« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

今日はベイガンバラタ丼でスタート

今日の奈良は-1.6度。昨日は-2.4度だったようで、まだマシみたいです。

Dsc01407 朝はベイガンバラタ丼。ジャスミンライスですよ。

Dsc01409 お昼は萩で、カレイのあんかけなどに舌鼓。

Dsc01410 夜は荷物の受け取りのため血眼になって帰宅。おかげで、こちらシブレットと隣のピザリア・ニューエイジに立ち寄れました。

Dsc01411 ケララ料理教室のサンバル、ビーフカレー、シブレットのよもぎ素麺、青菜サラダ、ひじきサラダ、ジャスミンライスが今夜の夕食。やはりサンバルは絶品、ビーフもおいしく、これで完食です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月30日 (月)

宴のあとの足どり~カイバルのタンドリーランチ

今朝は予想どおり昨夜のツケが。何もかもが飽和状態とでも言うのでしょうか、何もする気が起きません。

Dsc01392 朝食はこれ1個を口に入れるのが精一杯。サンジェルマンのシナムドーナツ。シナモンに少し癒されました。

Img_0001 その後は、蒲田黒湯温泉ホテル末広の朝風呂へ。蒲田駅西口前の徒歩1分以下で日帰り入浴ができ大変便利。しかし、立地のみならず、黒湯の泉質が至極!湯上がりの肌はスベスベになり、何とも気持ちのよいお湯をいただき、体調(食欲)も回復傾向へ。

朝風呂の後は東京駅方面へ。軽くウォーキングしながらランチの場所を考えようと、八重洲、銀座界隈をウロウロ。まあ、系列3店を展開するグループのどの店に入るかを考えるというもの。

Dsc01398食欲からすれば、ベジ単品で軽く済ませたかったし、エリックサウスの長ネギのクートゥが激しく気になっていたのですが、考えているうちに急にタンドール料理が食べたくなり、ベジのタンドールがいただけないかと思い、こちらのお店を初訪問しました。

Dsc01394

ランチタイムの単品はないようで、結局全部盛りのカイバルスペシャルをいただくことに。今日の日替わりは、ムング豆とチャナ豆とオクラ、ごまソースのマトン、コリアンダーマサラのチキンキーマという、何とも興味深い内容。何もさすがの見栄えです。

Dsc01393 まず、豆と野菜を合わせたカレーは平凡なようで、とても素晴らしい仕上がり。マトンはごまの風味が実に奥深さと味わいを演出、キーマはコリアンダーの風味がこんなに引き立つのかと思うほどで、たまらない内容でした。

Dsc01396_2 こちらのタンドールのお皿は、骨なしチキン、エビ、カリフラワーのタンドール料理。チキンはさすがの風味、エビもレモン、ミントチャトニーを付けてさらに美味になり、カリフラワーに至ってはコリアンダー葉の香りがとても良いアクセントになっており、とてもおいしかったです。期待以上どころか、お店の実力を垣間見ることができた、素晴らしいランチになりました。

食後のウォーキングは東京駅1周。所要約30分、少し「付け足し」をすると40分以上になり、雨天時などかなり便利なコースと言えましょう。

Dsc01403 楽しい東京インド料理行脚も終わり、一路京都へ。都内は所々雪が残っていたし、岐阜-滋賀の間はご覧のとおり。新幹線に乗ると気候が変わる場所の境が分かり、面白いですね。

Dsc01405 今夜は、ダルマサーガラで包んでもらったパチャディ、サンバル、クルフィ、GRIPケララ社の料理教室でいただいた、ビーフカレー、サンバルをターリーに乗っけてみました。

はっとする味は、パチャディとサンバルですね~。ダルマサーガラの実力、ケララ家庭料理の素晴らしさを再認識。

怒濤のような1月も明日で終わり。明日からは少しペースを落とし、再びウォーキングを地道に頑張りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月29日 (日)

南インド料理三昧~ケララの料理教室と夜2食でインド旅行さながらの一日

今朝の東京は1.0度。寒さで身体が動きません。

Dsc01234 朝食昨日買ったこのクリームパン。インド料理ばかり食べていると、甘いものを欲するのでしょうか。そう言えばインドのお菓子は激甘ですよね。

Dsc01265 濃厚な1日となるはずのスタートは大森から。こちらには約1時間滞在。本当、密度の濃い時間が過ごさせていただきました。

Dsc01266 2番目の目的地はこちら。東大島駅から少し歩きましたが、その間に商店が全くなく、高層階のマンションがズラり。これから、ケララを支援するNPO法人・GRIPケララ社主催のカレー教室に参加します。

参加者は総勢8名、スタッフ数名、講師のナーシャさん御夫妻。スタッフの方は、事前に準備会まで開くなど、実に丁寧な企画をされ、頭が下がります。参加者の方も、(私以外)落ち着いた感じの方ばかりで、会場に入った途端、何かとっても心地よく、アットホームな雰囲気を感じました。

Dsc01267a サンバル用のトゥールダル、オクラなどカットされた野菜、ビーフカレー用の塩とカレーリーフでマリネされた牛肉、少し揚げたココナッツロング。

Dsc01276a ビーフカレーの料理が始まりました。たまねぎは、南インドスタイルのカットの仕方ですね。

Dsc01281a_2牛肉を入れじっくり炒めていき、じゃがいもを入れ、さらに根気よく炒めていきます。最後にカレーリーフを入れます。

Dsc01290a サンバル用おnオクラはかなりしっかり揚げ炒めました。ダルの鍋に野菜を入れ煮込み開始です。

Dsc01305b タマリンド汁はこのように入れていくんですね。ここまでしっかり絞り切ったタマリンドはゴミになるようで、2番汁をとるときには、軽く絞るのかな?最後にテンパリングをしてできあがりです。

Dsc01302a 今回の料理教室は、ナーシャさんのご主人がビールカレー、ナーシャさんがサンバルを担当。ベジタリアンとノンベジタリアンのご夫婦なんですよ~。びっくりしました

講習は、ナーシャさんご夫婦が料理し、細かいところはGRIPケララの方の通訳が瞬時に入り、我々も料理を手伝ったりという感じで進みました。品数が2品なので、飲み込みやすいペースでとってもよかったと思います。

Dsc01300 ビールカレーのできあがり。油が分離しているのが分かるでしょうか。油を引き出すという視点が大切なようですね。

Dsc01312 サンバルもできあがりました。

Dsc01315 今日の料理教室の完成品です。サンバルはライスにかけ、ビーフカレーは横に添えるとのことです。

辛さは抑えているとのことですが、サンバルはタマリンドの酸味の効かせ方が絶妙で、ココナッツオイルを使ったことが影響しているのか、素晴らしい風味でした。ビーフカレーはじゃがいもの澱粉が少し溶け出してできるであろうとろみがいい按配で、実においしいカレーに仕上がっていました。

Dsc01316a こちらは、私の同行者であるUさんがリクエストし、ローストのビーフカレーを使ってビーフフライを作っているところです。これがまた異なった風味、食感になりおいしかったですよ。

Dsc01322a さらに話がはずんで、鍋に残った油や肉片を使って、焼きめしを作ってしまいました。インド人も日本人もこういうの好きなんですね~。

今回の料理教室、個人的には、とても良い機会に巡り会えたと思いました。とにかく講師、スタッフの方が親切で、講習内容、特にスピードがちょうどよく、わかりやすい内容で、できあがった料理もおいしく、今後も是非続けていただきたいですね。

Dsc01327a 料理教室の後は、新大久保へ。駅から少し路地を進んだところにあるハラールショップで、今回はネパール食材等を探索してきました。ジンブー、グンドゥルック、トゥクラティー、そしてモルジブ(フィッシュ)チップスを購入。

Momo ネパール・インド食材屋さんの2階には、このような激しく気になるお店が。身体若しくは胃が2つ、いや3つ欲しい!

Dsc01330 このような、超ディープなお店も。日本人0%ですが入店してみました。スリランカ米などお目当ての商品が見つからずすぐに退店しましたが、ここが日本だとは思えない雰囲気でした。

その後は、新大久保から蒲田を経由し、武蔵新田で下車。目的地は、南印度ダイニング・ポンディバワンです。

Dsc01368a

(↓クリックするとミールス動画!)1328016613bjks4h4ovlrmpcu 予約していたシーフードミールスは、バナナリーフにライス、チャトニー、各種のカレーが次々と盛られていき、本場さながらの雰囲気。なかなかすごい内容でした。カレーのクオリティも高く、とってもおいしかったです。そして、一番驚いたのは、イカのポリヤル。これ、アリですよ、アリ!あと、相変わらずここのプーリーはおいしいですね。

Dsc01375 蟹、イカ、エビ、野菜2種、チャトニー、パパド、サンバル・・・本当にてんこ盛りです。忘れられない思い出になりました。

Dsc01376a フィッシュフライ、スイーツも盛られ、最後はマドラスコーヒーで〆。インドの話で盛り上がり、楽しいひとときを過ごしました。

Dsc01383a_2 食後は再び東京方面へ。有楽町ルミネ内には、ドーサをこのようにいただけるお店が。いいですね、こういう企画と言うか、展開は。

Dsc01386a 夜の2軒目は、昨夜に引き続き、連日訪問となった、東銀座・ダルマサーガラ。

Dsc01389 こちらでは、31日で終わってしまう、シーフードミールスをいただきに来ました。パチャディはほのかにわさびのような風味が感じられ美味、ミーンコランブは素晴らしい酸味具合、エビカレーはまろやかだけではない奥深い風味、サンバルは見本のような出来映え、小エビのかき揚げは大好きな味!グリーンチャトニーを付けてさらによし、蟹肉入りドーサにココナッツチャトニーはたまらない味。プーリーも素晴らしかったです。

Dsc01390 こちらは、白身魚のバナナ葉包み焼き香草蒸し。こういう料理は誰でも心が躍るというもの。カレイと思われる魚は上品極まりなく、これも忘れられない料理になりそうです。

Dsc01391 デザートのパヤサムは、この色!濃厚でおいしかったです。最後のチャイは、バランスが素晴らしく、これまたお手本のような味で印象深かったです。

しかし、私にとって、夜2食は限界を超えていました。途中でパッタリ手が止まり、フリーズ状態に。外を歩いて来ましたが、それでも胃はもはや限界で、私初めて完食できずにテイクアウトをお願いしました。若くないことは自覚しているのですが、やはり無理は禁物ですね。

ポンティバワンはフレッシュさが感じられ、ダルマサーガラは奥深く至極の味。やはりダルマサーガラは私が思うに、日本で唯一のインド料理のファーストクラスレストランになり得る実力を持ったお店ですね。

今日は濃厚極まりない一日となり、充実しす過ぎ、食べ過ぎで御座いました。東京にいながら、インド旅行をしたような錯覚に陥った、とても幸せな一日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年1月28日 (土)

東京ミールス行脚~第1弾は新丸子、第2弾は東銀座、そして蒲田の黒湯で〆

昨夜は眠れず、身体が重い、かたい。

Dsc01220時間がなく、タカギのパン・オ・レザン1個のみの朝食。

Dsc01221 新横浜→菊名→武蔵小杉(下車)→徒歩の最中。綱島街道を北上し、新丸子交差点を右に入り、郵便局の先が目的地のハズ。

Dsc01231 我ながら感心するほど迷わず到着。2か月前オープンの、その名もマドラス・ミールスさんです。

Dsc01224 パロタをこのように紹介しているところがイイですね~。

Dsc01222 カウンターに張られているイラストは、見ていて楽しめます。

Dsc01223 特にこちら。簡単なタミル語のフレーズ、単語などが紹介され、メニューを眺めながら料理を待つより、格段に楽しめます。素晴らしい!思わず口ずさみ、店員さんとちょっとしたタミル語コミュニケーションができ、とてもいいアイデア(サービス)だと思いました。

Dsc01225 全部盛りのスペシャルミールスには、何と3種類のチャトニーと左下のジンジャー・ピックルが付いてきました。

Dsc01229 手前から、パヤサム、サラダ、チキンカレー、野菜カレー、サンバル、ラッサム、クートゥ、ポリヤル、パロタ、パパド、ライス、チキンフライ。ラッサムはキリッと辛くいい按配、パロタが美味!カレーもそれぞれ、チェンナイチックでしたよ~。

Dsc01227 このジンジャー・ピックルは、病みつきになる物体です。カレーに混ぜてもよし、パロタに挟んでもよし。

Dsc01230 食後に付くチャイは、砂糖入りでミルキー!チェンナイのスタンドで飲んでいる気分になりました。個人的にこのミルキーなチャイは大好きです。

川崎にはIT関連の会社が結構多く、バンガロール(ベンガルール)などいわゆる南インド出身の人の方が少なくないのに、南インド系の料理店は数えるほどしかないとのことです。パロタを出す店も少ないと思われ、こちらのお店は今後インド人の方からも注目されること間違いなしですね。これからが楽しみです。機会をうかがいまた訪問したいと思いました。

Dsc01232 お店の入口に張り出されている、このメニューが激しく気になります。これはなかなかお目にかかれないのでは。次回はこれに日替わりを単品でお願いしたいと思った次第です。

そして、夜は、東銀座へ。

Dsc01235 ダルマサーガラのこちらの席に案内されたのは初めて。

Dsc01241 土日はビリヤニがありますが、今日もご縁がなく、いつになったらいただける日がくることやら。

Dsc01239 ミールスと思っていたのですが、何か気が変わって、アラカルトでいきました。スターターはラッサム。やはり、この店の料理は、ちょっと違いますね~。素晴らしい!

