« 高級北インドベジターリーはいかに? | トップページ | 祝・ロッダグループ1周年記念イベント!~そして、モルジブフィッシュ入りパリップを自作 »

2012年3月 3日 (土)

スリランカ料理を習い、食べ歩いた日

今日は土曜日。昨夜は天然温泉に浸かりましたが、まだ身体はイマイチ回復せず、あることを思い立ちました。

Dsc01937 蒲田黒湯温泉・ホテル末広で購入したスパパウダーを使って朝風呂に入りました。関西で馴染みのない黒湯を奈良で再現!です。

Dsc01962 朝食は豆乳パン。スーパーで買ったものですが、焼くと素晴らしい風味を醸し出してくれるではありませんか。臭みを感じる一歩手前の絶妙な按配でした。

Dsc01966 昼は、昨日夜中に連絡し、名古屋から急遽駆けつけてくれた某氏と大阪・東三国のRASA HARAに。

本日のカレーは、さつまいもと鱈。900円でこのボリューム、しかもサンボル類、サラダ付きとは驚きです。どちらのカレーも極上の仕上がりで、唸りながらいただいた次第。

Dsc01967 こちらは、サンブルティアル。後ろは辛いのと、辛くない例のサンボル(まだ名前よく分かっていません。すいません。)。これは酒のアテになりそうですが、カレーに混ぜても最高!素晴らし過ぎます。

Dsc01968 テンパラード3種盛りです。右端は厚揚げとキャベツだったかな?これがまたインドのパニールに似た感じに思え、美味でした。それにしても、こちらのお店、どの料理も実に塩加減がいいですね。

Dsc01969 鯖のカトレット!マグロと違い、一段と風味が強く感じられ、味わい深く、かつ、サクッとした食感も楽しめ、絶品でした。

Dsc01970 食後はスリランカ式の作り方で入れられたチャイ。茶葉を鍋でグツグツ煮込まないんですね。インドのチャイと違い、紅茶の味の出方が全く違い、スーッと入ってくるのにお茶の香りが濃厚とでも言うのでしょうか、これも病みつきになる味です。

今日は、知人が名古屋から来たということだと思いますが、いろいろサービスをしていただき、そのおこぼれにあずからせていただきました。おそらく今後、このランチは忘れられないものになるでしょう。ごちそうさまでした。

そして、食後は駅に猛ダッシュし、予定の電車に乗り込み、西九条へ。渡辺玲氏の料理教室でおなじみの、クレオ大阪西の調理室に向かいました。

今週水曜日に大阪・福島にあるスリランカ料理店・ワーサナさんを訪れた際、シェフの通称・ラッキーさんから料理教室があると教えてもらい、主催者であるアジア協会さんに無理を言って参加させていただきました。

Dsc01971 こちらは、ラッキーさんが仕入れた、スリランカ産のマグロ。滅多に手に入らない食材とのことで、ラッキーさん、とても上機嫌でしたが、私たちもこれを見て、冷静さを失うほどでした。

Dsc01973 料理教室は、ラッキーさんが調理をしながら解説するのを見聞きし、その後区切りのいいところで、各自各班に分かれ調理をするというスタイル。

Dsc01974aじっくり料理の仕方を見ることができ、このスタイルは以前参加した、ケララ料理教室のときとよく似ています。

Dsc01972a 今日は、マグロのカレー、レンズ豆のカレー、スリランカ式チャイの3品を習いましたが、どの料理も至って短時間で調理でき、混ぜるだけ、炒めて入れるだけという具合。それなのに、きちんと豊かな香り、深い味わいの料理が出来上がるんですね。

マグロのカレーでは、タマリンドの代わりにゴラカ(あとで調べたら、ガルシニアのことのようでした)を使うとより魚が柔らかくなり過ぎない、ローステッドカレーパウダーは火が通っているので、料理では煮込まず、火を止めてから入れて食べた方が風味が落ちない・・・、いろいろコツを教わり、収穫ありすぎ!そして、スリランカ料理の魅力を短時間ながら、沢山教わり、充実した時間を過ごすことができました。

Dsc01980 出来上がりはこんな具合。いとも簡単に、短時間で、こんなにおしいそうなカレーが出来てしまうなんて、目から鱗が落ちる思いでした。マグロのカレー、レンズ豆のカレーのおしいさときたら!

