« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

RASA HALAでマトン、エラワルロティ、そしてカルナータカー・移動販売最終日へ!

今朝の奈良は11.9度。雨天のせいもあり、生暖かさは感じられず、意外に快適な朝でした。しかし疲れはピークに達していて、身体中が痛いです。

Dsc02479 朝は、まだまだ余っているマサラのベース、冷やしトマトカレーを使って、さらにパニールを揚げ、サグ・パニールを仕上げ、成城石井のザルツロールでいただきました。本当はチャパティでも焼きたいところですが、今その体力は全くなしです。

Dsc02481 お昼は、昨夜、マトンを作ったという情報をもとに、東三国・RASA HALAへ。日替わりの野菜はかぼちゃ。これがまた重くなく、スライスしたニンニクと独特の風味で、ベジなのに何で旨いの?って感じ。

そして、マトンカレーは、期待どおりの仕上がり。きちんと辛い。旨辛~ですね。これはたまらん!

ライスに添えられているのは、左から、キャベツの最表面の葉のマッルン、ポルサンボーラ、水菜サンボーラ。奥のスリランカ風ごぼう炒めも美味。

水菜サンボーラは食感が良く、素晴らしい!青菜に何を使うのかいろいろ試されているようですが、それが面白いですね。個人的には、この水菜、せり、大根の葉、かぶの葉、あとは、クセが強いけど春菊(茎付近)、水菜に近い壬生菜なんかも面白いのではと思いました。

Dsc02482 さらに、ものは試しで聞いてみたところ、何とこのエラワルロティがあると言うではありませんか!現地では、このようにサーブされ、好きな分だけ取っていただくようです。

Dsc02483 本当は持ち帰り用2つを含め、3つ取りたかったのですが、ダイエット中の身であると言い聞かせ、1つで我慢。

Dsc02484 この薄い層、分かるでしょうか。たまりません!ケララパロタの「層」、このエラワルロティの「層」、中の具もおいしく、いくらでも食べられそう!困ったヤツですよ、これは!

Dsc02487 そして、RASA HALAを出た後は、新幹線で名古屋へ。地下鉄・東山線の終点・藤が丘駅で、このリニアモーターカー「リニモ」に乗り換え、2駅目の杁が池公園駅で下車。

Dsc02492 目的地は、こちら、南インド料理専門移動販売カルナータカーさんです。来月から名古屋市名東区の固定店舗で営業開始予定のようで、今日が移動販売最終日ということで、思い切って訪問決行です。

Dsc02493 驚いたのは、カレーの種類。右下はひよこ豆、その左はムング豆。奥のサンバールの右はロビア豆、左はラッサム、このほかにもフィッシュカレーがあり、こんなに多くの、しかも作るのに時間がかかりそうな豆カレーが豊富!興奮せずにはいられませんでした。

Dsc02494 さらに驚いたことは、テイクアウトのカレーのお値段。黄色の容器は約200グラムで200円、赤色の容器は約300グラムで300円。グラム100円って、安いお肉の値段と変わらないと思うのですが・・・。
それで、このお値段ですが、店主さん曰く、「安くないと普及しないので。」とのこと。素晴らしい!確かに豆カレー、ベジの類は敬遠と言うか、積極的に買い求める人は少ないと思われ、分かるような気がします。ただ、このように良心的に提供するお店が、どれだけあるか?このような超積極的な姿勢には頭が下がる思いですし、尊敬の念を抱かざるを得ません。
しかもこちらのお店、全てのカレーを半匙ずつですが、試食させてくれるんですよ!その中でも素晴らしかったのは、オーソドックスながらもムング豆のカレーです。

Dsc02489 オーダーはもちろんマサラドーサ、そしてカレーは迷いに迷い、サンバールとかぼちゃとメティのカレー。
まずドーサですが、期待どおりの柔らかい仕上がりで、外側は固すぎず、まさに(実際に食堂以外で食べたことはないですが)現地家庭のドーサという感じで、おいしかったです。発酵臭とプチプチとした極小の穴が開いた生地がいいですね。このドーサなら何枚でも食べられそう。
そして、サンバルですが、結構赤っぽく、トマトの酸味がまろやかに中和され、これがまた美味でした。かぼちゃのメティカレーは、メティの仄かに甘い香りがかぼちゃと見事にマッチしており、なるほど!という味。

Dsc02500 今日で移動販売は最後ということで、お客さんはひっきりなしで大繁盛!テイクアウトの注文をモタモタしていた私、そうしたらフィッシュカレーが売り切れ!テイクアウトも迷いに迷い、ラッサムも持ち帰りたかったけど、不器用な私はこぼしそうだったので、サンバールとロビア豆のカレーをお願いしました。

そして、カルナータカーさんを後にし、名古屋駅で下車。何と網棚に、RASA HALAさんで無理に分けて買わせてもらったロティ、往路名古屋駅の高島屋に入っているパン屋さんで買ったくるみの米粉パン、セモリナ粉入りのアラブの白パンなどの食品類が入った紙袋を置き忘れてしまいました。

駅長室で相談、数駅先の終着駅に問い合わせ、到着した電車を探してもらっても見つからず、そして時間を計算し、折り返しやってくる電車を待ち伏せする作戦が奏功!約40分かかりましたが、何とか手許に戻ってきました。

Dsc02505 こちらは、名古屋のカルナータカーさんでテイクアウトしたロビア豆のカレーとサンバル、れに名古屋高島屋1階のイタリアパン・ペックで買った、米粉のくるみパン、セモリナ粉とトスカーナの岩塩を使ったアラブの白パン「アラボ」。
南インド式のカレーに禁断の洋風、アラブのパンを合わせてしまいました。しかし、意外にもよく合います! 明日は本命のRASA HALAのロティ、そしてライスに合わせていただく予定です。

Dsc02506 ドーサミックス、サンバルパウダーも買ってきました。ドーサミックスの粉の細かいこと!これを使えば、私でもドーサが焼けるかも?

今日は、マトン、エラワルロティ、家庭風ドーサ、サンバール、メティカレー、ロビア豆のカレー等々、スリランカと南インドを堪能し過ぎました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年3月30日 (金)

奈良に家庭風ドーサが出現!

今朝の奈良は3.2度、最高気温は22.6度。いよいよ汗との戦いが始まりそうです。

Dsc02443 今日は泣いても笑っても年度末。サグ・パニール(改)と成城石井のザルツロールでスタート。

Dsc02444 昼は、総勢4人で、谷五・萩へ。福島県へ転出する先輩を囲んで、本当にささやかな送別ランチとなりました。なお、今日の一押しは酢みそ。

Dsc02459 そして夜は、昼休み中に情報を得、かなりご無沙汰していた、タリカロへ。お目当ての品が、画用紙メニューにきちんと登場しているではありませんか!

Dsc02445 万願寺唐辛子のパコラは、鶏ミンチ入りの創作風ですが、これが最高に旨い!甘長唐とをパコラにすると絶対合うと思っていたのですが、まさかミンチを入れるとは!しかし、このミンチが極めてさっぱりしており、それがパコラとしての甘長唐の風味を損なうことなく、いい按配。800円と少々高級ですが、これは是非継続してもらいたいですね。

Dsc02449 そしてこちらは、奈良に初登場?の家庭風ドーサ。少し変わったチャナ豆入りのサンバル、キャベツのポリヤル、ダルカリーを合わせて、夜にティファン!

実のところ、明日、名古屋の「カルナータカー」さんがワゴン車での販売・最終日を迎え、この手のドーサを食べに行こうと計画していたところでした。それがまさか、この奈良で食べることができるとは、何とも劇的です。

家庭風のドーサが食べられるお店は、少なくとも関西では聞いたことがなく、これは必食と言わざるを得ません。

なお、ドーサを食べたことがない方は、おそらくパリッとしたドーサの方がおいしいと感じるかもしれません。八重洲・ダクシンのようなパリッ+ふわっを感じられるレベルの高いドーサは別格ですが、この手のドーサは本当、滅多にお目にかかれないので、近くの方は是非お店に確認の上、足を運ばれることをオススメします。

Dsc02450 独特の濃厚な風味のココナッツチャトニーも付き、この家庭風ドーサは、フワッとしていて、パリパリのドーサとは全く異なり、きちんと発酵臭が味わえ、まさに発酵食品としてのドーサの魅力を存分に堪能できるものでした。

Dsc02451 こちらは2枚目のドーサ。私はドーサの魅力は、表現が難しいのですが、あのシュワシュワっと小さな穴が開いたところ!と思っており、これはいくらでも食べられそう。

Dsc02456 そして、今夜は、さらにフィッシュカレープレートを追加オーダー。魚はサワラ、衣を付けて揚げられたものが入っており、タマリンドの酸味がきちんと効いていて、しかも結構マイルドなのには驚きました。

もっと辛くてもいいと思ったのですが、このタイプはこれでいいと思います。酸っぱさが魅力の魚カレー、タリカロには、このほかにもポークビンダルーという酸味が魅力のゴアの名物料理もあり、この2つの料理のファンが増えることを願うばかりです。

ということで、今夜は家庭風ドーサに興奮し、軽く1.5食分を平らげてしまいました。明日は名古屋に行くか、それとも東三国、いや京都か?これからじっくり悩みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月29日 (木)

豪快でやさしい味わいのフレンチは、紳士的で格好良い!~谷三・パリ オランジュで送別会

今朝の奈良は0.6度。最高気温は19.0度で、こういう時にスーツ、コートは便利です。

Dsc02395 朝からパニールを揚げ、冷やしカレーとサグのマサラを混ぜ合わせ、ししとうとトマトを切り、サグ・パニール(改)を仕上げました。これに、軽く焼いた豆乳パン、それにサンバルを合わせ、満足できる朝食に。

Dsc02401 昼は、南警察署に用事があり、初めて東心斎橋・ネパヤのランチに。
日替わりのシーフードカレー(中央)、豆カレーはインド風ですが、ネパヤさんらしい独特の旨味、風味が感じられおいしかったです。鮮やかな色のトマトスープも美味ですし、特大ナンはおかわり自由なのに、1,000円でお釣りありは、かなりお得です。

Dsc02402 3月中のサービスとして付く、ミニラッシー。ミニの域は完全に超えています。甘みの加減もちょうど良く、ボリュームのあるランチの後の胃を癒してくれました。

Dsc02426 そして、夜は、職場の送別会。ランチ時になかなか入ることのできない谷町三丁目にあるパリ・オランジュを貸し切り!