Dsc01243 メインは、イディヤッパン。サンバル、ココナッツチャトニー付き。

これは完璧な味。チャトニーに至っては飲み干したいほど。たまらん!

Dsc01244 アヴィヤルを付けましたが、少々量が多かったようです。しかし、こちらも素晴らしいお味。こちらもたまらん!

Dsc01254 精算時に店員さんに伺うと、前日予約で1名でのオーダー可のシーフードミールスがあることが判明。チェックミスだ~。しかも、今回は予約して行こうと思っていたので、ダブルチェックミス。

でも、そのおかげで、ダルマサーガラのイディヤッパンとアヴィヤルがいただけた訳で、大満足としましょう。

Dsc01245 食後は、東銀座--日本橋--神田--→秋葉原とラン&ウォーク。こちらは日本橋。

Dsc01247_2 マンダリンオリエンタル前。なかなか威圧的です。香港で一度泊まったことがあるけど、こちらは1泊でも即破産しそうなお値段かも。

Dsc01249 秋葉原に到着。目的はThinkPadのACアダプター(ジャンク品)。IBMフリーク御用達の末広町駅前・Wakamatsuへ。

Dsc01255a ACアダプターのみのハズが、ワイヤレスLANモジュール、マウスなどよけいなものを購入してしまいました。ちなみにこちらは中古で1,980円。

そして、その後は再び南下し、蒲田へ。そう、黒湯がお目当て。今回は蒲田温泉です。

Dsc01256b なかなか雰囲気があって、いい感じ。こちらは、下駄箱の札を番台のおっちゃんに預けロッカーの鍵をもらう方式。

黒湯は中温が42.0度、高温が43.2度でさほど差はないものの、使い分けができて便利。

肝心の黒湯は、ツルツルでいい按配。湯上がりのお肌はスベスベになっていました。とても美容、いや、健康によさそうなお湯で大満足で御座いました。

Dsc01262 こちらはおまけ画像。ゆずヨーグルトなるものですが、これが素晴らしい風味。

ゆずの風味が豊かと言うより、凛として感じられるって言えばいいのでしょうか、ゆずの効き方が絶妙です。和風が苦手な方も、一度お試しくださいませ。

ちなみに本日の歩数は24,890歩、消費カロリーは924キロカロリー(史上2位!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月27日 (金)

原点に戻った日~塩鯖とマトン、最後は雑炊

今朝の奈良は-0.2度。相変わらずよく冷えています。

Dsc01211a朝は、ベイガンバラタとブランジェリー・タカギのくるみパン。ケララパロタではありませんよ~。

Dsc01212 お昼は、食べログ登場の谷五・萩で、原点とも言える、塩さばでいきました。おでん、肉じゃが、酢みそと、こちらもオーソドックスな小鉢。和食ミールスと考えると、おそろしく手間暇がかかっていますよね。おいしい筈です。

そして、今日は久しぶりに歯医者さんに行き、歯のおそうじをしてきました。尊敬する歯磨きマニア?の先生から、歯茎と歯、歯間はキレイに磨けているとお褒めのお言葉をいただきましたが、歯の表面が課題ということでした。

Dsc01216 夜は、昨年11月末から封印していた、タリカロへ。土日に長距離を歩く予定なので、事前のごほうびということにしました。今夜は、こちら、羊のスープ、マラックがスターター。絶品です。

Dsc01217 今日のマトンはモモ、ダルはチャナ、ポリヤルはキャベツ。肉質がしっかりしているマトンと激辛スパイシーなカレーは健在です。ダルは香ばしささえ感じる風味で美味で滋味。爽やかさなポリヤルは、ケララの風のトーレンを彷彿させる風味で御座いました。

そして、やはりタリカロのカレーはおいしい!しつこいようですが、今のラインナップにベジのメインになるカレーが加われば最高なんですけどね~。激辛のベジカレー、考案してくれたらかなりのインパクトがあると思うのは、私だけでしょうか。

Dsc01219 最後は、マラックにライスを入れ、マトンぞうすいで〆。このとき気温は既に氷点下になっていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年1月26日 (木)

野菜と魚の旨味たっぷりの日~あやめ池・プラーナを週2訪問

今日の奈良は-1.9度。よく冷え切っています。

Dsc01205 朝は、昨夜作ったベイガン・バラタ、タカギのくるみパン、シブレットの青菜サラダ。ほどよく野菜が摂れて、我ながらいい按配。

Dsc01207 今日の萩の鯖の煮付けは、格段にやわらかい鯖がとっても美味。菜の花、小松菜、ポテトサラダを付け、なかなかのバランス。

仕事を終えた後は、谷四→本町を走り、オーダーしていたシャツを取りに行き、本町→難波を歩き、昨夜コタツで寝て曲がってしまったメガネを直してもらい、その後は今週2度目のあやめ池・プラーナへ。

ところが、「売り切れにより完売」の立て札が!今日こそキノコと決めていたのですが、縁がなかったかと思い、想定外の出来事に頭が真っ白。

一服して引き返したところ、今度は「OPEN」の表示が!ダメもとで入店です。

Dsc01208 最初のアチャールサラダは、こんなかわいらしい形でドレッシング別盛り。浅漬けアチャールと生野菜の相性は抜群です。

Dsc01209 メインは、シーフード・マラバーリ。前回同様別盛りです。

シーフードとキノコの旨味たっぷりで、独特の風味で食が進みます。まさに病みつきになる味。

店主殿は、このカレーが一番納得がいっていないようですが、私には十分すぎるほど旨い・・・。まあ、もっと荒々しさと言うか、酸味とか、クセを強調させてもいいような気がしない訳ではないですが、旨いものは旨いのです。中止も検討しているようで、ハゲしく(←誰かのマネ!)継続をお願いしてきたのであります。

食後は、チャイを渾身の我慢!そして、一駅走り、帰宅。今日の歩数は、1万6千歩超とまあまあ。今日夜のキノコとの効果で皮下脂肪が少しでも落ちるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月25日 (水)

シブレットのお惣菜に舌鼓、その前に香取薫先生のレシピでベイガン・バラタを作った!

水曜は定例出張日。ちなみに今朝の奈良は-1.1度。よく冷えています。

Dsc01199 朝は、昨夜プラーナで包んでもらった、サモサ&トマトチャトニー。朝からマサラポテト、チャトニーがいただけ、幸せ千万。

Dsc01200 最近クセになってしまっているのがコレ。改築中の新大阪駅は相変わらず使いにくく、よく歩かされます。まあ、歩数が稼げる分にはイイかも。

お昼は、出張先で、お決まりの穴子寿司。穴子寿司のおいしいお店を大阪で探そうと思い立ち、これから調べていきたいと思っている次第。

出張を終えた後は、まず大阪・肥後橋のブランジェリータカギでパンを買い、帰宅前に近所のシブレットに立ち寄り、お弁当のおかずのみ購入。

帰宅後は、香取薫先生のレシピでなすとトマトのバラタを調理。冷たい台所で30分近く粘り強くたまねぎを炒め、頑張りました。

Dsc01202 手前のパンは、グルノーブル・フランスという、くるみ入りのフランスパン。左がなすとトマトのバラタ。

シブレットのお惣菜は、相変わらず野菜たっぷり、種類豊富で最高です。それにしても、道路を挟んで真向かいにあるシブレットとごはんやハレ。どちらの店も贔屓にしているのですが、どちらのお店に入っても浮気しているような気がしてしまいます。嬉しい悩みはこれからも続きそう。

Dsc01203 タカギでは例によって買いすぎ。写真を撮るだけのつもりだったのですが・・・

Dsc01204 食べちゃいました。いちじくのクリームパンなのですが、このいちじくがタマリンドに見えてしまう・・・。もうここまで来ると、インド料理中毒ですね。

食後は、ずっと探していたインドのコーヒー豆が見つかり、恐る恐る豆を挽いて、マドラスコーヒー(もどき)にして、いただきました。

さて、これからは、最近ご無沙汰の(スーパー)銭湯にでも行き、身体を温めることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月24日 (火)

食べ方を変えてサブジマサラがさらにおいしくいただけた日~あやめ池・プラーナ

今朝の奈良は1.0度。なぜか氷点下の時より、このくらいの気温の方が寒さを感じます。

Dsc01191_2 昨夜買った、野菜Labさんのツナ入りポテトサラダにくるみパン、トマトが今日の朝食。

Dsc01192 お昼は、某氏が私のために取らずにおいてくれたぶりカマ。感謝、感激で御座います!

後ろの若ごぼうは、風味豊かで旬の味。今年はまだ店頭で見かけないけど、早く入手して料理したいところです。

Dsc01193 夜は、約10日ぶりの訪問になった、あやめ池・プラーナに。最近はアチャールサラダ一辺倒だったのですが、今日はチキンチャート。

Dsc01195 その理由は、こちらに合わせるため。上手いこと膨らんでいますね~。そして、今日気が付いたことですが、最後に直火にかけることで、水分が完全に蒸発するという香取薫先生の解説に、なるほどと思った次第。

このチャパティが提供されるようになると、プラーナさんの肉系のマニアックなカレーとの相性は抜群だと思いました。個人的には、これを油で揚げたプーリーがいただきたい。ただ、プーリーはベジの方が相性が良いかもしれず、ベジ系の充実も考えられているようで、今後に期待が膨らみます。

Dsc01196 今日は、念願のスタイルで提供していただきました。まかないはこのスタイルだったようで、パンチホロンの独特の風味が堪能でき、何よりもカレーが冷めないのがいいですね。

ちなみにパンチとは数字の5、ホロンは調節するという意味との解説は、ショナ・ルパのB・ムカルジー氏の著書に書いてありました。食材や全体の味のバランスを取るために使うようですね。

Dsc01197 こちらは、試食させていただいた、ボルチーニ茸のパスタソース。絶品でした。また、こちらを作ったあっこさん、お店のマニュアルも作っていたそうです。

マニュアルと聞くと、一見形どおりの接客というイメージを抱きやすいですが、想像力がないと作れないと思うのです。使う側はなぜこのようなことをするのか、意味を理解するのにも時間がかかるでしょうし、作った側、使う側が、お互いに考え、理解し合う過程こそが、よりよい接客、サービスに繋がるのでしょう。行き当たりばったりではない対応は、公平な瀬客、初めて訪問する客、常連客にも受け入れられるでしょうし、そこで初めて臨機応変な対応というものができると思います。お店やお客への愛を感じた次第なのであります。

Dsc01198 食後は、魔法のチャイ。まあ、私が勝手に命名したのですが、これをいただくと、身体がポカポカになるんです。お味は上品さが感じられる濃厚さ。いいチャイです。ごちそうさまでした。

お店を出た後は、スーパーで食材を買い、パンパンに膨れた鞄を背負って一駅分歩き帰宅。今日は1万歩強と、最近ではかなり少ない歩数。ちょっと疲れていたので、あまり無理はせず、大人しく帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月23日 (月)

雨の中の平日ラン~野菜Labに立ち寄り

週が明けても、天気は好転するどころか下り坂。

ただいまウォーカー?の私にとって、極めて困る事態なんですよね。

Dsc01185 朝は、超余りものではあるものの、まだ大丈夫だった、じゃがいものバージに、富雄・ブランジェリー・アッシュのくるみパン。奥のレーズンマフィンは夜のおやつ、コーヒーはまろやかな酸味が嬉しい、アアルル・ブレンド。

Dsc01186 お昼は、萩で、これは本当に久しぶりの、忘れかけていた、刺身盛り。小鉢はかぶづくしとしました。一日の活力源。

最近昼は、職場から谷五まで谷町筋を3~4分走り、食後は少し歩いて上町筋に廻り、NHK前まで5~7分走っています。時間に余裕があれば、コーヒーブレイクを挟み、歯磨きをして昼休みは終了という具合。

終業後は、小雨の中ランニング。本町通を西進、東郵便局に寄り道し、そこから少し来た道を戻り、中央区役所南の野菜Labにこれまた立ち寄り。ちなみにその後は、クリスタ長堀を歩いて通り抜け、四ツ橋筋を走って南下、湊町から難波に入り、近鉄ホームまで完走!走ると意外に歩数は伸びず、今日は1万5千歩強でした。

Dsc01187 何かすごいビジュアルのお惣菜が。

Dsc01188 たまねぎを数時間かけてオーブンで焼き、そこにきのこソース?を入れて、その後は説明していただいたことを忘れてしまいましたが、激しく手間暇がかかった料理。1コ361円は安すぎ~!私なら、ウソ、大げさ、まぎらわしく文句を並べて、「限定」とか「一人2個まで」何てプレートに書いて、まあ、500円以上の値はつけるかも?!

