« 苦難の後の美食 | トップページ | エリックミールスのCPとカーランの出来に吃驚 »

2011年10月21日 (金)

新作チキンカリーとサンバル

金曜日の朝は、シブレットのお惣菜と麦飯の朝食。健康的でいい気分。

Nec_0747 昼は、谷五・萩で、鯵の南蛮漬、フキ、ゴーヤ、筑前煮。バランスのよい組み合わせかな。

Nec_0748 夜はプラーナのチキン・フレッシュ・マサラ+ホットソース3辛。チキンカリーは改良版の自信作とのこと!気になって仕方がなく週に複数回訪問したということなのです。

見た目も以前より濃い目、お味はワイルドに変身!前のチキンもおいしかったけど、このタイプも私好み。三度豆がいいアクセント。今度二人前頼み(ライス一人前)、マサラに溺れていたい気分になりました。

私仕様の辛さにアレンジしていただいたみたいで、これにホットソースをかけるとかなりの辛さに。久しぶりにカレー食べて汗かきました。

あと、タマネギの炒め方が独特のようで、これは非常に興味深かった。形ははっきり大きめに残っているのにです。北インド風だとフライドオニオンとか、焦げる寸前まで焼くように炒めると教わった私には、へ~え!?の世界。確かに独特の甘みが出ており、これは表現し難いです。

それにしても後味がよろしいです。こんなに辛いのに、全く胃がもたれません。かなりスパイシーにもかかわらずです。

いやいや、かなりワイルドになったチキンは、挑戦的でしたね~。理想に近いと仰っていたけど、私としては、もっと遊んで、いろんなアレンジをしてもらいたな。辛くないのもOK。ムネ肉のあっさりしたもの、骨付きもOK!!楽しめるお店になってきましたよ。

Nec_0749 食後は、ホットチャイとマンゴープリン。素晴らしい!チャイの陶器のカップ、これいいですよ。インドの土で出来た使い捨てのカップのような肌触り(口触り?)、おいしく味わえます。

Pa210309 帰宅後は、久しぶりにサンバル作りを開始。一旦座るとダメなので、スーツを脱がず、サンバルパウダーのスパイスの乾煎りに取りかかりました。

Pa210312 乾煎り後のスパイス。これを石臼で挽いていきます。

Pa210318 石臼で挽いて出来たサンバルパウダー。石臼はスパイスグラインダーより楽です。

Pa210319 トゥールーダルを圧力鍋で煮て、スティックブレンダーでトロトロ状態に。

Pa210322 そこに人参、大根、三度豆、カレーリーフ、青唐辛子、パウダースパイス、塩、タマリンド汁を入れて煮込みます。

Pa210327 こちらはテンパリングスパイス。メティ多め、チリはGUNDU CHILLI。生米はインディアンバスマティ。

Pa210328 テンパリング!!いいショットが撮れました。

Pa210329 テンパリング後の鍋。ほぼ完成です。

Pa210336 サンバルパウダーを加えて完成!

Pa210341 大根、人参、三度豆のサンバル。ちょっと酸味が強めでしたが、ダルの甘みも最低限引き出されており、う~ん、刺激的なサンバルってとこかな。タマリンドがやや多かったかも。やはりサンバルは難しいです。

|
|

« 苦難の後の美食 | トップページ | エリックミールスのCPとカーランの出来に吃驚 »

インド料理」カテゴリの記事

自作」カテゴリの記事

コメント

本日も雨中わざわざありがとうございます。
理想に近づいたとはいえまだまだの境地です・・これからもっとおいしくしていけるよう精進してまいります!

投稿: プラーナ店主 | 2011年10月22日 (土) 00時43分

サンバルたべたいです〜

投稿: プラーナ店主 | 2011年10月22日 (土) 00時45分

料理の仕上がりや味付けを、変えることができる→プロ、変わってしまう!?→素人(私)。coldsweats01
それにしてもダッチオーブン使用とは!恐れ入りました。
今度二人前頼んで半分をテイクアウト、なんてこと考えてます。家で余韻に耽る、いや、ライスなしで再食ってのもいいかなと思いつきました。

投稿: rikiroh | 2011年10月22日 (土) 04時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/53050149

この記事へのトラックバック一覧です: 新作チキンカリーとサンバル:

« 苦難の後の美食 | トップページ | エリックミールスのCPとカーランの出来に吃驚 »