Dsc02420 私は飲まないので、ぶどうジュースをオーダー。ドイツワインに使うぶどうで作られたドイツ製。とってもコクがあり、かつ、しつこい甘さがなく、食事に合わせることは十分可能。これは使えますよ。

Dsc02421 広島県産生ガキ 赤ワインビネガージュレとキャビア。
前菜からいきなり豪快、豪華なものが登場です。ツンとした酸味がなく、実に味わい深い風味を堪能させていただきました。

Dsc02423 フォアグラと白菜のロースト。ざっくりとカットされた菜の花は苦味が全くなく、白菜と共に、野菜の甘みが引き出され、フォアグラもソテーではないせいか、非常に柔らかく仕上がっており、じっくりと素材のおいしさを引き出されていて、ローストならではの味わいだと感じました。ソースに頼らず、料理法で勝負というところでしょうか。こういう料理はとても嬉しいですね。

Dsc02425 手長エビのリゾット。少量ながら、エビと野菜の甘みと言うより風味が引き出されており、ライスもおかゆみたいに潰れておらず、チーズをこのようにカリッと焼いた形でトッピングする方法も奏功しているのか、食感が素晴らしかったです。

Dsc02438 豚足と塩漬けぶたにくのガレット。カリっとした表面部分の食感が、豚足のしつこさを上手く包み込み、ブラックペッパーが味を引き締め、レッドオニオンのスライスが良いアクセントになっています。これは十分メインを張ることの出来る豪華なガレットです。

Dsc02439 イタリア産ウサギのロースト。これが本日のメイン。ウサギは臭みが全くなく、柔らかく、しかも柔らかすぎず、絶妙の食感。春を感じさせるさわやかなグリーンのソースと合わせると、ウサギまでがさわやかに感じられました。

Dsc02433 チョコレートのテリーヌ ピーナッツバターのアイスクリーム。お楽しみのデザートは、このピーナッツの風味のアイスがストレートなおいしさ。これはおいしかった!

Dsc02434 食後のドリンクは、エスプレッソを選択。しっかりとした苦味加減と風味なものの、飲みやすく秀逸でした。

以上、デザートを含め全6品の料理は、どれもがストレートかつ、非常に丁寧に素材のおいしさが引き出されており、好感の持てるものばかりでした。ごまかし、小細工なしの丁寧な料理法、火の入れ具合がさすがだなと感じました。また、見た目は豪快、味わいもストレートな旨さ、それでも野菜と素材のやさしい味わいが感じられる、とっても男性(紳士)的でスマートな印象は、ランチ時同様。是非来年度もこちらのお店で何らかの会を開くことができたらと思いました。

Dsc02436 こちらは、誕生日を迎えた方のデザートのお皿。こんな演出までしていただき、感謝しきりです。

明日は年度末最後の日。押し迫った中でかなり無理をして開いた送別会ですが、店選びを含め、開いて良かったと思わせる内容になったと自負しております。これなら来年も幹事を引き受けてもいいかな~。素晴らしい料理を提供してくれたシェフとお店の方々に感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月28日 (水)

アチャールサラダとパンチホロンの魅力~インド料理店のガトー・ショコラは驚愕の出来映え

今朝の奈良は2.6度。気温より寒く感じます。

Dsc02379 朝は、コンビニで買った神戸屋のくるみパンに、サグ・パニールに冷やしトマトカレーを混ぜて作った、新種カレーを合わせてみました。サグ・パニールの濃厚さに爽やかさが加わって、なかなかイケてました。

Dsc02387 昼は、タラの塩焼き、かぶとベーコン煮、若ごぼう、ゴーヤチャンプル、ごぼうサラダ。素晴らしいランチになりました。

Dsc02388 夜は、最近自作料理の消化に忙しかった関係でご無沙汰していた、あやめ池・プラーナへ。本月20日に1周年を迎えたようですが、お店は順調に進化し続けています。これからも頑張ってもらいたいですね。

そして、このアチャールサラダは、当然ドレッシングなし。アチャール自体が調味料的な役割を果たしますし、料理名どおりに味わうのが一番おいしい!ドレッシングなし、激しくオススメします!!

Dsc02389 サモサとトマトチャトニーもおいしいですね。こんなに小さいのにおいしいことに意味がある!

Dsc02390 メインはサブジマサラ。パンチホロンの風味は軽そうで深く、特にカブの茎と葉との相性が最高です。味わい深いベジはこれからも私を虜にし、飽きさせないことでしょう。

Dsc02393 そして、ついに出ました、ガトー・ショコラ!こちらは店長作なのですが、いやいや、素晴らしい仕上がりで、本当、参りました。

久しぶりにプラーナの丁寧なお料理に癒され、疲弊し切っていた身体も幾分軽くなり、回復したのは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月27日 (火)

パニールが大活躍!

今朝の奈良は-0.6度。そう言えば、春一番って吹きました?

Dsc02370 今週の我が家の食卓は、パニールが大活躍。サグ・パニールはかなり濃厚で軽く、パンにぴったりと言うより、パンにしか合わないかも。パンは太る素なんですよね~。

Nec_0933 お昼は職場近くの眺めのいいレストランで、お世話になった幹部の方から招待され、私を含めて3人のちょっとした食事会へ。ランチで中華を食べたのは何年ぶりでしょうか。気分のよいひとときでした。

そして午後からはひたすら仕事。残業も当然の如くこなし、体力が尽きたところで帰りました。その後ランニングをする私はかなりMなのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月26日 (月)

今日は送別会

今朝の奈良は0.3度。寒い週明けも今日で最後というのが私の予測。外れることを祈ります。

朝は、撮影し忘れましたが、サグ・パニール、冷やしトマトカレーにくるみパン、白パンを合わせました。

Dsc02357 昼は、鯖の煮付け、どて焼き、鶏ささみのもやしサラダ、筑前煮。食後は軽くランニングといつものパターン。

Dsc02358a 今日は送別会。職場から地下鉄で3駅乗り、徒歩約10分の会場へ。料理はこんな具合でした。

Dsc02361 こちらはお造り。豪華と言うより大胆な盛りつけです。トロとウニはなかなか。ウニを食べたのは本当久しぶりでした。

Dsc02359a このウニの産地が話題に。国産なのかロシア産なのか?ロシアで捕って釧路で箱詰めしたとか、だ捕されず水揚げしたとか、勝手なことを言い合ってました。

Dsc02365a 食後のお茶漬け、抹茶のクリーミーなデザートが一番落ち着きます。

Dsc02367 我が職場の面々を大公開!ウチの組織は全国8か所の1つで、結構偉~いが多く、こう見るとかなり思い雰囲気ですが、実はいい人が多いんですよ(私以外)。一年間お疲れさまでした。

帰りは最寄り駅で別れ、私は地下鉄2駅をランニング。イレギュラーな週明けでしたが、これからあと4日が勝負の年度末。何とかこなして新年度を迎えたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月25日 (日)

スリランカから一転して北インド~サグ・パニールが完成

今朝の奈良は2.8度。寒暖の差が激しすぎますね。

Dsc02337 朝は、昨夜仕込んだパニールをサラダに載せ、RASA HALAのじゃがいもカレー、手前のトマトの料理は、dancyu掲載の新大久保・タピのレシピで作った冷やしカレー。三者共演と言ったところでしょうか。

スリランカのじゃがいもカレーの奥深いまろやかさ、冷やしカレーは北インドのマサラ感たっぷりな中に、トマトのみずみずしさが相まって、また、自作パニールの出来も良く、休日に相応しく?ちょっとリッチな食卓となりました。

Dsc02311a こちらはパニールの作成経過。左下が今朝の出来上がりの状態で、その横がカットしたときのもの。本当に水分が抜け固まるのか心配でしたが、かなりの硬さが確保されていました。

今回は牛乳3リットルを使いましたが、1リットルでも一人分なら2日分くらいの量はできそうです。これにタンドリーチキンのスパイスを塗って焼いたり、いろいろ活用できそうなので、今後用途を考えていこうと思っています。

Dsc02340 ランチは京都・インド食堂タルカへ。今日は12時前に行こうと思いつつ、結局出遅れ入店はラストオーダーぎりぎり。

いつものBセット+オニオンライタ+チャイで、今日はマトンを選択しました。このセットは野菜たっぷりで、ノンベジのチキンかマトンも南インド風であっさりしており、このノンベジのカトリ1つがあるとそのままでもおいしいロティがさらに楽しめます。

しかし、ノンベジを選択すると、サンバルが犠牲になる。そのため毎回テイクアウトしているのですが、やはり出来たても食べたいので、次回はBセットでマトンかチキン、それにサンバルを追加というオーダーにしようかと思います。

それなら全部入りのスペシャルランチという選択もあるのですが、ノンベジ2品は私は少しキツイ量。スペシャルでノンベジ1品をテイクアウトにしてもらうことができれば、それもアリかなと思ったりもします。それか量を少なめにしてもらうことも・・・。という感じで、毎回いろいろと考えているのですが、いつもオーダーは変わらずなんです。

