« 野菜カレーの魅力~看板新装!のあやめ池・プラーナ | トップページ | アンブルティヤルを自作~生利節を使って超高速調理! »

2012年5月23日 (水)

スリランカ・カレープレートを自作~香取薫・たなかまみ共著「うまいカレー」とカルータラのレシピで

今日は定例出張日。

Dsc03761a 我が家のカラピンチャ(カレーリーフ)の木の花は散りましたが、小さなつぼみがチラホラ。朝は、ターメリックスパイスライスに、インダスレイのチキンピックルで簡単に済ませました。袋に入ったパンは昨日、上六・さんしょ屋で買った昼食用。

そして、帰宅後は、スリランカ料理の調理を開始。なお、今日はタイ産の小さな赤たまねぎ(赤わけぎ)、生カラピンチャ使用。楽しみです。

Dsc03768 最初の一品は、アラ・バドウマ(ポテトのさっと炒め)。レシピは「うまいカレー」(香取薫、たなかまみ共著)。

Dsc03770 次は、ポルサンボルKANDYスタイル(ココナッツファインを使ったスリランカ風ふりかけ)。スリランカでも都会では、このレシピのようにテンパリングありで作ることもあるようです。レシピは同じく「うまいカレー」。たなかまみさんのこのレシピ、素晴らしいです!!

Dsc03771 最後は、パリップ(レンズ豆のカレー)。レシピは、例によってdancyu2010年8月号掲載の「カルータラ」のもの。近々再び雑誌掲載の予定があるみたいで楽しみです。豆カレーですが、ローステッドカレーパウダーを使い、真っ黒焦げになるまでたまねぎなどを炒めてテンパリングすることで、味わい深~い風味が生まれるんでしょうね~。

Dsc03772 今夜のスリランカカレープレートはこんな感じに。モルジブフィッシュを使っているので、ノンベジかもしれませんが、ベジでもこんなにおいしそうな一皿が作れるんですね~。味わい深いパリップ、しっとりしたポルサンボル、インドのサブジとはひと味違うじゃがいもの炒めを混ぜて食べると、さらによし!我ながらなかなかの仕上がりでした。

|
|

« 野菜カレーの魅力~看板新装!のあやめ池・プラーナ | トップページ | アンブルティヤルを自作~生利節を使って超高速調理! »

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/54783257

この記事へのトラックバック一覧です: スリランカ・カレープレートを自作~香取薫・たなかまみ共著「うまいカレー」とカルータラのレシピで:

« 野菜カレーの魅力~看板新装!のあやめ池・プラーナ | トップページ | アンブルティヤルを自作~生利節を使って超高速調理! »