« 極寒の中、恵方巻三種盛り~巻寿司の切り方とは? | トップページ | タルカ食堂がさらに充実~サンバル持ちながら京都をラン »

2012年2月 4日 (土)

京町屋でインド家庭料理とチャイ、京都市内ウォーキングの後は、ケララの風のレシピでラッサム作り

今朝の奈良は、昨日の-4.8度にはほど遠い-1.9度。しかし外はうっすら雪化粧し、道路も半ば凍結。

朝は昨日の恵方巻の残りとひじきのサラダで済ませ、一路京都へ。

Dsc01451 京都駅から歩き始め、どちらに行こうか迷いながら、昨日からの恵方巻の食べ過ぎで、ボリュームを押さえたく、ゆっくり過ごしたい気分だったので、四条堀川を少し上がったところにある、ラトナ・カフェを初訪問。

Dsc01445 店内は、土間様のスペースの奥にも客席があり、今日は一番奥の席に陣取らさせていただきました。膝掛けも用意され、ゆっくり過ごせそうです。

Dsc01444 スパイス類、紅茶の缶を見ると、胸が高鳴ってきます。

Dsc01447 お店自体の雰囲気がとても落ち着いており、何をせずとも待っていられます。

Dsc01448 こちらは、ベジタブルカレーのランチセット。メインのカレーは日替わりのようで、本日は里芋のカレー。たまねぎを使わずヨーグルトを使った北インドの家庭料理とのこと。これがさといのもくどみが全くなく、ヨーグルトの爽やかさ、まろやかさが見事に風味に生かされた、素晴らしいカレーでした。

ダルカレーもダルの潰れ方がいい按配で、レモンのアチャールと合わせてもよし、そして、サブジはシンプルながらも、青菜が細かく刻まれたもの、トマトが混ざっていて、じゃがいもの重さが感じられない、秀逸な仕上がり具合でした。

ライスは玄米を選びましたが、やはり食感がよく、インド料理とよく合いますね。ボリュームは少なめですが、私にはちょうどよい量。腹八分がキープでき、食後胃もたれして嫌な思いをすることがありませんでした。

Dsc01450 食後のチャイは、逆にかなりの量。それ故、ゆっくり過ごすことができそうで、お店の方の気遣いを感じたほどです。

そして、このチャイ、シンプルなミルクのチャイでしたが、不思議なくらいミルクの風味が豊かに生かされていました。相当慣れて、上手じゃないと、このようなシンプルでおいしいチャイは作れないのではないでしょうか。

Dsc01442_2 店の中庭も落ち着いた雰囲気です。右手の小扉は厠ですね。ここからドアを明けて行くのです。

また、こちら、ラトナ・カフェさんでは、スパイス教室という料理教室が開かれ、次回は未定のようですが、毎月1回計12回にわたり、シンプルなインド家庭料理が習えるようで、次回募集がかかったら、是非参加したいと思いました。いや、絶対参加します!

Dsc01452 ラトナ・カフェをあとにした後は、堀川通を北上→堀川今出川→烏丸今出川までラン&ウォーク。

Dsc01454 こちらは、烏丸今出川を少し上がり、西に入ったところにある、バザールカフェ。京都勤務のとき、時々訪れては、昼休みに癒されていたことを思い出しました。ちなみに今日は、タイ料理のパネンカレーが500円!食べたい衝動に駆られましたが、我慢しました。

その後は、烏丸今出川→京都駅まで、ウォーク&ラン。伊勢丹でちょこっと買い物をして奈良に戻りました。

Dsc01456 帰宅後は、ラッサム作り。ケララの風のレシピですが、このように、ふんだんにスパイスを使って作るんです。

ちなみに、ブラックペッパーは、先週GRIPケララの料理教室で買った、ケララで子供達を山登りに連れて行った時にスタッフの方が仕入れたオーガニックのもの、コリアンダーはチェンナイ、クミンは(確か)トリバンドラムで買ってきたもの。メティは神戸ハラールフードで買ったもので産地は不明ですが、それ以外は全てインド産です。

Dsc01462 作り方は、結構豪快です。鍋にどんどん素材を入れていきます。

Dsc01464 煮込み中にチャイブレイク。こちらは、今日訪れたラトナ・カフェさんのHPで紹介されているレシピで作りました。スパイスなしのオーソドックスなチャイですが、とってもおいしかったですよ。

Dsc01465 テンパリングです。見事なショットですが、手順を間違えた!時すでに遅しで、本当はザルで裏ごしする必要が。。。

Dsc01467 今夜は、きのことじゃがいものマサラの残りと、ラッサム。ラッサムは、禁断の技?で、テンパリングを「半分」やり直しました。マスタードシードの粒が濾して殆どなくなってしまったので、再度サラダ油にマスタードシードを入れて弾けさせ、油を捨ててマスタードシードを少し加えてみました。

ラッサムは上品ながらも見事なバランスで、ケララの風のラッサムの再現にはほど遠いですが(特に私のは色がイマイチ…)、その雰囲気は少し感じられたかもしれません。

今日は2万3千歩超を歩き、ラトナ・カフェで里芋のおいしいカレーやチャイに出会え、ケララの風のラッサム作りもでき、まあまあ充実した1日でした。

それにしても、ラトナ・カフェのインド家庭料理はいいですね。ムンバイの家庭のエビカレー、ケララフィッシュカレーが気になって仕方がありません。タルカ食堂のミールスも食べたいし、マドラスキッチンにも行きたい…明日の行き先に迷っています。

|
|

« 極寒の中、恵方巻三種盛り~巻寿司の切り方とは? | トップページ | タルカ食堂がさらに充実~サンバル持ちながら京都をラン »

インド料理」カテゴリの記事

自作」カテゴリの記事

コメント

ラトナカフェって店内に流れているBGMにも癒されますよね。

投稿: みつお | 2012年2月 6日 (月) 15時42分

当日は早い時間で貸切状態だったので、あの雰囲気を独り占め!でした。理想のお店ですね~。

投稿: rikiroh | 2012年2月 7日 (火) 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/53900539

この記事へのトラックバック一覧です: 京町屋でインド家庭料理とチャイ、京都市内ウォーキングの後は、ケララの風のレシピでラッサム作り:

« 極寒の中、恵方巻三種盛り~巻寿司の切り方とは? | トップページ | タルカ食堂がさらに充実~サンバル持ちながら京都をラン »