それで、今日の感想ですが、やはりロティがピカイチですね。カボチャのサブジがたっぷりなのもいいです。パコラにココナッツチャトニーもいいし、カチュンバルサラダも目立たないけどいい感じ。ラッサムは大好きな味だし、ダル、マトンも実にバランスがいいです。

食後はかなり満腹になりますが、基本野菜が多いので胃がもたれませんし、翌日のお通じも良くなるんです。野菜たっぷりのミールスは、健康の素。毎週私が訪れる理由の大きな要素になっているのです。

H240325 お店を出た後は、烏丸御池→京都駅までラン&ウォーク。今朝は何と過去最低体重をマーク!自ずと気合いが入ります。大台突破まであと僅かですが、皮下脂肪は本当になかなか落ちない・・・。何かいい方法はないでしょうか。

帰宅後は一休み。昼食が遅かったので、20時頃からパニールを素揚げを開始。その後、カスリメティ、ガラムマサラ、生クリームで本日分のサグ・パニールの仕上げをし、ししとう、トマトを載せて完成。

Dsc02343 今夜はライトながら少々高カロリーっぽいターリーに。パンは京都伊勢丹のアンデルセンのくるみパン。右下はサグ・パニール、トマトの冷やしカレー、奥はインド食堂・タルカでテイクアウトしたサンバル。

最初はサンバルでホッと口を温め、冷やしカレーをいただき、その後ベリースパイシーなサグ・パニールでくるみパンを頬張りました。

先週はスリランカ一色、今日は一転して北インドへワープ!やはり北インドのマサラの魅力は捨てがたいですね。ただダイエットには不向きであることは間違いなく、しかも今週は送別会続きなので、せめて微増で週末を迎えたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月24日 (土)

昼はRASA HALAのホテルメイドカレーを堪能~夜はいよいよカイバルのレシピでサグ・パニールを調理開始!

今朝の奈良は9.3度。暑い!

Dsc02297 朝は、とうとう1週間食べ続けた、スリランカ丼。途中でチキン→マグロに変わりましたが、我ながら呆れるほど。でもおいしいし、腐らないからいいんです!

Dsc02305 そしてお昼は出遅れたものの、予定どおり東三国・RASA HALAへ。ホテル風、新シェフ、新メニュー、裏メニュー続々、スリランカステーキ・・・小さな黒板に魅惑的な言葉がぎっしり!

Dsc02302 最初はもやしサラダから。口がさっぱりしていいですね。こういうの結構重要なんです!

Dsc02303 ホテル風手羽元チキン、じゃがいもカレー、激辛・鬼オンサラダ、ライスにポルサンボーラ、マッルン。

まずチキンはマイルドながら実に奥深い味。ココナッツの甘ったるさに偏らない秀逸な仕上がりでした。そして、じゃがいものカレーは・・・、最高!!正直じゃがいもって平凡すぎると思ったのですが、チキンと同じく甘ったるくない!マイルドテイストのお手本とも言うべき一皿でした。

そして、鬼オンサラダは、私が自作した激辛アチャール、そのお手本は奈良のタリカロの激辛アチャール、渡辺玲先生の本に載っている浅漬けアチャールなのですが、そっくりでびっくりしました。これをマイルドなチキンカレーに混ぜると、食感がころっと変わり、とっても面白かったです。

あとは、マッルンですが、これキャベツの一番外側の青い部分のみを使っているようです。これ以外の(日本の)青菜としては、かぶの葉、大根の葉などを使うらしいですが,なるほど!と思いました。確かにキャベツの内側を使うと甘さと水分が出すぎる気がします。これを春菊、せりなんかで作ってみても面白そうですね。

Dsc02304 食後のミルクティー(キリティ)も外せません。インドの濃厚なチャイも大好きですが、このスリランカのキリティは、ミルク入りなのに紅茶の味わいが爽やかなのがお気に入りな点です。

Dsc02311 買い物を済ませて帰宅後は、パニール作り。鍋に大量のミルクが入りきらず、この小さな鍋の分は、とりあえずの試作。

Dsc02312 こちらは大きな鍋でミルクに酢を入れて煮立てたところ。これを布を敷いたザルにあけ、汁気を絞って形を整え、重しを載せて一晩置けば完成とのこと。明日の朝が楽しみです。

その後は、あの銀座1丁目「カイバル」のシェフのレシピで、調理開始。大量のほうれん草を茹で、大量のサラダ油で大さじ2杯ずつのマスタードシード、クミンシードを炒めた後、たまねぎをじっくり炒め、トマトピューレにパウダースパイスを投入。そして本当に久しぶりに使ったカスリメティを入れ、塩で味付けして、ベースとなるマサラの完成!

Dsc02313 これは、初めて入店した大阪駅伊勢丹の地下のジョアンさんで買った、ブリオッシュ・ナンデール。パリ西方郊外の町・ナンテールのブリオッシュとのことです。焼いてもよし、そのままでもよし!

Dsc02325 完成したベースのマサラはこんな具合。これで明日は、パニールなどを合わせてサグ・パニールの仕上げに入ります。

Dsc02328 このあと、こんなものも仕込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月23日 (金)

まさかの残業でスリランカなディナーはおあずけ

今朝の奈良は6.7度。何とも言えません。

出張明けの金曜日は、例によって超多忙。午前中にA4×9枚を書き上げたものの、血眼になってPCへ向かう自分が恐かったかも。

Dsc02295 お昼は、禁断のダブルメイン。カキフライにアジの南蛮漬。野菜はふき、大根、筑前煮。和総菜に酔いしれ、癒されです。食後は軽くランニングし、コーヒーブレイクです。夜はロッダのヌードル、RASA HALAのデビルとストリングホッパー、予約してワーサナでアッパーなどと計画を立てていたのですが・・・

午後は突発仕事のオンパレード。そして終業間際にも続々と仕事が山積みされ、ここ数年で残業しない主義になった私ですが、さすがにKO。仕事を終えたのは22時前後・・・。

まさかの残業で、スリランカなディナーはおあずけ。スマホで営業時間を確認する悪あがきをし、意地のウォーキングで難波へ。やむなくそのまま電車に乗り込み帰宅です。

Dsc02296 帰宅後は、残りもののマグロカレー、パリップ、ポルサンボーラで超ミニなスリランカ丼。何度食べてもおいしいです。

明日こそは今日の無念を晴らすべく、早く寝ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月22日 (木)

マドラスキッチンのベジミールス~癒しのクートゥとポリヤル

今朝の奈良は-0.7度。日差しは強いけど寒く、何だか調子が狂います。

Dsc02275 朝は昨夜の力作?マグロカレーとパリップ。スリランカカレーは朝食でも食べやすく、暫くやめられそうにありません。

そして今日は最後の定例出張で姫路へ。大好きなあなご寿司も今日で終わり。さみしくて仕方ありませんでした。

Dsc02277 出張後は神戸で途中下車し、こちらIPSへ。白状すると、銀座1丁目・カイバルのレシピであるものを作るため、カスリメティなどを仕入れました。

Dsc02282 その後は、マドラスキッチンへ。シェフのスレッシュさんは間もなく来店(4月7日に帰国予定のようです)とのことで、今日はSatheeshさんの調理。クートゥ、ポリヤルが繊細な味わい、サンバルとラッサムは気持ちあっさりした感じの仕上がり。今日はクートゥが最高においしかった!

Dsc02289yRaviさんとのツーショット。ケララの話、そしてKodam Puli(コダンプリ=ガルシニア(英)=ゴラカ(スリランカ)なのかな?)、Raviさんの友人のお店のことなどで盛り上がりました~。

Dsc02285 RaviさんとSatheeshさんのツーショット。二人ともケララ出身のようです。ケララではベジミールスを食べる傍らフィッシュフライをかじるとか。また、Satheeshさんはケララパロタ作りの名人のようでもあります!マトンと合わせることを強く勧められ、これは次回必ずオーダーせねば。

Dsc02286_2 帰宅後は残り僅かになったモトコーブレンドで一服。そうそう、この棒は今日IPSで買ったチャパティー用の延べ棒。何と400円!

さて、明日は金曜日。食べたいもの:ペッパーフライ、アッパー、スリランカのビーフカレー、イカデビル・・・私にしては珍しくノンベジが多いのはなぜ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年3月21日 (水)

電車運休にもめげず、意地で作ったスリランカ風マグロカレー

今朝の奈良は0.0度。寒いけど、日差しは確実に強くなってきていますね。

Dsc02270 朝は、スリランカ風チキンカレー、パリップ、ポルサンボーラ。何度食べてもおいしく、味の劣化殆どないのが不思議なくらいです。

Dsc02271 昼は、久しぶりにありつけたぶりカマ!若ごぼうもあり、大満足。

そして、仕事を終え、谷四→難波をラン&ウォーク、駅改札に辿り着くと、上本町-鶴橋が火災で運休!「消防の要請で止まっている『だけ』なので」の『だけ』を信じ、暫く待ち、その後逆の改札に行くなど(←意味のない行動)しましたが、全くダメで、迂回ルートで帰宅することに。生駒駅は大混雑、結局帰宅したのは21時30過ぎでした。

しかし、今日は昨日特売で買ったマグロの賞味期限。何が何でも作らなければ。レシピは福島・ワーサナのラッキーさんから習ったもので、超高速でタマネギをスライス、スパイスの量は適当、パッパッパーと作り上げ盛りつけたのがこちら。

Dsc02272 これでも、ココナッツオイルを使い、タマリンドに代えゴラガを使うなど、ちょっと本格的なアレンジを施しました。仕上がりはやや酸味が立っている感がありますが、明日には落ち着くかなという感じ。

意地で作った割には、まあまあの仕上がりに安堵した次第。やる気になれば、何とかなるんだな~と。でも疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月20日 (火)

スリランカ風イノシシカレーはコク深・旨・辛~!

