« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

ムンバイパンでパオバジ、そしてフィレ、クレームブリュレを自作

今日は定例出張日。

Dsc00345 昨夜届いた、ムンバイパン。アンビカのネットショップで買いました。

Dsc00349 26日(土)に購入、お届け指定日は最短の29日(火)、20-21時の指定でお願いしました。製品は配達指定日の前日に製造され、賞味期間は製造日を除き3日間ですが、最大限頑張って届けてくれた感があります。

原材料をみると、卵は不使用。海洋酵母って何でしょうか?変な混ぜ物は入っていないようですね。

Dsc00351 アンビカのムンバイパンで、パオバジの朝食です。

Dsc00352 お昼は、いつもの上寿司盛り合わせ。お目当ての穴子は何度食べても美味しく満足。

Dsc00360 夜は、予約のマトン・フィレのステーキ。もう少し今回は一番量が少ない80g(1,400円)をお願いしておいたのですが、私にはちょうどよい量でした。フィレのステーキとしては、高齢のマトンの方が旨味が高いかもしれませんが、このフィレも絶品でしたよ。

しかし、今日は開店直後から大入りで、これにありつけるまでに約50分かかりました。仕方がないことは十分承知しているのですが、さすがに今日は座っていてお尻が痛くなりました。辛さの後には、嬉しいことあり、ですね。

Dsc00361 ステーキだけだと食事として物足りないので、マラックを注文。お肉が削ぎにくい部位でしたが、これも何度食べてもおいしいですね。もちろんライスを入れて楽しみましたよ。

今回のタリカロは、羊1頭を仕入れたようで、まだまだいろいろ楽しめそうなことがありそうです。今日我慢したマトンカリー、早く食べに行きたい!

さて、これからは、例の停電の件での緊急会合。そのあとは・・・。

Dsc00362 この手のものを作るのは久しぶり。

牛乳、卵は、近所のピザリア・ニューエイジで購入。島根県・木次乳業の山のおちち牛乳(低温殺菌)、これを食べたらほかの卵が食べられなくなるという、絶品至極の平飼い卵を使用しました。あと、生クリームは、高梨乳業の乳脂肪分35%の無添加製品。

Dsc00370 焦がし砂糖は面倒くさいので、クレームブリュレと呼べるかは分かりませんが、無事完成!カルダモンの香りが爽やか~。ナイル善己氏のレシピで作りました。

ピザリア・ニューエイジさんの乳製品等々のおかげで、雑味のない上品なデザートに仕上がったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月29日 (火)

じゃがいものバージは香取薫氏のレシピで

特に何もない火曜日。

Dsc00330 朝は、OCAT(湊町)のスーパー・ライフ内「小麦の郷」のプチバーネット、プチクルミパンというパン2種に、最後になったじゃがいものバージを合わせてみました。

このパン、いずれも@96円ですが、意外にこういうパンが合うと実感。ムンバイのパオバジのイメージとは違うかもしれませんが、クルミパンと合わせるのは私好み、私流かな~。

Dsc00331 お昼は、谷五・萩で、カレイの煮付け。今日は、トマトの卵とじが最高でした!

Dsc00343_2 夜は、冷蔵庫の残りものを総ざらいし、その後明日朝の本番?に向けて、香取薫先生のレシピで、じゃがいものバージを作製。

じゃがいもは、北海道産キタアカリ。グリーンピースは何とインド産(業務スーパーで購入)!

香取先生のレシピでこの料理を作ったのは3回目でしょうか。初めて失敗せず作ることができました。

明日の朝が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月28日 (月)

スリランカ料理と市内ウォーキング

月曜の朝は寒さで身体が動かず。

Dsc00321米粉パン(左)、くるみブレッド(中)、テーブルロール(右)の食べ比べ。

それぞれ、なんばグーテ(エーワンベーカリー)、大阪難波駅中の神戸屋、そして近所の我が街の誇れる自然食品店・ピザリア・ニューエイジさんのもの。

結論から言うと、米粉パンが一番好み。前回はグーテの前のクックハウスの米粉パンを試しましたが、こちらの方はふんわりとしたタイプで、これもまたよし、です。

しかし、まだパオバジのパオにふさわしい、ピタッとくるパンは見つからず。だからこそ、いろいろ試す面白みがあるというものかもしれません。

Dsc00322 お昼は、またもやぶりカマをゲット!

しかし、今日はぶりカマより、かぶの煮物、かぶの浅漬けが最高に旨かった~っ!

そして、仕事の後は、谷四→長堀橋と歩き、時間の関係で、長堀鶴見緑地線で大阪ドーム前千代崎駅で下車。

Dsc00324 向かった先は、千代崎・ロッダグループ。そして、今日のカレーは、魚とマトン。まだマトンが残っていたのであります!

Dsc00326 オススメの魚と野菜のスープも頼んでしまった。カボチャも入っていて、庶民的な味わいながらも、一寸変わった感じで、いい按配。(裏?情報→毎週かどうかは分かりませんが、金曜日はテールスープを作るみたいです!)

Dsc00327 マトンカレーセットには、ココナッツ仕立てでディープローストしたスパイスを使っているっぽいカボチャ入りのベジカレー、インゲンの炒め物、かなり濃い色のパパド(スリランカ的に何て言うんだっけ?パパダン?)、そしてポルサンボールが添えられ、気分最高潮!

マトンカレーはいい感じの辛さ。若干オイリーな感じがしないでもないけど、度が超えていないので、決してしつこくはなく、立派なマトンカレーに仕上がっていて満足!そして、やはり添えられているベジカレーが美味。前回はパリップだったけど、カルータラ同様、サブのカレーが旨いんですよね~。これが病みつきの原因でもある訳です。

食後は、千代崎→大正橋→汐見橋→難波と歩き、(もちろん)電車で帰宅。この千日前通は、難波以東と異なり、歩道が広くて歩きやすいので、多少距離があってもどんどん歩けていい気分。今度は大正橋の南方向にあるアリーズキッチンを久しぶりに訪れ、イスラム風の豆カレーでも食べに行ってみようかなと思案中です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年11月27日 (日)

インダス・レイを再訪~チキンピックルにも出会えた!

先週から積極的に食べ歩いていますが、今日は小休止をするつもりで、「仕上げ」ができる店を訪問しようと決意。

Dsc00303 選んだお店は、2週間前の食事会の時以来、再訪機会を窺っていた、神戸元町・インダスレイ。

Dsc00301 この看板があることは承知の上。これも目的の一つでしたが・・・。

Dsc00276 やはりオススメはビリヤニ。しかも今日はマトンがオススメときた!これを断るのは至難の業なり。

Dsc00278 そして新メニューがあることも、そして激しく迷うことも想定内。メニューはこちら→http://rikiroh.txt-nifty.com/blog/INDUSRAYmenu.html

食事会のときのビリヤニが抜群!で、食事会だから少しだけしか食べられず、いつかガッツリ行きたいと思いつつ、しかし、あのラッサム、ベジ料理もいただきたい・・・ああ、悩ましい!

そこにママさんの囁きが。「ビリヤニ、テイクアウトOKね!」何ということでしょう。これ以上私を悩まさないで~!

Dsc00297 そして選らんだのは、南インドベジタリアンセット。右から、ほうれん草とムング豆のポリヤル、野菜とエノキダケのカレー、サンバル、ラッサム、ヨーグルト、デザート。

この豆が少なめそうでキリッと辛いラッサムにはまっています!そして、エノキダケのカレーが説明困難な不思議なコクが出ていて激ウマ!ほうれん草のポリヤルも素晴らしい!ほうれん草カレーを出す店は多いけど、何か「これほうれん草?」っていう色だけの見かけ倒しが殆どで、ここのお店はほうれん草の旨味、甘みが生かされていて、おいしい!

Dsc00300a そして、このリザベーションメニュ。気になって仕方がありません。伺うと、before 1day OKとのこと。チキンピックルは?と聞くと、お二方揃って、「今日、ある!」と。もちろん即テイクアウトをオーダー!

Dsc00302_2 インダスレイはますます進化していきそうで楽しみですが、何せお店が狭いので、もう間もなく、行っても満席で入れなくなってしまうのでは?という不安が。そのときは、近くをウォーキングしようかな。

Dsc00307 帰宅後は、渡辺玲先生のレシピで、ほうれん草のココナッツ煮を作製。ししとうは宇陀産青唐辛子で代用、赤唐辛子はGUNDU CHILLI。

Dsc00309 残り物を小ターリーの上に乗せれば、立派なノンベジミールス?に。ほうれん草のココナッツには、予想以上にクリーミーで、キリッとした辛みも感じられ、いい按配。

Dsc00312 これは、テイクアウトしたチキンピックル!この半量だけでも、ミールスにアクセントが付きます。激辛でおいしく、とっても便利なアイテムですね。

Dsc00315 チキンピックルは、瓶を煮沸消毒し、テイクアウト用の容器から移し替え。暫く楽しめそう~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月26日 (土)

マトンネックという御馳走

今日は、大満足のランチに引き続き、夜はあるブツを予約してタリカロへ。

Dsc00263 これは予定外のマトンのレバーペースト。レバーのクセがきちんと残され、その上臭くない!素晴らしい!!パパドによく合い、香菜が散らされているのもいい!!

