« 寒波到来~かぶのスープカレーで暖を | トップページ | スパイスで体調は回復するか実験です »

2012年2月 9日 (木)

早朝料理、昼は宝石で無念の決断、夜は念願のナシカンダール

今朝の奈良は-1.7度。寒さに対抗?し、やってしまいました、早朝料理。

Dsc01524 先日神戸ハラールフードで買った、ハラールベジタブルキューブ。これと昨夜大量に残ったかぶの葉、ぶなしめじを使ってスープを作りました。

Dsc01525 朝食はこんな具合。かぶの葉のスープ、かぶのスープカレー。Wスープの朝食ですな。

そして、昼は、玄米食堂、洋食家Fujiyaが満席で、宝石へ。

行列は4番目といい位置でしたが、今日は一向にお客さんが出てきません。呼び込みもないまま、時間が過ぎ行き、身体は凍り付きそうに。

それで、ついに13時10分前、無念の決断を。列を離れ、コンビニへGo!かやくごはんおにぎり1個を歩きながら口に放り込み、昼休みは終了。やはりあのお店は、我々勤め人には厳しいと痛感した次第。

そして、夜はこのままでは終われないとの思いで、谷四→→本町→→福島をラン&ウォーク。途中、肥後橋のタカギに滑り込み、くるみをゲット!

Dsc01531 目的地はこちら。亜州食堂・チョウクさんです。前回訪問は2か月前で、アサリのカレーなどノンベジを堪能したとき以来。本当は毎日訪れたいんですけどね~。

Dsc01526 ようやく念願叶ったりで、今日はスペシャル・ナシカンダールをオーダー。スパイス煮は、フィッシュ(アジ)とマトンを選択。オーダー後に八角が使われたマレーシアン・ビーフが激しく気になり、コレは次回の楽しみとしました。

それにしても、このナシカンダール、ミールスとカオラートゲーンの中間と言うか、お味はあっさりとしてミールスに近いのですが、食べ応えがあり、ベジ好きの私には理想的な一皿でした。

チョウクさんのノンベジはあっさりしていて安心して食べられ、もちろん食後の胃もたれもなく、毎日でも食べられそうなのは、周知の事実。こういう料理をレギュラーメニューで提供するところがスゴイところです。ライス好きにはたまらないですね、これは。

Dsc01527a 食後は、ベトナムコーヒーを追加オーダー。実はこの金属製のコーヒーフィルター、私も持っているのですが、説明書がなくなり、使い方が分からずにいたのです。使い方を伺ったら、マスターが懇切丁寧に説明してくれ、ベトナム産のコーヒーの粉まで見せていただき、香りまで嗅がせていただいちゃいました。豆はカラメルに似た独特の甘いロースト臭が独特で、これはミルクに合うこと間違いない!と確信。

上の写真は、ベトナムコーヒーの入れ方をコマにしたもの。カップの下にはコンデンスミルクが沈殿しており、最初の一口は混ぜずにコーヒーのみを味わい、それから混ぜて楽しむ方法を教えていただきました。

これ、いいですね~。実はベトナム産のコーヒー豆は、このコーヒー用ではないのですが、インスタントでアイスコーヒーを作るためのものは持っているですが、当然豆は持っていません。どこかで手に入れ、自宅でも作りたいと思いました。

食後は、福島→本町をウォーキングし、時間の関係で電車に乗り難波経由で奈良に帰りました。

今日はついにナシカンダールにありつけた良い日であり、よく歩きました。

|
|

« 寒波到来~かぶのスープカレーで暖を | トップページ | スパイスで体調は回復するか実験です »

東南アジア料理」カテゴリの記事

食材・器具・資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/53938236

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝料理、昼は宝石で無念の決断、夜は念願のナシカンダール:

« 寒波到来~かぶのスープカレーで暖を | トップページ | スパイスで体調は回復するか実験です »