今朝の奈良は-1.6度。三寒四温も甚だしいですね。

午前中は疲れで身体が動かず、おまけにランチ候補のお店が休みで、神戸に行こうかと思いつつ、迷いながら掃除、洗濯をしていたら、時既に遅しの状態に。

こうなればヤケで、先日蓋が開かなくなった圧力鍋を処分するため、ゴミ処理場へ行くことに。ついでに自宅共用のゴミ置き場、これがひどく荒らされ汚いので、きれいに片付け、途中で財布を忘れて家に戻って、処理場に着くと案の定長蛇の列。

それでも今日はマシで、20分ほど待って中に入れました。そして、上着を着るのを忘れていたので、一旦帰宅。今日は昼抜きだったので、これでは終われまいと思い大阪へ。

目的地はロッダグループ。1周年記念の日以来なので、かれこれ半月ぶりとなってしまいました。

そして、今日は、何とイノシシ!のカレーがあるとのことで、即注文です。

Dsc02266 イノシシもさることながら、パリップには大根と人参が入り、これまたなかなか美味。カチュンバルサラダのような生野菜、インゲンだったかな?炒め物、もちろんポルサンボーラも付き、嬉しい内容。

Dsc02265 このイノシシカレー、結構、かなりスパイシーで、旨~い!!いやいや、これには思わず唸ってしまいました。ロッダのお肉系のカレーの魅力が、猪肉にビシッと決まっています!今週中はあるようで、これからも猪肉が入れば作るかもとのこと。これは明日も食べに行きたいですね~。

そして、今夜は、ものスゴイ常連さんと出会ってしまいました。何がって?いえいえ、人生と言うか、人柄と言うか。改めて自分の薄っぺらさを実感した訳でもありまして・・・。ロッダのお客さんは、本当に、スゴイ人が多いな~、みんな現地のままの料理を提供して頑張っている兄弟を応援している!

微力ながら、私は足を運び食べることしかできませんが、このお店の良きサポーターになれるようにしたいと思いました。

それにしても、最近になって、スリランカ風ナシゴレン(辛いらしい)、スリランカ風ヌードル(デビルをつまみながら)が気になって仕方がないです。そのためにもお店を出た後は、難波駅までラン&ウォーク、スーパーでマグロの当売品を買い(←明日までに料理する必要あり!)帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月19日 (月)

昨日に引き続き肥後橋・カルータラの味?を自宅で堪能~!

明日が休みとは言え、週明けの朝は動きが緩慢。

Dsc02260 朝は、ご飯半膳分で、dancyu版カルータラのランカ・カレー、ポルサンボール添え。

Dsc02261 昼のメインは、鯖の煮付け。根菜、豆、葉っぱと少量ながらもバランスがとれたかも。

Dsc02262 夜は、これで3食目となる、ランカカレー。右下のみインド・アーンドラ風のチキンピックルは、神戸元町・インダス・レイのもの。ズッキーニと三度豆の炒め物がいい感じ。

そして、やはりこのチキンカレー、旨辛で、深みがあって、実においしい!パリップは微かなほろ苦さが、これまたたまりません。

暫くは、カルータラの味を自宅で楽しむことができそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月18日 (日)

タルカ食堂で純ベジミールス~夜はいよいよ本番!カルータラのミックスの再現に挑戦!

今朝の奈良は10.5度。寝汗をかきました。

Dsc02233 これは深夜にローステッドカレーパウダーなどで仕込んだチキンのマリネ。

Dsc02239 朝は、ビゴの店のブール、近所のシブレットの青菜のサラダ、山菜入りかき揚げ、カゴメから新発売?のヨーグルトサラダ。今日は非インドでしたが、野菜が摂れてご機嫌よしです。

Dsc02240 午前中は、dancyu掲載のカルータラのレシピ(お店のカレーではなく、マスターのスリランカの友人の家庭の味とのことです)で、チキンカレーを作製。やはりローステッドカレーパウダーが入るので、作製途中でもコク深い香りが鍋から立ちこめ、嬉しくなってきます。

Dsc02241 お昼は、インド食堂タルカへ。今日はチキン、マトンを我慢し、最近テイクアウトが続いていたサンバルを、やはり出来たてが食べたいということで、Bランチでサンバルを選択。

サブジは筍と春菊。正直筍はあまり好きではないのですが、春菊の強いクセのおかげで、筍独特のえぐみが全くなく、むしろ食感が楽しめ、これまた素晴らしいサブジでした。サンバルも最高の出来映え!トマトラッサムも美味、ロティも・・・暫くタルカ通いは止められそうにありません。

Dsc02242 最後はヨーグルトライスのラッサムがけで〆。紫たまねぎもいい仕事してます。

Dsc02244 今日はチャイを5若しくは6杯堪能~。内1杯は外で「ふかし」ながら。ミールスをペロッと食べて帰るのもいいかもしれませんが、これがあると、午後のひとときをゆっくり過ごせていいです。

Dsc02246 コップが小さいと冷めないうちに飲み干せてよしです。今日は砂糖をたっぷり摂ったので、もちろん食後は、烏丸御池→京都駅をランニングしました。

Dsc02249 帰宅後は、パリップの作製。これもdancyu掲載のカルータラのレシピで。ローステッドカレーパウダーはカルータラで購入したもの、カレーパウダーはカレーブックなどでお馴染みの鎌倉のアナン(株)のものを使用しました。

このレシピで作るパリップは、他のものと違い、ほろ苦い風味とコクが魅力的だと感じました。まさにお店の味かも!

このあと、ズッキーニと三度豆の炒めのをサクッと作り、いよいよ盛りつけに。

Dsc02253 真ん中のポルサンボールから右回りに、パリップ、チキンカレー、ズッキーニと三度豆のテンパラード、タラのマスタード煮、アジの甘辛煮。スリランカ、ベンガル合作のスペシャルな一皿が出来上がりました。当初は純スリランカで行こうと思ったのですが、ベンガルの2品も合いそうだったのいで、一緒に盛りつけた訳です。

Dsc02254 パリップとチキンカレーは、あのカルータラの味が再現と言うとおこがましいでしょうが、これこれ!という感じに仕上がったような気が。やはり、手がかかっていることもあり、ローステッドカレーパウダー、ランペ、生カレーリーフが一仕事、二仕事してくれている!おいしい!

Dsc02256 食後は、ヨーグルトのキトゥルシロップ2種がけのキリパニ、イリーのエスプレッソで入れたラテで〆。

dancyuのカルータラのレシピは、材料の分量の書き方と言うか、順番が少し見にくくて作りにくいのですが、材料さえあれば結構簡単にでき、かなり本格的で奥深い味わいの豆、チキンカレーができると思いました。これは、常に作りたい衝動に駆られそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月17日 (土)

心温まる送別会、その後はベンガル料理をダブルで

今朝の奈良は6.8度。ちなみに深夜0時で10.0度と絶句。故障中のエアコンの買い換えを急がなければならないかも。

Dsc02223 朝は、ベイガンバラタに肥後橋・タカギのくるみパン。モトコーブレンドと合わせてなおよし。

Dsc02229 お昼は、奈良でお世話になった元上司の御退職記念の集いに参加するため、登大路を少し登ったところへ。

Dsc02224 ローテーブルの座敷の個室でいただく和食は、なかなか落ち着いた雰囲気で◎

Dsc02226 天ぷらとか

Dsc02225 雑炊とか

Dsc02227 和のデザートなど、ゆっくりいろいろいただきながら、和やかな雰囲気の中、昔話に花が咲きました。

集いを企画してくれたのは後輩同僚ですが、本当によく気づき実行力があると感心しきりでした。遠路遙々お越しくださった上司、参集した方々など、様々な方に感謝です。

Dsc02230 買い物に出かけようと先に失礼したのですが、東向商店街で発見され、そこから路地を少し入ったところで、コーヒーを飲みながらほっこりということもありました。

このあと、散髪、買い物、クリーニング出しなどをこなし、帰宅後は、マスタードを水に浸けてふやかし、ターメリックと塩で魚を下ごしらえ、掃除、洗濯などを済ませた後、ベンガルの魚料理2品を同時進行で調理開始!