パニールは口直しということだが、存在感は極めて大きい!このパニールがまた素晴らしい出来。このように単品でいただくのが一番と思えるほど。これは日本、いや世界でもなかなか味わえないですぞ~。

Dsc00267 こちらは大本命のマトン・ネックのアーンドラ・マトンカリー。やはりネックは最高ですね。何も言うことはありません。約3分で完食!あと、このマトンカリーには、ニンジンのアチャールがよく合います(4倍増希望!)。

Dsc00264 あと、今日のムング豆のカレー、トマトが完全に煮くずれしていない姿で入っており、これがまた旨かった!キャベツのポリヤルも完璧な出来。

Dsc00271 店内のマトンメニュー。死ぬほどマラックを頼みたかったけど、泣いて馬謖、いやマラックを斬るが如く(←用法は違いますが・・・)、今日はおあずけ。

Dsc00274 帰宅後は、ナイル善己氏のレシピで作った、バナナのシナモンケーキ。実は大失敗したのですが、こうして食べたらなかなかイケました。

Dsc00260 あまり公開したくなかったのですが、こうなってしまった・・・。溶岩ドームみたい。。。(その部分、食べましたが。何か??)パウンドケーキの型が小さすぎ、レシピに書いてある型の容量をよく見ていなかったのが失敗の原因。まあ、何とか食べられる代物にはなっていたが・・・。

それにしても、このオーブン用の鉄板、東京転勤時、つまり12年前に買った時以来、初めて使いました。いつか何かを作るかもと思いつつ、捨てなくて良かった!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

江坂でミールス

今日は快晴、寒さもほどほどで、絶好の外出日和。

ランチに選らんだのは、江坂・チャトパタさん。

Dsc00243 いきなり、メニュー外の、ダルの甘みとレモンの酸味のバランスが素晴らしい、ムリガタニ・ショーバが!

Dsc00246 デザート付きの南インド・セットC。左から、魚、野菜、チキンサンバル、サラダ、ココナッツとトマトのチャトニー2種。

やはり、この中では、シャバシャバのチキンサンバルが美味。カレーは辛さ普通で頼んだけど、悪くはなかったです。サラダ、チャトニーも丁寧に作られ、なかなかの味でした。ライスが粘りけのあるコシヒカリなので、これをバスマティに変えられたら素晴らしいミールスになる筈。次は一番辛くしてもらう予定。

Dsc00248 食後のデザートとラッシーの美味。本当、ここのお店のお料理は、丁寧さが美味に繋がるということを実感させてくれます。ごちそうさまでした。

Dsc00241 南インドディナー&ウィークエンドランチセットのメニュー(表)

Dsc00242 南インドディナーセット&ウィークエンドランチセット(裏)

Dsc00240 北インド・ホリデースペシャルランチセットのメニュー

お店は基本的に北インド料理のようですが、南インドも扱っているという感じです。キリッとしたラッサムがミールスに加われば、さらにいい感じになるような気がします。

繰り返しになりますが、丁寧に作られているのに非常に好感が持てます。これからも機会あるごとに通いたいお店です。

Dsc00258 帰宅後は、パウンドケーキを自作。さて、どうなるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月25日 (金)

ロッダスペシャル!

今日は多忙を極め、待機残業+残業後の仕上げ業務で、ヘトヘト。

Dsc00237 お昼は、萩で新サンマ。また、寒い日に、こんなほっこりとした肉じゃが、嬉しいですぅ。

Dsc00238 夜は、徒歩で、谷四→長堀橋→なんばパークスへ。その後、千代崎へ向かい、スリランカ料理店・ロッダグループへL.O.前に滑り込み。

この店で一番辛いと言うマトンカレーが食べたかったけど、時間が遅く量が多そうだったので、今日は単品にしようと思い、デビルマトンにしようかと思った時、ロッダスペシャルという全部盛りがあると言われ、注文。

ライスかヌードルをチョイスするとのことで、ヌードルをチョイス。デビル○○全部盛りと思ったら、ちょっと違ってこんな感じ。

おいしかったけど、量が多すぎ!!やはり欲張るとよくないですね。

ちなみに、今日、カレーには、ポルサンボールがたっぷり!料理を待っている間に勧められたアラックは普通とオールドが2種。ライオンビールもラガーとスタウトの2種があり、飲みたかったけど、かなり疲れていて悪酔いしそうだったのでガマン。飲める身体だったら、全部飲んでいたと・・・。

なお、HPに2種類紹介されている夜のセットメニューはないようでした。あとは、ホッパーは予約で作製可能とのこと。

料理、お酒共に要注目の、ロッダグループ。少し頑張って足を伸ばし、通いたいお店の一つになったような気がします。神戸の食事会で紹介していただ方にお名前を伺うのを忘れてしまいましたが、この場を借りて御礼申し上げます!

土日はまだマトンカレーはあるようなので、再挑戦したいと思っている次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月24日 (木)

複雑さと困難さ~サブジマサラの魅力

今日はすっきり快晴。

Dsc00215 昨日、近鉄奈良駅前の東向商店街に成城石井があることに気が付き、トマト、ほうれん草、カボチャのパンの詰め合わせを購入。これでパオバジ、それに大成功のトマトスープに合わせてみました。

Dsc00217 職場近くの公園前。寒さもいい按配で、いよいよ私の季節が到来!ただ、歳のせいか、冷え性、手肌の乾燥には悩まされておりますが・・・何か?

Dsc00218 お昼は、久しぶりに、鯖の煮付け。やはり、これが一番落ち着きます。旨い!!

Dsc00230 夜は、いろいろ悩み、今日はベジ目当てで、あやめ池に。

Dsc00220 と言いつつ、サラダは、チキンチャートを選択。ここのチキンチャート、既に病みつきになっております。

Dsc00226 サブジマサラはLサイズ、ごはんは普通の量で注文。

またまた、一手間加え、新バージョンになっておりました。

作り方をサラッと教えてもらいましたが、理解不能。。。ややこし過ぎる~!難しすぎる~!とてもマネができる工程ではございません。

このサブジマサラ、正直、私のレベルでは、何をどうして、どんなスパイスを使っているのか分かりません。作り方も、スパイスも複雑だと感じ、どう表現していいのか分からないんです。

複雑だと、ぼやけた味になりがちじゃないかな~、シンプルに作った方がストレートでおいしいのでは?と思うのですが、このサブジマサラは、何っつーか、おいしいんですね。それに、野菜の大根がとっても良く合う!浅漬けのアチャール、ホットソースを混ぜてもよし、不思議な一皿なんです。何とも言えない魅力のあるカレーなんです。

ナタラジのベジタブルクルマにも少し似ており、こういう野菜を使ったカレーで、それほどパンチがなくても、魅力に引き寄せられるカレーは珍しいです。大根は、ブリ大根と一緒で、カレーのおいしさを堪能できる、マストな野菜であるとも言えましょう。

Dsc00228 食後は、チャイとマンゴープリン。どちらも濃厚で上品!相変わらず完成度が高いです。

Dsc00235 最後は、先日ちらっと耳にしていた、手羽先のパコラ。これにトマトチャトニーが付きます。

油っこい手羽先が、パコラにすることで、あっさりといただけ、これまた食べにくいけど,秀逸な一品。

トマトチャトニーも素晴らしい出来で、これは絶対サブジマサラに合います。単品での提供を激しく希望します!!ポテトに付くビンダルーマヨネーズも美味。こういう脇役が旨いのはこのお店の一番の魅力と言っても過言ではないでしょう。

今日も大満足のあやめ池訪問は終わり。

次はサブジマサラ2人前、ライスなし(orスプーン1杯分)で頼んでみようかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月23日 (水)

新境地の若い羊のマトンカリー

今日は勤労感謝の日。

寒くて天気は下り坂、自ずと腰は重くなるばかり。

Dsc00179 朝は、米粉パンに、香取氏(左)-渡辺氏(右)のレシピ違いによる、バジの組み合わせで、食べ比べ。

 Dsc00181 昼は、タリカロのマトンカリー!待ってましたこの日を。

今日のマトンはモモ。2歳齢の若い羊の肉のようで、お肉はツヤツヤでとてもキレイだったそうです。

実際、お肉のお味は、新鮮さが感じられ、以前よりあっさりとしていましたが、我が家で以前石田めん羊牧場から買ったラムよりも、お肉の旨味がきちんと出ており、バランスがいいな~って感じ。やはり、石田めん羊牧場のマトン-タリカロは最強コンビ!日本一、いやインドでもこんなにおいしいお肉はないでしょうから、世界一のマトンカリーだと思います。素晴らしい!

