« 原点に戻った日~塩鯖とマトン、最後は雑炊 | トップページ | 南インド料理三昧~ケララの料理教室と夜2食でインド旅行さながらの一日 »

2012年1月28日 (土)

東京ミールス行脚~第1弾は新丸子、第2弾は東銀座、そして蒲田の黒湯で〆

昨夜は眠れず、身体が重い、かたい。

Dsc01220時間がなく、タカギのパン・オ・レザン1個のみの朝食。

Dsc01221 新横浜→菊名→武蔵小杉(下車)→徒歩の最中。綱島街道を北上し、新丸子交差点を右に入り、郵便局の先が目的地のハズ。

Dsc01231 我ながら感心するほど迷わず到着。2か月前オープンの、その名もマドラス・ミールスさんです。

Dsc01224 パロタをこのように紹介しているところがイイですね~。

Dsc01222 カウンターに張られているイラストは、見ていて楽しめます。

Dsc01223 特にこちら。簡単なタミル語のフレーズ、単語などが紹介され、メニューを眺めながら料理を待つより、格段に楽しめます。素晴らしい!思わず口ずさみ、店員さんとちょっとしたタミル語コミュニケーションができ、とてもいいアイデア(サービス)だと思いました。

Dsc01225 全部盛りのスペシャルミールスには、何と3種類のチャトニーと左下のジンジャー・ピックルが付いてきました。

Dsc01229 手前から、パヤサム、サラダ、チキンカレー、野菜カレー、サンバル、ラッサム、クートゥ、ポリヤル、パロタ、パパド、ライス、チキンフライ。ラッサムはキリッと辛くいい按配、パロタが美味!カレーもそれぞれ、チェンナイチックでしたよ~。

Dsc01227 このジンジャー・ピックルは、病みつきになる物体です。カレーに混ぜてもよし、パロタに挟んでもよし。

Dsc01230 食後に付くチャイは、砂糖入りでミルキー!チェンナイのスタンドで飲んでいる気分になりました。個人的にこのミルキーなチャイは大好きです。

川崎にはIT関連の会社が結構多く、バンガロール(ベンガルール)などいわゆる南インド出身の人の方が少なくないのに、南インド系の料理店は数えるほどしかないとのことです。パロタを出す店も少ないと思われ、こちらのお店は今後インド人の方からも注目されること間違いなしですね。これからが楽しみです。機会をうかがいまた訪問したいと思いました。

Dsc01232 お店の入口に張り出されている、このメニューが激しく気になります。これはなかなかお目にかかれないのでは。次回はこれに日替わりを単品でお願いしたいと思った次第です。

そして、夜は、東銀座へ。

Dsc01235 ダルマサーガラのこちらの席に案内されたのは初めて。

Dsc01241 土日はビリヤニがありますが、今日もご縁がなく、いつになったらいただける日がくることやら。

Dsc01239 ミールスと思っていたのですが、何か気が変わって、アラカルトでいきました。スターターはラッサム。やはり、この店の料理は、ちょっと違いますね~。素晴らしい!

Dsc01243 メインは、イディヤッパン。サンバル、ココナッツチャトニー付き。

これは完璧な味。チャトニーに至っては飲み干したいほど。たまらん!

Dsc01244 アヴィヤルを付けましたが、少々量が多かったようです。しかし、こちらも素晴らしいお味。こちらもたまらん!

Dsc01254 精算時に店員さんに伺うと、前日予約で1名でのオーダー可のシーフードミールスがあることが判明。チェックミスだ~。しかも、今回は予約して行こうと思っていたので、ダブルチェックミス。

でも、そのおかげで、ダルマサーガラのイディヤッパンとアヴィヤルがいただけた訳で、大満足としましょう。

Dsc01245 食後は、東銀座--日本橋--神田--→秋葉原とラン&ウォーク。こちらは日本橋。

Dsc01247_2 マンダリンオリエンタル前。なかなか威圧的です。香港で一度泊まったことがあるけど、こちらは1泊でも即破産しそうなお値段かも。

Dsc01249 秋葉原に到着。目的はThinkPadのACアダプター(ジャンク品)。IBMフリーク御用達の末広町駅前・Wakamatsuへ。

Dsc01255a ACアダプターのみのハズが、ワイヤレスLANモジュール、マウスなどよけいなものを購入してしまいました。ちなみにこちらは中古で1,980円。

そして、その後は再び南下し、蒲田へ。そう、黒湯がお目当て。今回は蒲田温泉です。

Dsc01256b なかなか雰囲気があって、いい感じ。こちらは、下駄箱の札を番台のおっちゃんに預けロッカーの鍵をもらう方式。

黒湯は中温が42.0度、高温が43.2度でさほど差はないものの、使い分けができて便利。

肝心の黒湯は、ツルツルでいい按配。湯上がりのお肌はスベスベになっていました。とても美容、いや、健康によさそうなお湯で大満足で御座いました。

Dsc01262 こちらはおまけ画像。ゆずヨーグルトなるものですが、これが素晴らしい風味。

ゆずの風味が豊かと言うより、凛として感じられるって言えばいいのでしょうか、ゆずの効き方が絶妙です。和風が苦手な方も、一度お試しくださいませ。

ちなみに本日の歩数は24,890歩、消費カロリーは924キロカロリー(史上2位!)。

|
|

« 原点に戻った日~塩鯖とマトン、最後は雑炊 | トップページ | 南インド料理三昧~ケララの料理教室と夜2食でインド旅行さながらの一日 »

インド料理」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/53844421

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ミールス行脚~第1弾は新丸子、第2弾は東銀座、そして蒲田の黒湯で〆:

« 原点に戻った日~塩鯖とマトン、最後は雑炊 | トップページ | 南インド料理三昧~ケララの料理教室と夜2食でインド旅行さながらの一日 »