Dsc02231 魚のマスタード煮(ショルシェ・マーチ)、魚の甘辛煮(マチェル・トク)のベイガン料理2品で、ちょっとしたシーフードミールス風の夕食になりました。

付け合わせは、インド料理ではありませんが、近所のシブレットのかぶのスープ、山菜などで作られたかき揚げ。

マスタード煮はタラ、甘辛煮はアジを使いましたが、正直なところ出来はイマイチ。マイナス点は香りと塩気が少し少なかったことでしょうか。

それにしても、マスタードシードをふやかかす作業を除けば、ものの30分で出来上がってしまいました。非常に手軽で、作りやすいので、これなら仕事を終えて帰宅した後でも簡単に料理できそうです。

さて、明日は、食べ歩きをして、スリランカ料理2品を作る予定。早めの行動ができなければ来週になるので、今日は早く寝ようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

カルータラでスペシャルランチ+α

今朝の奈良は-1.7度。そう言えば、地球温暖化という言葉、最近聞きませんね。

Dsc02203 朝は、ビゴの店のブールに、ベイガンバラタ、そして昨夜買い求めた大根きんぴら。ビゴのパンが谷四で買えるんですよ~。

Dsc02205 お昼は休暇を取って、こちら肥後橋・カルータラへ。

Dsc02206 今日はスペシャルランチの日。これ以外の目的もあり、やって来たのであります。

Dsc02204 ここのパリップは本当においしいですね。デビルチキンもスイートチリではないバージョンでは大好きな味。そして、ビーフの表現し難い風味と言うか、味わいも最高ですね。

全回はパリップを頼むのを忘れましたが、今日はカッタサンボルを追加オーダーし忘れました。カルータラに来ると、いつも嬉しさのあまり、何かが抜けてしまうジンクスはまだ続いています。

そして、今日は、ローステッドカレーパウダーを購入しました。100グラム500円です。結構な量があるので、これで何回か練習を兼ねて作れそうですが、練習に使うのはあまりにももったいないので、大切に使っていきたいと思います。

Dsc02207 食後は、四ツ橋を挟んだ向いのちょっと先にある、ブランジェリー・タカギへ。これはクロチュッテ入りブリオッシュ。

Dsc02209 中はこんな感じ。タカギのブリオッシュはかなりあっさり目ですが、逆にしつこくなくいい按配です。

Dsc02210 食後のデザートパン第二弾は、シベリアパン。こちらはかなりボリュームがあり、半分で止めようと思ったのですが、結局完食。

食後は徒歩で職場に戻り、午後はハードワークをこなし、疲れ果てて、飲み会に。会場は比較的職場から近い焼き鳥などの料理が中心の居酒屋。飲むつもりはなかったけど、ジョッキ2杯を空けてしまい、頭がガンガンして大後悔。

ソフトドリンクはウーロン茶のみで、う~ん、居酒屋に例えばプアール茶など少しクセのある温かいお茶をポットで提供するなどしてくれると有り難いんですけどね。

Dsc02213 こちらがカルータラで買った、ローステッドカレーパウダー。これで、材料は揃いました。あとは、時間さえ確保できれば、いよいよです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月15日 (木)

巻寿司という贅沢

今朝の奈良は-0.3度。

Dsc02190 ベイガンバラタに、焼いた白パンの組み合わせは、飽きません。白パン嫌いの私ですが、これは別物です。

Dsc02191 お昼は、またやってしまいました、魚のダブル。焼きナスはさすが、お手本のような焼き加減。ベイガンバラタを作るとき、ちょっとだけこれを作ることを思いつかなかった!今度やってみることにします。

Dsc02192 食後のランニングの終着点・NHK大阪放送局は、カーネーション展。高い天井のホールに轟く主題歌に、片手に持ったコーヒーの香りはひとときの安らぎなのであります。

Dsc02194 夜は、近所のごはんやハレの巻寿司、大根のきんぴら、菜の花と小松菜のくるみ和え、それにかぼちゃサラダ、おから、ひじきにを添え、繊維たっぷりの晩ご飯。

私はいつも巻寿司を頼むとき、申し訳ない気持ちになります。なぜなら、他の寿司より安いのに、最も手が込んでいると思うから。玉子、高野豆腐、しいたけなどを別々に煮て、三つ葉などを添え、焼いた海苔に酢飯を乗せ、さらにそれを巻き、巻加減も素人には難しく、職人技が必要・・・これを数百円でいただけるなんて、凄いことだと思いませんか?そう考えると、いくらやウニなんて・・・って思うのは私だけでしょうか。

なお、巻寿司は半分のみいただくつもりが、例によって1本食べきってしまいました。おいしいお寿司って罪深いですよ、本当に!

さて、仕込みは十分。明日朝が楽しみ???です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月14日 (水)

祝!東三国にスリランカから新シェフ参上~黄色いフィッシュカレー、ビステークを堪能

今朝の奈良は-2.8度。いい按配~!今年はともかく、来年は寒いところへの異動希望出そうか、真剣に検討中!?

Dsc02181 朝のベイガンバラタとラッサムは元気の素。インド食モーニングをやっている人、お店ってないのでしょうか?調べてみたい気分です。

今日は定例出張で姫路へ。例によってお昼はあなご寿司を楽しませていただきました。用務終了後は、昨夜のツイッター情報に基づき、迷わず東三国へ。

Dsc02182 18時過ぎに東三国・RASA HARAに到着。新シェフが来日、そして新メニュー準備中という、ワクワクするフレーズが!この先どうなっていくのか、目が離せません。

Dsc02176 一番乗りで入店、オーダーは、オーナー氏が親身に相談に乗ってくれ、いろいろ提案していただけるので助かります。最初はスパイスが香るもやしが乗ったサラダから。いきなりメインでもいいのですが、こういうのがあると、口を清められると言うか、いいですね。

Dsc02179 左がフィッシュカレー、奥は豆カレー、ライスの上には、マッルン、ポルサンボル、テンパレード。奥の赤いのは辛いカッタサンボルで、敢えて辛くしなかったフィッシュカレーの辛さ調整用として活用の由。

しかし、こちらのお店のカレーは、実にいい仕上がりですね。しつこいようですが、繊細さと荒っぽさが絶妙なんです。腕の良いシェフの技を、オーナ氏がさらに上手く引き出しているという感じです。もう、たまらん!

Dsc02180 そして、こちらは、ビステーク。イギリス由来のようで、ビーフステーキをスパイスで煮込んで作るそうです。写真では分かりにくいですが、肉の量は半端じゃない!それに皿の底の汁気が、実に旨い!普段肉を食べない私には殺人的な量でしたが、もう夢中になって食べさらった次第。

Dsc02184_2 食後は、スリランカ風のミルクティーのキリティで〆。茶葉の風味が爽やかに生かされ、インドのチャイと違った魅力がありますね。

今週初の外食は、豪華過ぎるスリランカ料理となりました。期待を裏切らないこのお店の発展と成功を心から祈り、これからも応援していきたいと思います。ごちそうさまでした!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月13日 (火)

魚カレー完売!

今日の奈良は-1.8度。いい按配です。

Dsc02169そろそろ、残りもの気味になってきたカレー類は、残っているからこそ嬉しいもの。

よくインドでは、作り置きをしない、などと言いますが、特に気温が低い時期における日本では、そのまま当てはめなくてもいいような気がするのです。チャパティやイドゥリの生地を、インドと同じ時間寝かしても、おいしいものは焼けないでしょうし、カレーの類でもしかりです。ということで、冬は作り置き、テイクアウト天国!だから夏はイヤなのです。

Dsc02170 お昼は、小カレイの煮付け。青菜添えがいいですね。煮物好きにはたまらない、「和風ミールス」は毎度のこと。

そして、今日は、一日中黙々と仕事をこなした後、近くのレストランに立ち寄り予約を。オーナーシェフ殿に、(生意気にも)使って欲しい食材などのを注文を付けたり、「シェフがおいしい!ってものを!」などと言ったり、いったいどっちやねん?って感じ。まあ、幹事の特権というものです。

Dsc02171 帰宅後は、毎度お馴染みの、フィッシュマラバールを中心に、今日はお店には怒られるかもしれませんが、日曜日に持ち帰ったサンバルを添え、今日はカレーライス風にしていただきました。

これでサワラのカレーは完売!ついになくなってしまい、ハゲしくさみしい気分に。次に作る魚カレーの候補の最右翼はサバですが、今回のサワラは、白身と青魚の両方の良さを併せ持った、カレーに最適の食材だと感じました。

魚の頭やブリカマ、いや、サンマやイワシなども絶対おいしそうですし、次回は魚屋さんで食材選びにかなり迷いそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月12日 (月)

ベイガンバラタ、フィッシュマラバール最高です!

今朝の奈良は-0.6度。寒いけど、このくらいが私は快適なのです~。

Dsc02163 朝は、ベイガンバラタ、ラッサムにグラハムパン。南北混在ですが、私が一番好きな朝食のパターン。ベイガンバラタは野菜を大きめにカットしたのが奏功し、今までより食感が楽しめいい按配。逆に細かく切ると、その分繊細な風味が醸し出され、両者捨てがたいところではあります。

Dsc02164 お昼はメイン少なめ。アジの南蛮漬、筑前煮、小松菜とお揚げの煮浸し、マカロニサラダ。私の活力源です。

帰宅後は、昨日いただいた、巨大シイタケを、渡辺玲氏著「かんたんスパイスカレー」に収録されているレシピで、シンプルにクミンバター炒めにしてみました。

Dsc02165 左下から、鰆のフィッシュマラバール、しいたけのクミン炒め、ラッサム、極小カトリはベイガンバラタ、ライスはバスマティにしました。

やはり、鰆のカレーが激ウマ!ナイル善己氏のこのカレーのレシピは、素晴らしいです!ラッサムもまだまだイケるし、大きくカットしたトマトがいい仕事をしてくれています。魚カレーとラッサムは2度もおかわりしてしまいました。

まだカレーはかなり残っているので、暫くは楽しめそうです。しかし、この先、気温の上昇と共に料理の保存性は悪くなり、それに快適にウォーキングしたいので、暫くは寒波に頑張っていただきたいところ。そんなこと考えているのは私だけかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月11日 (日)

アクシデント続きの日曜日~アッパー自作、定休日、あそこを怪我・・・

今朝の奈良は0.6度。調子が狂います。

Dsc02127朝は、昨夜作った、鰆のフィッシュマラール、ラッサム、タルカ食堂でテイクアウトしたサンバル。完璧です。

Dsc02128 そして、その後昨夜仕込んだネタにココナッツミルク(混ぜモノなしのもの)を混ぜて焼いたのが、このエッグ(ビッタラ)アッパー。やはり焼き方が難しいですね。玉砕です!しかし、ココナッツが入って発酵した生地の独特の風味は感じられ、見た目以上においしかったのが救いでした。

お昼は、このアッパーのことなどを伺いたい、そしてスリランカ料理が食べたいと思い、東三国のRASA HALAに行ったら定休日!事前に下調べしておく必要があった訳ですが、このまま帰宅する訳には行かず、ここから近く、ご無沙汰していて行きたかった江坂のチャトパタへ。

Dsc02135 メニューの末尾3ページに渡り、ドーサのリストが追加されていました。値段は高めですが、このお店のクオリティなら、きっとおいしいドーサがいただけるでしょう。次回はマサラドーサでも頼みたいと思いました。

なお、お店は既に14時を過ぎていたのにほぼ満席。インド人ファミリーのお客さんもいて、江坂の駅から徒歩10分弱でイマイチの立地なのに、これほど賑わっているとは、嬉しい限りです。

Dsc02133 最初はソルトラッシー。塩加減が最高です。おかわりができたら・・・、いや、そうだ、これは自分で作ればいいかも!

Dsc02140 マサラパパドは、シンプルながら素晴らしい旨さ。そして二口目を食べようと口を開いたら、顎からゴリっという音が!久しぶりに顎を外してしまいました。顎関節症なのでしょうが。しばらく口を動かさずにじっとしていたら直ることがあるのですが、今日はダメでした。

Dsc02143 パニールティッカは、大きなパニールに、タマネギ、ピーマンが付き、上品な仕上がりで風味豊か、それに、2種のチャトニーが実に素晴らしかったです。しかもこのレモン、このようにスライスすると絞りやすく、細部に至るまで、行き届いています。

Dsc02144 メインは、ベイガンマサラ。カリパコラ、ベイガンバラタがなく選んだのですが、これも素晴らしい仕上がり。カレーもロティも、ホテルの味。お昼から贅沢すぎるかもしれません。

そして、ロティとカレー半分を食べたところで、口が全く開かなくなり、顎に激痛が走り、15分ほどケータイをいじるなどして時間をかけ休養しましたが、やむなく食事を中断。顎が外れてしまったとお店の方に告げると、丁寧に包んでいただきました。感謝です。

このあと、ベイガンバラタを作り、時間があればバスマティライスを炊き、パヤサムを作り、夜はフィッシュカレーのプレートを楽しむ予定です。

Dsc02158 しかし、出来上がったのは、ベイガンバラタのみ。顎の調子が思うように回復せずが理由。

なお、今日は香取薫先生のレシピで作り、ナスをペースト状にせず大きなザク切りにしたこと、たまねぎも渡辺玲先生から習った「南インド風カット」で大きめに切って、食感を残すためのアレンジを加えたところ、概ね狙い通りに仕上がりました。

今日はアクシデント続きでしたが、こちらは上手く出来上がり、胸をなで下ろしたことは言うまでもありません。

Dsc02147 したがって、夜は、チャトパタで包んでいただいた、ベイガンマサラとロティの「続き」。冷めても旨いものは旨いです。マサラはややオイリーですが、上質な仕上がり故に、しつこさが全く感じられず、むしろ清らかささえ感じるほど。雑な作業ではこのように感じることはできない筈。改めてチャトパタの底力のようなものを感じた次第です。

Dsc02159 たまねぎ炒めなどに長時間を費やして作ったベイガンバラタも加わり、今夜は豪華な自作ミールスとなる筈が、さすがにこれだけでは諦められず、悪あがきということで、フォームミルクを作り、挽きたての豆でカフェラテを入れました。

こういう形で食欲がなくなるのは、何とも空しいもの。明日朝、「体調」がどうなっているか、気がかりです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2012年3月10日 (土)

青魚とある食材の威力~鯖、鰆、ゴラカ!

今朝の奈良は4.5度。やはり生ぬるいです。

Dsc02106 朝は出遅れ、ライスにポルサンボルとパリップで済ませましたが、本当にポルサンボルはふりかけとして使え便利。

Dsc02107 お昼は、3週間ぶりとなった、京都・タルカ食堂へ。ここ最近ずっとスリランカ料理を研究?していて、犠牲にしていたこの訪問がようやく実現。

鮮やかな色が美しいトマトラッサムは大好きな味、ダルの濃度、南インド風のマトンカレーは風味が絶妙。ロティの焼き加減もいいですし、カチュンバルサラダは手抜きしたら絶対キュウリのえぐみとか、変な水っぽさが出ると思うのですが、そんなことは全くなく、パコラにココナッツチャトニーという贅沢!

そして、今日一番のお気に入りは、手前の春菊と山芋のサブジ。春菊のクセ、風味が山芋をさらに食べやすくさせ、サブジとしてこれほど風味豊かなものはないのではと思いました。

ベジ好きの私としては、サブジが日替わりというのは嬉しい限り。なぜならば、ベジのカレーは意外と限られているし、このサブジ、ポリヤル、トーレンの類は野菜を変えれば、いわゆるカレーよりも、風味、食感の引き出し方が無限でしょうし、このようなミールスにおける役割が非常に大きいと思うからです。

ということで、今日はいつになく料理に感動し、あっという間に食べ終えてしまいました。食後は例によって、フリーチャイを楽しませていただきました。

そして、テイクアウトのサンバルをいただき、そろそろ帰ろうかと思っていたところで、私に声がかかり・・・

Dsc02109 何と何と、試作中という、鯖のカレーを試食させていただいちゃいました。しかもこのカレー、タマリンドではなく、ゴラカ(ガルシニアが別名?)を使って作ったというではありませんか!

私こと、先週のスリランカ料理教室で、講師のラッキーさんからゴラカのことを教えてもらい、これを使うと魚が煮くずれず、酸味もキリッと付くということで、購入先を探し注文しようと思っていたところでした。また、スリランカでは鯖や鯵など青魚もよく使うようで、久しぶりにインド料理ですが、ナイル善己氏のレシピでブリの代わりに鯖あたりを使ってマラバーリフィッシュを作ろうかと考えていた矢先だったので、そのカレーが目の前に登場とあって、本当に驚きました。

そして、このカレー、最高に旨かった!試作品とは思えませんでしたよ。やはり青魚は旨味がダイレクトに出ますね。鯖以外にも、サンマ、イワシなどでもおいしいとのことで、そんなカレーがこれからいただけたら、私は京都移住を考えなければなければいけません。

そして、ゴラカの実物を見せていただいたのですが、タマリンドのように半生状態で、タマリンドより臭いが強く、薫製のような香りがして、何とも不思議、しかし魅力的な食材に思えました。

Dsc02117 帰り際に何とこのゴラカをいただいてしまいました!こんな貴重なものを私のような者に・・・感謝、感激です。

Dsc02118 こちらは上の写真のゴラカを裏返したもの。もうこれをいただいたら、やるしかありません。

その後、タルカ食堂を後にし、いつものように烏丸御池→京都駅までラン&ウォークで移動、途中、ブランジェリー・マッシュ・キョウトでグラハム食パンなどを買い、京都駅の伊勢丹地下で、米ナス、魚などの食材を調達、近鉄特急で食材片手に爆睡は、お決まりのパターン。

Dsc02121 帰宅後は、蓋が開かなくなった圧力鍋の買い直しを決行、今度はアルミ製の軽くて小さいやつにしました。その後、クリーニングを出しに行ったり、足りない食材を買い足しに行くなどし、慌ただしい夕暮れ時となり、料理開始は19時。ちなみに写真は、100円ショップでようやく見つけた、あるモノを焼くための小型鍋。そして、ミルクブレンダー。

Dsc02112 そして、ようやく準備が整ったところで、ナイル善己氏著・ナイルレストランが教えるはじめてのインド料理に収録されている、フィッシュマラバール、ラッサムを作りました。出来上がりは22時過ぎ。ベイガンバラタを作るのは、明日に持ち越しです。

アレンジは、ブリの代わりにサワラ、フィッシュカレーのみタマリンドの代わりにゴラカを使ったこと、カレーリーフをやや多めにし、ラッサムについてはこのあとパプリカと生トマトを追加投入したこと。

試食しましたが、やはりこのフィッシュカレー、たまらん旨さです。酸味と旨味がダイレクトに伝わり、ご飯もってこ~い!状態。

Dsc02116 食後は、抹茶クッキーで〆。

今日は出遅れましたが、充実した土曜日となりました。タルカ食堂さんに感謝!です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 9日 (金)

ピタッと決まったカレーの旨さときたら!

今朝の奈良は5.5度。中途半端な気温です。

Dsc02078 最近続いている、ダメダメ朝食。それでも、一応、古代米パン、ニシムラ珈琲のブレンド。

Dsc02082 お昼は、カレイの南蛮漬、若ごぼう、数の子、レンコンサラダ、そして黒豆。そう、春を間近にした、おせちですね、これは。

Dsc02090 夜は、あやめ池へ。アチャールサラダは、ドレッシングなしがいい。

Dsc02092 サモサには、トマトチャトニーがいい。

Dsc02097 一押しのチキンは・・・・、スーッとスパイスの上品でコク深い香りが入ってくる!確かに、今までと全然違いますね、これは。これだからスパイス料理はたまりません。一本とられました。

Dsc02100 何と何と、ランドグシャの試作品をいただいちゃいました。ハゲしくたまら~ん!ガラムマサラが合う合う!

カレーにスイーツ。ますます私仕立て?のお店になってしまい、いいのでしょうか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 8日 (木)

姫路でよく歩き、最後は・・・JR西がストップ!

今朝の奈良は2.2度。三寒四温、それに花粉のせいなのか、からだがムズムズして、イヤな季節の到来におびえる日々。

Dsc02073 ついに今朝はインド食が切れ、激安・ジャンクな朝食に。

そして、今日は定例出張で姫路に。例によって昼食はあなご寿司。4月からは、出張先が変わるので、これを食べられるのもあと僅か。さみしい限りです。

Dsc02074 出張用務終了後は時間に余裕「等々」があり、姫路のある場所から、駅を越えて南方面に行き、またある場所でマッタリして、再び駅を越えて、みゆき通りをちょっと横に入ったところにある健康食品が置いてあるパン工房で明日の朝食を調達。姫路でも食べ歩きデビュー?となった訳です。

Dsc02075 パネトーネ2種と、珍しい古代米を使った米粉パン。問題は野菜です。

Nec_0932 そして姫路駅に到着すると、JRが信号故障でストップ!数分で運行再開との案内が流れ、改札に入りましたが、新快速は岡山方面からの到着電車待ち+信号待ちで動く気配がなく、やむなくこれで帰りました。今日もJR西にやられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 7日 (水)

本当の御馳走とは~近所のごはんやハレにて

今朝の奈良は8.4度。

Dsc02069 我が家にあるカレーリーフの木は、その全てが芽吹き、うち1つはこんな状態に。

Dsc02055 お昼は、オーソドックスに、鯖の煮付け。うざく、南瓜煮など、これは大人好みの惣菜ですね。

Dsc02056 NHK大阪放送局ロビーのセットは、こんな具合に。

Dsc02058 仕事を終えた後は、少しご無沙汰していた近所のごはんやハレに。昨日のシブレットの真向かいです。

テイクアウトのつもりが、お店の方と話したり、メニューを見ていたら、食事して帰りたくなり、こちらでいただくことにしました。

Dsc02059_2 オーガニックのほうじ茶は、実に香り高く、心癒されます。陶器の内側のひび割れた模様、こういうの大好きです。

Dsc02061_2 焼魚が付くAセットは、このように盛りだくさんすぎるほどの内容で、吃驚しました。カキの小鍋、鯛の?焼きは実に味わい深く、それに茶碗蒸し、野菜の惣菜はどれも極めてやさしく風味豊か。それに、この味噌汁がお目当てでもあるのですが、薄味で大人向けの夕ご飯は、これまた大人の味です。こういう何気ない料理がおいしいというのが、本当の意味での御馳走なのだと思いました。

Dsc02064 何かそのまま帰るのがもったいない気がして、別腹でもあるスイーツを。こちらは豆乳プリン、ジンジャーきびソースがけ。これも大人すぎる味!豆乳が臭みを感じる一歩手前で引き出され、しょうがのくど味ときびの甘みが絶妙で、よくまあ若いご夫婦がこんな大人向けのスイーツを作るものかと感心しました。

Dsc02067 こちらは、ようやくスリランカから届いた、スパイス類。手前は先日の料理教室で購入した、ワーサナさんのカレーパウダー。右はローステッド、真ん中は普通のカレーパウダー。あとこれにランペが揃えば、いよいよです。

そして、このあと、ナイル善己氏のレシピでラッサムを作ろうと、圧力鍋を使って豆を煮ようとしたら、鍋の蓋がズレて固く締まってしまい、開かなくなってしまいました!1時間悪戦苦闘しましたが、疲れ果て断念。新しい鍋を買うしかなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 6日 (火)

学園大和町にシブレットという名店あり~今日はインド、スリランカはお休み

今朝の奈良は9.8度。上着なしで出勤です。

Dsc02036a 朝は、ダメダメ朝食。とは言え、パリップ、キリパニでしっかりランカ風。

Dsc02043 お昼は、鱈の味噌漬、手羽先と大根煮、トマトの卵とじ、甘長唐、ゴーヤと、これまた実に旨味たっぷりのお膳となりました。

Dsc02045_2 仕事でくたびれたので、ほぼ定時に職場をあとにし、向かった先は近所のシブレット。終業直後でしたが、お店のドアが開いていたので、無理言ってオーダー。

Dsc02046_2 大きなスモークサーモンは、この店自慢の一品だけあり、素晴らしすぎます。酸味加減が絶妙なひじきのサラダ、地味だけど後味が実に良い大根や厚揚煮など、惣菜を口にする度、思わず唸ってしまいました。

ゆずのシフォンも素晴らしい風味で、私はシフォンは安っぽくてあまり好きではないのですが、ここのは別ですね。

それにしても、よくここまで数多くの料理を作れるものだと、いつも感心と言うか驚いています。しかもどの料理もイマイチがないんですから。別の人生が歩めるのなら、こちらのシェフの許で修行したい・・・。不器用な私は、1日で破門されると思うので、今までどおり、コツコツとインド、スリランカ料理を勉強していくことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月 5日 (月)

雨にも負けずスリランカ~甘激辛のナスのチャツネがいい按配、キトゥル合いがけも

今朝の奈良は8.5度。酷暑と言えましょう。

Dsc02028 朝は、昨夜作ったパリップ、夜中に作ったポルサンボル、麦ごはんをロッダグループのマグロカレーに合わせました。朝食を超えてます。

Nec_0930 昼は、菜の花添えの小カレイ、筑前煮、小松菜とお揚げのお浸し、それに我慢できずアジの南蛮漬を加えました。

Nec_0931 昼食後のランニング後に立ち寄るNHK大阪放送局のロビーには、こんなセットが。

終業後は、難波まで走り歩きをしましたが、さすがに今日はかなり汗をかきました。帰宅後は、今朝インターネットでいろいろ調べて作ってみたかったナスのチャツネなるものを自作。

短冊切りにしたナスを油で揚げ、カルダモンやクローブなどのホールスパイスを石臼ですり潰し、水にビネガー、塩、砂糖、パウダースパイス数種類を混ぜたものにニンニクしょうがペーストを入れて煮詰め、そこに油を切ったナスを入れ混ぜ、水分が飛んだら出来上がり!揚げ物ありなのに、たったの30分ほどで出来上がってしまいました!

Dsc02031 いかがでしょう。いい按配に煮詰まっているような気が。

Dsc02032 夕食は、朝と殆ど変わりませんが、ナスのチャツネを加え、スリランカ料理2回目にしては、我ながら頑張ったと思える内容に。ナスは予想どおり甘辛、いやかなり辛く仕上がり、食が進みます。ポルサンボルも朝よりしっとり感が出てきて、いい按配。それにしても、スリランカ料理って、ササッと簡単に出来ていいですね。

Dsc02033 食後は、キトゥル合いがけのキリパニで〆。手前の薄い色は今日栓を空けたMD社のもので、こちらの方が甘くメープルシロップに似た感じ。好みは奥の今まで使っていたもので、こちらの方がコクがあります。結構違うタイプなので、このようにかけると味の違いが楽しめて面白いです。

00040_ スリランカのスパイス類は、面白いルートを辿っています。国内で保税輸送され、国内の国際線みたいな扱いとでも言うのでしょうか。ようやく通関し、我が国の土地に着地したようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 4日 (日)

祝・ロッダグループ1周年記念イベント!~そして、モルジブフィッシュ入りパリップを自作

今朝の奈良は0.6度。最近は、三寒四温ならぬ、四寒三温という感じです。

Dsc01996 朝は、玄米に、昨日テイクアウトした、チョウクのマレーシアンビーフのスパイス煮。期待どおり、八角がいい仕事していますね。中華とインドの挟間の風味といったところでしょうか、そそられます。

Dsc01997 今日は疲れが出たのか、昼過ぎまで寝ては起きての繰り返し。始動は15時過ぎで、16時過ぎの電車に乗って、昨日に引き続き、ロッダグループへ。

今日は5時30分起きで、開店後からお客さんがひっきりなしで、大変だったみたいです。私が入店したのは17時前で、運良くお客さんはゼロ。その後、4人前後のお客さんが3組来店され、一気に満席!お店にはアジスさんの奥様、お子さんなどもいらっしゃり、記念日らしく、いい雰囲気でしたよ。

Dsc01998 1周年記念メニューは、手際よくサーブされ、パラパラのフライドライス、野菜炒めの塩気に、デビルチキンの甘辛さ、それにパイン炒めの甘みが絶妙にマッチし、一気に食べきりました。

Dsc02004 帰宅後は、これを使って、昨日料理教室でラッキーさんから習ったパリップを自作。アレンジは、このモルジブフィッシュを入れたこと、ココナッツオイルを使ったことの2点。あっ、今気が付きましたが、このカラピンチャを使うのを忘れていました!

