« 東京ミールス行脚~第1弾は新丸子、第2弾は東銀座、そして蒲田の黒湯で〆 | トップページ | 宴のあとの足どり~カイバルのタンドリーランチ »

2012年1月29日 (日)

南インド料理三昧~ケララの料理教室と夜2食でインド旅行さながらの一日

今朝の東京は1.0度。寒さで身体が動きません。

Dsc01234 朝食昨日買ったこのクリームパン。インド料理ばかり食べていると、甘いものを欲するのでしょうか。そう言えばインドのお菓子は激甘ですよね。

Dsc01265 濃厚な1日となるはずのスタートは大森から。こちらには約1時間滞在。本当、密度の濃い時間が過ごさせていただきました。

Dsc01266 2番目の目的地はこちら。東大島駅から少し歩きましたが、その間に商店が全くなく、高層階のマンションがズラり。これから、ケララを支援するNPO法人・GRIPケララ社主催のカレー教室に参加します。

参加者は総勢8名、スタッフ数名、講師のナーシャさん御夫妻。スタッフの方は、事前に準備会まで開くなど、実に丁寧な企画をされ、頭が下がります。参加者の方も、(私以外)落ち着いた感じの方ばかりで、会場に入った途端、何かとっても心地よく、アットホームな雰囲気を感じました。

Dsc01267a サンバル用のトゥールダル、オクラなどカットされた野菜、ビーフカレー用の塩とカレーリーフでマリネされた牛肉、少し揚げたココナッツロング。

Dsc01276a ビーフカレーの料理が始まりました。たまねぎは、南インドスタイルのカットの仕方ですね。

Dsc01281a_2牛肉を入れじっくり炒めていき、じゃがいもを入れ、さらに根気よく炒めていきます。最後にカレーリーフを入れます。

Dsc01290a サンバル用おnオクラはかなりしっかり揚げ炒めました。ダルの鍋に野菜を入れ煮込み開始です。

Dsc01305b タマリンド汁はこのように入れていくんですね。ここまでしっかり絞り切ったタマリンドはゴミになるようで、2番汁をとるときには、軽く絞るのかな?最後にテンパリングをしてできあがりです。

Dsc01302a 今回の料理教室は、ナーシャさんのご主人がビールカレー、ナーシャさんがサンバルを担当。ベジタリアンとノンベジタリアンのご夫婦なんですよ~。びっくりしました

講習は、ナーシャさんご夫婦が料理し、細かいところはGRIPケララの方の通訳が瞬時に入り、我々も料理を手伝ったりという感じで進みました。品数が2品なので、飲み込みやすいペースでとってもよかったと思います。

Dsc01300 ビールカレーのできあがり。油が分離しているのが分かるでしょうか。油を引き出すという視点が大切なようですね。

Dsc01312 サンバルもできあがりました。

Dsc01315 今日の料理教室の完成品です。サンバルはライスにかけ、ビーフカレーは横に添えるとのことです。

辛さは抑えているとのことですが、サンバルはタマリンドの酸味の効かせ方が絶妙で、ココナッツオイルを使ったことが影響しているのか、素晴らしい風味でした。ビーフカレーはじゃがいもの澱粉が少し溶け出してできるであろうとろみがいい按配で、実においしいカレーに仕上がっていました。

Dsc01316a こちらは、私の同行者であるUさんがリクエストし、ローストのビーフカレーを使ってビーフフライを作っているところです。これがまた異なった風味、食感になりおいしかったですよ。

Dsc01322a さらに話がはずんで、鍋に残った油や肉片を使って、焼きめしを作ってしまいました。インド人も日本人もこういうの好きなんですね~。

今回の料理教室、個人的には、とても良い機会に巡り会えたと思いました。とにかく講師、スタッフの方が親切で、講習内容、特にスピードがちょうどよく、わかりやすい内容で、できあがった料理もおいしく、今後も是非続けていただきたいですね。

Dsc01327a 料理教室の後は、新大久保へ。駅から少し路地を進んだところにあるハラールショップで、今回はネパール食材等を探索してきました。ジンブー、グンドゥルック、トゥクラティー、そしてモルジブ(フィッシュ)チップスを購入。

Momo ネパール・インド食材屋さんの2階には、このような激しく気になるお店が。身体若しくは胃が2つ、いや3つ欲しい!