Dsc01189 こちらも、色合いがよく、丁寧に作られている印象。4個267円は、非常に良心的な価格です。

Dsc01190 今夜は、少し帰宅が遅くなり、軽食風の夜ごはんになりましたが、野菜Labさんのお惣菜は、ボリュームも適度にあり、ディナーにぴったり。

今日はお店でパスタをいただくのを我慢したのですが、次回は是非こちらから「こういうの作って!」と言えるよう、オーダー内容を錬った上で訪問できればと思っています。

さて、明日は出張前の準備やエクセルでのシステム設計、明後日は出張、木曜、金曜は死にもの狂いでレポート作成、土曜は上京、日曜は東京の料理教室。

ちょっとバテ気味ですが、何とか毎日、少しだけでも走り、歩く時間をとりたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月22日 (日)

第8回インド料理食事会in大阪~渡辺玲さんを囲んで~盛りだくさんの講習、講習前はロッダグループでスリランカ家庭料理・ギャミラサセット!

今日は昨日の食事会に引き続き、まさやんさん主催、渡辺玲先生を迎えての料理教室。

しかし、昨夜、迂闊にもコタツで寝てしまい、身体中が痛く、最悪の出だし。掃除、洗濯、アイロンがけをこなし、風呂に入り直し、カレーリーフの世話などで朝から超多忙。

Dsc01163a ランチは、前回の料理教室の時も訪問した、九条・ロッダグループへ。重い身体にムチを打って、難波から九条までウォーキング、所要30分程度でした。今日はフィッシュカレーがある模様(ニヤリ)。

Dsc01156 例によって、店員さんとお互いに再開を喜ぶ中、テーブルにはこんなメニューが。日曜限定で始めたという、ギャミラサセットは、スリランカの家庭料理を忠実に再現したものの由。

マトンはフィッシュ(今日はマグロ)にも変更可とのことで、そのようにお願いし、さらにわがままを言って、ターメリックライスはスリランカ米に変更していただきました!

Dsc01162 奥のパパダンから時計回りに、パリップ、ポルサンボル、ナスのピックル、マグロカレー、ビートゥ(ビーツ)、ゴトゥコラ(青菜)。

これで1,000円は安い!青菜は酸味がフレッシュ、ナスは少量ですが深い味わい、マグロは肉のような旨味、ビーツは食感と独特の味わい、それにポルサンボルの旨味と塩気…これをスリランカ米に混ぜて食べると、様々な味の組み合わせが楽しめ、気が付くと夢中になって食べていました。

この写真は、店員さんと一緒に明るい奥のテーブル席で撮影したもの。やはりスリランカの家庭料理を見ると、嬉しくなるのでしょうね~。

今日は、スリランカに半分住まれている方、カレーに詳しそうな方、いずれも女性のお客さんと同席させていただきました。こちらのお店、結構ディープな雰囲気があるのですが、そこに女性の方が大勢来店され、なんだか嬉しかったですね~。

なお、明日からは、月曜日限定で、カニのスープカレーを始める予定みたいです。以前いただいたカニのカレーとはまた違うタイプのものみたいで、何だかこれからも新メニューが登場しそうな予感がします。

おいしいスリランカの料理を紹介したいという心意気が感じられ、何とも嬉しい限りです。これからも終業後、頑張って谷四から歩いて行き、ダイエットを兼ねて訪問を重ねたいと思った次第です。

Dsc01165 食後は再び軽くウォーキング。お店から九条の長い商店街を突き抜け、こちら源兵衛橋からは、安治川の地下道をくぐり抜け、西九条へ。なかなか面白いコースなんですよね~。

Nec_0922a こちらは、今日の料理教室のメニュー。キーラパチャリは緊急追加。なお、今日も前回に引き続き、私ごときではありますが、班長を拝命。渡辺先生の指示を仰ぎながら、食器の用意、材料の分配などをお手伝いできることも幸せなひとときでした。

Dsc01167a 今日は、インド直伝のまさやんさんのレクチャー、おみやげ抽選会、おみやげメニューもあり、盛りだくさんの内容でした。

なお、今日は、各テーブルを、初心者班、マニアック班、激辛好き班(→途中から辛いの苦手班に変更?!)、コリアンダー苦手班に分けました。厳格な区別をした訳ではなく、あくまでも調理のしかた、進め方の参考にということですが、全く自由に「どのテーブルに着いてもいいですよ」とするよりは、迷いが少なくなるので、良い方法だと思いました。

Dsc01168 カッティダール(酸味のある挽き割り豆の煮込みカレー)の調理途中。トゥールダルを煮込み始めてから、野菜類を入れていくんですね~。

Dsc01169a 鶏肉の「南インド式」切り方のレクチャー。こういうところが、料理教室でないと習うことができない貴重な機会というものです。

Dsc01170 なるほど~!

Dsc01171 手前の鍋は、チキンペッパーフライの調理途中。たまねぎを班員同士、交代しながら炒めていきました。

Dsc01172 トマトを入れ、火を加えいくところ。どのようなペッパーフライになるのか楽しみです。

Dsc01173a 今日もいつものように、渡辺先生のレクチャーが満載。みなさんメモを沢山とり、とても熱心です。

Dsc01174 ペッパーフライの鍋は、佳境に入りました。分かるでしょうか、油が分離してきていますね~。

Dsc01175 カッティダールが出来上がりました。豆の潰れ方が少し疎らですが、いい感じの硬さ(柔らかさ)に仕上がりました。92点!?

Dsc01176 チキンペッパーフライも完成!95点!

Nec_0918 これ、ご存じでしょうか。甘いけど、おいしいんですよね。ダイエットの敵ですが、しっかりいただきました。

Nec_0921a さて、各班とも、おおむね出来上がってきたようです。今日は完成したのが午後6時30分頃で、今まで私が参加した中で一番時間がかかった回かも。

我が班のみなさん、次第に口数が減り、私もコンタクトの乾きもあり、表情がうつろになってきました。

Dsc01166_2 しかし、まだまだやることはあります!こちらは、まさやんさんが入手した、食用バナナ。後ほど皮を剥いたのですが、手が瞬間接着剤が付いた時のようにベトベトになり、何とも扱いにくいヤツでした。

Dsc01177 バナナをカットすると、このように。

Dsc01179 こちらは、キーラポテトのポテトを食用バナナに変えた、キーラバナナカレー。

Dsc01180 キーラパチャリも出来上がり。

Dsc01181 レモンライスは、少し手間がかかりますが、いかにも南インドらしい、おいしいライスに仕上がりました。

Dsc01182 完成品です。レモンライス、ワラカイ・ポディ・カリ、キーラバナナ、キーラパチャリ、チキンペッパーフライ、カッティダール。

Dsc01184 別の角度からもう一枚。やはり、ペッパーフライはおいしい!カッティダールはクセがあるけど、病みつきになり、他と混ぜると独特の風味が出て、いい感じ。この手のミールスには、パチャリも外せませんね。レモンライスというのも贅沢です。ほうれん草も1人2束以上は食べた計算になり、野菜たっぷり、豆もあるので、食物繊維も沢山とれて、美容、ダイエットにも効きそうです。

今日は盛りだくさんの講習メニューで、大いに疲れましたが、大いに満足!次回は4月末の連休期間の開催となるようで、行けるかどうか微妙なところですが、是非とも参加したいです。

本日も拙い私が班長を努め、ご一緒させていただいた方々には、大変迷惑をかけたことと思いますが、楽しいひとときを過ごすことができ楽しかったです。

今日もいろいろ料理のしかたの再確認、新たな発見もあり、大変勉強になりました。これからも精進していきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年1月21日 (土)

タルカ食堂を再訪、夜は谷九・ゴルカバザールで食事会

今日、土曜日は雨天。

しかし、もう今日は行き先が決まっているのであります。そう、本日は京都です。

Dsc01138 こちらは、烏丸御池・タルカ食堂のランチメニュー。少食の私ですが、ここはスペシャルしかないでしょう。

Dsc01139 パコラのタレとしてチャトニーが紹介され、レモンを搾ってという箇所、サブジとポリヤルの呼び方の違いを紹介しているあたりが、らしさでしょうか。

この「食べ方」は、とかく混ぜて食べるのがお行儀が悪いことと思いがちな私たち日本人対策として、ミールス普及に貢献するアイテムだと思うのです。

Dsc01140 昼のスペシャルランチは、ベジ3種にノンベジ2種が付く豪華版。一番奥がロティ、ターリー内は、ライス、ラッサム、ムングダル(だと思う)、サンバル、チキン、ラム、ポリヤル、ライス、サラダ、パコラ。

パコラにはココナッツチャトニーが添えられ、これがいい按配。全てのカトリのカレーは、手作り感満載で、いくらでも食べられそう。つまり、おかわりが欲しくなるような、ミールスなんです。こんなに豪華な内容ですが、あっさりとしているので、私でもちょうどよい量。ロティも美味です。

それと、このようなやさしい味わいだと、混ぜて食べやすいと言うか、混ぜてこそ生きてくる部分があるかと。その上で、例えば少し強烈なチャトニーを少量多種(オニオン、ミントなど)ターリーに乗せると、さらに本場感がアップするような気がします。その意味で、ココナッツチャトニーが入っていることは素晴らしいです。ラッサム、サンバルがおかわり1回可能であれば、どれだけ嬉しいことか!

Dsc01141 食後のチャイも濃厚だけど飲みやすく、私好みの味で嬉しかった~。アイスは、チャイの提供が遅れたということで、奥様手作りの贅沢極まりないものを付けていただいちゃいました。

Dsc01142 ナッツが入り濃厚なのに、ラズベリー(かな?)などのいフルーツが入ることで、酸味が加わり、後味はさっぱり。贅沢だけど、濃厚さが先行せず、風味豊か、それでいて後味がさわやかな、非常に魅力的なデザートで御座いました。こんなにおいしいデザートを知ってしまった私、これから注文せずにはいられないじゃないですか!(太る~!)

そして、食後は、烏丸御池→京都をウォーキングではなく、今日はランニング。所要20分弱。何とか完走しました。走れるようになるまで1年5か月かかった計算になります。いつか、ランニングおじさんになれることを夢見ております。

夜は、明日の料理教室の前夜祭?でもある、食事会に。

会場は、大阪・谷町九丁目のゴルカ・バザール。お店の前は仕事帰りのウォーキングでよく通るのですが、訪問するのは本当、久しぶりです。

Dsc01154 タバ店長さんの登場~!相変わらず、明るくて魅力的な方ですね~。今日は給仕のほとんどをタバ店長さんがしてくれたんですよ~!

Dsc01144 最初はサラダ。ネパール料理ですが、サラダから始まるんです、とのこと。個人的には、やはり最初に胃に入れるものは野菜にしたいので、嬉しかったです。

Dsc01145_2 モモには、特製のマスタードベースっぽいタレ(何と言うのでしょうか?)が。このモモ、本当にモモです!熱々でおいしい!

Dsc01146 軟骨の炒め物。軟骨がこんなにやわらかくなるんだ~と本当に不思議なくらいでした。コリアンダーを散らしたのは特別オーダーみたいです。これは食が進みます。

Dsc01147 ソーセージチリは、青唐辛子がふんだんに使われ、まさに激辛仕立て。ソーセージ?と思うかもしれませんが、大人すぎる味。青唐辛子がフレッシュで辛さがいい按配。今度作ってみようかと企んでおります。

Dsc01148 チョーメンの麺は、何と自家製麺とのこと。確かにおいしいです。殆ど中華というお味で、それほど麺のおいしさが際だっていました。やっぱりこのお店、そのあたりのお店とはちょっと違いますね~。

Dsc01149 ダルバートの登場です。ダルの上に添えられたチャトニーっぽいやつが独特な風味でいいアクセントになっていましたよ。丸められたパパドもおもしろい。南インドとは対極の山のミールスという感じで、雰囲気が出ていました。

Dsc01150 骨付きチキンは別皿で提供。タバ店長さん、ネパールでは、骨付きでないとカレーじゃない!と力説。シャバシャバ系で旨味たっぷりのネパールのチキンカレーは飽きないおいしさですね~。いくらでも食べることができそうです。

Dsc01153 食後のキールは甘さ加減がちょうどよく美味。後味もよく、さっぱりしていて、これまた言い按配でした。

それにしても今日はよく食べました。昼はミールス、夜はダルバートとその他沢山。

タバ店長さん、今はいろいろ大変みたいですが、やる気満々、さらにお店を進化させていく意欲に満ちており、これからが楽しみです。何でもリクエストして欲しい、どんどん意見してくれと仰っていたのが印象的でした(早速、ジンブー!と言ったら、握手してくれましたよ~)。

ちなみに今日の歩数は1万3千歩超と、最近にしては少なめですが、時間がないわりには補数が意外に伸びました。

明日は料理教室。盛りだくさんな内容になりそうで、今から楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年1月20日 (金)

グンドゥルック三昧~東心斎橋・ネパヤ

いろいろ楽しく、疲れもした今週も今日で終わり。

Dsc01125 朝は、有楽町イトシア内のサンジェルマンで買った、お米のもちもちパンに、じゃがいもとオクラのサブジ、じゃがいものバージを合わせました。

しっとりとしたサブジに米粉パン、くるみパンはよく合うと思っているのは、私だけでしょうか。おいしいですよ。

Dsc01127 お昼は萩。今日は、珍しく赤魚の煮付けがあり、その上、ご覧のように、かぶとベーコン、若ごぼう、鯖のなますまであり、素晴らしく風味豊かなランチとなりました。たまりません!

