« カルータラでスペシャルランチ+α | トップページ | タルカ食堂で純ベジミールス~夜はいよいよ本番!カルータラのミックスの再現に挑戦! »

2012年3月17日 (土)

心温まる送別会、その後はベンガル料理をダブルで

今朝の奈良は6.8度。ちなみに深夜0時で10.0度と絶句。故障中のエアコンの買い換えを急がなければならないかも。

Dsc02223 朝は、ベイガンバラタに肥後橋・タカギのくるみパン。モトコーブレンドと合わせてなおよし。

Dsc02229 お昼は、奈良でお世話になった元上司の御退職記念の集いに参加するため、登大路を少し登ったところへ。

Dsc02224 ローテーブルの座敷の個室でいただく和食は、なかなか落ち着いた雰囲気で◎

Dsc02226 天ぷらとか

Dsc02225 雑炊とか

Dsc02227 和のデザートなど、ゆっくりいろいろいただきながら、和やかな雰囲気の中、昔話に花が咲きました。

集いを企画してくれたのは後輩同僚ですが、本当によく気づき実行力があると感心しきりでした。遠路遙々お越しくださった上司、参集した方々など、様々な方に感謝です。

Dsc02230 買い物に出かけようと先に失礼したのですが、東向商店街で発見され、そこから路地を少し入ったところで、コーヒーを飲みながらほっこりということもありました。

このあと、散髪、買い物、クリーニング出しなどをこなし、帰宅後は、マスタードを水に浸けてふやかし、ターメリックと塩で魚を下ごしらえ、掃除、洗濯などを済ませた後、ベンガルの魚料理2品を同時進行で調理開始!

Dsc02231 魚のマスタード煮(ショルシェ・マーチ)、魚の甘辛煮(マチェル・トク)のベイガン料理2品で、ちょっとしたシーフードミールス風の夕食になりました。

付け合わせは、インド料理ではありませんが、近所のシブレットのかぶのスープ、山菜などで作られたかき揚げ。

マスタード煮はタラ、甘辛煮はアジを使いましたが、正直なところ出来はイマイチ。マイナス点は香りと塩気が少し少なかったことでしょうか。

それにしても、マスタードシードをふやかかす作業を除けば、ものの30分で出来上がってしまいました。非常に手軽で、作りやすいので、これなら仕事を終えて帰宅した後でも簡単に料理できそうです。

さて、明日は、食べ歩きをして、スリランカ料理2品を作る予定。早めの行動ができなければ来週になるので、今日は早く寝ようと思います。

|
|

« カルータラでスペシャルランチ+α | トップページ | タルカ食堂で純ベジミールス~夜はいよいよ本番!カルータラのミックスの再現に挑戦! »

和食」カテゴリの記事

自作」カテゴリの記事

コメント

いやいや、美味しそうですね。d(_^)
ショルシェ・マーチは、使うマスタード・シードの量が半端なくて(((((^^;) 、ちょっと二の足踏んでいました。写真では、魚を焼くか揚げるかしてから、煮込んでいるようにも見えたりして。
今週末にベンガル料理をいただけるチャンスがありそうなので、その後で私も試作してみたいなと思います。(^-^)

投稿: マーヤ | 2012年3月18日 (日) 23時31分

>マーヤさん
マスタード100gは手持ちを使い切りました。これが結構水を吸うので、分量が分からず、また、すり潰すのに一苦労でしたし、完全なペーストにし、後に水分調整した方がおいしそうです。
魚は確かに炒めの段階で入れた方がいいような気も。
このレシピは簡単ですけど、私には難しかったです。要研究ですね。
それにしても、ベンガル料理とは羨ましい~!
(*コメント編集しておきました)

投稿: rikiroh | 2012年3月19日 (月) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/54245060

この記事へのトラックバック一覧です: 心温まる送別会、その後はベンガル料理をダブルで:

« カルータラでスペシャルランチ+α | トップページ | タルカ食堂で純ベジミールス~夜はいよいよ本番!カルータラのミックスの再現に挑戦! »