Dsc01330 このような、超ディープなお店も。日本人0%ですが入店してみました。スリランカ米などお目当ての商品が見つからずすぐに退店しましたが、ここが日本だとは思えない雰囲気でした。

その後は、新大久保から蒲田を経由し、武蔵新田で下車。目的地は、南印度ダイニング・ポンディバワンです。

Dsc01368a

(↓クリックするとミールス動画!)1328016613bjks4h4ovlrmpcu 予約していたシーフードミールスは、バナナリーフにライス、チャトニー、各種のカレーが次々と盛られていき、本場さながらの雰囲気。なかなかすごい内容でした。カレーのクオリティも高く、とってもおいしかったです。そして、一番驚いたのは、イカのポリヤル。これ、アリですよ、アリ!あと、相変わらずここのプーリーはおいしいですね。

Dsc01375 蟹、イカ、エビ、野菜2種、チャトニー、パパド、サンバル・・・本当にてんこ盛りです。忘れられない思い出になりました。

Dsc01376a フィッシュフライ、スイーツも盛られ、最後はマドラスコーヒーで〆。インドの話で盛り上がり、楽しいひとときを過ごしました。

Dsc01383a_2 食後は再び東京方面へ。有楽町ルミネ内には、ドーサをこのようにいただけるお店が。いいですね、こういう企画と言うか、展開は。

Dsc01386a 夜の2軒目は、昨夜に引き続き、連日訪問となった、東銀座・ダルマサーガラ。

Dsc01389 こちらでは、31日で終わってしまう、シーフードミールスをいただきに来ました。パチャディはほのかにわさびのような風味が感じられ美味、ミーンコランブは素晴らしい酸味具合、エビカレーはまろやかだけではない奥深い風味、サンバルは見本のような出来映え、小エビのかき揚げは大好きな味!グリーンチャトニーを付けてさらによし、蟹肉入りドーサにココナッツチャトニーはたまらない味。プーリーも素晴らしかったです。

Dsc01390 こちらは、白身魚のバナナ葉包み焼き香草蒸し。こういう料理は誰でも心が躍るというもの。カレイと思われる魚は上品極まりなく、これも忘れられない料理になりそうです。

Dsc01391 デザートのパヤサムは、この色!濃厚でおいしかったです。最後のチャイは、バランスが素晴らしく、これまたお手本のような味で印象深かったです。

しかし、私にとって、夜2食は限界を超えていました。途中でパッタリ手が止まり、フリーズ状態に。外を歩いて来ましたが、それでも胃はもはや限界で、私初めて完食できずにテイクアウトをお願いしました。若くないことは自覚しているのですが、やはり無理は禁物ですね。

ポンティバワンはフレッシュさが感じられ、ダルマサーガラは奥深く至極の味。やはりダルマサーガラは私が思うに、日本で唯一のインド料理のファーストクラスレストランになり得る実力を持ったお店ですね。

今日は濃厚極まりない一日となり、充実しす過ぎ、食べ過ぎで御座いました。東京にいながら、インド旅行をしたような錯覚に陥った、とても幸せな一日でした。

|
|

« 東京ミールス行脚~第1弾は新丸子、第2弾は東銀座、そして蒲田の黒湯で〆 | トップページ | 宴のあとの足どり~カイバルのタンドリーランチ »

イベント・食事会・料理教室」カテゴリの記事

インド料理」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

食材・器具・資料」カテゴリの記事

コメント

どうもっ!
新大久保のスパイスショップ、去年私も行きました。今思えばグンドルックとか買っとけば良かった!
さらに隣のビルに入っているネパール居酒屋MOMOでダルバートをいただこうと思ってたのですが、如何せんお腹が減って無くて、断念したという・・・・・残念。
因みにMOMOはかつて味家のチャカさんが腕を奮っておられたお店ですね。
しかし新大久保界隈は韓流マダムでムンムン?でしたね。ははは

投稿: みつお | 2012年1月31日 (火) 11時42分

まさにジャスト・ミーーートでした!マショウラも売っていたし、モルジブフィッシュ、カッタサンボルなどスリランカ食材もあり、もう、興奮しましたよ。
ジンブーはテンパリング、グンドゥルックは軽く洗って投入でOKいいみたいで、早く料理してみたく、うずうずしているところです。
2階のネパール居酒屋・モモも興味深かったです。味家の方がいらっしゃったんですか。チラシをアップしておきますね。
そうそう、虎ノ門に新店という情報、気になりますね。ああ、東京に転勤したくなってきました~。

投稿: rikiroh | 2012年1月31日 (火) 21時00分

rikiroh様
そもそもネパール居酒屋MOMOは現オーナーが店をオープンする際に、親戚で料理上手な現味家のチャカさんにコンセプトやらメニューやらを全部任せて立ち上げた店のようです。私も味家訪問後に知りました。だからメニューとか味家に似てるでしょ(*^^)v

投稿: みつお | 2012年2月 2日 (木) 10時25分

なるほど、そうなんですか!まだ私は味家のダルしか食べたことがなく、次回上京時には、どちらかを訪問し、ゆっくりネパール料理を堪能したいところです。~ジンブー入りのダルが食べたいですぅ。

投稿: rikiroh | 2012年2月 4日 (土) 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/53859425

この記事へのトラックバック一覧です: 南インド料理三昧~ケララの料理教室と夜2食でインド旅行さながらの一日:

« 東京ミールス行脚~第1弾は新丸子、第2弾は東銀座、そして蒲田の黒湯で〆 | トップページ | 宴のあとの足どり~カイバルのタンドリーランチ »