« 夏休みは肥後橋・カルータラでスタート~夜はご近所レストラン共演の和プレート | トップページ | 茨城県常総市・亀仙人街へ~ランディワのランチは本格的、食材店ではスリランカ米2種、ココナッツ削り器、アーッパ・ターチ等々を入手! »

2012年8月 4日 (土)

VIVA!アハサ食堂~夜は桜新町・砂の岬<帰省1日目>

今日から夏休みですが、8月に取ったのは採用後初めて。

Dsc06256 理由は、今日のイベント(食事会)に参加することを決めていて、ついでに取っちゃえ!って勢い任せに印鑑ついた訳です。今日はなかなか興味深いスリランカの食料品が沢山ディスプレイされていて、気分が高まります。

Dsc06247_2 会場は、四谷四丁目駅から曙橋方面に徒歩5分ほど歩いたところ。オープニングは、うっちゃんトーク!香取先生の本、存在感がありますね~。

Dsc06249 手食のレッスンは、アハサさんのご主人の知り合いの方。5本の指を全部使うんですね。親指での押し込み方はインドと一緒かな。roddaの兄が、決して指を舐めたり、両手で汚れをとらないとも言っていたのを思い出しました。

Dsc06252 スリランカカレーのプレートの登場です。空芯菜入りパリップ、ククルマスカレー、なすのモジュ、ポルサンボーラ、トマトとオニオンのサンバル、ゴーヤマッルン、パパダン、ワタラッパン、ジャスミンライス。私個人としては,なすのモジュ、ポルサンボーラ、パリップがストライク!そして、チキンが独特。お肉が魚のような感じで、ここまで上手く他の野菜類と合うチキンは珍しいんじゃないかと思うほどでした。ポルサンボーラにはシシトウの輪切りが少しだけ入っていたでしょうか。これもなかなかでした。

それで、アハサさんとお話したのですが、やはり生ココナッツではなく、ココナッツファインで作る場合、ポルサンボーラは軽く火を入れた方がおいしいと再認識。たなかまみ先生のレシピもそうだった筈。大阪のスリランカ料理レストランでは、タイプが結構分かれていますが、やはりこちらに軍配でしょう。

Dsc06257 ワタラッパンの蒸し上がりは完璧!そして、見事なバランス。黒糖類のくどみの出方が絶品でした。

Dsc06261 キリテーは、このようにしていただくと、気分も味もよくなりますね。衣装も美しく素敵です。

Dsc06262 キリテーのお供は、スリランカのお菓子。これが不思議なおいしさでした。

Dsc06260 食後は、シンハラ語講座。先日、野口先生の講義のエピソードを伺い、このような機会が貴重であることを認識した上での受講。彼女は2年間現地に滞在したようです。レジュメは、シンハラ文字の表の印刷がいまいちだったのが残念でしたが、かなりの制約がある状況で使うものとしては、かなりコンパクトかつ上手くまとめられていました。発音をカタカナ表記にしているので、発音練習はそれほど重視せず、基本の基本をもっとしっかり押さえて覚えさせるくらいの大胆さがあれば、なおよかったと思いました。とてもよい内容だっただけに、惜しい!との思いから、生意気にも意見をてんこ盛り書かせていただきました。(←愛情です!)この日のために、準備など、いろいろ大変だったと思います。ありがとうございました。

Dsc06265 食事会終了後は、大撮影会となり、いろいろな方との出会いもあり、名残惜しさを押し殺してウォーキングに。四谷から青山1丁目経由で渋谷まで歩きましたが、今日の東京は蒸し暑く、苦難の道のりとなりました。

Dsc06266 渋谷からは久しぶりに田園都市線(新玉川線)に乗り、桜新町へ。東急のインバータでない車両は、私が子供の頃からのものかも?懐かしかったです。こちらは、桜新町駅から徒歩5分強の場所にある、砂の岬。

Dsc06276 インドのアンティーク食器、鍵などがディスプレイされており、少々値は張りますが、これ販売されているんです。

Dsc06267 メニューは表紙に木の皮が使われており、いい雰囲気。ソフトドリンク、デザート類が充実していて、食事についてもサイドメニューが粒ぞろいで、一品一品、お店の方の思いがぎゅっと詰まっているようなメッセージが感じられ、とても素敵なお店、メニューだと思いました。

Dsc06274 カレー2種は、コリアンダーチキンマサラとベジタブルカレーを選択。マドラスチキンカレー、パキスターニベイガンキーマも捨てがたかったのですが、コリアンダーチキンとの組み合わせを考えるとこれしかないと思い注文しました。

コリアンダーチキン、この風味、インドですよインド!どこかで食べたような独特の風味です。香り高さが存分に味わえる素晴らしい一品でした。ベジカレー、アチャール、サブジもそうですが、全体的に濃厚な味わいで北っぽいターリーです。ラッサムも濃厚な感じで、結構辛くてインパクトがありました。混ぜて食べてもおいしいのですが、一品一品が丁寧に作られているので、引き算的な食べ方よりも、むしろ一つずついただいた方が、おいしいかもと思えました。しかし、本当に香りがいいです、砂の岬さん。これだから、インド料理はやめられないんですよね~。

Dsc06275 チャイは、何とスパイスなしのミルクチャイ。それなのにかなり濃厚。これは、かなり印象深かった。本当、一つ一つの料理に対する思い入れの強さを感じずにはいられない、このお店の世界を少し垣間見ることができたような気がしました。

今日は、昼はスリランカ、夜はインドとなりました。歩数はちょうど2万歩で、蒸し暑い中よく歩いた方だと思います。

明日は、茨城に行きますよ!

|
|

« 夏休みは肥後橋・カルータラでスタート~夜はご近所レストラン共演の和プレート | トップページ | 茨城県常総市・亀仙人街へ~ランディワのランチは本格的、食材店ではスリランカ米2種、ココナッツ削り器、アーッパ・ターチ等々を入手! »

イベント・食事会・料理教室」カテゴリの記事

インド料理」カテゴリの記事

スリランカ料理」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

今日はお会いできてうれしかったです。そして早速記事をアップしてくださってありがとうございます!
私は写真をほとんど撮れなかったのでrikirohさんのブログ、リンク貼らせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?

投稿: ahasa | 2012年8月 5日 (日) 01時40分

>ahasaさん
昨日はお疲れさまでした。各時間帯、もっと人数が少ないと思っていたので、会場を見渡してビックリ!でした。
リンクの件、恥ずかしいですが、よろしくです。私のブログにも貼らせていただきたく、承認いただけたら嬉しいです。
なお、写真は、後日facebookにもアルバムとしてアップしようと思っていますので、その際はお知らせしますね。
今後とも、よろしくお願いいたします!

投稿: rikiroh | 2012年8月 5日 (日) 10時07分

早速リンク貼らせていただきました♪
私のもぜひぜひリンク貼ってください!facebookの写真も楽しみにしていま~す(^.^)

投稿: ahasa | 2012年8月 6日 (月) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/55352425

この記事へのトラックバック一覧です: VIVA!アハサ食堂~夜は桜新町・砂の岬<帰省1日目>:

« 夏休みは肥後橋・カルータラでスタート~夜はご近所レストラン共演の和プレート | トップページ | 茨城県常総市・亀仙人街へ~ランディワのランチは本格的、食材店ではスリランカ米2種、ココナッツ削り器、アーッパ・ターチ等々を入手! »