Dsc01135 夜は南郵便局に寄った後、帰ろうかと思いつつ、グンドゥルックが云々というツイートを思い出し、少しだけ道を引き返し、こちら、東心斎橋・Nepa-yaに。再訪実現です。

Dsc01128 メニューはこんな感じで、充実、進化中。こういうの、嬉しいですね。

Dsc01129 付き出しのパパド、ムラコアチャール。アルアチャールより、こちらの方が付きだしとして、口がさっぱりしてよろしいです!

Dsc01131 ダルバートの登場。メインをどのようにするか伺ってくれるんですよ。基本的にシェフにおまかせなのですが、ベジ、チキンというように簡単に提案していただき、その中からお願いするというスタイルは、何が出てくるか楽しみな部分を残してオーダーできる楽しさがあり、待ち時間が苦痛ではなく、楽しみなるというもの。

Dsc01132 この茶色いきのこのようなものがグンドゥルック。実は私、ずっと昔からグンドゥルックが何かということを知らず、「きのこみたいなもの」と表現し、これが旨い!と言っていたのですが、これが青菜の類を発酵させ、乾燥させた保存食だということを、今更ながら知りました。

グンドゥルックは、とっても根気強く下処理し、カレーに入れると仄かな酸味が感じられ、適度に調整された塩気、そして何よりも独特の食感がたまらなくおいしいんです。食感は少し硬めのきのこという感じで、これが入ることで(当たり前ですが)ぐっとネパール料理の世界に引き寄せられるという感じです。

ダル、チキンのどちらのカレーにも合うグンドゥルック。遠い昔、ネパール旅行した時に食べた記憶が蘇り、それがグンドゥルックだと知ったのが本日。

ネパールカレーにはまりつつあり、これで夏休みの行き先の候補が一つ増えてしまい、そのころは激しく悩むことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月19日 (木)

インド食が途切れた日~ごはんやハレの世界へ

今日は久しぶりに朝から雨。

今日の最高気温は5.5度。完全に冷え切っており、冷え性にはきつい日となりました。

Dsc01118 朝は時間がなく、ホテルオークラのシュネイク。モトコーブレンドに合わせました。これがまたおいしいんだ!

Dsc01119 お昼は、雨の中、小走りで谷五・萩へ。今日はぶりカマを封印し、これまた珍しカレイの南蛮漬。鯵もいいけど、カレイはまた甘みがあり、皮の部分がパリとしていて美味しく、いいですね~。

Dsc01120 夜は、あっさり、ほっこりいきたかったので、近所のごはんやハレへ。偶然にもかぶらの炊いたものが!

Dsc01121 いかがでしょう、惣菜2種と鉄火巻、それに、ちょっとおすそ分けしていいただいた、おかかとじゃこのふりかけ。

まず、鉄火巻ですが、海苔が完全に巻き付けられていないというか、恥の部分が少しだけ浮いているのが分かりますか?細かいところですが、こうすることで、少し時間が経っても海苔がパリッとし、おいしくいただけるんですよね~。

巻き加減も素晴らしく、こういう巻物が食べたかった私としては、涙が出そうでした。一度きちんとした巻物をいただきたかったと思っていたのです。

高校生になるまで生魚が食べられなかった私。弟はいくら、ウニ、トロなど高級食材をぱくぱく食べ、私はかっぱ巻、かんぴょう巻、新香巻などをひたすら食べていた。つまり私は、巻物、穴子には少々うるさいんです!

Dsc01122 醤油もこのこだわりよう。ちょっと嬉しいですよね。

あと、お惣菜ですが、かぶらは例によって、かぶ独特の食感と風味が生かされ、押し麦の味噌を合わせるとさらにおいしく、ほっこり!今度かぶでインド料理が作れないものかと考えてしまいました。

有機しめじと切り干し大根の煮物は、特大のしめじ、切り干し大根の食感に圧倒されました。大きいと大味ではなく、食感がよく、おいしい!しめじなんて、8センチほどありましたよ。薄味で煮込まれたお汁の中に、細く刻まれた人参もいい按配です。大豆が入ることで、仄かに旨味がアップし、これまた大きい具材の見た目とは異なり、極めて上品でおいしいお惣菜で御座いました。

今、学園大和町はホットです!ごはんやハレ、シブレット、ピザリア・ニューエイジと、素材にとことんこだわったお店が軒を連ねているんですから。すぐ近くには、あのつよしのコロッケ本舗もあり、これらのお店を廻るツアーと称してお越しくださいませ。

Dsc01124 こちらは、ごはんやハレさんで購入した、アアルトコーヒー。缶も手持ちがなく、素敵だったので一緒に買ってしまいました。

このコーヒー、正直なところ、ミルクと合わせて飲む派の私には合わないかな、と思っていたのですが、そのままブラックで飲んでもよし、ミルクを入れても、甘みのある酸味とでも言えばいいのでしょうか、きちんとおいしくいだけました。

ちょっと驚きです。しっかりしたコーヒーは、やはりしっかりしていると。もう、私をこれ以上コーヒーにのめり込まさないで欲しい!そう思えるほどのおいしいコーヒーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月18日 (水)

八重洲詣りと京都の新店を訪問

今日は昼過ぎに協議会が終わり、笑顔で数秒数人と会釈しただけで、即会場を出てミッドタウンにおみやげを買いに行き、その後東京方面へ。

本当は、予定を変えて、東銀座・ダルマサーガラに行こうと思ったのですが、どうせならあそこは夜かなと思い、行く予定のお店のランチが気になっていたので、初志貫徹としました。

Dsc01093 日替わりが3種。どれか選べと言われたら、ベジか、いや、レモンチキンが気になります。

そう、ここは、八重洲のダバ・インディア。昨年9月、ダクシンでドーサを食べた後、どうしても訪問したくて、しかしお腹いっぱいで、泣く泣くハルワとマドラスコーヒーだけいただき、店を後にした苦い思い出が。ようやく食事で入店でき、嬉しい限り。

Dsc01092 店員さんが、改めて本日の日替わりを説明してくれ、私はどれか選ばなければ、と考えていたのですが、メニューをよく見ると、全ていただけるランチミールスがあるではないか!即決定!ベジタリアンだと言うと、何が出てくるのかも気になるところ。次回は菜食主義者になって訪問します。

Dsc01091 値段が安いのでどうかと思っていたのですが、意外にもこのボリュームにびっくり!プーリーまで付いています!これだけの有名店で、この1,200円というお値段は安過ぎるのでは?

ターリーの右真ん中から順に、ポテトとひよこ豆入りのマトンキーマ、ココナッツ風味のレモンチキン、トマトクリームソースのカボチャとオクラ、サンバル、ラッサム、オニオンチャトニー、プーリー、パパド、ライスはジャポニカ米。

プーリーがおいしいこと!マトンキーマも食べやすく楽しいカレーでした。レモンチキンは素晴らしく、カボチャとオクラもトマトクリームベースにすることで既成のイメージを覆す旨さ、サンバルとラッサムは少し小さなカトリ。この値段でこれは破格としか言いようがありません。

Dsc01094 マドラスコーヒーは注文するのを忘れていたのですが、一旦お店を出た後、おみやげを席に忘れていたことを思い出して再入店し、いいですか?と伺い、注文しました。

店員さんが目の前で、ジャーっとやってくれ、いい感じです。砂糖入りで、お味はやはり本格的で旨い!忘れ物のおかげでありつけました。

その後は八重洲地下街などをウォーキング、それでも時間が余ったので、日本橋の高島屋の近下をウロウロ。大好きなホテルオークラのシュネイクを買い、そうしたら時間がなくなり、走って東京駅へ戻り、新幹線に駆け込み乗車する羽目に。

Dsc01101 昨年12月のケララの風の忘年会から今回で3回目の上京にして、ようやく富士山を拝むことができました。

今日のひかり号は、三島、静岡、浜松に停車と、準急?っぽい。京都までは2時間45分かかり、のぞみだと2時間20分なのですが、このくらいの方がゆっくり、まったりできていいかもしれないと思うのは私だけでしょうか?

Dsc01115 そして、京都着後、今日はこちら、烏丸御池近くのタルカ食堂へ。本年1月11日オープンということはまだ開店1週間。とある方のツイートなどで知り、本当はランチで伺いたかったのですが、いつか夜も訪問したくなるだろうと思い、今日はディナーを先取りするような形での訪問です。

Dsc01111 こちらは、前菜3種盛りの手書きメニュー。見るや否や注文決定だったのですが、丁寧に内容やボリュームなどを説明していただき、さらに気分が盛り上がりました。

Dsc01107a こちらは夜のメニュー。南北両方あり、ノンベジ系が充実しています。ラッサムとサンバルの単品は少し値が張り、今日はお腹の空き具合もイマイチなので、泣く泣くパスしました。

Dsc01109a メニューの続きです。デザートがありきたりではなく、なかなか興味深いですね~。しかし、今日は食べたらノックアウト状態になりそうだったので、こちらも泣く泣く我慢。

Dsc01112 この水のポット、お昼に伺った、ダバ・インディアと全く一緒ではないですか!何という奇遇でしょう、ポットさん。違いは、ダバ・インディアが氷入り、こちらは氷なしというところです。奈良のタリカロも身体を冷やさないようにと氷なしですが、個人的には氷が欲しいかな。

Dsc01113 3種盛りと、ロティ&ライスです。

まず、素晴らしかったのがロティ。焼き加減が私好み、完璧でした。ロティのイメージはもう少し硬めなのですが、こちらのはナンに近い感じ、また、とってもきちんと作られている感じで非常に美味。3種盛りは、ミントチキンチャットがキリッと辛みと酸味が効いていて好みの味。パパドとパコラの間にオニオンチャトニーがちょこんと添えられているのですが、これも素晴らしかったです。パコラにミントチャトニーもいいですね。

しかし、このボリュームで800円は安いです。2人で1皿頼んでいただくとちょうどよい量でしょう。量を減らして600円くらいで提供となると、私にぴったりでしょうか。

Dsc01114 メインのカレーはマトンをいただこうとしたのですが、3種盛りの量が結構あるということで、オススメしてもらったのが魚。その中で選んだのは、カジキマグロのフィッシュカレー。

とってもリッチで上品でおいしいカレーでしたが、個人的にはもっと荒々しく作ってもいいかも、と思いました。あと、お皿が幅広なので、少し冷めやすいかも。深めの口径の狭い器で提供していただけるとありがたいですね~。

その後、次々にお客さんが来店され、満席状態に!開店早々なかなか流行っています。こういうナンとかを安直に出さないお店がうけることは、とっても嬉しい!頑張っていただきたいですね!ということで、今日はおかわり可能なチャイは負担をかけ厳しいと判断し、後日のお楽しみにとっておくこととしました。

しかし、お昼のミールスがとっても、とっても気になります。土日もミールスをやっておられるようなので、近いうちに再度京都を訪問しないと!しかし、今週、来週と予定が詰まっているので、機会が・・・。

Dsc01117 お店の前には銭湯が。京都に住んでいた頃、市内の銭湯巡り、豆腐屋巡りをしていたことを思い出しました。京都って、古くからの都市で、都市として成熟していて、それが何とも言えない落ち着きが感じられいいですね。

食後は、烏丸御池→京都駅をウォーキング、約30分ほどでした。

昨日は21,272歩、今日は何と24,688歩で消費カロリーは847キロカロリー!

