« 温めていた企画を実行 | トップページ | 基本のチキン »

2011年12月 6日 (火)

サブジマサラのラ魅力と日本米の在り方?!

火曜日の朝。

奈良は2.7℃と今月最低の気温。

Dsc00436 タケウチのブリオッシュ

Dsc00440 くるみパンのパオバジ

Dsc00442 萩の黒板はこんな感じに。ちょっと見にくいけど、なかなか賑やかです。

Dsc00441 今日は、今季初のカキフライ。

酢みそ、小松菜のおひたし、筑前煮と合わせ、それぞれ特色のある旨味を堪能!

まさに小鉢の宝庫です。本日も大満足の昼食となりました。

Dsc00443 食後は、遠回りして、上町台地をウォーキングというか、散策しながら職場に戻ります。

どんよりした天気でしたが、イチョウの葉が落ちた歩道を歩くのは気分がいいものです。

このあたり、山崎豊子の「白い巨塔」の舞台でもあるんですよね。

Dsc00447 そして、夜は、お待たせしました、あやめ池に戻って参りました。

このチキンチャートのチキン、柔らかくて美味です。秘訣(秘密)も伺いましたが、このチキンにも手間暇がかかっております。旨いハズです。

Dsc00451 サモサにもありつけました。トマトチャトニーがまた旨し!サモサの大きさもいいですね。

Dsc00448 メインは、決めていた、サブジマサラ。今日はライスの上に黒ごまがかかっていましたが、これ、アリ!です。量もちょうどいいです。

このライス、お店では「雑穀米」と紹介されていますが、ご当地・奈良産ヒノヒカリ、黒米、皮付きムング豆が入っており、これがカレーによく合うんです。

ヒノヒカリ自体、粒が少し小さめで、コシヒカリのような粘り気が少なく、ササニシキほどではないですがサラッとした食感もあり、それに黒米、ムングが入ることで、ベタ付き感がなくなり、風味、食感共にいい按配になるというもの。

単に健康志向、ご当地奈良の観光客向けのライスではありませんぞ。個人的には、このライスはインド料理に最もよく合う日本米だと思っています。安直にターメリックライスなどにしないところが、店主殿のこだわりだと思いますし、よく考えられています。

そして、今日のサブジマサラ、とってもおいしかった!大根とカボチャは対照的な味わいが楽しめ、インゲンの小口切りもいい食感。きちんと酸味も感じられ、スパイスのバランスもよく、複雑だけど、決していわゆるジャパニーズカレーライスにならず、インド料理になっているんですね。

食べ重ねるうちにはまっていく。そんな魅力のある一皿は、このお店の看板じゃないですか~?!。

そして、今日はちょっと無理なことをお願いし、何とその願いを叶えてもらっちゃいました。いやいや、今日はおいしく、楽しく、いい夜を過ごすことができました。

Dsc00452 パコラは絶賛販売中ですね。ベジのパコラも入ったメニューも開発されていました。今後、パコラメニューも通常に戻ると言うか、おいしいチキンの新作を考えておられるようで、楽しみで仕方がありません。

インサイダー情報としては、デザートに新作が出るかも?!です。年末にかけて、目が離せません。

元気をもらって、明日の定例出張をこなしていきましょうか。

|
|

« 温めていた企画を実行 | トップページ | 基本のチキン »

インド料理」カテゴリの記事

コメント

遅くなり申し訳ありません・・
いつもありがとうございます!
あれからいろいろあり、本気でカリーと向き合いました。で、初心にかえったとゆーか、
またご賞味頂いた時にはおわかりいただけるとおもいますので、またのご来店心よりお待ちいたしております。

投稿: プラーナ店主 | 2011年12月 9日 (金) 01時47分

えっ?よく分かりませんが、再訪時の変化(かな?)楽しみにしてますよ。
今度はサブジマサラを食べて、さらにテイクアウトする計画があります!

投稿: rikiroh | 2011年12月 9日 (金) 02時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/53417151

この記事へのトラックバック一覧です: サブジマサラのラ魅力と日本米の在り方?!:

« 温めていた企画を実行 | トップページ | 基本のチキン »