« 昼はケララパロタ、夜はゴタンバロティを「廻し」、復習を実践 | トップページ | 平凡とは日常化? »

2012年7月 2日 (月)

ロッダグループでスリランカ米のアンブルティヤル・カレープレート

先週の東京、一昨日の神戸の料理教室の、「香取ウィーク」明けの月曜朝。

Dsc05012 捨てるなんてもったいない!ライスには、男爵入りキリホディ、ルヌミリスを合わせてスタート。

Dsc05013 昼は、萩で、大カレイの煮付け、なす、冬瓜、ふきで、風味豊かな昼食。既に夏の雰囲気漂う大阪、自ずと水分を求めるのでしょう。

Dsc05014 仕事帰りは、久しぶりに九条へ。それにしても、日が長くなりました。

Dsc05018 お目当てのフィッシュヘッドカレーの鍋。スリランカではこのカレーに使う魚は何でもよい訳ではなく、タラパット?という魚が抜群だとか。

Dsc05015 こちらは、アンブルティヤル(まぐろ)の鍋。いや~煮詰まり具合に一目惚れ!アンブルティヤルのプレートか、フィッシュヘッドの単品という究極の選択を迫られることに。

Dsc05016a オススメもあり、今夜は、アンブルティヤルのカレープレート。アンブルティヤルは手で潰して食べないとダメ!ということで、手食苦手な私ですが、褒められてしまった。確かにスプーンとフォークじゃ細かく魚の身がほぐれないですね。フィッシュヘッドは他のものと混ぜずに食べるのが流儀の由。もちろんカレープレートは最後に全部混ぜ!そして、スリランカ米、やはり最高でした。

Dsc05022 こちらは1キロ1,200円もするスリランカの赤米。茨城で買ってきたもののようです。茨城、なかなか行けないんですよね~。

Dsc05021 〆はこちら。やはり、スリランカのチャイは、紅茶の風味が豊かで、さわやかなのにミルクの旨味が味わえ、夏でもスッキリ飲めそう。

Dsc05023 週末にはコラキャンダというゴトゥコラを使ったお粥(ライスは少しだけ入れる由)のようなものを作る予定とか。月末にはブリヤニデイもあり、当分目が離せません。

Dsc05024 九条からは、いつものように、難波まで軽くウォーキング。大阪で歩くときは、やはり上を向くべきでしょう。月の光を眺めながら歩いていると、火照った身体も自ずと冷めていくと思ったら、危うく自転車に轢かれそうになりました・・・やっぱ大阪だわ、ここは。

|
|

« 昼はケララパロタ、夜はゴタンバロティを「廻し」、復習を実践 | トップページ | 平凡とは日常化? »

スリランカ料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/55106382

この記事へのトラックバック一覧です: ロッダグループでスリランカ米のアンブルティヤル・カレープレート:

« 昼はケララパロタ、夜はゴタンバロティを「廻し」、復習を実践 | トップページ | 平凡とは日常化? »