Dsc01978 そして、何より驚いたのがチャイです。ラサハラさんのチャイと同様、実に旨いですね。ミルクを別の鍋で沸かし、それをお湯に茶葉が入った鍋に入れ、その後茶葉を取り出し・・・と、作り方もインド式(もいろいろあると思いますが)とかなり違い、いい勉強をさせていただきました。

Dsc01981 料理教室の後は、西九条から歩いてこちら、安治川トンネルを経由、九条の商店街を端から端まで歩き、例のお店に。

Dsc01983 明日1周年記念を迎える、大阪・九条のロッダグループに到着。チョウク、RASA HARAさんからお祝いのお花が届けられていました。

Dsc01982 私はお腹いっぱいで何も食べずでしたが、相方はギャミサラセットに近いものを。ライスは例によって、スリランカのお米!

やはりロッダさんの味は、まあ、私は現地に行ったことがありませんが、家庭料理、食堂的と言えばいいのでしょうか、良い意味での荒っぽさ、風味が独特で、このような味はこの店ならではですね。スリランカ小旅行をした気分に浸れます。私は、真ん中のマグロのカレーをテイクアウトさせていただきました。

その後は、九条から大正橋を渡り、JR大正駅も通り抜け、アリーズキッチンを下見してから、環状線で福島へ向かい、さらに少し歩いて、亜州食堂・チョウクへ。

Dsc01984 実は食べるつもりはなかったのですが、ノンベジミールスを頼んじゃいました。しかもチャナマサラ追加で。

Dsc01986_2 アサリのマサラ、これは本当、絶品です!ハマグリで作ることも考えられたようで、これは来年に期待?でしょうか?しかし、このアサリのマサラ、私は2回目ですが、実に素晴らしいお味です。たまりませんね。

Dsc01987 そして、こちらは相方さんが追加注文したラッサム。めちゃくちゃ旨い!青唐辛子のスライスがトッピングされ、これまた風味が素晴らしかったです。ランチのラッサムとはまた違った味わい深く、かつサラッとしていて美味。これも強くオススメ。なお、チョウクさんでは、八角が使われたマレーシアンビーフのスパイス煮をテイクアウトさせていただきました。

今日は黒湯から始まり、感動的なランチをラサハラさんで、密度の濃い料理教室、そしてロッダグループの家庭・食堂風料理、最後は貝のカレーに舌鼓と、これ以上ない充実した日になりました。

今日いろいろな方から習い、教えてもらったことは、私の財産になり、今後のスリランカ料理を楽しむ糧となることは間違いありません。ありがとうございました。

|
|

« 高級北インドベジターリーはいかに? | トップページ | 祝・ロッダグループ1周年記念イベント!~そして、モルジブフィッシュ入りパリップを自作 »

イベント・食事会・料理教室」カテゴリの記事

インド料理」カテゴリの記事

スリランカ料理」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しんで読ませていただいていますが、体調はだいぶ回復されましたですか?
それにしても、また特別に盛りだくさんな1日だったのですねー・・・凄すぎます。w(゜o゜)w

投稿: マーヤ | 2012年3月 4日 (日) 10時01分

いつも楽しく拝見していま~すcatface

写真を見てるだけで幸せな気分になります。

体調が回復されて良かったですねshine

投稿: ローズ | 2012年3月 4日 (日) 19時29分

>マーヤさん
いえいえ体調は不良なのですが、食べることに関しては、何と申したらよろしいのか、別の次元でございまして・・・。
じゃがいものバージ、香取先生の写真どおりの出来映えですね!最近ご無沙汰なので、私もスナップエンドウで作ってみようかと思案中です!

投稿: rikiroh | 2012年3月 4日 (日) 21時10分

>ローズさん
いつもコメントありがとうございます。
何かの参考になれば、幸いです。
先週私が訪れたスリランカ料理店は、どの店もオススメです。現地風のロッダ、王道を行くワーサナやハンターナそして実力派で今後も発展すること間違いないラサハラ。どの店もハズレなしなので、是非一度訪れてみてはいかがでしょう!

投稿: rikiroh | 2012年3月 4日 (日) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/54134210

この記事へのトラックバック一覧です: スリランカ料理を習い、食べ歩いた日:

« 高級北インドベジターリーはいかに? | トップページ | 祝・ロッダグループ1周年記念イベント!~そして、モルジブフィッシュ入りパリップを自作 »