« インド食が途切れた日~ごはんやハレの世界へ | トップページ | タルカ食堂を再訪、夜は谷九・ゴルカバザールで食事会 »

2012年1月20日 (金)

グンドゥルック三昧~東心斎橋・ネパヤ

いろいろ楽しく、疲れもした今週も今日で終わり。

Dsc01125 朝は、有楽町イトシア内のサンジェルマンで買った、お米のもちもちパンに、じゃがいもとオクラのサブジ、じゃがいものバージを合わせました。

しっとりとしたサブジに米粉パン、くるみパンはよく合うと思っているのは、私だけでしょうか。おいしいですよ。

Dsc01127 お昼は萩。今日は、珍しく赤魚の煮付けがあり、その上、ご覧のように、かぶとベーコン、若ごぼう、鯖のなますまであり、素晴らしく風味豊かなランチとなりました。たまりません!

Dsc01135 夜は南郵便局に寄った後、帰ろうかと思いつつ、グンドゥルックが云々というツイートを思い出し、少しだけ道を引き返し、こちら、東心斎橋・Nepa-yaに。再訪実現です。

Dsc01128 メニューはこんな感じで、充実、進化中。こういうの、嬉しいですね。

Dsc01129 付き出しのパパド、ムラコアチャール。アルアチャールより、こちらの方が付きだしとして、口がさっぱりしてよろしいです!

Dsc01131 ダルバートの登場。メインをどのようにするか伺ってくれるんですよ。基本的にシェフにおまかせなのですが、ベジ、チキンというように簡単に提案していただき、その中からお願いするというスタイルは、何が出てくるか楽しみな部分を残してオーダーできる楽しさがあり、待ち時間が苦痛ではなく、楽しみなるというもの。

Dsc01132 この茶色いきのこのようなものがグンドゥルック。実は私、ずっと昔からグンドゥルックが何かということを知らず、「きのこみたいなもの」と表現し、これが旨い!と言っていたのですが、これが青菜の類を発酵させ、乾燥させた保存食だということを、今更ながら知りました。

グンドゥルックは、とっても根気強く下処理し、カレーに入れると仄かな酸味が感じられ、適度に調整された塩気、そして何よりも独特の食感がたまらなくおいしいんです。食感は少し硬めのきのこという感じで、これが入ることで(当たり前ですが)ぐっとネパール料理の世界に引き寄せられるという感じです。

ダル、チキンのどちらのカレーにも合うグンドゥルック。遠い昔、ネパール旅行した時に食べた記憶が蘇り、それがグンドゥルックだと知ったのが本日。

ネパールカレーにはまりつつあり、これで夏休みの行き先の候補が一つ増えてしまい、そのころは激しく悩むことになりそうです。

|
|

« インド食が途切れた日~ごはんやハレの世界へ | トップページ | タルカ食堂を再訪、夜は谷九・ゴルカバザールで食事会 »

ネパール料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/53782735

この記事へのトラックバック一覧です: グンドゥルック三昧~東心斎橋・ネパヤ:

« インド食が途切れた日~ごはんやハレの世界へ | トップページ | タルカ食堂を再訪、夜は谷九・ゴルカバザールで食事会 »