Dsc00185 食後はホッとチャイで〆。甘さがきちんと加えられ、スパイスもきちんと効いている、おいしいチャイです。バランス良し、香りよし、温度よし、甘さよし、量もよし!!意外とおいしいチャイってありつけないんですよね~。

私の好みは、ここタリカロ、インダス・レイ、プラーナのチャイ。どちらも濃厚、プラーナは砂糖後入れですが、いずれも甘めです。

さて、夜は、この前の料理教室の復習とある対策のための料理を作る予定。

Dsc00188 インド・チェンナイで買ったきたギーを使用。

Dsc00190ホールスパイスを入れ

Dsc00191 ショウガのみじん切りを入れ

Dsc00193 トマトジュースと半量の水を入れ

Dsc00194 生クリームを入れて出来上がり

Dsc00195 先日の料理教室で緊急追加された、トマトスープの復習。ギーを使ったせいなのか、香りがよろしいです!

続けて、渡辺玲先生の「かんたんスパイスカレー」のレシピで、挽き割り緑豆のレモン風味カレーを作製開始。

Dsc00208 写真はいきなりテンパリングの場面。

Dsc00211 最後にレモン汁を入れて完成!唐辛子はGUNDU CHILLI、ししとうの代わりに今日買ってきた、宇陀産・朝採り青唐辛子を使用した仕立てに。

Dsc00212 ムングダルのカレーとトマトスープで、ほっこり温まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月22日 (火)

都会の中の菜食インド料理店

明日は祝日。自ずと仕事のやる気は倍増。

週休3日って議論があってもよいと思うのは私だけ?能率上がっていいと思うんだけど。

Dsc00146 お昼は、萩で、ぶりカマをゲット!ブリ大根も追加し、ブリがダブル・・・だぶり。・。・。・。

そして、仕事後は、神戸に行こうと思いつつ、インダスレイは満席かも、昨夜は北インドで今日ティワリってのも、ロッタグループは野菜メニューが思い出せず・・・、どないしようと考えながら歩き、気が付いたら心斎橋。

そうだ、少し前に、菜食料理を出すインド料理店が四つ橋にあることを知り、ずっと気になっていたことを思い出し、記憶を頼りに四つ橋筋へ。

Dsc00178 ここでした。このお店は、梅田→難波ウォーキングでよく目にしていたので、ここだったか!と思い、即入店。何度かこのメニューを覗き込んでいたものです。菜食インドレストランshamaさんです。

Dsc00177 お店は地下1階。何だか、家庭的な雰囲気が感じられる外装です。

メニューはページ数が多いけど、小さいアルバムの中に収められ、とっても見やすかったです。http://rikiroh.txt-nifty.com/blog/shamamenu.html

Dsc00173 シェフ・サラダ、ベジタブル・ビリヤニ、ベンガン・パニールカレー。カレーは何度も確認されつつ、最上級の辛さでオーダー。

サラダはキャベツの千切り、きゅうり、トマトというシンプルなものの上に、ソイ・ティッカ(大豆ミートを焼いたもの)が乗っており、これが目当てだった訳だが、これが美味!

ビリヤニは、何と申し上げればよいのか、大きくカットされたカリフラワーが◎。

カレーは、カイエンペッパーを多めに入れてくれたような辛さが後から少し感じられる程度で、まろやかでいい按配。汁気は殆どなく、これはチャパティーやパロタでいただきたかったかな。

Dsc00174 後出しのミックスアチャールとグリーンチャトニー。これはメインよりおいしいと感じましたぞ!

Dsc00175 デザートは卵を使わないプリン。何か懐かしい味でした。あっさりしていて、食後には最適。これは珍しいですね~。

感想としては、このお店は、ソイ・ミートのカレー、タンドリー料理がおいしいと見ました。ライスよりパン。ナン付きのセットもいいかもしれません。

お店の方々は、みなさん親切で、とっても穏やか。狭いお店ですが、どこか家庭的な雰囲気で、大阪の繁華街にいることを忘れさせてくれます。

次回は、ナンの類で、ソイ・ミートの料理を堪能してみたいですね。

西梅田のナタラジ、この四つ橋syama、と菜食インド料理店が四つ橋筋(近く)に2件。ウォーキングして菜食っていいかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月21日 (月)

江坂で名店候補を発見!

週明けの朝はよく冷え込みました。

Dsc00107 パオバジにビーフウラティヤドゥー。かなり無理のある組み合わせ。

Dsc00109 お昼は、蕪とベーコンの煮物、どて焼き、グリーンピースと海老の冷製、メヌケの味噌漬。我ながら、素晴らしいランチのチョイス!

Dsc00143 夜は、勢いで、江坂へ。南インド料理目当て。純インド料理・チャトパタさんです。

Nec_0859 ところが本日は、南インド料理のシェフがお休みで、メニューは北インドのみ。ちょっとアテが外れ想定外だったので、メニューを睨みながら長考に入りました。

Dsc00111 ソルトラッシーは、食前・食中に最適。マサラもふりかけられ、泡立ちもいい按配、丁寧に作られており、これからの料理に期待が高まります。

Dsc00114 マサラ・パパード。パパドは半分に切り込みが入れられ、これまた丁寧な仕事ぶり。上に浅漬けアチャールっぽいマサラとの相性も抜群。いい!

Dsc00117 ムリガタニ・ショーバ。レンズ豆のスープですが、豆は完全に潰され、レモンの酸味が爽やか!これは絶対頼むべき!!すごいスープです。

Dsc00120 レシュミ・パラタは、新アラカルトメニューのリストから、パン・シェフ特別メニューとある。これがパリッとしてて、中の層がしっとりしていて、べと付かず、素晴らしい食感を醸し出している!何も付けなくても完食可能。これまたエクセレント過ぎます!!

Dsc00121 カレーは、マトン・ローガンジョシュ。一般的な味付けですが、丁寧に作られています。トマトベースのシンプルな味。パラタやスープに圧倒され、メインなのにやや存在感が薄れてしまったかな。

Dsc00140 フィルニは、ぶどう、マンゴー(多分)などフルーツたっぷりで、ピスタチオのトッピング。フィルニ自体は完璧な味。全体として洗練されており、かつインドっぽいこってりさも感じられる、素晴らしいデザートでした。

Dsc00124 こちらのお店、内装は清潔感があり、明るく豪華。食器も美しいものばかりで、それなのにお値段がかなりお手頃。神戸のショナルパを安くしたような感じだと思うほどで、これは要注目のお店だと思います。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月20日 (日)

ビーフ・ウラティヤドゥを作ってみた

小雨が鬱陶しい、いや潤い美しき朝。

Dsc00085 パオバジの小ターリー。これが最近の朝食の定番となりつつあります。

Dsc00087 新デジカメの気に入った機能がこのショット。

絞り開放で撮っている訳ではなく、「背景ぼかし」というモード。一眼のような自然なぼかしではないものの、遅いシャッタースピードで背景がぼけるので重宝しそう。

今日の降水確率は、奈良>神戸>大阪。どこに繰り出そうかな。

・・・結局今日はモタモタして、お昼に散髪、その後はお腹が空かず、停電で点らなくなった電球類を購入、食材の仕入れなど。

帰宅後は、渡辺玲先生著「かんたんスパイスカレー」のレシピで、インド家庭料理を作製開始!

なお、実は、先週1週間、牛肉があまりにも高く、料理するのを躊躇っていたのですが、「業務スーパー」で350g398円のメキシコ産・焼肉用カルビ(冷凍)を見つけ、これで試作することを決意した次第。

最初は、ちょうど食材が揃っていたので、パオバジとややかぶりますが、渡辺玲先生のレシピで料理開始。

Dsc00089 ジャガイモとカリフラワーを茹で

Dsc00090 クミンシードを炒め

Dsc00091 NSペースト、トマト、青唐辛子を入れ

Dsc00092 ベースはこんな感じ

Dsc00093 ジャガイモを入れ

Dsc00094 カリフラワーを入れ

Dsc00095 ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒めの完成!

続けて、本日は、ケララのビーフを使った料理をついに初作製。

Dsc00096 たっぷりのココナッツオイルで、ココナッツロングを揚げていき

Dsc00097 スパイス、塩、オニオンスライス、カレーリーフをビーフに絡め

Dsc00098 黄金色に揚がったココナッツロング

Dsc00099 そこに、マリネしたビーフを投入

Dsc00100 ビーフ・ウラティヤドゥの出来上がり!

Dsc00105_2 ごはんに合うかどうかは別にして、おいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月19日 (土)

マドキチのノンヴェジミールス

雨天で外出を躊躇っていては雨男は務まらず。

電車を乗り継ぎ、まずは神戸ハラールフードでスパイスを調達。今日は補給分と、先日の料理教室で使われたMDH社のパオバジマサラを購入。

その後は少しご無沙汰のマドキチへ。

神戸は大雨で客は少ないと思っていたら、お店の方々同様、ほぼ満席!

オーダーは、単品のベジかフィッシュにしようと思いつつ、結局のところ・・・

Dsc00050私にしては珍しい、ノンヴェジミールス。デザートはパヤサム、ノンヴェジ2品は魚とマトン。ミックスピクルスをサービスしてくれた。

やはりここの料理の鮮烈なスパイシーさは健在!目が覚めました!!ミックスピクルスを混ぜてさらに辛酸っぱ~!

Dsc00054たらふく食べた後は、何とウプマをサービスしてくれちゃいました。ちょっと胃が重かったけど、ミックスピクルスのおかげで、完食!だんだんこれにはまってきています。これはシェフ・スレッシュ殿の朝食の定番なり。

Dsc00055 食後はこれまたマドキチコースの際の定番の、サ・マーシュに。ミニ角食があったので1本いただき、あとはブリオッシュ系1品とハード系1品を購入。

Dsc00046 不謹慎かもしれませんが、こちらは葉山ハイツ。表にあったクスムの看板の姿はなく、です。復活されること、心から祈ってます。

Dsc00056 系列店のテワリインド料理は営業しており、少しホッとしました。実は今日はこちらにとも思ったのですが、口の中がマドキチを求めていたので、次回初入店といきたいところ。

ほかにも行きたい店は沢山あり、元町・インダスレイ(南インド、土日限定ビリヤニ)、江坂・チャトパタ(南インド、未入店)、千代崎・ロッダグループ(スリランカ、夜の単品)、インド系以外では、マガザン、バッヴォ、雨宮等々、数え切れません。

さて、今夜はどうしようかな。

Dsc00062 クミンを石臼で挽き

Dsc00071 電子レンジでふかした男爵をやけど覚悟で小さく割り、スパイスと超軟水に漬け込み

Dsc00064 マスタードオイルとサラダ油の混合油でクミンシードをスタータースパイス

Dsc00065 タマネギのみじん切りを入れる(みじん切りになっていないかも)

Dsc00066 そろそろ佳境か

Dsc00067 ターメリックを入れると、こんがり

Dsc00068 前回入れ忘れたカリフラワー、グリーンピースを入れる

Dsc00073 漬け込んだジャガイモを入れる

Dsc00074 トマトを入れる

Dsc00077 じゃがいものバージ。香取薫先生のレシピにて。

Dsc00079 今回は、レシピの忠告を無視し、缶詰のグリーンピースを茹でて使用したけど、それでも少し硬く、自己採点は65点くらい。グリーンピースの硬さ以外は、スパイスの香りとトマトの酸味がいいバランスで、90点は付けられるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月18日 (金)

タリカロのフィッシュカリー

金曜日は何歳になっても嬉しいもの。

Dsc00024 朝は、残りもののチャナマサラ、カシューナッツのホワイトカレー。

Nec_0001 昼は、谷五・萩で、キスフライ。コロッケと共に超美味!今週は揚げ物を2回も食べたが、魚のフライはやっぱりおいしいですね。

それにしても、昼休みに入りすぐのニュースで、神戸のクスム本場家庭料理が入っている葉山ハイツの火災には驚きました。その後ニュースをチェックしましたが、全員救出され軽傷で済んだと聞き、少しだけホッとしましたが、この先クスム、IPSはどうなってしまうのでしょうか。明日、なくなりかけたクミンパウダー、クローブなどを買いに行こうと思っていたので、ショックです。

Dsc00038 夜は、久しぶりの訪問になった、「ミナミの魚の家」(注意:私が勝手に言っているだけ)に。

Dsc00028 お目当てはコレ。フィッシュカリー。しかもプレートときた!

Dsc00032 今日はこれまた久しぶりにバスマティライスを注文し、ポリヤルも追加。見ているだけで、飽きません!

フィッシュカリーは、何と魚を衣を付けて揚げ、中にはパプリカとか、いろんなものが。一口口にすると、タマリンドの酸味が立つと言うより、パーッと広がり、この前食べたインダス・レイのラッサムのような上質の酸味が!!それで、食べると、魚の旨み、スパイスの香りが。

1年前のフィッシュヘッドとはまた異なった感じで、魚がガツンというより、バランスが良く、上品でいて力強い。酸味が本当、爽やかですね~。私が作ったカレーなんかは、魚臭ささえ感じるストレートな味。仕上がりが違います(←当たり前)!

Dsc00036 さらに豆ポリを追加し、バスマティライスで堪能~!ムング豆、キャベツ最高!!タリカロの好きなところは、これですよ、コレ。ありそうでない、ダルのシンプルなカレーが何と150円で食べられるんですから。素晴らしい限りです。

3日後にはいよいよマトンが入荷するようで、早速フィレステーキを予約してしまいました。フィレもマトンカリーも楽しみで仕方ありません。

これから代謝が悪くなる季節なので、ちょっと本格的にウォーキングを再開しなければ。食べて歩くを確実に実践していきたい次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月17日 (木)

野菜炒めと餃子~登美ヶ丘・梵

さて、今日は勝負の木曜日。どこまで仕事をこなせるか。

Dsc00007朝は、IENAのパン、チャナマサラ(だけ)で戦いに備え。

Dsc00008出勤前にNHK前で一服。清々しい朝なれど。新デジカメ君はなかなか、いい按配。

Dsc00011 お昼は、谷五・萩で、カレイの煮付けなど。里芋煮、おからが美味!夜のメニューが気になって仕方がありません。サンマの造りがなくなる前に・・・夜デビューを画策中。

Dsc00020 夜は、いろいろ考え、久しぶりに、登美ヶ丘・梵に。

Dsc00013 和洋中何でもあり、日替わりメニューも豊富。しかし、注文する品は既に決まっている・・・。

Dsc00018 野菜炒め、餃子、ライス(小)。

野菜超たっぷり!シーフードの旨味も相まっていい感じ。餃子は独特の形、中のミンチは超細挽きで、皮がカリッ!この店オリジナルの個性的な一品。

自家製ラー油、昔の喫茶店で使われていたような特大水ボトルで水分もたっぷり補給。

久しぶりに野菜炒めに溺れさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月16日 (水)

ついに?停電!

今日は定例出張日。

しかし、朝、家を出る前、テレビの電源が切れ、パチパチという異音が。換気扇は殆ど回転せず、照明も微かに灯りが点る程度。ドライヤーは動かず・・・。ついに奈良も電力不足になったか~と思いつつ、時間がないので出勤しました。

Pb160625 ちなみに朝食は、IENAのパンに、カシューナッツのホワイトカレー。

昼は、あなご寿司。煮穴子の旨味に酔いしれました!

Pb160627 そして、夜は、予定変更で、シブレットのお惣菜とカボチャのシフォン。

本当は、タリカロに行く予定だったのですが、停電復旧工事の立ち会いで、時間が遅くなりそうだったので断念。

「代わり」に行くようなお店ではないので断っておきますが、やはりこのお店のお料理は素晴らしいです。

今日はショーケースに陳列されている定番が沢山入っており、いろいろ楽しめました。比較的クセのある素材を上手く食べさせてくれ、旨いんですよね~!今日はスパイス、香草類と言うより、素材の風味を強調した構成。いいお店です。

Pb160631a 本日届いたデジカメ。避けたいメーカーだったけど、薄さ、軽さ、機能に参った!し、ハンドルネーム入りで購入。迷いに迷い柄入りを注文したハズだったが、ボディは無地・・・。まあいいでしょう。

Dsc00004 早速試しに撮影。レシピは次回作製候補の最右翼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月15日 (火)

イワシフライに感動、そしてパコラの予感

朝夕はかなり冷えてきて、いい按配。ただ冷え性なので、手足だけ辛いのが難点。

Pb150624 朝は、ドンクのバターブレッドに、カシューナッツのホワイトカレー。

いい形のパンです!が、中にバターが塗られていたのが誤算。バターなしなら、結構パオとして使えそうだったので、期待が大きかっただけに残念な結果に。

Nec_0854 お昼は、谷五・萩で、いわしフライ、あじの南蛮漬、ゴーヤ、トマトの卵とじ。

フライを選んだのは、かれこれ1年ぶりかも。中にしそが入っていて、さっぱりおいしいフライでした!卵とじも絶品!南蛮漬も最高!

今日はタンパク質だらけですが、こういう日があってもいいでしょう。おいしかった~!

Nec_0855 夜は、あやめ池・プラーナに。

今夜は、生ハムきゅうり、アチャールサラダと、サラダ2品。目的は・・・のため!?

生ハムキュウリは、今度の週末あたりにマネ(すること)決定!生ハムトマトとか、生ハムセロリってのもいいかも。

Nec_0856 カレーは、サブジマサラ。大根、素揚げのカボチャ、いんげんなどが入り、食感と風味が素晴らしい!

ライスには、皮付き緑豆(ムング豆)も入り、いい一皿に仕上がっています。やはり野菜ですよ、野菜!

Nec_0857 食後は、マンゴープリンで〆。これもわたくし、既に中毒症状に陥っております。

そして、お会計を終えたあと、お店の冷蔵庫に、コブラビールを発見!キングフィッシャー、ゴールデンイーグルもあり、あやめ池でインドビール3種がいただけるなんて、スゴイことだと思いませんか?まあ、私はお茶専門ですが・・・、何か???

お店の了承はいただいていませんが、間もなく、ノンベジのパコラが登場するようですよ~。楽しみです。パコラをほおばりながら、コブラビール、いいかもしれません!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年11月14日 (月)

食事会と料理教室を回顧

土日は、食事会、料理教室と充実した休日になりました。

しかし、体力的にはかなりキツく、それでもいろいろ楽しかったことを思い出すと、不思議と身体は動くもの。本当、不思議です。

それにしても、インダス・レイの料理は印象的でした。その前に訪れたスリランカ料理店のRODDA groupも。

パオバジ、トマトスープ、小豆のカレーの復習もしたい!でも、冷蔵庫には先週作った料理、買ったものが溢れている。今週は、どうやってこなしていくかが、一つの課題になりそうです。

Nec_0853 お昼は、またもやブリカマにありつけました!フキもたまらん!筑前煮も根菜山盛り、ゴーヤチャンプルも追加し、今日は食物繊維が摂れて満足。

今日仕事は超多忙!目が回りました。いや~参りました。

残業後は、パオバジのパオとして、数日前から目を付けていた、ドンクのバターブレッドを購入。形がいいんです!卵たっぷりで、ベジタリアン向けでは全然ありませんが、明日の朝が楽しみです。

夜は、残飯整理。ごはんにチキンビンダルー、冷たいカシューナッツのカレーとカリフラワーのカレー。さすがに撮影は出来ませんでした。

明日は出張前の戦い、水曜は出張、出張後は腱鞘炎覚悟の書類作成、金曜日は予習。突発の仕事が入れば全ての予定が狂い四苦八苦。

集中力が続き、疲労回復するカレーってないかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月13日 (日)

第7回インド料理教室in大阪~渡辺玲さんを迎えて~

さて、今日は、待ちに待った料理教室の日。

朝は、昨日、西大寺の「十五夜の宴」で買った、ス・マガザンさんのランチボックスをいただきました。贅沢過ぎる朝食で御座いました。

その後は、朝からコタツ布団を洗濯、クリーニングの引き取りなど、午前中は超多忙。

そして、昨日の食事会で教えてもらった、大阪・千代崎にあるスリランカ料理店・RODDA GROUPに。

実は、先週、カルータラ以外においしそうなスリランカ料理店がないか調べていたところ、このお店と、福島のスイートバジルの近くにあり未だ入店したことがないお店を候補にして訪問しようと考えていたお店だったことが判明。この機会に、あまりお腹が空いていなかったものの訪問を決意!

Nec_0845 お店は、奥に4人掛けのテーブル席以外は全てカウンター席で、こじんまりとしていました。スリランカ人?男性2人がカウンター内にいらっしゃり、気さくに話しかけてくれます。

メニューはランチのセット以外に、マトンと、季節限定のカニが。マトンが食べたい気分でしたが、お腹の空き具合と相談し、カニを選択。

Nec_0839 いかがでしょう。なかなか豪華です。ライスにはシナモンなどのホールスパイスが。

Nec_0840 昨夜はパーティがあったようで、ポルサンボールはないけど、ということで、カッタサンボールをサービスしてもっちゃいました!

Nec_0842 その後、いろいろ話を伺っていたら、希少なスリランカ米があるということで、遠慮しつつもいただくことに。そうしたら、チキンカレーをかけてくれちゃった!いいんですか~初入店の客にこんなことして!

このスリランカ米、インドの米より太く、長さは日本米より少し長いくらい。食感は、適度に硬く、しかもホクッとしており、それでいてベチャ付きがない秀逸なお米でした。旨い!!!5キロ4,500円くらいするようで、特別な時にしか炊かないようです。そんな希少なものを私などに・・・。この場にて感謝申し上げます!

店主殿は、奈良のハンターナ(老舗です)をご存じでした。カルータラもご存じでしたが、未だ行ったことがなく行きたがっておられました。

店外にはチョウクのチラシが。おっ!と思い店外でメニューなどを見ていると、私のあとに来られたお客さんが、店主殿とチョウクのお話をされているのが聞こえました!いろんなところでいろんな繋がりがあるんだな~と思いました。今度チョウクさんのお話を振ってみたいと思います。

その後は、九条の長~い商店街を端から端まで歩き、安治川の片岸で行き止まり。弁天町まで迂回し、西九条にと思ったのですが・・・・、

Nec_0847 交差点の名は「源兵衛渡」。ということは、渡しがあった場所ということ?まさか今どき渡しなど、と思いつつ、川沿いを歩いて弁天町まで行けそうなので、川に近づいてみることに。

Nec_0848 そうすると、自転車に乗っていた人が、エレベーターに吸い込まれていく姿が!もしかしたら・・・そうです、地下通路があったのです!

Nec_0849 ここが歩行者の入口。かなり深くもぐり、対岸に歩いてわたれるようになっていました。いや~これは面白かった!

Nec_0851 対岸に着き、少し歩くと、西九条に到着。ここから料理教室の会場はすぐ近くです。

Pb130619料理教室は満席御礼!のようでした。今日のレッスンメニューは、小豆のマカーニ、パオバジ、きのことキャベツのサブジ、フィルニ、トマトスープ。今日は西洋のパンに合う料理ということで、日常食化するのに非常に役に立つメニュー満載!

Pb130617 パンはまさやんさんの超特製オーダーの力作パフで、これがまた素晴らしく感動~!できれば毎日食べたい!大昔ムンバイ(当時はボンベイと言っていましたね~)で食べた時も、こんな形のパンでした。マリーナドライブ、今はなき?オベロイタワーの近くの屋台だったかな。何だか懐かしかったな~。

Pb130621 完成したパオバジの撮影は大人気!諦めの早い私は、この場所から撮影。渡辺先生万歳!

Pb130623 いかがでしょう。完成した本日のお料理です。パンが光ってます!!小豆のカレーは是非ともマスターしたい一品。スープは非常に簡単ながら、とってもおいしく、印象深かったです。これはラッサムを作るより数倍簡単なので頻繁に作ることになりそうです。パオバジのバジも、酸味がキリッと効いていて、とってもおいしかったです。

Nec_0852 これはフィルニ。若干この手のスイーツは粉っぽく、私の好みではないのですが、簡単に本格的なスイーツが作れることに驚きました。米粉で作ったとは思えないスイーツですね。チャイもいつもどおり、素晴らしいお味でした。

今回は、初めて「班長」を拝命し、全く、全然、役割を果たせなかったのですが・・・、料理初心者の私としてはかなり荷が重かったのですが、皆様のおかげで何とか最後まで倒れず、料理を作ることができました。反省点は数え切れませんが、この場を借りて皆様に感謝とお詫びを申し上げます。本当にいろいろとありがとうございました。

そして、やはり、まさやんさんは、スゴすぎます!う~ん、私には到底真似ができないし、何と申しましょうか、神様みたいな方ですね~。本当、何から何までお世話になり、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月12日 (土)

目から鱗!のインダス・レイ(神戸・元町)~第7回インド料理食事会in神戸・渡辺玲さんを囲んで

今夜は、神戸・元町のインダス・レイで、料理教室前夜祭?の食事会。要注目のお店で、貸切、しかもまさやんさんプロデュース、渡辺玲先生、インド料理の達人の皆様御臨席!私などが混ざっていいものなのか?そんなことはもう気にしない歳になってきました。

Nec_0811 こちらは店舗。会場は右隣の階段を上がった2階でした。

Nec_0812 ほうれん草のパコラ。いきなり、初めて見る料理が、しかもバナナの葉の上に!ほうれん草系のインド料理は正直見かけ倒しが多い中(←私的感想)、食感、風味ともほうれん草が生きた一品だと思いました。

Nec_0814 ウプマ。ふんわりしていて私好み。トマトとピーナッツのチャトニーでいただき、激しく美味しかった!素晴らしい~。

Nec_0815_2 タマリンドライスは、ピーナッツの食感と風味も相まって、旨くクセが引き出されつつ、食べやすく、いい按配。病みつきになる味ですね~。

Nec_0816 左はオクラ、右はカボチャ。オクラがカリッ!カボチャがスッキリ!両方の素材が意外な形に調理され、目から鱗が落ちました!ライスの右下に添えられているのは、以前テイクアウトさせていただいたチキンピックル。これがまた激しく旨かった!

Nec_0820 ラッサム、サンバルは、スッキリしていて、キリッと辛く、酸味もきちんと効いていて、格好いい味。いろいろ混ぜて、この右のカードライスはもっちりとしていて美味。

Nec_0823 パヤサムはこってり甘く、砂糖もキビ糖とか黒糖系が使われていそうで、ナッツもギーかバターでソテーされ、風味が本当に現地風って感じ。これまた素晴らしい出来!

Nec_0825 何とサービスでハイデラバーディー・ビリヤニが登場!これは完璧な風味でした。毎週食べに行こうと思っていたのですが、これは来週早速再訪しなければいけません。たまらん!

Nec_0826 チャイも甘めで美味。いい締めくくりになりました。

Nec_0355a ちなみにこちらは、本年9月5日に見せていただいたメニュー案。既にいくつかメニューに載っていたのでちらっと公開!

Nec_0357a_2 なかなか面白そうな構成。新メニューはお店の入口外、また、店内には手作りのアルバムのようなメニューが用意されていました。

インダス・レイは、とっても地味なお店ですが、クスムのように現地に飛び込んだ感じだけど、とってもアットホームで居心地がよく、個性的でありながら、スーッと入っていける家庭料理が楽しめる、キラッと光お店という雰囲気が感じられます。愛したくなるお店ですね~。

さて、明日は料理教室。班長を拝命!私には思い役ですが、何とか足を引っ張らないよう頑張りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

西大寺・十五夜の宴

今夜はインド料理食事会。明日は料理教室。

Pb120605 朝は、昨夜作ったカシューナッツの風味がいい感じのホワイトカレーを、成城石井のザルツロールに合わせてみました。よく合います!

Nec_0810 昼は、ス・マガザンさんのHPで知った、西大寺の「十五夜の宴」に。

Nec_0800 西大寺は駅前にあり、敷地はかなり広いのですが、ひっそりとしてとっても静か。門前でもこの「宴」が開かれているとは分からないほどでした。この落ち着きが奈良のいいところかもしれません。

Nec_0806_2 ブースに近づくと、お目当てのお店が!右はラホツさん、左はプラーナさん。

Nec_0801 実は昨夜プラーナさんで出店すると聞き、これが食べたくて訪問決定!とした訳。手羽先のタンドリーチキン。手羽先がこんなに大きいとはビックリ!一つ一つ切れ込みを入れるなどして600個仕込んだそうです。量が多くても手を抜かないとは・・・すごいです。この手羽先、名古屋のヤツより、格段においしかった!油っこい手羽先に、スパイスがよく合いますね~。

Nec_0802 こちらも、お目当ての、ス・マガザンさん。ランチボックスと、紫芋のタルトを購入。シャンパンは飲酒運転になるので、ガマン!

Nec_0804 こちらは、ずっと行きたくて行けないでいる、西大寺のラ・クチネッタ・ヤマオカさんのトリッパの煮込み。旨い!しつこくない!イタリアン最高~!夜にサクッと寄ってみたいですね~。

Nec_0808 その次は、サクラバーガーさんのスパイシーチリドッグ。どのお店も仕事が丁寧。奈良=丁寧、真面目というイメージが最近出来つつあります。パンもおいしく、ピクルスもいい按配!

Nec_0807 さらに、こちらは、ラホツさんのタイヌードル。この手の麺は、意外と難しいのですが、さすがでした。シンプルな料理とは言い難い、具材が豊富で、その一つ一つがおいしく、まるで宝石箱のような一品。奈良の人は手を抜くということを知らないのでしょうか!う~ん、参りました!

Nec_0809 最後は、プラーナさんのアイスチャイ(最後の1杯!)で〆。屋外でおいしいチャイをいただけて幸せ至極。

Pb120608 本日の戦利品。ナッツのバウンドケーキとその右のフィナンシェは作業所の販売品。作業所のお菓子は、無添加、素朴というイメージがあり好きですが、こちらの商品はさらに種類が豊富で、さらに質が高そうです。生真面目な方が多いと思うので、商品にも期待が持てます!

右の木製のお玉は、吉野の方の作品。木のぬくもりに惹かれ、思わず2つ購入しました。木製だと鍋の火にも強くて使いやすいし、お皿によそうときも、おいしく感じられそう。

あとは、今日、一番最初に買ったココナッツオイルがあります。缶入りで使いにくいかと思ったのですが、逆に温めて溶かして使うのではなく、スプーンで削って使うことができ便利だと思いました。質の高そうなオイルなので、料理で使うときが楽しみです。

このあとは、食事会。遅刻しないよう、出発しなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月11日 (金)

じゃがいもとグリーンピースのホワイトカレー

金曜日の朝は小雨。何とも言えない気分で出勤。

Nec_0799 お昼は、新サンマ、ポテトサラダ、鶏肉の炒め物、青菜の煮浸し。レア惣菜3種をゲットし、一週間のランチをいい感じで締めくくれました。

仕事を終えた後は、上六近鉄で野菜類、とうとうで出てこなかった生カシューナッツを再購入。

そして、その後、いろいろ迷って、あやめ池に。実は体調と申しますが、何とも言いにくい不調続きで、帰宅してヨーグルトやら、食物繊維で対策をしようと思ったのですが、久しぶりに外食することに。

Pb110598 チキンチャートには豆のようなものがふりかけられています。ムング豆を揚げたもの!若干風味が強い嫌いはありますが、香ばしくて結構合いますね~。このバージョンもいいかもしれません。

Pb110604 カレーは、大本命のサブジマサラ、ではなく、誘惑に負けて、シーフードマラバーリ。ちょっとココナッツを多めにした新バージョン!確かに濃厚さが増していました。これ、旨いですよ~。病みつきになりますね。それに、アチャール、GUN DUCHILLIのホットソースを加えて混ぜると、さらに異なる食感、風味を味わえ、何とも嬉しい一皿!

食後は、お決まりのマンゴープリンをいただきました。これを食べずに帰ると、あとでひどく後悔しますからね。

このあと、よっぽど、サブジマサラを頼もうと思いましたが、ここは我慢して帰宅。

そして、帰宅後は、香取薫先生のレシピで、いよいよ初めてカシューナッツを使って調理開始。本当は明日、明後日に備え、渡辺玲先生のレシピで何か作りたかったのですが、このレシピはずっと作りたかった一品なので、こちらにしました。

P1010131 タマネギ3個分

P1010133 炒め終わり

P1010135 カシューナッツ、タマネギペースト、ヨーグルト

P1010136 混ぜる!

P1010137 パウダースパイスを入れ混ぜ

P1010139 水を加えて

P1010140 煮立て

P1010141 じゃがいもを入れ、さらに煮立てて、出来上がり!

P1010146 じゃがいもとグリーンピースのホワイトカレー(香取薫著・インド家庭料理「カレーとサブジ」)のレシピで)を試食。

想像どおり、カシューナッツの風味が生きた、ちょっと濃厚な風味のベジカレーに仕上がりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月10日 (木)

Pav Bhaji Ready!

Nec_0795Pav Bhaji Ready!

Nec_0797 パオバジ合いがけ

P1010126仕事帰りのウォーキング途中、フール・ドゥ・アッシュアッシュ、そして宗右衛門であなご寿司、さらに難波駅でもあなごの柿の葉寿司を購入。

P1010128 夜はあなご食べ比べ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月 9日 (水)

ある対策のため

Pb090587 いつまで続くか、インドな朝食。

Pb090589上寿司は、鯖が小鯛に。購入直後の撮影はかなり恥かしいです。

Pb090590帰宅後のチャナマサラ作製は、ある対策のため。

Pb090592今夜は、チャナマサラ、チキンビンダルー、カリフラワーのキーマカレー、ミックスアチャール。明日結果が出れば良いのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月 8日 (火)

キャロットハルワを作ってみた

今日は商人、水辺の街へ出張。

珍しく大人数で昼食。店選びは、一見遠慮の塊だったり、様々な思惑が絡み合ったりと。向こうに行けばそば屋が、あっちに行けばいろいろ・・・、でそば屋に決まりかけました。

そば屋には、すだちそば+サンマ寿司という、そそられるメニューが。これにしよう!と決めたところ、「あっち行こうか。」のお声。coldsweats02

それで、入ったお店は、何とトンカツ屋さん。あり得ん!shock

メニューは、ロースかヒレ。もちろんヒレを選択。

Nec_0794出てきたのは、見た目に地味なトンカツ定食。しかし、キャベツが美味しい!ご飯も炊きたてでいい按配。ひじき煮も丁寧な造り。good

そしてヒレカツも揚げたてで、何か美味しかった!happy02

夜は、残飯整理で、最後になった、フィッシュマラバール、チキンビンダルーで夕食。

その後、ニンジンハルワを、ナタラジのレシピで作り始めました。

Pb080580 フードプロセッサーで細かく砕いたニンジンに、ミルク、油で軽く炒めたカルダモンを入れ、そこに、きび糖をたっぷり加え、弱火でひたすら煮ていきます。

Pb080582 作り方間違えました。bearing きび糖は数十分煮込んだ後に加えるところ、最初から入れてしまいました。でも何とか出来上がり。coldsweats01

Pb080586 今日中に全て食べることは不可能なので、敢えて汁気を多めに、(ウソです!)、まあこのくらい汁気があった方が、丁度良いかと。

食感は、らしくなっていました。インドスイーツ、今度はバウンドケーキ、シフォンケーキにチャレンジしたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月 7日 (月)

香菜(パクチー、コリアンダー)の力

11/7月

P1010123 朝は魚、野菜、果物、芋、胡桃。栄養たっぷり摂り過ぎ。フィッシュマラバールが旨過ぎます!ナイル善己氏、万歳!!

そう言えば、東銀座のナイルレストラン、東京に住んでいた時以来、もうかれこれ10年以上訪問していません。先代のナイル氏にいつも「ムルギランチ」を押し売りオススメされ、おいしく頂いたのが懐かしいです。年末は久しぶりに実家に帰り、立ち寄ってみようか(善己氏にサインをもらいたい!)思案中。

Nec_0793昼は大カレイの煮付け、基本惣菜3種。素晴らしい内容!

P1010125_2夜は、カリフラワーキーマカレー、フィッシュマラバール、チキンビンダルー。我ながら、うっとりする出来!

それにしても、カリフラワーキーマカレー、今さらながらですが、香菜を乗せると乗せないのでは、全くの別料理になると実感。

香菜は、①あまり売ってない、②高い、③鮮度がすぐ落ちる、となかなか難しいヤツです。買っておいて、料理せず使い物にならなかったり、イザという時に買いに行って入手できずということは日常茶飯事。

そこで今考えているのが、鉢植えに余った根を沢山植え、ちょろっと生えてきたものを必要分だけ使うという方法。

上手く生えるかどうか、分かりませんが、とりあえず、鉢植えに植えてみるとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月 6日 (日)

今夜はノンヴェジターリー

今朝は、昨夜作った、カリフラワーキーマカレー版パオバジ。

Pb060553 ラッサム、少量のブリのマラバールを添え、さんしょ屋のバゲットでいただきました。

Pb060556 その後は、チキンビンダルーを仕込み、3時間ほどでこんな具合に。

Pb060557 マリネしたチキンを鍋に移し炒め、水を加えて約30分煮込みます。

Pb060562 チキンビンダルーの出来上がり!

Pb060560昼は、 昨日クスムで買ったサモサをつまみました。

午後は、自宅でゴロゴロ。夕方からは、残った食材を始末する必要に迫られ、再び台所に。

Pb060563マスタード油とサラダ油でクミンシードをスタータースパイス。マスタード油の危険な香りが・・・。

Pb060566 タマネギのみじん切りは、フードプロセッサーのアタッチメントを使用し切りましたが、不揃いで、おろし状になり、イマイチ。

Pb060567 それでも何とか、捨てずに一からやり直さずに済みそうなので、調理続行。ここでターメリックを入れると、一気にタマネギの色が変色!

Pb060568 急いでグリーンピースを入れ・・・、あっ、カリフラワーを買い忘れた!しかし、めげずに調理続行。

Pb060569 ジャガイモは、キタアカリを使用。手で割って、水に浸し、そこへパウダースパイス5種を入れます。このようにスパイスを温めない調理方法は、しっとりとした舌触りになるようです。

Pb060571 鍋にトマト、スパイス漬けのジャガイモを入れ、混ぜ炒めます。

Pb060572 最後にガラムマサラをふりかけて、ジャガイモのバージの出来上がり!レシピは、香取薫先生!!

Pb060577 今夜は豪華なノンヴェジターリー。ごはんはチンしてできる麦飯。左から、ジャガイモのバージ、フィッシュ・マラバール、チキンビンダルー、カリフラワーキーマカレー、ラッサム、真ん中はクスムのサモサ。

会心の出来は、ナイル善己氏のレシピをアレンジして作ったチキンビンダルーと、天然ブリ使用のフィッシュマラバール。じゃがいものバージは見た目が肉じゃがっぽいけど、香取先生らしい独特のさわやかで素材の風味が引き出され、満足できるレベルに仕上がっていました。

この土日はちょっとやり過ぎました。既に洗い物で手がカサカサなので、ナタラジのレシピでニンジンのハルワを作るのは、明日以降に延期します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年11月 5日 (土)

クスムでまったり、フィッシュ・マラバールを自作

今日は神戸北野・クスム本場家庭料理。その前に、隣のIPSでパプリカ、クローブ(大量)を仕入れ。

Nec_0785 今日のサモサは冷えてたけど、グリーンチャトニーの出来が最高!チャットマサラのサラダ、マンゴージュースをいただくと、ここに来たと実感。

Nec_0786 今日は、チャパティも熱々ではなかった。カトリの中は、チャナダル、ナスとジャガイモ、パニールとミックスベジタブル。IPSで売っているニンジンのアチャールも食べ放題!

Nec_0787 どれもシンプルながら、素晴らしい味。特にここのダルはおいしいですね。皮付き緑豆のダルなんか、天下一品。やはり全品おかわりしてしまいました。食後はチャイで〆。

Nec_0788 店内には系列店・ティワリのメニューが2か所に掲示されていました。かなり積極的に売り込んでいらっしゃる様子。

Tewari こんな青刷りのチラシも。セットの内容は、ドリンク2杯にチキン、パパド、サラダで1,200円ということでしょうか。ワンコイン弁当も気になります。カードで払う人はいないと思うのですが・・・。

実は今日は、こちらのお店に行こうと思っていたのですが、IPSで買い物した後に、クスムに入らずというのももったいないですよね。やはりクスムご贔屓のお客さんは多いとのことでした。

帰宅後は、昨日買った食材を無視して、天然ブリを使って、フィッシュ・マラバールの調理を開始。ナイル善己氏のレシピで!

Pb050522 千切りにしたタマネギ、青唐辛子、ショウガ、ニンニクをしっかり炒めていきます。

Pb050523 パウダースパイスを混ぜ炒めたところ。

Pb050524 そこにタマリンド汁を入れたところ。

Pb050530 少しに混むとこんな具合に。

Pb050531 ブリを投入。おいしそうなブリです。

Pb050532 ブリが入りました。

Pb050534 別の鍋に輪切り唐辛子を入れ、タマネギのみじん切りを炒め、カイエンペッパーを混ぜ・・・

Pb050535 テンパリング!

Pb050537 テンパリング後。

Pb050539 フィッシュ・マラバールの完成!

Pb050543 何と言うか、ブリが美味し過ぎます。タマリンドの酸味と良く合い、クセになる味ですね。

さて、これからもう2品作る予定ですが、気力・体力がイマイチ残っていません。どうしようかな。

Pb050547 フードプロセッサーを初活用。ペーストをクミンシードを熱した鍋に投入。

Pb050548 半量になるまで、じっくり中弱火で20分ほど炒めます。

Pb050550 カリフラワーのそぼろ、冷凍グリーンピースを投入。ちょっと細かすぎたかも。

Pb050552 水を入れてさらに30分ほど煮込んで、カリフラワーキーマカレーの出来上がり!香取薫先生のレシピらしい、独特の香り!!

試食したら、結構おいしかった!ただ、やはり、カリフラワーは細かすぎたようで、もう少し粗挽きの方が食感が楽しめておいしかったかも。油の量がやや少なく、マサラを作る時、野菜を炒めるときに影響がありと、改善点、課題は多数。

しかし、この料理はちょっと難しいですね。それでも、このカレー、かなり好きな部類なので、是非ともマスターしたいと思いました。それに、パンにもライスにも合わせられそうで、重宝しそう。

このあとデザートを作ろうかな・・・、いやもう時間がないので、明日にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月 4日 (金)

今季3回目のぶりカマ

勝負の金曜日。

しかし、午前は目標達成度は、1/4。

Nec_0784お昼は、ぶりカマ!何か最近よくこれが転がり込んで来るようにゲットでき、嬉しい限り。う~ん、旨い!本当に幸せ。

実は、南船場まで走っていき、残っているかもしれない「鬼超」、「鬼辛」を3:7、2:8くらいの合いがけでと思っていたのですが、今回は体調を考え、「鬼」を封印(我慢)。正解だったかも!

午後は必至に、唸りながら、キーボードに向かって黙々と作業pout 会議の準備、超くだらん作業、突発案件、仕事の邪魔をする人が来たり・・・、まあいろいろありながら、40分の残業で何とかこなし、終了。疲れた~wobbly

終業後は、福島・チョウクに食事に行くのを諦め、軽く上六までウォーキング。久しぶりにさんしょ屋でパンを買い、途中、さんまのお造りの誘惑に惹かれながらも電車に乗り込みました。しかし、電車の中って、なぜあんなによく眠れるんでしょう(立ってても)。

本当は、あやめ池、南魚屋町に行きたかったけど、気力・体力が残っておらず断念。

代わりにスーパーで買い物。買ったのは、カリフラワー、トマト、じゃがいも、タマネギ、鶏肉、ヨーグルト、クコの実、ピスタチオ、アーモンドスライス、冷凍のグリーンピース等々。

夕食は、レコーダーで撮り貯めた、韓国歴史ドラマ「イ・サン」、「深夜食堂2」を観ながら、残りもので済ませました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月 3日 (木)

鬼はおあずけ、今夜はプラーナで単品攻め

今日は文化の日。格調が高い響きです。私はいつものようにインド文化を朝食に取り入れました。

Pb030519パンは、奈良西警察署近く、ポムの樹の居抜き店舗にオープンしたばかりの「石窯パン工房・太陽とピーターパン」の丸太パン。いわゆる一般的なパン屋さんでしたが、安価で広々とした店舗に好感が。小ターリーの上は、毎度お馴染みのパオバジ、カーラン、ラッサム。

そして、昼は、南船場に「鬼」を食べに行こうと思いつつ、まだ時々微かに痛む腸の状態を考え、それでもmixiとか見ていると何度も行きたくなりましたが、結果はおあずけに。ゴヤクラには年4回ある鬼の日しか行っておらず、いつも普通の日に行きたいと思っていたことも中止の理由。しかし、今回は「史上最高の辛さ」とか、「鬼辛が超に近い」とか、ラムの鬼ということで、残っていそうなら明日昼に行こうかなどと企んでいます。

それで、ランチは、久しぶりにス・マガザン、バッヴォ、雨宮製麺所に行こうと思いつつ、お腹が空かず断念。自宅でプチトマト、やきとりの缶詰(タレ味)を食べて終わり。そうそう、やきとりの缶詰は侮れませんよ。本当に炭火で焼いているらしく、塩味なんかシチューにも使えますから。

Nec_0775_2  午後になり、香取薫先生のレシピで、パオバジのバジのレパートリーを増やすべく、カリフラワーのキーマカレーを作ろうと思っていたら、故障していたテスコムのスティックブレンダーがやはり動かず。腹が立ったので、勢いで清美工場にほかのゴミと一緒に捨てに行き、新しいブレンダーを買おうとしたら在庫切れ。「それじゃあ、こっちのヤツで。」、「こちらもお取り寄せに・・・」。・・・何てツキのない日でしょう。その後他店でブレンダー(ティファール)とフードプロセッサー(テスコム)を購入。ティファールのブレンダーは軽く、テスコムのフードプロセッサーはシンプルな形で洗いやすそう、使いやすそうだったのが購入の決め手。

夜は、ずっと気になっていたプローン・ビンダルー目当てで、あやめ池・プラーナへ。

Nec_0783 好きですね、このお店の外観、インテリア。実は月曜日に休みと知らずに訪問してました。今日は1週間ぶりになります。

Nec_0776 最初は、チキンチャート。チキンが多すぎませんか!嬉しいですけど。柔らかいチキンとスパイスが嬉しい、大好きな一品。野菜も乾いていないのがいいです。丁寧何ですよね、作業が。さすが!

Nec_0777 こちらは, 久しぶりにありつけたサモサ。小ぶりなのがいいです。トマトチャトニーもマスタードシードの独特の香り、トマトの新鮮なフレッシュさがよくマッチしていて美味。2Pで300円。安すぎます!

Nec_0779 そしてメインのプローン・ビンダルー。ホットソースは、あのGUNDU CHILLI使用!!!いつもと少し色が違います!

ビンダルーは独特。ビンダルーペーストをカレーライス的に提供するのが面白いですね。エビにも下味が付いており、このあたりよく考えておられます。ビンダルーのベースは個人的にもっと強烈(辛さビリビリ、酸っぱさ倍増!)でもいいと思いますが、それでは多くの方は敬遠すること間違いないので、この程度が丁度よいと思いました。大体酸っぱいカレーが受けるとは思いませんから(コザンブなんて出しても誰も食べないと思います。)。

飽きない味ですね、これは。ライスに合わせるのに特化したビンダルーです。このビンダルーは浅漬けのアチャール、そしてホットソースとの相性も良く、この1皿で本当いろいろ楽しめます。なお、今日のビンダルーは前回よりもクセは強まりました(嬉しい!)。万人に受ける方向とは逆ですが、程度としては非常によくバランスがとれていると思いました。

Nec_0781 食後は、マンゴープリンとアイスチャイ。何度食べてもおいしいです。これ200円って、お店潰れちゃいますよ~!せめて250円か300円くらいにした方が・・・。

Nec_0780 GUNDU CHILLIを発見!奈良にこのチリがあるお店が複数あるって、結構スゴイことだと思います。

Nec_0782 今夜はサモサ、チキンチャートも食べることができ、プローン・ビンダルーもおいしくいただき、良い夜になりました。これだけ食べても胃がもたれない。タリカロ同様、仕事が丁寧で、いいお店です。

次回は、シーフードときのこ、チキン、いや野菜・・・、今から考えるのは少し早すぎますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年11月 2日 (水)

単品てんこ盛りのノンベジミールス

今日は定例出張日。

Pb020505 朝は、ソフトなパンでパオバジ、それにラッサム、柿とバナナのカーランを添え。甘いカーランが何よりもの癒しになります。ベジミールスに1品あると嬉しいし、こうしていただくのもよし。今度は何で作ろうかな~。

Pb020506 昼は、上寿司詰め合わせ。今日は売り切れておらず安堵。穴子最高!サバ寿司贅沢過ぎ!!食事時間はいつもどおり5分coldsweats02

そして、出張後のごほうびは、先週行き損ねたタリカロへ。ちょっとした企みを胸に秘めての訪問。

Pb020508 あったらいいなと思っていた、イカのピクルス。ターメリックのイエローが食欲をそそります。ターメリックの仄かな苦味が絶妙のバランス!!これは☆5つですよ!

Pb020509 スブさん直伝?のイワシの南インド風南蛮漬。これってチェティナード的な味付けじゃないですか!激しく酸っぱスパイシーで大満足!

Pb020511 メインはポークビンダルー。ちょっとピンボケなのが残念。これまた、ポークのクセが上品に生かされた秀逸な一品!私の作ったビンダルーとは完成度が違いますね~。さすがです。

Pb020515 一度やってみたかった単品責め。それを一皿に載せてガツガツ食べたい、ってのが今日の企み。右はたっぷりの量のライタ。食前に食べ、箸休めに食べ、最後にヨーグルトライスとして使い、大活躍!

Pb020517 ライスの上には、ダルをかけています。ケララの風ふうです。ちなみにダルは1杯追加注文しました。ポリヤルはじゃがいも。

野菜、果物、肉、魚、ダル、と栄養満点の、オリジナルノンベジミールスです。見た目はイマイチですが、混ぜて食べて本当、いろいろな味、風味を味わえました。

今日個人的に気に入ったのは、やはりイカのピクルスです。これはレギュラー化を激しく希望。料理人殿、お願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月 1日 (火)

柿とバナナのカーラン【レシピ公開!】

身体は怠いが、外は快晴。ふとんを干して出勤!

Pb010483 その前の朝食は、パオバジ、ラッサム。トマトの味がいまいちですが、昨日よりまとまった味になっていました。

Nec_0771 昼は、ぶりカマ!!小鉢でもぶり大根を追加。ぶりカマは塩加減が絶妙!これ塩焼きのお手本ですよ、本当に。絶叫の境地に至れる昼食で御座いました。

Pb010487 夜は、シブレットの弁当のお惣菜のみにリンゴのタルト。嬉しいことに、スモークサーモンが入っている!今日は昼のぶりカマに続き、何かツイています。ひじきのサラダ、アボガドサラダなど単品販売メニューも味わえました。これが600円台って信じられますか?

Pb010489 その後は、職場の偉い方からいただいた柿を使い、カーランの調理を開始。いただいた瞬間ひらめいたオリジナル料理。パパイヤの代用として、食感、風味共に旨いに違いないと思いました。さて、どうなるでしょう。

Pb010493 柿のアップ。バナナ同様、1センチ角に切りました。実は私、好き嫌いが殆どないのですが、柿は苦手な部類。しかし、このマンゴーみたいな色合い、そして食べてみるととってもおいしかった!期待が持てそうです。

【柿とバナナのカーランレシピ】公開!~インドで買ってきたケララ料理の本の「Kaalen」のレシピの改編です。

Pb010496① 鍋に150ccの水を張り、そこにバナナ(1/2カップ)、柿(1/2カップ)、青唐辛子(4歩本)、生カレーリーフ(15枚)、カイエンペッパー(小さじ1/4)、ターメリックパウダー(小さじ1/8)、塩(小さじ1/4)を入れて軽く混ぜ合わせ、中火にかけます。

Pb010497② 沸騰したら少し火を弱め、具材が柔らかくなるまで2分程度煮ます。

Pb010500③ 具材に火が通ったら火を止め、そこに塩(小さじ1/8)、砂糖(小さじ1/4)、ヒーング(小さじ1/8)、ヨーグルト(200cc)を入れ混ぜ、弱火にかけて温めます。

Pb010501④ 別の鍋に、サラダ油(小さじ2=10cc)を入れて弱火にかけ、マスタードシード(小さじ1/8)、メティ(小さじ1/8強)、赤唐辛子(ここではグンドゥチリ、2本)を入れたら中火にし、マスタードシードが弾け始めたら、Tempering!

Pb010503⑤ テンパリング後、数分煮込めば出来上がり!

Nec_0772 試食してみましたが、いい按配!柿のクセがどう出るか心配でしたが、これアリです。柿単体だと少しキツい気がしますが、バナナとの組み合わせは相性良し。これをラッサムと合わせてライスで食べたらどうかは、明日以降の楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »