« グンドゥルック三昧~東心斎橋・ネパヤ | トップページ | 第8回インド料理食事会in大阪~渡辺玲さんを囲んで~盛りだくさんの講習、講習前はロッダグループでスリランカ家庭料理・ギャミラサセット! »

2012年1月21日 (土)

タルカ食堂を再訪、夜は谷九・ゴルカバザールで食事会

今日、土曜日は雨天。

しかし、もう今日は行き先が決まっているのであります。そう、本日は京都です。

Dsc01138 こちらは、烏丸御池・タルカ食堂のランチメニュー。少食の私ですが、ここはスペシャルしかないでしょう。

Dsc01139 パコラのタレとしてチャトニーが紹介され、レモンを搾ってという箇所、サブジとポリヤルの呼び方の違いを紹介しているあたりが、らしさでしょうか。

この「食べ方」は、とかく混ぜて食べるのがお行儀が悪いことと思いがちな私たち日本人対策として、ミールス普及に貢献するアイテムだと思うのです。

Dsc01140 昼のスペシャルランチは、ベジ3種にノンベジ2種が付く豪華版。一番奥がロティ、ターリー内は、ライス、ラッサム、ムングダル(だと思う)、サンバル、チキン、ラム、ポリヤル、ライス、サラダ、パコラ。

パコラにはココナッツチャトニーが添えられ、これがいい按配。全てのカトリのカレーは、手作り感満載で、いくらでも食べられそう。つまり、おかわりが欲しくなるような、ミールスなんです。こんなに豪華な内容ですが、あっさりとしているので、私でもちょうどよい量。ロティも美味です。

それと、このようなやさしい味わいだと、混ぜて食べやすいと言うか、混ぜてこそ生きてくる部分があるかと。その上で、例えば少し強烈なチャトニーを少量多種(オニオン、ミントなど)ターリーに乗せると、さらに本場感がアップするような気がします。その意味で、ココナッツチャトニーが入っていることは素晴らしいです。ラッサム、サンバルがおかわり1回可能であれば、どれだけ嬉しいことか!

Dsc01141 食後のチャイも濃厚だけど飲みやすく、私好みの味で嬉しかった~。アイスは、チャイの提供が遅れたということで、奥様手作りの贅沢極まりないものを付けていただいちゃいました。

Dsc01142 ナッツが入り濃厚なのに、ラズベリー(かな?)などのいフルーツが入ることで、酸味が加わり、後味はさっぱり。贅沢だけど、濃厚さが先行せず、風味豊か、それでいて後味がさわやかな、非常に魅力的なデザートで御座いました。こんなにおいしいデザートを知ってしまった私、これから注文せずにはいられないじゃないですか!(太る~!)

そして、食後は、烏丸御池→京都をウォーキングではなく、今日はランニング。所要20分弱。何とか完走しました。走れるようになるまで1年5か月かかった計算になります。いつか、ランニングおじさんになれることを夢見ております。

夜は、明日の料理教室の前夜祭?でもある、食事会に。

会場は、大阪・谷町九丁目のゴルカ・バザール。お店の前は仕事帰りのウォーキングでよく通るのですが、訪問するのは本当、久しぶりです。

Dsc01154 タバ店長さんの登場~!相変わらず、明るくて魅力的な方ですね~。今日は給仕のほとんどをタバ店長さんがしてくれたんですよ~!

Dsc01144 最初はサラダ。ネパール料理ですが、サラダから始まるんです、とのこと。個人的には、やはり最初に胃に入れるものは野菜にしたいので、嬉しかったです。

Dsc01145_2 モモには、特製のマスタードベースっぽいタレ(何と言うのでしょうか?)が。このモモ、本当にモモです!熱々でおいしい!

