« 第2回vanamインド家庭料理教室の前は早朝料理~タイフェスティバルの後は、再び京都で悶絶! | トップページ | 野菜カレーの魅力~看板新装!のあやめ池・プラーナ »

2012年5月21日 (月)

金環食を祝って~7:30に金色のライスが炊きあがりました!

今朝の奈良は15.1度、曇り。

Dsc03724 上空の様子は微妙ですが、期待してもよさそうです。

Dsc03708_2 午前7時以降、窓から上空を見上げると、欠けてきました。特製フィルターで撮影成功!

Dsc03709 もうワンショット。手ぶれとのたたかい。

Dsc03721 金環食の瞬間!

Dsc03723 部分食に変わっていきます。

Dsc03708a まとめると、こんな感じに。ちなみに特製フィルターとは、ラップに黒マジックで数センチ四方を塗っただけのもの。これをデジカメのレンズ部分に被せて撮影しました。

Dsc03725 そして、今朝は、金環食にちなんだ色付けをしたバスマティライスを炊きあげました。偶然にも7:30に炊きあがりました!こちらは、昨日、奈良の料理教室で習ったターメリックスパイスライスの復習でもあります。

Dsc03726 しゃもじで少し混ぜると、こんな感じに。湯取り法で茹でるより、風味がきちんと米に移っているような気がします。なかなか高貴な香り!

Dsc03727 朝食は、エッグプラント・ウィズセサミ、コリアンダーを添えて、ターメリック・スパイス・バスマティライス。我ながら素晴らしい炊きあがり!

Dsc03734 昼は、萩で、初登場の鯛の味噌焼き。淡白な鯛と味噌がよく合います。たけのこ、筑前煮で根菜をきちんと摂り、小松菜とお揚げの煮浸しも付け、今日はバランスがとれたお膳になりました。

Dsc03736 終業後は、歩いて黒門市場界隈へ。お目当てはこちら。

Dsc03735 こちらのお店、冷凍野菜が充実しています。タイのコリアンダー(パクチー)、空芯菜は生もあり。今日は冷凍パンダンリーフ、タイの赤たまねぎ(ホムデン?)、タイ産米粉を購入。いずれもスリランカ料理用です。

そして、お店の方と、昨日のタイフェスのことを話していたのですが、あの砂埃にはみんな参っていたようで、長時間会場にいられなかったようです。行列も夜近くまで続いていたようですし、来年以降は、難しいことだと思いますが、工夫が必要だと感じました。

Dsc03737 その後は、黒門市場を横切り、こちら、シンズキッチンへ。ここまで来たら、やはり立ち寄る必要があると言うものです。

訪問はかなり久しぶりで、内装と言うか、テーブル席が変わっていました。店内は気持ち明るくなっていました。メニューもフォントは同じでしたが、きれいで見やすくなっていましたが、やはり南系は殆ど載っていませんでした。

Dsc03738 お店の方に声をかけると、どこかへ電話してくれ、今日は南系なら、サンバルとドーサならできるということで、そちらをお願いしました。最初に付きだしのパパド、ミントとコリアンダーのチャトニー、スイートチリの辛い版みたいなものが出てきました。サンバルは独特の味。ドーサは酸味と発酵臭がきちんと感じられ、内側はふわっとして外側はパリッとした仕上がり。やや重ためのドーサですが、これはなかなか発酵臭が楽しめました。

Dsc03739 続けてオニオンドーサが提供されました。かなりのボリュームに圧倒されましたが、シンプルにおいしかったです。

こちらシンズキッチンは、土日に南インド料理を求めて来る人が多く、それに合わせて料理を作っているとのことでした。週末には、ビリヤニ、ワダ、ココナッツチャトニーなど、いろいろ作っているようです。平日は逆にグランドメニューがオススメとのこと。ワダなどもそれ目当てのお客さんが一定以上来てくれそうだったら、作りたいと考えているが、それまでにはまだ時間かかるだろうし、気長に地道に作っていきたいと仰っていました。なるほど、相手があることなので、このように焦らず取り組むことが正解なのかもしれません。

|
|

« 第2回vanamインド家庭料理教室の前は早朝料理~タイフェスティバルの後は、再び京都で悶絶! | トップページ | 野菜カレーの魅力~看板新装!のあやめ池・プラーナ »

インド料理」カテゴリの記事

自作」カテゴリの記事

食材・器具・資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/54767921

この記事へのトラックバック一覧です: 金環食を祝って~7:30に金色のライスが炊きあがりました!:

« 第2回vanamインド家庭料理教室の前は早朝料理~タイフェスティバルの後は、再び京都で悶絶! | トップページ | 野菜カレーの魅力~看板新装!のあやめ池・プラーナ »