帰りは、食べ過ぎ、歩き過ぎでちょっと疲れ果てたので、近鉄特急を使い、車内で熟睡。今回の出張は、いったいどちらが目的だったのか・・・反省しつつ、嬉しく充実した出張なのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月17日 (火)

冷やし野菜そばと再会し、念願のエリックサウスを訪問した日

今日は出張。

1泊するので、残り物を食べておく必要があります。

Dsc01063 サブジはしっとり感がアップし、これまた旨し。ベイガンバラタはこれで終わり。モトコーブレンドはもう手放せない豆になってしまいました。

Dsc01065 今朝はものすごい濃霧。視界は10メートル弱といったところ。奈良盆地は霧が多いのですが、そういえば昨年は少なかったかも。

Dsc01067 ここは関ヶ原付近、伊吹山でしょうか。今日はまたもや富士山は見えずでしたが、こちらもそれほど見劣りしません。

Dsc01068 お昼は、霞ヶ関、虎ノ門界隈に数件ある藪伊豆の冷やし野菜(炒め)そば。

Dsc01070 ちなみにこのお店、回転すしみたいに奥から出来上がった商品が「流され」、それを店員さんがピックアップし置いてくれます。そして、客席の後ろには、後の客を座らせ、食べている客にプレッシャーをかける?という、ものすごく合理的なシステムをとっているせいか、客の平均所要時間は、まあ3~5分。もたもたしていると、次々に横に新規の客が座って食べ始め、「プレッシャー」がかかるというもの。これがおもしろいんですよ!食べるのが遅い方、女性同士でおしゃべりしながら、というのは、この店に最も馴染まないお客となってしまうのです。

しかし、このそばのファンは、この界隈に多いと思われます。何度食べてもこれはおいしい!久しぶりに家で作らなければ、と思いました。

サイドで海鮮おにぎり(100円)も注文。えび、あさりなどが入っており、この値段は破格でしょう。

Dsc01069 食後は、出張先→虎ノ門→日比谷→数寄屋橋→西銀座→丸の内→霞ヶ関とウォーキング。ここは日比谷公園の北、東京家裁、弁護士会館前。しっかり歩きましたよ。

Dsc01071 仕事を終えた後は、再びウォーキング。霞ヶ関地下→日比谷地下→有楽町→銀座1丁目→東京駅というコース。行き先は・・・

Dsc01088 八重洲地下街のターミナル部分にある、エリックサウス。念願の初訪問と言うか、お店の前は何度も通っているので、初入店!

Dsc01087 この文字を見ると、心躍り出すというもの。

Dsc01073_2 MEALS READYの名に恥じぬ、この充実ぶり。ミールスのバリエーションがこれほどあると、その日の体調、嗜好などで使い分けられてとっても便利。

Dsc01074 こちらは単品メニューの一部。これが予想以上の充実ぶりで驚きました。しかも安価、一通り揃っているという感じ。住んでいたころに開店してくれていたら、毎日自転車で通っていただろうな~。

Dsc01083 今日のべジミールスの日替わり3種中2種がこのように紹介されています。クートゥがほうれん草、春菊を使ったカレーというのがおもしろいですね~。ちなみにもう1種は、キャロット・モール。

Dsc01082 大根の漬け物(アチャール)、キャベツのピクルス、辛味の3種。大根のアチャールが美味!

Dsc01081 菜食ミールス!ヨーグルトから反時計回りに、ココナッツチャトニー、ワダ、ウプマ、ターメリックライス、ほうれん草のクートゥ、大根と春菊のトマトカレー、キャロットモール、サンバル、ラッサム、ヨーグルト、パパド。ライスはバスマティ!

ラッサム、サンバル、ライス(バスマティも)はおかわり自由。2回もおわわりしてしまいました。

最も気に入ったのは、キャロットモール。独特の辛味がにんじんのクセ、ヨーグルト、ココナッツ(かな?)と相まって、素晴らしい風味を醸し出していました。

それに、サンバル。岐阜店で食べたときより、こちらのサンバルの方が、豆と野菜の甘みが前面に出ていたように感じました。

鮮烈さはないけど、毎日食べても飽きない、どこか家庭的、現地っぽい雰囲気がいいですね~。ライトミールスという品数が少ないものもあり、このあたりが、気軽にさっとお店に入り、いつでも食べられるという手軽さ・・・、ミールスを普及させたいという意向を具体化させた展開だと感じられ、嬉しい限りです。

Dsc01085 食後はマドラスコーヒー。例の上から注ぐアノ作業ありです!それだけでなく、おいしいミルクコーヒーで熱々。これまた嬉しい。

Dsc01084 これは、日替わりの野菜カレーのメニューを裏返した(裏返してしまったた!)ところ。マンゴーのクルフィってありそうでない、しかし、上のベビンカが気になって仕方がないですね~。

Dsc01086 頼んでしまいました。これがまたおいしかった!ホットスイーツです。カロリー高そうですが、カラメルの香ばしさがしつこくなく、とってもいいバランスに仕上がっています。これも病みつきになりそうなデザートですね。

今日はエリックサウスに念願の初入店を果たした嬉しい日でした。店員さんはカレーの説明を程よくしてくれ、聞くと詳しくいろいろ教えていただけ、とっても気分良く食事ができました。感謝、感激です!

それにしても、このエリックサウス、これほど野菜のカレーが充実し、こんなに便利な場所にあり、もう東京に転勤希望を出したくなってしまいました。

明日また再訪したいけど、新店訪問もしたいし、東銀座にはシェフが戻ってきているという番長氏のツイートもあり、どうしようか迷うところ。そのときの気分で決めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月16日 (月)

一昨日は過去最低体重!~パックのジャスミンライスは便利で使えそう

今朝の奈良は2.5度。しかし、最高気温は5.2度で、いわゆる底冷え状態。

朝は、近所のミルフォードのくるみパンに、じゃがいものバージ、ベイガンバラタ、サブジ、ラッサム。ずっと同じものばかり食べていますが、飽きません。

Dsc01060 お昼は、予想外にぶりカマをゲット。ふきと厚揚げ、豆と根菜の煮物を添えて。和風サブジのダル入りってとこでしょうか?

夜は、ちょっと残業を強いられ、かなり不機嫌だった私。やけくそウォーキング&ランをしいて帰宅。歩数は1万2千強、502キロカロリー消化で、少し物足りないけど、まあまあでしょう。(誰も見たくないでしょうが、土曜に62,8キロ、過去最低!を記録したので、昨年8月からウォーキングを始めた記録を記念にアップ!)

H241216

今日は、レンジでチンするジャスミンライスを初試食。予想以上にパラッとしていて、香りはパックを開けた途端、あの香りがフワーっと広がり、いい感じ。

Dsc01062_2 サブジは、作りたての時より、しっとり感が出て、一体感が感じられ、おいしかったです。ベイガンバラタがあと残り1食になっていまい、さみしい限り。

明日から1泊で東京出張。火曜昼、火曜夜、水曜昼にどこに行こうかな~。オススメがあれば教えてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年1月15日 (日)

自画自賛だけどプーリー旨すぎ~!今夜は香取薫SPターリーなり

今日は早朝の4時に目が覚め、何を思ったか、久しぶりに早朝料理。

Dsc01047 おそらく、夢の中でチャパティーをどうやって焼くか考えていたと。夢効果もあり、見事にチャパティーは膨らみ、いい出来!記念になすとトマトのバラタと試食。

Dsc01048 いい感じの層が出来ていたので、記念撮影。

Dsc01050 そして、今日は天然温泉の朝風呂に行った後に朝食。パンは昨日、肥後橋・ブランジェリー・タカギで買った、くるみパン、パン・ヲ・レザン。くるみパンがケララパロタに見えてしまうのは私だけだろうか・・・。

Dsc01051 お昼は、梅田に用事があり、難波→梅田をウォーキング。久しぶりに駅ビル地下街を探索、今日はこれといったた発見がなく、2ビルB2の韓国料理ベグ・トラジに。

Dsc01052 サムゲタン・クッパ定食。右端ににょこっと出ているのは朝鮮人参。

鶏肉のぞうすいという感じで、もち米が使われている?サムゲタン?と思いましたが、熱々でおいしゅうございました。金属製のスプーンと箸、特にスプーンの紙の袋が現地風ですな~。

食後は、来た道を戻るがごとく、梅田→難波をウォーキング。電車の時間に合わせて、本町からは速歩!

そして駅から自宅もウォーキング。今日の歩数は2万1千歩超で、何より嬉しいのは消費カロリーが782キロカロリーだったこと!脂肪燃焼万歳!

帰宅後は、クリーニングを引き取りに行き、ホームセンターで鍋、フックなどを買って、掃除、洗濯をしながら、大量に余っているじゃがいもを使って調理開始。

Dsc01054 またまた香取薫先生のレシピを利用し、じゃがいもとおくらのサブジの完成。サブジって蒸し煮が難しいんですよね~。今日は少し火の通りが弱かったかもしれませんが、上手くいったかも。蒸し煮は煮込みと違って、ごまかしがきかないのが辛いところ。

Dsc01055 その後は、どうしようか迷った挙げ句(揚げ物するのが大嫌いなので)、やはり食べたいこれを作製。

Dsc01059 今夜は、香取薫スペシャルターリーとなりました。手前から、じゃがいもとオクラのサブジ、なすとトマトのバラタ、じゃがいものバージ、ラッサム(これは渡辺玲先生の料理教室で教わったムングダル使用の私好みのもの)、そしてプーリー!

プーリーの出来は最高!ベジ3種と一緒に食べて満足至福のひとときでした。パンにも合うけど、やっぱりこれですよね、コレ!

チャパティー、プーリーの自作に手を付けてしまった、今日と昨日。超面倒くさいけど、これは病みつきになりそうな予感です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年1月14日 (土)

昼はインダスレイのドーサ、夜は香取薫先生のレシピでなすとトマトのバラタとチャパティーを自作

今日の奈良は3.0度。少し物足りない寒さに感じるのは私だけでしょうか。

Dsc01003 朝は、残りものをプレートに盛ってみました。お店の方には怒られるかもしれませんが、きちんと保存すれば、全く問題なくいただけます。good

フール・ドゥ・アッシュのくるみパンは予想どおり超重量級。じゃがいものバージに合わせて食べましたが、もう少し軽い方がいいかも。このパンは単体でいただく方がおいしいでしょう。

惣菜は、近所のごはんやハレ、シブレットでテイクアウトしたもの。中でもかぶらの押麦入り田楽味噌のせは絶品。まさに冬の味覚です。shine

Dsc01007 お昼は、出遅れたけど、めげずに神戸に。現地には14時前に到着したので、今日は軽めに行きます。ちなみに三ノ宮→元町はランニング!run

向かった先は、元町のインダス・レイ。これは初めて頼んだドーサセット。奥のキリッと辛いアーンドラ風?のトマトチャトニーがこの店ならではでしょうか。こういうのが病みつきになる要素なんですよね~。

サンバルも独特、手前のカレーはかぼちゃ。なぜか魚っぽい香りがした、不思議なおいしいカレーでした。

Dsc01005 冬限定という、シーフードとラム肉のマラガというスープでしょうか、これもまた気になるメニューです。今日は比較的温かかったので、冷え込んだ時にこれとライスで、おじや風にいただくのもいいかも。

Dsc01008 食後は買い物。元町高架下のグリーンズコーヒーロースターで、モトコーブレンドを前回の倍量購入。いい香り!cafe

その後は、三ノ宮に戻り、ハラールフードで、アタ粉を購入。大津屋のもあったけど、今日はインド製1キロ350円をチョイス。

買い物を終えた後は、新快速で大阪へ。そして、いつものように、梅田→難波をウォーキング。

Dsc01009 途中、肥後橋のブランジェリー・タカギを初訪問。何度か伺ったのですが、定休日や閉店後などで、ようやく入店が叶いました。

運良くくるみパンが1つ残っており、それに私好みのパリッとしていないパン・ヲ・レザンも購入。明日が楽しみです。

Dsc01012 帰宅後は、米なすの焼きを開始。

Dsc01013 こんな大きななすを焼いたのは初めてですが、偶然にも上手く焼けたみたい。

Dsc01014 いい按配です。へたの部分に旨味があるので捨てないとは、香取薫先生のお言葉。このなすをフードプロセッサーにかけてペースト状にしました。

このあと大量のたまねぎを約30分かけて炒め、なす、トマト、しょうがのみじん切りを入れ、弱火で煮込むと…

Dsc01015 なすとトマトのバラタの完成!ベイガンバラタですね。たまねぎの甘~い香りが部屋中に立ちこめ、これはおいしいこと間違いないでしょう。

Dsc01017 こちらは、バラタ作りと同時並行で始めた、チャパティー作り。アタ粉はレシピの1/3、5枚分が焼ける量にしました。

Dsc01018 「水適量」に大いに悩みつつも、これは感覚の勝負。ただ、香取先生のレシピは、これでもか!というほど、このチャパティーにはかなり力を入れられているのか、丁寧極まりない解説が。これはすごいですよ、本当に。

Dsc01024 水を少しずつ加え、湿った生地で乾いた粉をまとめていき、一度生地をまとめて、あとは拳に体重をかけて、かつ手に余り力を入れずにこねていきます。出来上がった生地を約20分ほど寝かせ、5等分して丸めたものがこちら。

Dsc01025 いよいよチャパティーの焼き始め。

Dsc01026 気泡が思ったほど勢いよく出てきませんが、まあ、何とか膨らんできました。

Dsc01028 う~ん、もうちょっと焼き色が欲しいところでしょうか。

Dsc01029 気泡も少し勢いが増してきました。ペーパータオルで気泡を押し、膨らみを付けていくとのことですが、これがいまいち上手くいきません。

最後はコンロの火を強火にして、チャパティーを直火で焼き…膨らまない!でも、何とか焼き上がった?かな??

Dsc01036 今夜は、なすとトマトのバラタ、じゃがいものバージ、それにチャパティーの夕食。このチャパティーは少し固すぎ、次ぎに焼いたものは、それらしき風味、食感になっていました。

しかし、やはりチャパティーは難しいですね。難易度は最強でしょう。しかし、思ったほど手間はかからないと感じました。しかし、私には少しハードルが高く、気軽に作れるようになるまでには、練習あるのみ。

今夜も香取ワールドを堪能!それにしても、このバラタ、最高においしかった!今日はせっかく過去最低体重をマークしたのに、鍋は既に半量に。

本当、おいしすぎます、香取先生~!ありがとうございました、そしてごちそうさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月13日 (金)

今日は食べ歩きならぬ食べ走り~あやめ池・プラーナを本年初訪問

今日の奈良は、意外と冷えず、-0.9度。

朝は、時間がなく、余りものを口に放り込み出発。

電車内では、生駒トンネルの区間で、腹とお尻に力を入れ、ちょっとした運動を継続中。

お昼は、谷四→谷五まで、軽くランニングで萩に。今週は走って足がつることもなく、何とか1週間続きました。

Dsc00994 今日はカレイのバター焼きおからきぬさやとカシューナッツの辛味炒めほうれん草のごま和え。カシューナッツ炒めがインド料理的に感じ嬉しくなってしまうのは私だけかも。

食後は、谷五→上町筋→NHKまでランニング。NHK内のシアトルズベストでラテは、運動後のプロテイン摂取の意味も。

夜は、谷四→谷九をランニング。ウォーキングを始めて1年半。ようやくランニングができる身体になったみたいです。

Dsc00995 今夜は、あやめ池・プラーナ。今年初訪問が実現。自作カレーなどが大量に余り、外食機会が減っていたこともあり,ようやくの訪問となった訳です。

アチャールサラダは、やはりこのドレッシング別のスタイルでいただくと、アチャールのおいしさが楽しめます。抜群においしい!

Dsc00996 サモサもいい按配。このサモサにトマトチャトニーは欠かせません。

Dsc00997 メインは、ダル入りの新生・サブジマサラ。ダルはチャナ。今日はいつもより少しシャバっとしていて、これはこれで食べやすくていいな~と思いました。ベジにダルが入っているカレーって結構珍しいですよね。ベジ好きには嬉しい一品。

それにしても、ダル入りのベジに切り替えたのは、思い切ったな~と感心。豆嫌いの人も結構いると思うので、こういうカレーが受け入れられかどうか、個人的に非常に興味があります。

私もちょっと対抗(?)して、久しぶりに、香取薫先生のレシピで、オリッサの家庭料理と紹介されていた、ダールマでも作ってみようかな~って思いました。

Dsc00999 こちらは、サブジマサラに入っている大根。ものすごい下ごしらえをしているらしいです。下ごしらえと言うより、それはもう料理でしょ!って感じ。思わず「アホちゃうか?」と言ってしまいそうでした。店主殿、もうカレーきちがいとしか言いようがありません!恐れ入りました。

Dsc01000 食後は、悪しき習慣。ここのマンゴープリンは何度食べてもおいしい。そして、この不思議なチャイ。しょうがのクセのある香りが全く感じられないのに、大量にしょうがが使用されていて、じわ~っと身体が温まってくるんです。これは是非多くの方に飲んでもらいたいチャイです。

食後は、あやめ池→学園前をウォーク&ラン。起伏のある車道を頑張って歩き、走りました。車道を進むと意外と近いもので、10分強で着いてしまいました。

Dsc01002 帰宅後は、モトコーブレンドでカフェラテを入れました。

全く関係のない話ですが、NHKの大越キャスター、いつもいいスーツを着てますねぇ。また、今日のニュース9、政治部の山口キャップ、節度がある中でかなり踏み込んだコメント、とってもよかったです。いろいろな意味で、やはりNHKは品格がありますね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年1月12日 (木)

じゃがいものバージの朝、ごはんやハレのテイクアウトで野菜三昧の夜

今朝の奈良は-2.3度。snow

Dsc00981 じゃがいものバージミルフォードのくるみパン、激しくおいしい!もう決めました。今年はペイズリーに習いに行く!bullettrain

Dsc00982 お昼は、いつもの萩。小ぶりのカレイの煮付けは、特大版と比べてまた違った旨さがあり大満足。酢みそ和えふきの煮物ポテトサラダと大好きな一品に囲まれ、満足至福です。happy01

Dsc00984 夜は、例によって、谷四→難波を大回りでラン&ウォーク。途中、本町の銀座山形屋に立ち寄り、スーツを受け取り!ダイエット欲もさらに高まるというものです。run

Dsc00987 そして、夜は、あやめ池に行こうとしたのですが、かぶを炊き始めました!という、激しく気になるツイートに惹かれ、行き先を変更し、こちら、近所のごはんやハレに立ち寄り。

Dsc00985 用意して頂いている間、店内にディスプレイされている、川口氏の作品を鑑賞。美術には疎い私ですが、この素材感と申し上げればよいのでしょうか、とっても素敵です。カラフルに色づけしていない、モノトーンの作品が並べられているところがいいですね~。

Dsc00986 そして、作品と同じ棚に、このようなにコーヒー豆が。コーヒーに凝り始めかけている私…、タイムリーと言うか、これまた嬉しい発見です。週末に豆が切れそうなので、早速買い求めなければなりません。

Dsc00988 こんな感じでパッケージしてくれるなんて、嬉しいですね~。

Dsc00989 中を覗くとこんな感じ。遅い時間に訪問したので、少々、いや、かなりサービスしていただいたみたいです。

Dsc00990 カブラの有機胚芽押麦入り田楽みそのせ(8コ350円)、小松菜と白菜と薄揚げの梅肉和え(1カップ350円)、そして、お寿司の盛り合わせ(550円)。安すぎます!

まず、梅肉和えですが、梅肉の効き具合が絶妙です。そして、なぜこんなにお野菜がシャキッとしているのか、不思議でなりませんでした。白菜は根の部分がふんだんに使われ、お揚げもふにゃっとしていないんです。食感、風味共に抜群です。煮物ではなく、和風サラダという雰囲気も感じられ、とっても爽やかで目が覚めるようでした。happy01

そして、お目当てのかぶですが、これがたまらない美味しさでした。押麦入り味噌がまた、くどくなくて、おいしい!かぶは当然の如く、くどみはなく、とっても風味豊か。今日のように寒い日にぴったりのお惣菜です。shine

実は、今日は、お惣菜だけにしようと思ったのですが、巻き寿司好きの私としては、これを持ち帰らない訳には行かず、勢いでオーダーしてしまいました!今日は一応13,000歩を突破していたので、よしとしましょう。

Dsc00992 巻き寿司は、私が好きなタイプでした!heart04高野豆腐に三つ葉、椎茸、玉子。こういうシンプルなもの、敢えて言えば三つ葉が生きるタイプの巻き寿司っていいですよね~。バッテラは珍しいサーモン、お稲荷さんも丁寧な作り、だし巻きも美味です。good

Dsc00993_2 もうこうなったら自棄です。こちらは、今日、本町のフール・ドゥ・アッシュで買ったリーフパイ。食後の悪習慣は続いています。昨日は夕食後ウォーキングをさぼったので、今日こそ実行するつもりです。

今日も充実した食生活を送ることができ、いい日で御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月11日 (水)

じゃがいものバージ~いま最もお気に入りの料理なんです

今朝の奈良は、3.6℃と比較的温暖。しかし、今夜からは冷え込むみたいなので、防寒具をしっかり用意。

Dsc00965 朝もしっかりいただきました。ラッサム、ベジクルマは渡辺玲先生の料理教室での復習。相変わらず旨い!

パンは、近所のミルフォードのくるみパン。これがよくベジクルマに合います。ベジの汁気の少ないカレーにくるみパンという組み合わせ、是非試してみて欲しいですね~。

Dsc00966 今日は久しぶりの定例出張で姫路へ。

今日はこのあなご寿司にありつけました!これがあるから出張も楽しみというものです。

Dsc00970 帰宅後は、ようやくラッサム、ベジクルマが底をつきかけてきたので、明日以降の朝食用として、香取薫先生のかんたんスパイスカレーの中のレシピで、じゃがいものバージの調理を開始。

これは、たまねぎを炒め終えかけているところ。マスタードオイルを使うと、「きつね色になるまで」の見極めが非常に難しい。こんなもんでしょうか?

Dsc00971 完成です!今日はオマーン産の三度豆も少し加えてみました。食感アップが目的ですが, 少し量が少なかったかもしれません。

Dsc00974 今夜は、帰路に近所のシブレットに立ち寄って、おかずのセット、惣菜1種類を購入。一番左はサービスでつけてくれたぜんざい!

これに、作りたてのじゃがいものバージ、ラッサムを添えて、かなり豪勢な夕食になりました。

Dsc00975 食後は、サンジェルマンのシナムドーナツ(シナモンドーナツ)、KIEFEL COFFEEのケニアで入れたカフェオレ。禁断の食後のスイーツという“悪しき習慣”が続いてしまっています。サンジェルマンさん、関西に出店してくれ~!

ちょっと今日は食べ過ぎの感があり、現在気温急降下中の奈良では御座いますが、ちょっとウォーキングに出かけようかと思案中なり。

Dsc00978 ちなみに、これは今日姫路駅で入手したえきそばのカップ麺と、レンジでチンして食べられるジャスミンライス。

後者は重宝しそう。前者は(脂質20gに少々ビビっているので)いつ食べるかが問題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月10日 (火)

野菜Labの豆乳ドーナツ、モトコーブレンドのおいしさ=食後のアリ地獄か?

今日は連休明け。

休み明けは、どうしても身体が動かず、身支度に時間がかかるものです。

Dsc00956 これだけ用意するにも一苦労。

パンは、近所のミリフォードの豆入りパン。モトコーブレンドは、しっかり苦味が効き、ミルクを入れても負けません。すっかりはまっています。

Dsc00957 お昼はいつもの萩で。

鯖の煮付け、切り干し大根、筑前煮、南瓜煮。今日は野菜をしっかり摂れました。

Dsc00958 夜は、万歩計を忘れるという痛恨の事態にも負けず、市内ウォーキング。

谷四→難波では物足りず、今日は大回りして歩いてきました。良い傾向だけど、時間が足りない。ということで、最近はランニングも取り入れて、効率的に運動しようと心がけています。まあ、冬の間だけですが。

それにしても、相変わらず御堂筋のライトアップはいい雰囲気です。

Dsc00961 こちらは、湊町北のエリア。やはり大阪は水辺の街、橋の街なんですね。

Dsc00963 帰宅後は、まだ喰うか!ベジクルマ、ラッサム。ライスはブラウンバズマティ。

これ以外に、写真を取り忘れてしまったのですが、野菜Labで買った惣菜3種盛りもおいしくいただき、夜も野菜をしっかり摂ることができました。

Dsc00964 食後の悪しき習慣がここ数日続いています。

豆乳ドーナツも野菜Labで購入したもの。オイリーでなく、後味がよろしい!ですね。

コーヒーは、なんばウォークに入っている、KIEFEL COFFEEで買ったケニア。単種の豆ですが、これもなかなかいい苦味が出ていました。

食後のコーヒーにスイーツは、あまり癖にならないうちに打ち止めにしなければいけないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月 9日 (月)

カスリメティ入りのダル、骨付きチキンのスープカレーは大当たり!~北浜・マナカマナ

今日は三連休の最後。

今日こそ午前から歩きますぞ。

Dsc00946 腹ごしらえは、朝風呂の後。

渡辺玲先生を迎えての料理教室で習ったラッサムとベジタブルクルマ、富雄・ASHのくるみパン、コーヒーは、元町高架下・グリーンズコーヒーロースターの苦味がしっかり効いたモトコーブレンド。

くるみパンとベジクルマ、よく合います!ラッサムも最高の出来!コーヒーもおいしすぎ!いい朝でした。

Dsc00952 今日はモタモタせず外出でき、最寄り駅まで走り、さらに難波から北浜付近のこのお店までウォーキング。

天六・カンティプールと共に、言ってみたかった平野町・マナカマナ。お店は地下、近くにはカシミール、丁子などがあり、この界隈を歩くと、自然とカシミールに行くモードになってしまいます。

Dsc00948 お目当てはダルのカレー。

ランチのセットは計5種類。Aセットはカレー1種。2種だと+100円のBセットで炭焼きが付く。さらに+100円で炭焼き2品、ナンがお変わり自由になり、+100円で2つ何かが付くという構成。

また、+100~200円で、単品のチーズナン、ドリンクのおかわりが追加でき、その日の体調、気分によって量や種類を調整できる、なかなかよく考えられたメニューを展開していると思いました。

ただ、ダルが付くのは、ネパールランチのみ。ミニ・ダルバートという感じです。ということで、迷いなくこれに決定。

Dsc00949 ライスが多いけど、ダル、チキンのスープカレー、野菜は、アルコアチャール、アチャールという丁度よい構成。なお、辛さはとっても辛い(VERY VERY HOT)でお願いしました。

ダルカレー、カスリメティが入っていて、これがなかなかのお味でした!ダルにメティの葉を入れるとは、なかなか考えたな~って思いました。

チキンカレーは、しっかり骨付きチキンが使われており、サラサラのベースで、食が進みます。こういうシャバシャバ系のノンベジってないんですよね~。激しく嬉しく、おいしかった!

このチキンは、年末に東心斎橋のNepa-yaでいただいたダルバートのチキンカレーと同様、わざわざ足を運び食べに来る価値ありです!!

Dsc00951そして、 ライスを食べきれずに(私にしては珍しく数年ぶりに)残そうと思っていたら、何と、キーマカレーをサービスしてくれちゃいました!

このキーマ、一見ふつうに見えますが、トマトの甘みたっぷりの、今まで食べたことがないおいしいキーマでした。いやいや、これはまた、よい店を見つけてしまいました。

Nec_0907 食後は再びウォーキング。

今まで気付かなかったのですが、この道頓堀川沿いは結構人が少なく、歩きやすかったです。この風景を眺めながらというのも面白いですね。

Nec_0909 間近に見ると、なかなかの迫力。

帰宅後は、いろいろ用事を済ませた後、昨年9月にインドで買ってきた、ブラウン・バスマティライスを、ギーを入れて湯取り式で茹で始めました。

Dsc00953 昨日からずっと同じですが、今日はインダスレイのチキンピックルを加えて一応ノンベジに。相変わらず、(我ながら)ラッサムがいい按配!

ブラウン・バスマティは、ケララ赤米と同様固く、20分弱茹でました。

ライスのパッケージには、基本17分と書いてありましたが、17分では少し固いような気がしました。

なお、赤米はマドキチのシェフによると、1時間近く茹でるとのこと。赤米の類は、結構難しいです。

Dsc00955 食後は、モトコーブレンド、シナムドーナツ。これを食べるために、今日は頑張った甲斐あり18,000歩超。

今日は、ネパール料理のおいしいお店にありつけた良い日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年1月 8日 (日)

豪華すぎるベジカレー~新春に相応しい?ミックス・ベジタブル・クルマ

三連休の中日。

時間を有効に使いたいところです。

Dsc00934 朝は、昨夜シブレットでいただいた七草スープ、テイクアウトした青菜サラダ、それに、富雄・ASHのクロワッサン生地にナッツが入ったパン(名前分かりません)。

なかなか、さわやかな朝食となりました。

そして、その後は、神戸・マドラスキッチンへ。

Dsc00937 メドゥ・ワダは久しぶり。半年前ころから、ココナッツチャトニーが付かなくなったのが残念ですが、ワダは大きく、サンバルも量多すぎってほど。

チャトニーを付けたり、サンバルワダにして食べたり、これだけで立派な食事になります。おいしかった~!

Dsc00938 ワダだけにしておこうと思ったのですが、今日は単品で、カトリッカコランブ(なすのカレー)を注文。

何か、私仕様のSP版で作ってくれたみたいで、ものすごくスパイシー!辛さはそれほどでもなかったのですが、途中から汗が出るわ出るわ!

代謝の悪い私ですが、こんなに汗をかいたのは久しぶり。辛さで発汗ではなく、スパイス盛りだくさんで発汗って感じです。いや~、凄かったです!

その後は、元町高架下で時計の修理屋さんを探しがてら、ツイッターでフォローしている方のつぶやきとブログ記事で知った、グリーン・コーヒー・ロースターさんのお店を見つけ、コーヒー豆と限定品のティラミスを購入。

店内には、コーヒーを焙煎する香りが立ちこめ、それは、私をとってもとっても素晴らしい気分にさせてくれました。

その後は神戸駅まで歩き、新快速で大阪へ。梅田大丸の時計売場で時計のバネ棒を修理してもらい(細いバネ棒って以外にないみたいで困りました)、梅田から難波までウォーキング。

帰宅後は、昨年4月の料理教室の復習。

Dsc00939 手前から、ミックスベジタブルクルマラッサム、アルポスト(ベンガル風じゃがいもの蒸し煮)の残り。

ベジクルマは、菜の花、ヤングコーン、にんじん、じゃがいも、たまねぎ、しょうが、カレーリーフ、香菜などが入った豪華な内容。ココナッツとポピーシード入りのマサラで旨味たっぷり、スターターにはフェンネル、シナモンなどを使い、これまた、香り高くさわやかなカレーに仕上がり満足。

ラッサムも今日はなかなかいい感じに仕上がりました。いろいろ作りましたが、このトマトジュース、ムングダルを使った、あっさりしたバージョンが今のところ私のお気に入り。

Dsc00943 食後は、実家から送ってもらった、サンジェルマンのシナムドーナツ。確か1個60~80円くらいだったと思います。我が家でドーナツと言えば、サンジェルマン。関西に店舗があったら、頻繁に通って買い、メタボ一直線。近くにお店がなくていいのかもしれません。

Dsc00942 今日はデザートを2つも食べるという、危険極まりないことをしてしまいました。

このティラミス、なかなか重量級で、コーヒーの香りがきちんとして、なかなかおいしかったです。これは、いいです!

しかし、今後神戸に行った際には、このティラミスが気になること間違いないです。神戸でスイーツは封印していたのですが、その封印は今日のみ解くことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年1月 7日 (土)

ごはんの在りよう~シブレット前のごはんやハレ

今日は珍しく一日ゆっくり自宅で過ごし、日が暮れてから外出しました。

Dsc00919 やって来たのは、近所に昨年末ころにオープンした、ごはんやハレさん。

お店は何と、我がシブレットの真向かい。お店の存在は知っていたのですが、パーティースペースのようなものかと思っていて、先日お店の入口を伺ったらお店であることが分かり、そして、陶芸作家と寿司職人さんのお店、そして、ならまちのカナカナと関係があるということが分かり、早く訪問しないとと思っていました。

Dsc00918 お店の雰囲気は、この近所の町並み、家並みをある意味象徴するような造り。洋風ですが、どこかレトロ。キレイに手入れされた高度成長期に立てられた家の在りようで、落ち着けます。

夜のメニューは4種類あり、焼魚、ちらし寿司、巻き寿司とバッテラなどを選び、それに3種類の惣菜、茶碗蒸し、それにちらし以外にはお造りが付くという構成。この組み合わせ以外には鍋があります。

Dsc00925 オーガニックのほうじ茶。くどみがなく、後味がすっきり、そして深い味わいです。

Dsc00928 味噌汁は大根、人参、お揚げなどが入っているオーソドックスなものですが、極めて丁寧な作りで、塩加減も丁度よく非常に美味。

白和えは、実は私の数少ない苦手料理なのですが、こちらのものは、素晴らしいものでした。豆腐は平群町の我流という豆腐工房のものとのことで、具材とのバランスが見事です。

里芋とこんにゃくの煮物は、里芋の処理の仕方が上手すぎます。クセをおいしさに変えるテクニックと言えばいいのでしょうか、里芋はものすごく粘っているのにもかかわらず、その重たさを全く感じさせません。

そして、ほうれん草、水菜、白菜、梅肉和えは、これがまた絶品です。実は、梅肉も私の数少ない苦手食材(梅干しは好き、梅肉がダメ)なのですが、効かせ方が絶妙でした。野菜の食感、ひじきも入っており、香り高い和え物に仕上がっています。

メインのちらし寿司は、かなりのボリュームです。しかもネタが大きい!漬けマグロはとろけるおいしさ。サーモン、ホタテも上質です。酢飯も本当においしく、単に酢飯にネタを乗せただけのちらしとは訳が違います。何でこんなにおいしいんでしょうか?職人技なんですね、これが!添えられたオニオンスライスも、くどみがなく良いアクセントになっていました。

Dsc00929 こちらは、茶碗蒸しですが、これがまた凄かった。牡蠣が2個も入っていて、牡蠣としいたけの旨味がたっぷり。味は極めて薄味、塩気も殆ど感じられませんでしたが、それでいいんです!旨味を極めて上品に抽出している!素晴らしい!

Dsc00930 ショーケースは、テイクアウト用のサンプルがディスプレイされています。

巻き寿司や出し巻きは1本、お惣菜は量り売りしてくれるようです。テイクアウトできるところが、私にとっては非常に重要な要素。嬉しい限りです。

お店を出た後は、真向かいのシブレットで、青菜のサラダ、ジンジャーシフォンケーキを買ったのですが、何と七草スープをサービスしていただきました。

ごはんやハレの夜のセットは、1,900~2,000円と、決して安価ではありませんが、完成された“ごはん”だと思いました。ごはんの在りようを表現しているように思います。やさしく、とっても後味がよく、さわやかです。

ピザリア・ニューエイジ、シブレット、そしてこちらごはんやハレ。近所にまた素晴らしいお店ができ、嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月 6日 (金)

自由すぎる野菜料理の店を発見!~中央区久太郎町・野菜Lab

相変わらず寒さが厳しい今日この頃。

暑がりで冷え性の私、冬は大好きなのですが、手が・・・。

Dsc00899 朝食がない!久しぶりです。

それで、1年前頃に100円ショップで買った、ココイチふりかけでごはんを食べました。

なかなかのふりかけでしたよ。

Dsc00900 お昼は、谷五・萩。

鯖の煮付けは、まさにご飯の友。酢みそ和え、おから、なすの煮浸しは、いずれも上質な味わい。

ぱぱっとこういう和総菜が作れるようになりたいものです。

Dsc00910 夜は、歩きたいけど、目的地が思い付かず、適当に歩いていたら、こんな看板が。お店の場所は、大阪市中央区役所近く。住所は久太郎町(きゅうたろうまち)です。このいわゆる船場界隈の町名の殆どは、「~まち」と呼ぶんですよ~。

メニューを見てみると、テイクアウトでも、店内でもいただけるとある。

この自由度は、魅力的。野菜ラボというネーミングも激しく気になり、「見るだけでもOK」と書かれており、即入店。

Dsc00908 洋風(イタリアン)のみならず、純和風のお惣菜もあり、これは、近所の「シブレット」に似た雰囲気。嬉しくなってしまいます。

Dsc00909 安い・・・、いや、安すぎます。

パスタもいただけるようで、スペシャル料理として、リクエストすれば何でも作ってくれるという、夢のようなお店ではないですか!

パスタは、言ってもらえれば、何でも作る!とのこと。スゴイと言うか、えげつないです!

Dsc00901 こちらは、前菜3種盛り。左から、鳴門金時と恵比寿南瓜ゴルゴンゾーラハニークリーム、薫製玉子とツナのポテトサラダ、ぶり大根。

ボリューム的に、前菜を超えています!激しく旨~っ!!

Dsc00904 こちらは、追加オーダーした日替わりの野菜スープ。結構な量があり、ざっくり適度に大きめにカットされ食感が良い野菜が入っており、野菜の甘みに溺れそうな、素晴らしいスープでした。Dsc00906 こちらは、シェフから人気があるメニューとして教えてもらった、オイルサーディンと野菜のトマトベースのパスタ。

蕪、ブロッコリー、なす、かぼちゃ?、イカ、イワシ、パセリ、そのほかにも何か入っていたかもしれませんが、とにかく野菜たっぷり具だくさん、豪華すぎる1皿は、880円!

量的にもかなりのもので、女性から見れば完全に大盛りですよ、これ。家庭料理的なサービス満点のパスタは、アツアツで、これがまたよかった!

Dsc00915 こちらは、テイクアウトした、アールグレイの豆乳ドーナツ。袋に油が殆ど滲みだしておらず、あっさりしています。甘さも殆どないのですが、これはっきり言っておいしいです。

豆乳ドーナツは、今まで、「食べることが可能」な商品に出会ったことはありますが、おいしいと思ったことはあまりなく、これはおいしいです。1個150円と安価ですし、今日はこのほかに、プレーン、ナッツ3種類があり、いろいろ試してみたいですね。

なお、お店は、昨年7月にオープンし、ようやく半年が経とうという頃らしいです。シェフは15年ほど大手のレストランに勤務され、こぢんまりとしたお店をやってみたいということで開業されたようです。

何でも作ります!というメッセージ・・・。スゴイですね~。テイクアウトとイートイン、惣菜が選べること、アレンジのみならず、こちらからリクエストして作ってもらえることなど、客にとってこれほど自由なお店って、なかなかないですよね。しかも安いと来たら、常連にならない手はありません。

職場からも近いので、さっと立ち寄り、テイクアウトしてもよし、その後市内ウォーキングをしてもよし。

新春早々に、いいお店を見つけてしまいました!

関連ランキング:デリカテッセン | 堺筋本町駅松屋町駅谷町四丁目駅

Dsc00913 なお、こちらは、野菜Labさんの近くで見つけたお店。この界隈は野菜主体のお店が多いのでしょうか?素晴らしい傾向ですね。

今日は、野菜がおいしくいただけるお店が発見できた、三連休前のいい日となったのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月 5日 (木)

焼きなすもベンガル風

職場は至って普通な感じに。

昔は挨拶廻りとかしていたような・・・。もうすっかり忘れてしまいました。

Dsc00895 今日から谷五・萩も営業。

やはり、これがないと、元気が出ません。

カレイの煮付け、野菜の惣菜はちょっと多めで、3皿の組み合わせ。

Dsc00896 食後は軽くウォーキング。そして、NHK内のコーヒーショップでテイクアウトしたラテで一服の風景。

そう言えば、昨日の仕事始め式で、トップから「アル中」と紹介されてしまった私。

ちなみに、お酒ではありませんよ(歩く中毒!)。

それにしても、その後何人かの上役中心に声をかけられ、結構歩いている人が多いことを知りました。

意外と歩くことって、おもしろいんですよね。歩かないと見えてこないこと、歩いた後にちょっとした爽快感を味わえることなど。

何だか少し共感が広がったような気がして、少し嬉しい気分の私なのでありました。

帰宅後は、余ったなすを相手に、調理開始。

料理の名は、焼きなす

ナスを半分に切り、そこに塩とターメリックを塗りつけ、たっぷりのマスタードオイルで揚げ炒めて出来上がり!もちろん、レシピは、B・ムカルジー氏のベンガル料理のやつです。

Dsc00898 余りものをミニターリーに並べたら、何だか賑やかになりました。

焼きなす、アルポスト、ミックスアチャール、ベグン・ポラ、アーンドラキッチンの唐がらしマトンカレー、ベジプラオです。

なかなかスパイシーなターリーでした。そして、焼きなすは、シンプルにおいしい!揚げた後にしっかり油を落とすことがコツのようで、何ともジューシーな焼きなすにほっくりきましたよ。

さて、明日1日仕事をすれば、3連休が待っています。

とりあえず、カロンジを神戸のIPSかハラールフードに買いに行き、その後は気分に任せて行動かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月 4日 (水)

今日はたぬきとベンガル料理のミニターリー

今日は仕事始め。

Nec_0905 あまりの寒さに、温かいそばを求めて。

Nec_0904 迷わず、いや、少しだけカレーそばに惹かれつつも、温かいたぬき(きつねそば)で決まり!

相席の隣の方のきざみきつねが激しくおいしそう・・・次はぎざみ、カレーそばはその後かな?

帰宅後は、苦手料理の焼きなす作り。

餅を焼いた網があったので、その網になすを乗せ、強火で約10分。全くの勘です。

Dsc00894 手前から、焼きなすの和えもの(ベグン・ポラ)、じゃいもの蒸し煮(アル・ポスト)、ベジタブルプラオ。

全て、昨日、三ノ宮のショナ・ルパで買った、B・ムカルジー氏のレシピで作ったベンガル料理。

マスタードオイルのクセが何とも心地よく、このオイルの虜になっている今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月 3日 (火)

“ショナ・ルパ”で食べて作って~ビジョン・ムカルジー氏の世界を堪能した一日

今日は新年初の神戸行き。

せっかくなので、普段行けずにいた、ショナ・ルパで、御馳走ということにしました。

Dsc00884 今日は新年ということで、こちらの2つの限定メニューのみの提供のようです。

ナンとサフランライスが付くスペシャルの方は、ボリュームとお値段が少々心配であり、プラオが選べる2,000円のコースを選択。

Dsc00879 最初はスープ。

ショナ・ルパさんのスープは、相変わらず絶品。表現のしようがありません。

Dsc00880 鶏モモ肉の串焼き(ムルグレシュミケバブ)、マトンミンチ(マトンシークカバブ)、野菜の揚げ餃子(ベジタブルサモサ)、グリーンサラダのプレート。

鶏肉はミンチと感じるほど柔らかく、ジューシー。柔らかくてホクホクのスパイシーなじゃがいもが入ったサモサも美味。マスタードベースっぽいチャトニーを付けるとさらにに美味!

Dsc00881 メインのチキンカリーとプラオ。

チキンカリーは、濃厚でリッチ。カシューナッツ、ピーマンのトッピングがアクセントになっており、高級なレストランならでは味わい。

そして、このプラオが素晴らしかった!サフランやスパイスのかぐわしい香り、パラパラのライスの虜になりました。具材はそれほど入っていないのに、これ単体だけで十分満足できるものだと感じました。これはすごいプラオです。

Dsc00883 最後のデザートはマンゴーアイス。

口がさっぱりして、食事の〆にぴったりですね。

Dsc00893b_2 そして、今日は、ずっと前から欲しかった、こちらショナ・ルパのビジョン・ムカルジー氏監修のレシピ本を購入させていただきました。

スープがサーブされる前に、カウンターの方を眺めたら、この本が売られており、思わず席を立ってカウンター前に駆けつけ、「これ、ください。ずっと欲しかったんです。」と言った相手は、ムカルジー氏!

氏は、サウジアラビア・ダンマンのオベロイホテルのフレンチのシェフだったようで、他にもタージ、アショークなど主にインド系の各国のホテルで腕を振われていたそうです。

こちらの本は、普通は教えないコツも出来る限り書き入れたようです。おいしい料理を広めていけば、氏が亡くなった後でも、その意志は受け継がれると。ちょっとしたことではあるけれど、そこが重要とのことで、このあとお客さんがどっと押しかけて来られ、最初のスープがサーブされたので、途中でお話は打ち切りましたが、本のちょっとした解説までしていただき、感謝、感激でした!

また、渡辺玲先生を招待しての例の食事会の話題にもなり、「Haggieさん知っている?」と聞かれ、一度マドラス・キッチンでお会いしたことがあることなどを伝えたりしました。食事会の時のことは、氏も印象に残っているらしく、私も是非参加したかったなどと話をしていたのでありました。

そして、ショナ・ルパを出た後は、神戸駅まで軽くウォーキングをし、電車で帰宅。

三が日は料理はせず休養と思っていたのですが、やはり帰宅後は、早速本日入手した「とっておきのインド・ベンガル料理」のレシピで、調理開始となりました。

Dsc00886 仕込みが完了しました。

あとは炊飯行きのスイッチを入れるだけ。

ちなみに炊飯器を使ってインド料理を作るのは初めてかもしれません。

Dsc00891 こちらは、じゃがいもの蒸し煮(アル・ポスト)。

パンチホロンの材料で、カロンジのみなかったので、それのみ省略して作りました。

これが、またまた、美味しかった!

スライスしたたまねぎとポピーシードの香ばしい風味、パンチホロンの独特の香りが見事に融合した、スパイスと野菜の香しさと旨味が堪能できる一品でした。

Dsc00888 ベジタブルプラオです。

レーズンは、家にあったミックスドライフルーツからレーズンのみ取り出して使い、カシューナッツは余りものを乾煎りしてトッピングしました。

また、レシピの写真はライスが真っ白だったのに、こちらはかなり黄色く色づいており、もしかしたらサフランの量が多かったかもしれません。

しかしながら、味の方は上品かつ、野菜の甘みが存分に堪能できる、秀逸な一品に仕上がっているではあ~りませんか!

この写真は撮影用に写したのですが、あまりに香りが良く美味しかったので、全量を食べ切ってしまいました。

今日のランチでショナ・ルパさんで食べたプラオ同様、サフランの香りが極めて上品でかぐわしく、それで甘みがじんわりと感じられ、とってもやさしく癒されるライスです。

以上、“ショナ・ルパ”ワールドを堪能した一日となったのであります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年1月 2日 (月)

今年初の外食は、ゴヤクラの和レー豪華版!そして夜は雨宮製麺所で爽やか過ぎるシンプルディナー

年末東京で歩き過ぎたせいか朝から身体が重く、どうしても始動が遅れてしまいます。

朝は、千枚漬に白飯で済ませ、掃除、洗濯と家事をこなし、気が付いたら正午過ぎ。

せっかくの休みもあと僅か。普段行けないお店にと思い、しかも昨夜チェックしたなかなか魅力的なSPメニューが気になり、例のお店に。

Dsc00870 南船場ゴヤクラさんです。

前回訪問は、昨年9月1日の「鬼」のとき以来なので、4か月ぶりになります。

Dsc00869 お店に到着したのは、13時40分ころ。

しかもお店の外には、3人ほど行列が!この時間で行列とは恐れ入りました。

年始スペシャルは売り切れと諦め、並ぶこと約15分くらい。

しかし、今年はいい年なのか、まだスペシャルは売り切れていないようで、感激!

Dsc00868 スパイスライス、激辛チキンキーマ、超ゴヤクラキーマ(イカの一夜干し、海老、あさり)、クリーミーコーンチキン和レーの豪華3種盛り・年始スペシャル!もちろん、鬼玉付きです!

これは、ゴヤクラさんの魅力が1皿で味わえる、豪華な内容。

きちんと辛いキーマ、魚介の旨味たっぷりの超ゴヤクラキーマ、そしてやさしい味わいでほっこりくるクリーミーコーンチキン。スパイスライスは、普通のライスよりパラッとしていて、これまた美味。

年始に相応しく、和レーの豪華版で、今年最初の外食を飾ったということで御座います。

その後は、大阪市内を適当にウォーキング。

長堀橋→四ツ橋→肥後橋→梅田と歩き、阪神百貨店をひやかしで覗いたり、大阪駅の地下街を早足で歩き、地下鉄で難波に戻って帰宅しました。

帰宅後、寒中見舞いを書くなどしていたら、あっという間に20時を過ぎ、急いで外出。

今夜訪れたのは、近鉄奈良駅前の雨宮製麺所。

自分の記録を調べてみたら、実に5か月半ぶりの訪問となりました。

Dsc00874_2 スターターは、いつもどおり、鯖のワインビネガーマリネ。

今日は野菜がいっぱいで嬉しい限り。酢の酸味とスパイス類の調和が素晴らしい!

Dsc00876_2 パスタは、’11年産・プレミアムオイル使用の、みむろ農園の葱と塩のパスタ。

この上に、プレミアムオイル(オリーブ油)をシェフがかけてくれます。

昨年もいただいきましたが、いやいや、やはり素晴らしいです!

葱が本当に「草」って感じで、その草の風味に塩味が仄かに感じられ、とてもフレッシュな風味のオイルと相まって、爽やか極まりない!!新春初のパスタに相応しい風味を堪能させていただきました。

Dsc00878_2 こちらは、牛乳ジェラートに胡椒、栗の蜂蜜をトッピングしたもの。これがまた素晴らしい風味なんです。以前食べた時よりも、感動したかも!

今夜は、久しぶりの製麺所で、さっぱり爽やかな3品をいただき、とても心地よい気分で、帰路についたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年~年明けは超激辛で幕開け

新年明けましておめでとうございます。

年末年始は天気に恵まれ、寒さも日増しに穏やかに感じますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

私は久しぶりに実家で正月(元旦)を過ごしてきました。

Dsc00857a 我が家は喪中ですが、多少は正月っぽいものということで、元旦の朝のカレーはおあずけ。

なお、雑煮に入っている青菜はチンゲン菜。いえいえ、そういう文化の家ではございませんで、親が間違えて買ってきたのです。・・・・・もう手遅れなのでしょうか??

Dsc00864 今日は、お昼に、大森・ケララの風Ⅱで年明け記念にミールスと思ったのですが、お腹が空かず、それで帰り際に麹町・アジャンタに立ち寄ろうとしたのですが、何だか億劫になってしまい、結局東京駅で海鮮丼買い、新幹線の中でいただきました。

帰りの新幹線は方向が逆なので、空いていました。それにしても、食堂車や速度計が付いたビッフェが復活してないかと考えているのは私だけでしょうか?

Dsc00866 帰宅後は、御徒町・アーンドラキッチンの唐辛子マトンカレー、北池袋・味家のジンブー入りダルカレー。

マトンカレーは超激辛!青唐辛子がたっぷり入っており、ピーマンの風味もいい按配で、今年初の激辛料理の幕開けに相応しい一品でした。特別オーダー+味見までさせてくれたアーンドラキッチンに感謝です。

ジンブー入りのダルカレー、これはたまりません!今後、上京時にテイクアウトを考えること間違いないでしょう。

さて、年末年始の休みは、あと2日。

手荒れ対策で料理は控えようと思っているので、初食べ歩きはどこにしようか、これから考えようと思います。

【年末年始東京訪問のまとめ】ケララバワン(練馬)…アチャールと超薄のパパダム、味家(池袋)…ジンブー入りダルカレー、ポンディバワン(武蔵新田)…全てがレベル高、アーンドラキッチン(御徒町)…濃厚なラッサム、フレッシュなライタ

【行けなかった店】エリックサウス(東京駅)、ケララの風Ⅱ(大森)、アジャンタ(麹町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »