« 豪快でやさしい味わいのフレンチは、紳士的で格好良い!~谷三・パリ オランジュで送別会 | トップページ | RASA HALAでマトン、エラワルロティ、そしてカルナータカー・移動販売最終日へ! »

2012年3月30日 (金)

奈良に家庭風ドーサが出現!

今朝の奈良は3.2度、最高気温は22.6度。いよいよ汗との戦いが始まりそうです。

Dsc02443 今日は泣いても笑っても年度末。サグ・パニール(改)と成城石井のザルツロールでスタート。

Dsc02444 昼は、総勢4人で、谷五・萩へ。福島県へ転出する先輩を囲んで、本当にささやかな送別ランチとなりました。なお、今日の一押しは酢みそ。

Dsc02459 そして夜は、昼休み中に情報を得、かなりご無沙汰していた、タリカロへ。お目当ての品が、画用紙メニューにきちんと登場しているではありませんか!

Dsc02445 万願寺唐辛子のパコラは、鶏ミンチ入りの創作風ですが、これが最高に旨い!甘長唐とをパコラにすると絶対合うと思っていたのですが、まさかミンチを入れるとは!しかし、このミンチが極めてさっぱりしており、それがパコラとしての甘長唐の風味を損なうことなく、いい按配。800円と少々高級ですが、これは是非継続してもらいたいですね。

Dsc02449 そしてこちらは、奈良に初登場?の家庭風ドーサ。少し変わったチャナ豆入りのサンバル、キャベツのポリヤル、ダルカリーを合わせて、夜にティファン!

実のところ、明日、名古屋の「カルナータカー」さんがワゴン車での販売・最終日を迎え、この手のドーサを食べに行こうと計画していたところでした。それがまさか、この奈良で食べることができるとは、何とも劇的です。

家庭風のドーサが食べられるお店は、少なくとも関西では聞いたことがなく、これは必食と言わざるを得ません。

なお、ドーサを食べたことがない方は、おそらくパリッとしたドーサの方がおいしいと感じるかもしれません。八重洲・ダクシンのようなパリッ+ふわっを感じられるレベルの高いドーサは別格ですが、この手のドーサは本当、滅多にお目にかかれないので、近くの方は是非お店に確認の上、足を運ばれることをオススメします。

Dsc02450 独特の濃厚な風味のココナッツチャトニーも付き、この家庭風ドーサは、フワッとしていて、パリパリのドーサとは全く異なり、きちんと発酵臭が味わえ、まさに発酵食品としてのドーサの魅力を存分に堪能できるものでした。

Dsc02451 こちらは2枚目のドーサ。私はドーサの魅力は、表現が難しいのですが、あのシュワシュワっと小さな穴が開いたところ!と思っており、これはいくらでも食べられそう。

Dsc02456 そして、今夜は、さらにフィッシュカレープレートを追加オーダー。魚はサワラ、衣を付けて揚げられたものが入っており、タマリンドの酸味がきちんと効いていて、しかも結構マイルドなのには驚きました。

もっと辛くてもいいと思ったのですが、このタイプはこれでいいと思います。酸っぱさが魅力の魚カレー、タリカロには、このほかにもポークビンダルーという酸味が魅力のゴアの名物料理もあり、この2つの料理のファンが増えることを願うばかりです。

ということで、今夜は家庭風ドーサに興奮し、軽く1.5食分を平らげてしまいました。明日は名古屋に行くか、それとも東三国、いや京都か?これからじっくり悩みたいと思います。

|
|

« 豪快でやさしい味わいのフレンチは、紳士的で格好良い!~谷三・パリ オランジュで送別会 | トップページ | RASA HALAでマトン、エラワルロティ、そしてカルナータカー・移動販売最終日へ! »

インド料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/54347767

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良に家庭風ドーサが出現!:

« 豪快でやさしい味わいのフレンチは、紳士的で格好良い!~谷三・パリ オランジュで送別会 | トップページ | RASA HALAでマトン、エラワルロティ、そしてカルナータカー・移動販売最終日へ! »