« アーユルベーダワークショップwithランチ~酷暑の京都、Hacobu Kitchenで素晴らしい体験! | トップページ | 昨日のラッサムは上品な仕上がりでした »

2012年7月29日 (日)

インド料理自主練習&食事会は生ココナッツ、バナナの葉の上で!

昨日のアーユルヴェータ・ワークショップ&ランチに引き続き、今日日曜は、インド料理練習会&食事会。

Dsc06119 朝は、優雅?にオークラのこのパン、冷やしトマトでスタート。そして、少し早めに出発し、ロッダ・グループでブリヤニと思ったのですが、結局出遅れ。クレオ大阪西前の公園で、昆布のおにぎりで済ませました。

Dsc06123 新さといも。レシピの半分の時間でも、火が通りすぎ、こちらはいきなり苦戦。

Dsc06122 シカクマメ!これ大好きなんですが、奈良で売っているのを見たことがありません。淡路島~徳島にかけてあるとの情報を得ました。

Dsc06120 巨大ビーツ。なかなか火が通らない強者です。

Dsc06121 生ココナッツ!袋にこれを入れて投げつけて割ったようです。なるほど~。ちなみにこれは、さらに細かくカットしてポリヤルにふりかけたり、ココナッツミルクに絞ったりして使いました。

Dsc06126 本日の参加は16名。10名を割るかな~と思っていたのですが、蓋を開けてみたら結構な人数でした。私は料理人として紹介され、こういうことは初めてなので、何とも複雑と言うか面白い体験をさせていただきました。ちなみに私、本職は、○金ドロボーで御座います。本日も一銭もいただいておらず、倫理規程、職務専念義務には抵触しませんので、念のため。

Dsc06127 主催者・まさやん氏によるレクチャー。私は洗い物などで、じっくり聞くことができず、ちょっぴり残念。

Dsc06125 本日の作品は、バナナの葉の上で!

Dsc06131 手前から、ゴーヤのマサラフライ、シカクマメのポリヤル、里芋のポリヤル、ミックス・ベジタブル・クルマ、マンゴー・アチャール、オクラの炒め物、カボチャのポリヤル、モロヘイヤのクートゥ、ビーツのパチャディ、南インド風トマトとたまねぎのカレー、ジャスミンライス、レモンライス。カトリの方は、ラッサム、サンバル、バミセリ・パヤサム。このほかにも、揚げパパド、ヨーグルト、チャイも加わりました。調理は、私を含め6人で、まあよくここまで作ったと思います。

本日最も気に入ったのは、やはりシカクマメのポリヤル。抜群でした。そして、一番期待していたミックス・ベジタブル・クルマ。これは、かなり青唐辛子が効いていて激辛レベルでしたが、コルマなのでポピーシードやココナッツの甘みで辛みが爽やかさ、食べ応えに転じ、ベジはあまり辛くしないとよく言いますが、これは大いにアリ!個人的に大好きな一品でした。こういう作り方があったか~と一人納得していました。

また、私が担当したラッサム、なかなかいいバランスで出来たような気がします。自分で言うのも何ですが、現地のミールス食堂でよく出てくるような、あっさりしたタイプのものが再現できたような。まあ自画自賛ですが・・・。

また、最初に、ライス少量を少し横に寄せ、そこにポディをふりかけ、ギーを垂らしてからいただいたのですが、これがおいしいの何の!ギーの威力、改めて実感させられました。

今日はいろいろ失敗が多く迷惑をかけましたが、周りの方に助けられ、何とか無事にミールスの一角を作ることができました。少量多種の料理をいろいろ混ぜながら、しかもバナナの葉の上でいただくミールスは、やはり印象深かったですね。

今日は、尼崎でスリランカ料理のグルコバがあり、そちらの方も気になっていたのですが、こちら西九条の食事会も主催・まさやんさん、その他参加された皆さんのおかげで、予想を遙かに超える内容の料理を楽しむことができ、充実した日を過ごすことができました。

なお、次回の渡辺玲先生の料理教室は11月上旬頃に開催予定のようです。

|
|

« アーユルベーダワークショップwithランチ~酷暑の京都、Hacobu Kitchenで素晴らしい体験! | トップページ | 昨日のラッサムは上品な仕上がりでした »

イベント・食事会・料理教室」カテゴリの記事

インド料理」カテゴリの記事

パン・スイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/55309278

この記事へのトラックバック一覧です: インド料理自主練習&食事会は生ココナッツ、バナナの葉の上で!:

« アーユルベーダワークショップwithランチ~酷暑の京都、Hacobu Kitchenで素晴らしい体験! | トップページ | 昨日のラッサムは上品な仕上がりでした »