Dsc02002 試食しましたが、モルジブフィッシュがきちんと効いていました。モルジブフィッシュを粉状にするのに一苦労しましたが、レンズ豆はすぐに煮えるし、下準備も殆ど不要で、いとも簡単に作れていいですね。

明日の朝は、これとロッダのマグロカレーと合わせていただく予定。楽しみで仕方がないです。日曜夜は憂鬱になるので、翌日用の料理をするのはいいかもしれませんね。

00030_ こちらは、何か複雑な感じで運送されている模様。今週には到着するでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 3日 (土)

スリランカ料理を習い、食べ歩いた日

今日は土曜日。昨夜は天然温泉に浸かりましたが、まだ身体はイマイチ回復せず、あることを思い立ちました。

Dsc01937 蒲田黒湯温泉・ホテル末広で購入したスパパウダーを使って朝風呂に入りました。関西で馴染みのない黒湯を奈良で再現!です。

Dsc01962 朝食は豆乳パン。スーパーで買ったものですが、焼くと素晴らしい風味を醸し出してくれるではありませんか。臭みを感じる一歩手前の絶妙な按配でした。

Dsc01966 昼は、昨日夜中に連絡し、名古屋から急遽駆けつけてくれた某氏と大阪・東三国のRASA HARAに。

本日のカレーは、さつまいもと鱈。900円でこのボリューム、しかもサンボル類、サラダ付きとは驚きです。どちらのカレーも極上の仕上がりで、唸りながらいただいた次第。

Dsc01967 こちらは、サンブルティアル。後ろは辛いのと、辛くない例のサンボル(まだ名前よく分かっていません。すいません。)。これは酒のアテになりそうですが、カレーに混ぜても最高!素晴らし過ぎます。

Dsc01968 テンパラード3種盛りです。右端は厚揚げとキャベツだったかな?これがまたインドのパニールに似た感じに思え、美味でした。それにしても、こちらのお店、どの料理も実に塩加減がいいですね。

Dsc01969 鯖のカトレット!マグロと違い、一段と風味が強く感じられ、味わい深く、かつ、サクッとした食感も楽しめ、絶品でした。

Dsc01970 食後はスリランカ式の作り方で入れられたチャイ。茶葉を鍋でグツグツ煮込まないんですね。インドのチャイと違い、紅茶の味の出方が全く違い、スーッと入ってくるのにお茶の香りが濃厚とでも言うのでしょうか、これも病みつきになる味です。

今日は、知人が名古屋から来たということだと思いますが、いろいろサービスをしていただき、そのおこぼれにあずからせていただきました。おそらく今後、このランチは忘れられないものになるでしょう。ごちそうさまでした。

そして、食後は駅に猛ダッシュし、予定の電車に乗り込み、西九条へ。渡辺玲氏の料理教室でおなじみの、クレオ大阪西の調理室に向かいました。

今週水曜日に大阪・福島にあるスリランカ料理店・ワーサナさんを訪れた際、シェフの通称・ラッキーさんから料理教室があると教えてもらい、主催者であるアジア協会さんに無理を言って参加させていただきました。

Dsc01971 こちらは、ラッキーさんが仕入れた、スリランカ産のマグロ。滅多に手に入らない食材とのことで、ラッキーさん、とても上機嫌でしたが、私たちもこれを見て、冷静さを失うほどでした。

Dsc01973 料理教室は、ラッキーさんが調理をしながら解説するのを見聞きし、その後区切りのいいところで、各自各班に分かれ調理をするというスタイル。

Dsc01974aじっくり料理の仕方を見ることができ、このスタイルは以前参加した、ケララ料理教室のときとよく似ています。

Dsc01972a 今日は、マグロのカレー、レンズ豆のカレー、スリランカ式チャイの3品を習いましたが、どの料理も至って短時間で調理でき、混ぜるだけ、炒めて入れるだけという具合。それなのに、きちんと豊かな香り、深い味わいの料理が出来上がるんですね。

マグロのカレーでは、タマリンドの代わりにゴラカ(あとで調べたら、ガルシニアのことのようでした)を使うとより魚が柔らかくなり過ぎない、ローステッドカレーパウダーは火が通っているので、料理では煮込まず、火を止めてから入れて食べた方が風味が落ちない・・・、いろいろコツを教わり、収穫ありすぎ!そして、スリランカ料理の魅力を短時間ながら、沢山教わり、充実した時間を過ごすことができました。

Dsc01980 出来上がりはこんな具合。いとも簡単に、短時間で、こんなにおしいそうなカレーが出来てしまうなんて、目から鱗が落ちる思いでした。マグロのカレー、レンズ豆のカレーのおしいさときたら!

Dsc01978 そして、何より驚いたのがチャイです。ラサハラさんのチャイと同様、実に旨いですね。ミルクを別の鍋で沸かし、それをお湯に茶葉が入った鍋に入れ、その後茶葉を取り出し・・・と、作り方もインド式(もいろいろあると思いますが)とかなり違い、いい勉強をさせていただきました。

Dsc01981 料理教室の後は、西九条から歩いてこちら、安治川トンネルを経由、九条の商店街を端から端まで歩き、例のお店に。

Dsc01983 明日1周年記念を迎える、大阪・九条のロッダグループに到着。チョウク、RASA HARAさんからお祝いのお花が届けられていました。

Dsc01982 私はお腹いっぱいで何も食べずでしたが、相方はギャミサラセットに近いものを。ライスは例によって、スリランカのお米!

やはりロッダさんの味は、まあ、私は現地に行ったことがありませんが、家庭料理、食堂的と言えばいいのでしょうか、良い意味での荒っぽさ、風味が独特で、このような味はこの店ならではですね。スリランカ小旅行をした気分に浸れます。私は、真ん中のマグロのカレーをテイクアウトさせていただきました。

その後は、九条から大正橋を渡り、JR大正駅も通り抜け、アリーズキッチンを下見してから、環状線で福島へ向かい、さらに少し歩いて、亜州食堂・チョウクへ。

Dsc01984 実は食べるつもりはなかったのですが、ノンベジミールスを頼んじゃいました。しかもチャナマサラ追加で。

Dsc01986_2 アサリのマサラ、これは本当、絶品です!ハマグリで作ることも考えられたようで、これは来年に期待?でしょうか?しかし、このアサリのマサラ、私は2回目ですが、実に素晴らしいお味です。たまりませんね。

Dsc01987 そして、こちらは相方さんが追加注文したラッサム。めちゃくちゃ旨い!青唐辛子のスライスがトッピングされ、これまた風味が素晴らしかったです。ランチのラッサムとはまた違った味わい深く、かつサラッとしていて美味。これも強くオススメ。なお、チョウクさんでは、八角が使われたマレーシアンビーフのスパイス煮をテイクアウトさせていただきました。

今日は黒湯から始まり、感動的なランチをラサハラさんで、密度の濃い料理教室、そしてロッダグループの家庭・食堂風料理、最後は貝のカレーに舌鼓と、これ以上ない充実した日になりました。

今日いろいろな方から習い、教えてもらったことは、私の財産になり、今後のスリランカ料理を楽しむ糧となることは間違いありません。ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年3月 2日 (金)

高級北インドベジターリーはいかに?

今朝の奈良は7.6度。絶句です。

Dsc01925 朝は、米粉パン、コシヒカリ入りヨーグルト、ポテトサラダと珍しく非インド食。しかし、ライス入りヨーグルトを全く抵抗なく食べている私は、すっかりインド化しているのかも。なかなかおいしかったですよ。

Dsc01930 お昼はこちら。粕漬けの魚は不明ですが、なかなかの美味。それに豆入りサラダ、ふき、切り干し大根という、和の風味を堪能。

Dsc01933_2 夜は過酷な業務に疲れ果て、昨日から目のピントが合わず、ふらふらと大阪市内を気分転換のため散策的にウォーキング。

土日の(食事の)予定を考えながら、どうしようかと思い、JR奈良のスリランカ、近所の和食カフェにしようかと思いましたが、もう少し体調が良い時に行きたい・・・。それで、ふと長堀通を渡ったところで、あるお店を思い付き、ふと見るとその店がココに!

Dsc01932 心斎橋・ゴータマさんです。店は地下で、入口へ続く階段、黒板などは、銀座1丁目・グルガオンに似ている気が・・・期待が高まります。

Dsc01924 単品で行こうと思っていたところ、メニューの最後にターリーセットなるものが。ナンをプーリーに変えられるということで、ベジタブルターリーセットを即注文!

Dsc01931 シンプルな構成ですね。まずサラダは新鮮でおいしかったです。サモサもありふれた内容ですが、ミントチャトニーも付いており美味。そして、プーリーは素晴らしい按配。

肝心のカレーは、かなり辛くと注文しましたが、それほど辛さは感じず。風味は繊細で、スーッとしたカルダモン的な風味は気品さえ感じるほどでしたが、具がやや少なく、高級なレトルトを食べているようでした。

パニールは炙られたものが入り美味でしたが、サグのベースがイマイチですね。量も少なく、これで3,360円はちょっと高いですね。クスムは食べ放題で1,000円ほどなのに、と思ってしまいました。

次回訪問時は、ノンベジ系、焼き物系を頼んでみたいと思います。

Dsc01934 心斎橋にこんな銭湯があるとは。朝早くから夜遅くまで開いているようなので、ウォーキングとセットで訪れてみたいと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

スリランカは小休止

今朝の奈良は1.6度、最高気温は16.3度。おかしくなりそうです。

Dsc01916_2 朝は、最近数日続いている、ダメパターン。やはりこれだと午前中はパワーが出ません。

Dsc01917 お昼は栄養補給のため特大カレイ。仄かにピリッと辛いポテトサラダも美味。存分に堪能させていただきました。

Dsc01918 夜は疲れ果てた状態を通り越し、あやめ池へ。今日はサラダをドレッシングなしのアチャールのみで。是非お試しください!

Dsc01919 メインは、サブジマサラ。今日はかぶがたっぷりと入った、私好み過ぎるバージョン。特にかぶの葉っぱ(クミンと何かで下ごしらえあり!)が実にいい風味を醸し出しており、カボチャが沢山ではなく、ちょろっと入っているところが、これまたイイ!

無理でしょうが、これはこのまま継続していくことをハゲしく希望するものであります。

Dsc01920 今日は常連さん勢揃いで、閉店前ということもあり?、こんなものをサービスしていただいちゃいました。

このベイクドチーズケーキは、アシスタントシェフとも言える彼が自作したものとのことで、製法を少し伺ったのですが、えっ~!という旨さ。右上に少しガラムマサラをふりかけてもらいましたが、これがまたよく合います。

こんなスイーツ、しかも日替わり?!で出てきたら、私は他の店に行けなくなってしまいます。翌月頃には、このスイーツが登場するかも??なので、楽しみでなりません。

00020_(おまけ)あれっ?税関は通過というか、素通り??

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »