« ヨーグルトの風味が素晴らしいことの表現って難しい | トップページ | 奈良オーガニックマーケット~極寒の中でビーガン食を堪能、そして再び香取薫先生のレシピでほうれん草のカラフルカレーを自作 »

2011年12月24日 (土)

インダス・レイの特製料理、香取薫先生のレシピでれんこんボールのスープカレーを自作しイブを過ごしたました。

今朝の奈良は-2.3度mist

内陸の盆地なので、よく冷えます。

Dsc00738 朝は、寒さに負けじと、残りもので栄養補給の作戦。

極小のプチ?カトリに入れた、プチ・ターリーです。なかなか賑やかだと思いませんか?

左上から、ヒヨコ豆と大根のカレー、ラッサム、チキンピックル、ポークビンダルー、じゃがいものバージ、大根の葉の浅漬けアチャール。

昨夜より豪華になったけど、朝にしっかり食べる方が、健康のためには良いのでしょう。栄養満点の朝食で、ウォーキング欲が!

さて、今日はクリスマスイブ。独り身なので、何となく肩身が狭いと感じるだろうな~。まあ、そんなことは気にせず?どこを歩き、食べに行こうかな?

Dsc00744 やってきたのは、先週がマドキチだったので、やはり次はこうなります。と言いながら、ずっとあのショナ・ルパはご無沙汰。年末までには絶対行ってみせますぞdash

Dsc00741 今日はマトンビリヤニがあったのですが、このマトンフライを含めたお任せコース!

ココナッツ仕立てで、スパイシー、タマネギの甘みがたまなない、これまた絶品でした!

Dsc00742 こちらは、トマト・パブとチャパティ。豆の旨味とトマトの酸味の按配が素晴らしく、ライスにも、チャパティにも合い、これまた大満足。アーンドラ料理万歳!

Dsc00743 今日もありました、チキン・ピックル。250グラム900円と安くはありませんが、これはあれば即ゲットです!

Dsc00745_2 帰りは、元町から大回りして三ノ宮方面へ歩き、IPSでベースン粉を買い、大阪へ。休日の兵庫県庁界隈は、人が少なく、いい雰囲気ですね。

西梅田から四ツ橋筋を南下し、今日は本町までランニング、難波までウォーキングしました。ノンベジを食べた後ですからね。ちなみに今日は18,000歩突破!

幸い今日は足がつりませんでした(正確には1回つりかけた)。ウォーキングを始めて1年4か月ですが、ランニングができるまであとどのくらいでしょうか。これでも元水泳部で冬は毎日走っていたんですけど、何か?

Dsc00746 帰宅後は、香取薫先生のレシピで、調理開始。

大嫌いな揚げ物をしているところ。

Dsc00747 れんこんボールです。IPSで買ったベースン粉、れんこんのすりおろし、香菜、ガラムマサラ(天日干し!)、ベーキングパウダーなどをを混ぜて作った力作です。

このあと散髪に行き、再び調理開始。スープカレーが出来上がったのは、20時過ぎ。ちょっと疲れました。

それにしても、香取先生のレシピは、結構レベルが高いです(私にとっては)。それだけ作り甲斐があると言うもの。何せ今日はイブですからね。

Dsc00749 今夜のミニターリーはこちら。右手前がれんこんボールのスープカレー、ヒヨコ豆と大根のカレー、ラッサム、チキンピックル、大根葉の浅漬けアチャール。

Dsc00752 れんこんボールはきれいに丸めすぎたかも。香取先生の本の写真は、外側が荒く凹凸があり、そこにスープカレーが染み込むような感じになっていました。

スープカレー自体は、トマトの酸味がさわやかで、レンコンの食感もなかなか。スターターはマスタードオイルで、やはりこのオイルを使うと独特の風味が出ますね。

今夜はチキンピックル以外、ベジなイブで御座いました。

|
|

« ヨーグルトの風味が素晴らしいことの表現って難しい | トップページ | 奈良オーガニックマーケット~極寒の中でビーガン食を堪能、そして再び香取薫先生のレシピでほうれん草のカラフルカレーを自作 »

インド料理」カテゴリの記事

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/53555399

この記事へのトラックバック一覧です: インダス・レイの特製料理、香取薫先生のレシピでれんこんボールのスープカレーを自作しイブを過ごしたました。:

« ヨーグルトの風味が素晴らしいことの表現って難しい | トップページ | 奈良オーガニックマーケット~極寒の中でビーガン食を堪能、そして再び香取薫先生のレシピでほうれん草のカラフルカレーを自作 »