Dsc01146 軟骨の炒め物。軟骨がこんなにやわらかくなるんだ~と本当に不思議なくらいでした。コリアンダーを散らしたのは特別オーダーみたいです。これは食が進みます。

Dsc01147 ソーセージチリは、青唐辛子がふんだんに使われ、まさに激辛仕立て。ソーセージ?と思うかもしれませんが、大人すぎる味。青唐辛子がフレッシュで辛さがいい按配。今度作ってみようかと企んでおります。

Dsc01148 チョーメンの麺は、何と自家製麺とのこと。確かにおいしいです。殆ど中華というお味で、それほど麺のおいしさが際だっていました。やっぱりこのお店、そのあたりのお店とはちょっと違いますね~。

Dsc01149 ダルバートの登場です。ダルの上に添えられたチャトニーっぽいやつが独特な風味でいいアクセントになっていましたよ。丸められたパパドもおもしろい。南インドとは対極の山のミールスという感じで、雰囲気が出ていました。

Dsc01150 骨付きチキンは別皿で提供。タバ店長さん、ネパールでは、骨付きでないとカレーじゃない!と力説。シャバシャバ系で旨味たっぷりのネパールのチキンカレーは飽きないおいしさですね~。いくらでも食べることができそうです。

Dsc01153 食後のキールは甘さ加減がちょうどよく美味。後味もよく、さっぱりしていて、これまた言い按配でした。

それにしても今日はよく食べました。昼はミールス、夜はダルバートとその他沢山。

タバ店長さん、今はいろいろ大変みたいですが、やる気満々、さらにお店を進化させていく意欲に満ちており、これからが楽しみです。何でもリクエストして欲しい、どんどん意見してくれと仰っていたのが印象的でした(早速、ジンブー!と言ったら、握手してくれましたよ~)。

ちなみに今日の歩数は1万3千歩超と、最近にしては少なめですが、時間がないわりには補数が意外に伸びました。

明日は料理教室。盛りだくさんな内容になりそうで、今から楽しみです。

|
|

« グンドゥルック三昧~東心斎橋・ネパヤ | トップページ | 第8回インド料理食事会in大阪~渡辺玲さんを囲んで~盛りだくさんの講習、講習前はロッダグループでスリランカ家庭料理・ギャミラサセット! »

イベント・食事会・料理教室」カテゴリの記事

インド料理」カテゴリの記事

ネパール料理」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
今、大阪方面のネパール人コミュニティの間では、例の殺人事件で大変らしいですね。被害に会われた方は、私の職場近くにあるネパール料理店々主も友達だったらしく、沈痛な表情を浮かべておられました。
それとチキンカレーの件ですが、どのネパール人に聞いても骨付きに限ると言いますね!

投稿: みつお | 2012年1月23日 (月) 11時08分

この日の食事会開催の前、全員で黙祷しました。詳しいことは書けませんが、とにかくひどい事件ですね。許せません。
それと、チキンカレーについては、ネパール人の方は、本当、骨付きじゃないとカレーじゃないとくちを揃えて仰いますね~。
確かに骨からいい味が出ますし。それにしても、ネパールはインドよりノンベジに寛容な感じがします。山岳では家畜が重要な食料にもなるでしょうし、宗教的な背景もあるのかな?なんて、考えているのであります。

投稿: rikiroh | 2012年1月23日 (月) 22時44分

ほんとに、わたしもあまりのことに何と言ってよいかわかりませんでした。ただ、それだけに今回の食事会は心に染み入るような、心のこもったお味だったように思います。「山のミールス」って、ほんと言い得て妙というか、とっても良い表現ですねgood
ネパールでは、部族によっては、事故などで死んでしまった牛を食べても良いところもあるなんて、店長さんがお話しされていましたね。ヒンドゥー教に仏教が混在しているのに、複雑で興味深いなーと思ってしまいました。

投稿: マーヤ | 2012年1月23日 (月) 23時40分

料理は文化を表すと言いましょうか、おもしろいものですね。そう考えると日本の料理って何だろう?と思うことも。
我々は雑食だな~と思ったり、海外の日本料理店って、天ぷらとか寿司だけだったり、意外と菜食が少ない和食がヘルシーというイメージが先行しているような気もしますし、きちんと日本の料理が外国に発信できているのか…。
まあ、それでも、そういうゆる~いところ、寛容な文化が好きな私。何を書いているのか、訳が分からなくなってきましたが、これからも適当に料理を作り、生きていこうと思っております。happy01

投稿: rikiroh | 2012年1月24日 (火) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/53788686

この記事へのトラックバック一覧です: タルカ食堂を再訪、夜は谷九・ゴルカバザールで食事会:

« グンドゥルック三昧~東心斎橋・ネパヤ | トップページ | 第8回インド料理食事会in大阪~渡辺玲さんを囲んで~盛りだくさんの講習、講習前はロッダグループでスリランカ家庭料理・ギャミラサセット! »