« 東京最終日はダクシン、アーンドラ・ダイニング。そしてカラピンチャへ! | トップページ | 新版 誰も知らないインド料理を入手!~その後マドラスキッチン、インダスレイを訪問 »

2012年8月10日 (金)

カルータラのSPランチ、RASA HALAのロティ、そして自由軒!

昨日東京から帰り、やはり朝は疲れが少々。

Dsc06641 昼は、東京からの客人と待ち合わせ、こちら肥後橋・カルータラへ。

Dsc06635 今日はスペシャルランチの日。チキンカレー、パリップ、ポルサンボーラ、シーニサンボーラ、デビルチキン、ピクルス!何度いただいても、このパリップは独特でおいしいし、シーニサンボーラは群を抜いていますね。デビルもこれを食べちゃうと、他では満足できなくなるので困ったものです。食べるたびにファンになっていきますね~。

Nec_1070 その後は、肥後橋から難波まで軽く歩き、なんば界隈をちょろっと観光。隣の大国以上に、商品名も、そして、「みたらしチョコレート味」って、インパクトあり過ぎ。

Dsc06642 カレーの品格、通天閣カットのり。

Dsc06646 う~ん、こういうの誰が考えはるんやろ?次は、秋しゅうまい、冬アイスキャンディ???応募(←してません)してみようかな?

Dsc06647 夕方からは、こちら東三国・RASA HALAへ。最近忙しくてなかなか訪問できなかったので、駅から続く商店街を歩いていたら、何だか里帰りした気分になりました。

Dsc06648 コットゥロティがグランドメニュー化していた!やはり塩加減最高!これにチキンカレーなどをかけていただくようです。これにかけるチキンカレーも、やはりピシッと締まった味わいで、やっぱりRASA HALAはおいしい!!

Dsc06649 ビーツなんかも、普通にあるところが、すごいところ。オーナー兄弟の努力の賜なのでしょうが、いつ寝ていらっしゃるのか心配・・・!

Dsc06650  ビーツのカレー。ビーツっておいしかったんだ~と再認識させられる仕上がり。

Dsc06651 あっさりしたパリップも独特。ココナッツの甘みが若干控えめで、豆を含め、素材感があるって感じが魅力なんですよね~。これはビーツのカレーにも言えるところ。

Dsc06653_2 ロティの登場。ポルサンボーラ、キャベツの葉のマッルン添え。

Dsc06652 チーズロティ。たたんで焼くとまた食感がカリッとなって、層もできるし、チーズとの相性も抜群です。

Dsc06654 エッグロティ。青唐辛子入りで、具入りの薄いちょっとレアなオムレツが入った雰囲気で、これも焼きたてで食べるとたまりません。

東京からの客人もRASA HALAには大満足だったようで、盛り上がりに盛り上がった訪問となりました。今日は本当にいろいろありがとうございました!

Dsc06643 そして、その後はさらに、こちら、なんばの自由軒へ。どうしても食べたいようなので、お付き合い。

Dsc06644 自由軒ってこんなにメニューが豊富だったんですね。

Dsc06655 私は店の前でお別れするつもりでしたが、なぜか注文。そして完食・・・。結構ライスにソースが滲みていて、予想以上に濃厚。卵がよく合います。なお、個人的に卵はきちんと黄身を潰して混ぜた方がおいしいように思いました。おそらくこのカレーを食べたのは10年以上前だったと思うので、何だか感慨深かったです。

Dsc06645_2 こんなにインパクトが大きいお店だったかな~。お店は大入りで、女将さん、そして調理をしている女性の方までホールに廻って、愛想良くサービスされ、とっても居心地がよく、ほのぼのさせてういただきました。決して落ち着く空間ではないハズなのに、どこかゆる~い空気が流れていて落ち着くのが不思議でした。

しかし、今日はさすがに食べ過ぎました。明日は休養をとり、体力が回復したらきちんと歩きたいところです。

|
|

« 東京最終日はダクシン、アーンドラ・ダイニング。そしてカラピンチャへ! | トップページ | 新版 誰も知らないインド料理を入手!~その後マドラスキッチン、インダスレイを訪問 »

イベント・食事会・料理教室」カテゴリの記事

スリランカ料理」カテゴリの記事

洋食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/55395412

この記事へのトラックバック一覧です: カルータラのSPランチ、RASA HALAのロティ、そして自由軒!:

« 東京最終日はダクシン、アーンドラ・ダイニング。そしてカラピンチャへ! | トップページ | 新版 誰も知らないインド料理を入手!~その後マドラスキッチン、インダスレイを訪問 »