもいいですよね。

Dsc07303 オーダーは、3種カレーのワンプレート。気持ち小さめの大皿に、3種どころか、6種なんですけど!!チキン、ポーク、きのこ、豆、野菜から、ポーク、きのこ、豆を選択。マッルンはキャベツに加え、セロリの葉が。これがとってもいいアクセントになり、素晴らしかった。きのこも地味ですが、存在感十分。ポークがつまみみたいに乗っかっているのも、肉系カレーにプレートが支配されず、とってもいい量だと思います。それに、素材感あるパリップも健在。ライスが多すぎず、私にとってはぴったりの量。それに、こんなに多くの料理が少量多種楽しめ、本当、私のためのプレートだわ、コレ!

Dsc07304 そして、やはりRASA HALAに来たら、このプレーンのロティは絶対に外せません。このままでも楽しめるし、もちろん、いろいろなモノと一緒に食べてもおいしいです。このロティ、もっともっと看板メニューとしてアピールが必要ですよ、本当に!

このあと、最近、いろんな方に伺っている、例のチリの件、今日はロティ職人のインディカさんに聞いてみたところ、「これはチリを塩漬けにしたもので、ニンニク、カード(ヨーグルト)も使う。これをさらにフライすることもある。」とのこと。聞きましたか?、ヨーグルトを使うって。ヨーグルトを使うって初めて聞きました!名称は、カルータラの横田さん、ロッダ兄弟、カラピンチャさんが言うように、モール・ミリス。かじりながらライスをいただくというのも、同じでした。このあと、住友さん、超常連のお客さんと一緒に、このモールミリスをかじり、激辛地獄!インディカはめっちゃ嬉しそう!(失礼いたしました)

Dsc07308 激辛アイテムで盛り上がったところ、そのインディカが作り、彼自身も激辛と言っていたという、イカカレーが残っているというので、試食させていただきました。絶対に無理と言う、このカレーを私と超常連の方がパクリ。・・・平気。・・・あ~っ、ちょっときた。でも、これ、辛みが素晴らしく、鼻から抜けるような爽やかまで感じるほど。魚介系の味も全然しつこくなく、絶品!!!でした。これは、激しく定番化を希望です。これは、私、確信しました。絶対にRASA HALAの看板メニューになると。辛いのに旨いという、あの南船場ゴヤクラの「鬼超え」を凌ぐと言っても過言ではないと思いました。マジで検討して欲しい、定番化を!

RASA HALAでいろいろ堪能した後は、軽くウォーキング。いつものように、ここに来た時は淀川を渡って梅田まで歩くのですが、今日はぐっと我慢して、西中島南方駅まで。気持ち涼しくなったとは言え、やはり大阪の蒸し暑さは健在。今日は1.4万歩。このくらいを毎日続けたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年9月 3日 (月)

今日も東三国はおあずけ

週明けです。

Dsc07248 朝は、近所のミルフォードのフランスパンに、昨夜作ったココナッツレー。

Dsc07249 昼は、ぶりの照り焼き、筑前煮、ゴーヤの卵とじ。

Dsc07293 夜は、朝メニューにシカクマメのポリヤルを追加、パンをくるみパンに変更。以上。

今日こそ東三国RASA HALAへ行こうと思ったのですが緊急出張が入り断念。今日のような食生活が私の日常と言えば日常でしょうか。こう見ると、汁気、たんぱく源が不足しているので、やはりダルカレーでしょうか。ちょっと考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月 2日 (日)

ココナッツ三昧の一日

今日は久しぶりにイベントごとがなく、自由に動けそうな日曜日。

Dsc07219 奈良から延々と近鉄-阪神に乗り、魚崎から1駅六甲ライナーに乗り住吉へ。その1駅先の六甲道が今日の目的地。

Dsc07227 久しぶりの水道筋・カラピンチャ。何度来ても、嬉しく思えます。

Dsc07220a 今日は、ナスがアクセントになりそうで、汁気はじゃがいもと勝手に解釈。キャベツのマッルンがプラスαの野菜、それでさわやかさが増す感じ。これに、チキン、マグロまで加わるとは、何とも豪華なプレートです。なお、アンブルティヤルはマグロで、これが一番しっくりくるとのこと。そして、プレーンのアーッパは1枚売りを始めたようです。

Dsc07222 最初は、プレーンのアーッパ。今日は一番奥の席だったので、鍋に生地を流し込むときに立ちこめる、あの何とも言えない発酵臭が感じにくかったので、目の前に出されたときに思わず犬のようにクンクンと嗅いでしまいました(まあ、いつもそうしていますが)。これとシーニサンボーラとの組み合わせ、幸せ以外の何物でもありません。

Dsc07224 豪華すぎるカレープレート。ポルサンボーラもよく出来ているし、アチャールもいい食感。ナスの酸味がいいアクセントになり、とてもバランスが良く、風味、食感、味、色合いの全ての面で、いろいろ楽しめ、私の求める理想的なワンプレート!

Mw8pi 2週連続で来られなかったので、今日は記念に別角度でもうワンショット。美しすぎます!

Dsc07225a 食後のキリパニ(ヨーグルトのキトゥルシロップがけ)、アイスド・キリティ(ミルクティー)もおいしくいただき、暫し雨宿りさせていただきました。

Dsc07231 食後は水道筋商店街をブラブラ。この「フレッシュフィールド」という八百屋さん、とにかく品数、種類が多くいつも気になっていました。

Dsc07230 物色すると、何と、沖縄産のシカクマメが!私、初めて売っているのを見ました。しかもこの値段。即効4パックを購入。「うりずん」と言うんですね~。

Dsc07229 しかも、このように、説明書きが。よく見ると、天ぷら、和え物のレシピが。うりずんのテンパラード、サンボーラと言ったところでしょうか?!

Opn0o このあと、水道筋商店街、阪急王子公園駅を抜けたところで、再び激しい夕立が。高架下で暫し雨宿りしました。

そして、ようやく雨が止んだあと、早足で三ノ宮駅までウォーキング。これで、何とか1万歩達成となりました。

Dsc07238 帰宅後は、シカクマメを茹でるところから。

Dsc07240 シカクマメのポリヤルの完成!レシピは、昨年4月の渡辺玲先生の料理教室のもの。ようやくこれを作ることができ、ちょっと感極まりました。

Dsc07241 続けて、とうもろこしとにんじんのココナッツカレーも完成!レシピは、インド家庭料理vanam・acoさんの料理教室のもの。このカレー大好きなので、今日はいつもより大量に作ってしまいました。

Dsc07243 昼のカラピンチャさんのプレートには負けますが、今夜は私にしては彩り鮮やかになりました。手前から、シカクマメのポリヤル、とうもろこしとにんじんのココナッツカレー、ルヌミリス、ゴーヤのアチャール。ココナッツの風味に溺れるような感じでパクパクいただけました。

Dsc07245 食後は、職場でもらった沖縄土産のココナッツちんすこう。これがまたおいしかった!これ、スリランカ料理店で、食後のデザートとして十分通用すると思いました。

と言うことで、今日は、昼夜共に、ココナッツ三昧の一日となりました☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年9月 1日 (土)

お初天神で厄払い、タルカで食事会

昨日はスリランカ料理店2店3回訪問。今日はその勢いそのままに、昼にRASA HALA訪問を計画。

Dsc07168 朝は、もうこれで最後になったミックスベジタブルクルマを、タケウチの全粒粉のハードなくるみパンで。

Dsc07193_2 昼は、例によって、出遅れに出遅れ、結局、RASA HALA行きを断念。梅田の地下街を延々と歩きながら、なぜかお初天神に。今年は本厄ということで、厄払いする資金はないので、お参りして厄除御守を購入。

Dsc07194_3 それで思い付いたのが、お初天神東のあの店。お初天神からは、このようにダイレクトに進めます。

Dsc07192_3 何とも独特、らしい雰囲気があります。

Dsc07191_2 すぐに着きました。柚子の香りが独特の夕霧そばで有名な「瓢亭」。既に14時30分を過ぎていましたが開いてました。

Dsc07189天井低めの独特の雰囲気が落ち着きます。

Dsc07186 大阪らしい、至れり尽くせりのサービス。ここの店員さんは、せっかちな大阪人の気質をよく心得ていらっしゃる。すぐに麦茶、どころか、うちわまで!

Dsc07187 山かけを冷やしで注文。超細かくおろされたとろろの綺麗なこと。青のり、卵黄、薬味として添えられたわさび。日本の美ですな。ここの山かけ、やはりひと味もふた味も違います。

Dsc07188 冷やしのそばの後にも、きちんとそば湯がサーブされます。しかも食べ終える前を見計らって。爪楊枝も一緒にです。やはり、このように機敏かつ丁寧、さりげない至れり尽くせりのサービスは気持ち良いものです。

そして、このそば湯、柚子の上品な香りが。きつくない香りが本当に上品。素晴らしすぎます。

お店を出た後は、再び梅田の地下街へ。第3・第4ビルから第2・第1ビル、ドーチカ、阪急三番街、泉の広場・・・いろいろ徘徊、いや、今日は梅田地下街でウォーキングを敢行しました。

その後は、少し時間に余裕があったので、阪急で京都へ。今夜は名古屋から来られたご夫妻とちょっとした食事会を急遽開くことになったのです。

Dsc07199 ご夫妻とは、ちょうど1週間前、名古屋・RAJAでパキスタン・カラチの魚料理会で御一緒して以来。コリアンダーチキン、チキンドピアザ、ロティ。念願のドピアザ、タマネギの甘みがたまりません!

Dsc07200 こちらは、南瓜のアチャール。これは美味でしたぞ!

Dsc07202 今日は何と私の大好物、アヴィヤルが!奥の皿は、サンバル。1人1,500円強でしたが、振り返ってみると、ラッサム、ダルタルカあたりを頼んでおいてもよかったかもしれませんが、今日のメンバーは全員食が太くないので、これで十分。

カレー談義、カレー人談義にも花が咲き、今夜はとっても落ち着いた雰囲気の中、いい時間を過ごすことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »