« ほぼ完全休養の土曜日 | トップページ | ミナミで破格のレベルの高いダルバートに巡り会えました »

2011年12月18日 (日)

マトン・チェティナードとフィッシュヘッドカレーに降参!

今朝の奈良は、意外と気温が下がらず0.5℃。

まあ、十分寒いですが。

Dsc00653 久しぶりに、焼きたてパンを求め、近所のパン屋さんに歩いて行きました。

分かるでしょうか、お月様がかなり低い位置に。冬らしい青空で、寒いけど気分上々です。

Dsc00655 毎日早起きして焼きたてパンを買い、その後少しウォーキングしたいと思いつつ、なかなか実現しないんですよね~。

Dsc00658 パンだけのつもりが、(また)余計なものを買ってしまいました。パウンドケーキ(400円)です。いつ喰うねん!

Dsc00656 このお店の食パンは、少しもっちりしていて、その按配が素晴らしいのですが、今日は敢えて、どちらかと言うと苦手な(甘いので)、天然酵母のパンを選択。

Dsc00657 朝食は、パオバジと、ケララの風のレシピで作ったラッサム。

パンは端の方を焼き、2切れ目はそのまま。焼いた方は、いろいろしているうちに焦げちゃいましたが、ワタシ的にはノープロ。

天然酵母のパンは、やはり少し甘みがあり、少し重めのパンでもあるのですが、そのまま食べるより、このようにパオバジで食すとなかなかでした。

そして、キリッと辛いラッサムが朝の食卓に並ぶのも嬉しいところ。ラッサムはこれで売り切れなので、早速作らないといけません。

お昼は、少しご無沙汰していた、神戸・マドラスキッチンへ。

Dsc00659今日のオススメということで、ノンヴェジ・ミールス。

マトン・チェティナード、ラッサム、デザート、ヨーグルト、サンバル。

ラッサムは、キリッとした酸味、パンチのある辛みで、いつものことながら、スパイス炸裂!

マトンは、これがまたえげつないほど旨い!旨味たっぷりで、スパイシーで、コクも十分。風味も独特で、これがチェティナード料理の醍醐味ってやつなんでしょうか?!たまらん!

Dsc00661 その後、ミックスアチャール、出来たてほやほやのフィッシュヘッドカレーが登場!

フィッシュヘッドは、シェフのいわば家庭料理的なもののようで、魚好き(?)のシェフの本領発揮!って感じで、ずっと唸りながら食べさせていただきました。これまた、たまらん!

Dsc00662 こちらは、野菜のココナッツを使わない炒め物、とのこと。ブロッコリー、キャベツ、にんじんなど具だくさんで、ノンヴェジ・ミールスにもよく合いました。いやいや、今日も大満足で御座いました。

マドキチの後は、ハラールフードで、マスタードオイル、コリアンダーシードを購入。そこにシェフ・スレッシュ氏が。新入荷のお菓子をオススメされましたが、ちょっと持ち帰りにくそうな商品だったので、今回はパス。それにしても、シェフも、ハラールフードのお店の方も、マスタードオイルを何に使うんだ?と興味津々のようでした。

大阪に戻った後は、阪神の地下で、コリアンダーを買ってから、例によって、梅田→湊町(難波)をウォーキング。

Dsc00687aノンヴェジ・ミールスをがっつり食べた後なので、非菜食にしたというよりも、カロリー過多による罪悪感を解消すべく?、いつもより努めて激しく歩きました。

帰宅後は、ラッサム作り。

レシピは、渡辺玲先生の「カレーな薬膳」に載っている生トマト使用の「夏のラッサム」、今日はダル抜きでいきます。

Dsc00665 ラッサムパウダー用のスパイスを乾煎り。

Dsc00669 石臼ですり潰すとこんな感じに。

Dsc00672_2 ラッサムのベースはこんな感じ。チリは、GUNDU CHILLIを使用。

Dsc00673 テンパリング開始です。生カレーリーフは少々多め。

Dsc00675 テンパリング終了後。

Dsc00679 ここでタマリンド汁を注入。このあとは暫く煮込み。

Dsc00681 最後にラッサムパウダーを入れて出来上がり!

Dsc00682 ダルなしの、GUNDU CHILLIとブラックペッパー多めの(アーンドラ風?かどうかは分かりませんが)ラッサムもいいものです。

インダスレイ(←ダル入りかどうかは未確認)のキリッと辛いラッサムをイメージして作ったのですが、まずまずの出来のよう。

Dsc00688 まだまだ続きます。こちらは、ケララ赤米。

9月末にチェンナイで買ってきて、ようやく初炊飯!

Dsc00689 水に浸した時間は約50分。その皮(って言うのか分かりませんが???)が頑丈そうな米で、あんまり水を吸っていない感じです。

Dsc00690_2 ざるにあげると、こんな感じ。

Dsc00691 湯取り式で御座います。

Dsc00693 ゆで時間は14分。これでいいのかは、全くの不明。

これでもやや硬めな感じです。パスタのアルデンテの逆で、外が気持ち芯が残った感じで、中はふっくら。いや、ふっくらと言うより、ボソボソって感じかな?

Dsc00695 ケララ赤米、ポークビンダルー、ラッサム、チキンピックル。

なお、このお米、本当にケララ赤米かどうかは不明です。パッケージには、RED BOILED RICEと書いてありました。ちなみに1キロ45ルピー、タージ・コロマンデルホテル近くのチェンナイのニルギリというスーパーで購入したものです。

お米はバスマティライスよりもパラッとしていて、食べるとボソボソ感と言うのか、独特の食感が。このお米、個人的には、アヴィヤル、クートゥなど、少しとろみがあるベジカレーと合いそうな気がします。

Dsc00697 最後はケララ赤米をラッサムライスでいただき〆ました。辛酸っぱ旨~!

Dsc00698 最後は、ミルフォードのパウンドケーキで本当の〆です。

(長いブログ記事になってしまいました。ご覧いただき感謝いたします。coldsweats01

|
|

« ほぼ完全休養の土曜日 | トップページ | ミナミで破格のレベルの高いダルバートに巡り会えました »

インド料理」カテゴリの記事

パン・スイーツ」カテゴリの記事

コメント

やりすぎでしょ・・・

投稿: プラーナ店主 | 2011年12月19日 (月) 00時30分

いえいえ、ただ今日は、ラッサム作って、米炊いただけですよ。
そちらは少なくとも私の30倍はやりすぎていると思うのですが(しかも毎日)・・・。
明日はゆっくり休んでくださいね。paper

投稿: rikiroh | 2011年12月19日 (月) 01時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/53509953

この記事へのトラックバック一覧です: マトン・チェティナードとフィッシュヘッドカレーに降参!:

« ほぼ完全休養の土曜日 | トップページ | ミナミで破格のレベルの高いダルバートに巡り会えました »