« 夜タリ! | トップページ | インド会@古民家 »

2012年8月18日 (土)

タルカのランチミールス~ゴーヤアチャール、アルゴビ(マサラ系サブジ)を自作

今日も猛暑なのか、それでも楽しい土曜日。

Dsc06821 こちらは、昨夜作った、とうもろこしとにんじんのココナッツカレー。vanamインド家庭料理・acoさんの料理教室の復習です。来週日曜日が次回なので、それまでに何とか復習できたという訳。

Dsc06832 このカレー、野菜たっぷり、スイートコーン、ココナッツ(ファイン)の微かな食感が抜群!ベジの豪華カレーという按配で、我ながらなかなか上手く仕上がっています。

Dsc06833 ランチは、先週訪問した、インド食堂 タルカを再訪する形に。東三国・RASA HALAにしようかと思いつつ、そちらは仕事帰りに立ち寄り可能なので、こちらを選びました。しかし、今日も例によって出遅れ、店到着は14時15分頃。運良く売り切れは免れました。

Dsc06835 Aセットのチキン、マトン、サンバルの中から、今日はマトンを選択、それにライタを付けた私の定番の組み合わせ。今日はさらにアチャールを追加しました。それにしても見てください、このロティの焼き上がり具合ときたら!

Dsc06836 別角度から。ダルは、パンダ豆と何とウラドダルのミックスバージョン。なすはマサラっぽい豪華な感じ、ゴーヤフライ、ココナッツチャトニーまで。ロティにマトンを皮切りに、いろいろ挟んで楽しみ、その後はライスにダルとラッサムをかけという具合。

Dsc06837 最後はヨーグルトライス、それにアチャールを1個乗せて楽しみ〆。写真はありませんが、最近始めたという、アイスチャイもいただきましたが、これもおいしかった!

そして、今日は時間が遅かったこともあり、オーナーシェフご夫婦とゆっくりお話することができました。そして、そして、何と今まで気が付かなかったのですが、こちらのココナッツチャトニー、何と生ココナッツ(オールドココナッツ)を削って使っているようです!メニューにチャトニーのことは書いていないし・・・、謙虚すぎます!それだけでかなりの宣伝効果あると思うのですが、このお店のひたむきさを垣間見たような気がしました。素晴らしいですね。

Dsc06838 食後は、京都駅までウォーキング。タイミング良く、通り雨があがり、しかもその後は日差しがなく、至極爽やか。自ずとペースが上がり、京都駅までちょうど30分ほどで到着しました。

Dsc06839 こちらは帰宅後に作った、ゴーヤアチャール(にがうりのピクルス)。レシピは、香取薫先生とたなかまみ先生共著の「うまい、カレー」。ゴーヤは奈良産、カレーリーフは我が家のもの、そして、今日はココナッツビネガーを使ってみました。どのように仕上がるか楽しみです。

Dsc06842 その後は、アルゴビを作りました。レシピは、渡辺玲先生著「誰も知らないインド料理」(新版)。何とこの本には、アルゴビだけで3つのレシピ(サブジタイプ、カレータイプ、マサラ系サブジ)が掲載されているんです。今日はその中から、マサラ系サブジのレシピで作りました。やはりマサラから調理するので、リッチな感じに出来上がりました。

Dsc06843 これはお遊び。ゴーヤアチャールのピクルス液が鍋に残っていたので、その中にアルゴビを放り込み、軽く炒めてみました。全くの実験だったのですが、これがなかなかイケてました!仄かな酸味がアルゴビをさらにリッチにし、心持ち爽やかにいただくことができるような気がしました。

さて、明日は神戸で食事会に参加です。私に何ができるか分かりませんが、足手まといにならないよう心がけ、存分に楽しんできたいと思います!

|
|

« 夜タリ! | トップページ | インド会@古民家 »

インド料理」カテゴリの記事

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/55454104

この記事へのトラックバック一覧です: タルカのランチミールス~ゴーヤアチャール、アルゴビ(マサラ系サブジ)を自作:

« 夜タリ! | トップページ | インド会@古民家 »